ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:黄金のあいつ 必須要素:えへへ 制限時間:15分 読者:260 人 文字数:644字 お気に入り:0人
[削除]

朔間零視点の羽風薫観 ※未完

 太陽を直視してはいけない。なぜならば焼かれてしまうからだ。
 この世に人はあまと存在しているが、はてそれ以外はというと、どれほどだろう。
 君は見たことがあるだろうか、黄金色に輝く存在のことを。
 これまで見てきた全てを覆すような存在。より強い印象を残すには出会いは偶然であるべきだ。それは例えば、何となしに訪れた屋上で寝そべっている存在だったりするのかもしれない。
 ここからは自分の話をしよう。
 よく晴れた午後、陽ざしが遮られることなく届く屋上にて寝ていた人物は言った。
「あんた、誰」
 当時生徒会長を勤めていた自分を知らないというのは、それは嘘か真か。寝床を侵略された不快感から眉を寄せていた彼は、しばらくすると再び寝る体勢へと入った。顔は両腕へと隠してしまいながら。
 そんな何でもない出会いから、彼をユニットへと誘い、今ではUNDEADとして過激で背徳的な、というキャッチコピーに飾られて共にステージ上で歌い踊っている。
 何の因果なのだろうか。
 あの日見かけた太陽の光を吸い込んで輝く存在は、目に入れたら焼き尽くