ジャンル:Undertale お題:淡いぬるぬる 制限時間:1時間 読者:278 人 文字数:2578字 お気に入り:0人

3巻が手に入らない

*ネタバレ注意
*Pルートだよ
*お題そんなに関係なくなっちゃった。


(3巻が手に入らないのよね……)
 ゴミ捨て場に流れ着いたビデオ・ケースの外箱をながめ、Alphys博士は思案していた。箱の中身はUndyneが見つけてきてくれた人間界で人気らしいアニメシリーズだ。
 最初は絵柄が受け付けなかったのであるが、そんなことは1話を見る間にどうでもよくなってきた。ストーリーが存外に面白く、Alphysはすっかりそのアニメに熱中していた。
 しかし、どうにも古いものらしく、3巻目だけがどうしても手に入らない。悔し気に目を凝らし、かすれた説明を読みながら、彼女はため息をついた。なんの因果か、ダブった4,5巻だけは二組ずつあって、そちらはUndyneの友達に貸していた。
 こればかりは、地上がうらやましいものである。地上に出られたら、いつ放送できるか分からないアニメの続きを待ち続けることもないのだろう。……多分。

「それで、今日も1巻と2巻なのか?」
 修理したビデオデッキとブラウン管テレビを持ち込んで、AlphysとUndyneは、Undyneの家でアニメの鑑賞会を開いていた。無機質に点滅する映像が、彼女たちの横顔を照らしている。
「先に4,5を見て、3巻はあとで見ればいいんじゃないか?」
「Andyne、せっかくだけど……」
「?」
「ああ、いや、えーっとね……つまり、私はネタバレは最後まで取っておきたいんです」
「そういうものか?」
「だって、抜けてたら居心地が悪くない?」
「うーん……そうだな」
 Undyneは、ストーリーを追うのも好きだが、その順番にはこだわらない。どちらかといえば、お気に入りのシーンを重視するタイプだ。本当は、4と5を先に見ても良かったのだが。けれど、ちらりと横目でAlphysを見ると、そんな気は早々に失せていた。
「まあ、分からなくもないな」
「俺様はもう見ちゃったけどな、ニェヘ!」
「おお、来たのか」
 やってきたPapyrusに、Undyneは場所を開ける。
「あ、こ、こんにちは……」
 Papyrusは、どれから見ようが大して気にしないようだ。4と5を借りていたPapyrusは、なんと最終巻から見始めたらしい。ネタバレ(をされるの)が嫌いなAlphysからすれば信じられない行為だが、それでも楽しんでいるらしい。
「で、どうだった?」
「あの……あ、詳しいことはそのー、内緒にしてもらえると……」
「ああ、最高だったぞ! 俺様には1巻での主人公の安否が気になるな!」
「良い訓練になっただろう」
「そうよね1巻の、あの、主人公が実は超能力者だって気が付いて悪の組織のトラックに撥ね飛ばされて一時は死を覚悟するシーン、あれはとても古典的って言えるほどだけど、でも是非最後まで見てほしいの、そうしたらトラックが実は伏線で運転しているのがヒロインの親だって展開が」
「Alphys博士は詳しいな!」
 Undyneは笑って、Alphysの肩を叩いた。ひんやりした体温が伝わってきて、Alphysは身じろぎした。
「大丈夫、きっと主人公は悪になんか負けないさ」
(私が気にしてるのは……つまり、その、最終的に主人公がどのヒロインとくっつくかってことなんだけど……ああ、あと、主人公の親友に立ってた死亡フラグも気になるわ……。っていうか、その、親友とくっつくってことはないのかしら? きっとないわよね。明らかにヒロインってあの子だし……ああ、もう、もやもやするわ)
「3が見つかればいいんだけどな」
 何度も繰り返して見たテープはかすれて、再生もほとんどおぼつかなくなっていた。けれど、どうしても3巻は見つからないのだった。Alphysはぱたりと携帯電話のボタンを押した。「【考察】3巻の展開予測してみたwwwwwwwwww」。考察というよりは淡い伏線を基にした、こじつけに近いそれはかなりの分量になっており、いよいよpart5に到達しようとしていた。

***

 Waterfallには、今日も滝の上から新しいゴミが流れてくる。そこから新しいものを見つけるのは、地下に閉じ込められたモンスターたちの一部のささやかな楽しみだ。
 いつもと違うのは、地下に落ちてきて、いつのまにか彼らと友達になった小さな人間がいることである。
「兄弟! そいつは逆さまだ!」
「heh、本当か?」
 拾ったマンガ雑誌をぱらぱらめくっていたSansは、Papyrusに怒鳴られて肩をすくめた。
「ンガア! これは、と思ったら……7……じゃなくて1か」
 Undyneは拾ったビデオを放り投げる。後ろでそれをキャッチした人間は、じっとそれを眺めていた。
「なんだ? 知ってるのか?」
 YESと答えると、UndyneとAlphysの視線は、一斉に人間に向いた。
「し、知ってるの?」
 Alphysは、がくがくと人間を揺さぶった。
「あのシリーズを見たことあるのね! 知ってるのね!」
「人間! 吐け! どうなるんだ!」
「やめて! ネタバレは聞きたくないわ!」
「いや、吐くな!」
 Undyneはあっさりと手のひらを返す。
 人間はこくりと頷いた。
「ああ、でも、推しが死ぬのかだけ……いやいや、それも、それももったいないわね……死ぬっていうのも見せ場の一部だったりするし……あのーでも、カップリングだけ……いや、やっぱりやめておいた方が良いのかな……」
 Alphys博士はぶつぶつと言う。Undyneは人間の手を引っ張ると、物陰に連れて行った。
「おい、人間、あたしにだけ内容を教えろ。いや……うん、特に深い意味はないのだが」
 人間は、Undyneに身を寄せてひそひそと囁いた。
「嘘だろ!」Undyneの怒声が響き渡った。青い決意を帯びた槍が、どこからともなく現れる。
「嘘をつくな、人間、お前……あたしは、あたしは信じないぞ、そんなの!」
「Undyne!? 落ち着いて、何があったの!? いや、言わないで!」
「落ち着け! 落ち着くんだ! ……Sans!? どこへ行った!? Sans!」
 響き渡った怒声に、エコーフラワーが小さく言葉を返していた。

 彼らが地上に出られるのは、もう少し先の話になる。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:夢々きらら ジャンル:Undertale お題:今年の高給取り 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:751字 お気に入り:0人
※TPルート数年後※さんすた※帰ってきた博士設定「はい、サンズ君」「……何ですか、これ?」いつものように博士の研究所で今日の分の作業を終えると、博士に手招かれた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢々きらら ジャンル:Undertale お題:1000の小説修行 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:841字 お気に入り:0人
※ゲーム本編前※さんすた「何読んでるんだ、ガスター?」夜遅く、俺が部屋に戻るとガスターがベッドに腰掛けた状態で、サイドランプの灯りを頼りに何か小さなサイズの本を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Krone@switch版アンテプレイ中 ジャンル:Undertale お題:綺麗な風 制限時間:15分 読者:108 人 文字数:853字 お気に入り:0人
あれから、地底のモンスターが解放されてから、数年くらい経った。世界が、時間軸がリセットされる気配は全くない。その能力を持つ当人に尋ねる。「だって、その必要ないん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢々きらら ジャンル:Undertale お題:記録にない私 制限時間:15分 読者:99 人 文字数:1105字 お気に入り:0人
※ゲーム本編後※さんすた『ほう、つまり私についての記述は全て抹消されている、と』「ああ、オレとフォロワーズ以外、あんたの話は愚か、研究所の資料にすらあんたの事は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢々きらら ジャンル:Undertale お題:セクシーな宇宙 制限時間:15分 読者:85 人 文字数:919字 お気に入り:0人
※ゲーム本編前※さんすた「サンズ君、先日の空の話は覚えているかい?」「ああ」二人で並んでベッドに横たわって、アンタは天井を見上げていて、オレはそんなアンタを見て 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Undertale お題:あいつと曲 制限時間:30分 読者:65 人 文字数:685字 お気に入り:0人
アイツ────Gasterは色んな曲を知ってる。誰でも一度は聴くような童謡から、戦争に参加した者しか知らないような軍歌まで。その数は誰にもわからないし、Gast 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢々きらら ジャンル:Undertale お題:彼と成功 制限時間:15分 読者:93 人 文字数:819字 お気に入り:0人
※ゲーム本編前※さんすた何を成功と定義するか。辞書にはこう記載されている。『計画などがうまくいき目標が達成できたことや、社会的に一定以上の地位を得たことを指す。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢々きらら ジャンル:Undertale お題:うへへ、月 制限時間:15分 読者:92 人 文字数:881字 お気に入り:0人
※TPルート数年後※フリアン※フリスクは男の子「うへへ」「どうした、気持ち悪い笑い声などあげて」ついつい堪え切れずに変な笑い声が漏れた。すぐさまアンダインから突 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢々きらら ジャンル:Undertale お題:失敗の豪雪 制限時間:15分 読者:114 人 文字数:948字 お気に入り:0人
※ゲーム本編前※博士+骨兄弟のほのぼの雪遊びがしたい、とパピルスが言った。それならスノーフルに行けば良いか博士に外出許可を取ろうとしたところ、何かしらの事故があ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あゆ ジャンル:Undertale お題:わたしの好きな夜中 制限時間:15分 読者:102 人 文字数:789字 お気に入り:0人
※帰ってきてる博士います「サンズくん、ね、サンズくん」「おい…いま、何時だと思ってんだ」寝返りと同時に漏らした言葉は眠いから起こさないでと訴えるように曖昧だった 〈続きを読む〉

ぽつタイプライターの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:あいつの就職 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:758字 お気に入り:0人
雑魚メギド妄想その2「あの川を無事に渡り切ったら、俺たちの軍団に入れてやるよ」 そう言って、メギドはぺんと平たい石ころを放った。「おら、拾ってきな」 そんな無茶 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:疲れた逃亡犯 制限時間:30分 読者:27 人 文字数:872字 お気に入り:0人
※メギドラル時代のサレオスさんとすれちがう夢雑魚メギド妄想です 不意に姿を現した巨人の斧で、俺の軍団を率いていたメギドはあっさりと頭を勝ち割られていた。 何がそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:The Elder Scrolls お題:俺と母性 制限時間:30分 読者:40 人 文字数:1421字 お気に入り:0人
ルマーリンが着替えているほうから短い笑い声が聞こえてきて、俺はまたくだらないジョークのくだらない思い出し笑いでもしているのだろうと思って無視を決め込んだ。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:ぽつタイプライター ジャンル:世界樹の迷宮 お題:そ、それは・・・外資系企業 制限時間:30分 読者:50 人 文字数:1006字 お気に入り:0人
明日も知れぬ冒険者の一人として、カグツにも覚悟はそれなりにあったはずだった。 当たり前だと思っていたものが、一瞬でなくなる恐怖。確かなものなど、何一つとしてあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:世界樹の迷宮 お題:ぐふふ、正義 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:992字 お気に入り:0人
ひどい匂いのする腐った水をモロに浴びた仲間たち、そして私は、駆け出しの安っぽい生地でできた装備をばらばらと地面に一個ずつ置いていく。その姿が、なぜだか愉快で仕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:帝王の絵描き 制限時間:30分 読者:61 人 文字数:1261字 お気に入り:0人
街道で幻獣と出くわした私は奇妙な集団に助けられた。 ソロモン一行と名乗る彼らは、年齢も性別もばらばらの、どこか歪な集団だった。町の衛兵が束になってもかなわなか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:彼女とロボット 制限時間:30分 読者:64 人 文字数:1584字 お気に入り:0人
「やあウヴァル、おかえり」「……ただいま、戻った」 ウヴァルは、おかえりという響きにまだ慣れない。ただいまと返事を返すのもだ。「おかえりおかえりー! 外が暑い暑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:地獄克服 制限時間:30分 読者:92 人 文字数:1099字 お気に入り:0人
「ええ、マジかよ。さんざん水浴びたのに風呂はいらなきゃなんねーの?」「塩水じゃな、洗い流さなきゃあとあとやべーぞ」 道中、足を止めて海へとやってきたソロモン一行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:群馬の朝 制限時間:30分 読者:95 人 文字数:1807字 お気に入り:0人
ソロモン一行がようやく、シバから遠回しに依頼された「大樹ユグドラシル」を討伐し終えたころのことである。戦いが終わって一息ついてみると、倒れた木の近くで何か物音 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:かっこ悪い豪雨 制限時間:30分 読者:108 人 文字数:995字 お気に入り:0人
※舟渡ししながら旅してるサレオスさんとモブのヴィータ「なあ、あんた、おれの傷は深いのか……」「いや、そんなことはないさ」 舟渡しはあっさりとそう言ってのけると、 〈続きを読む〉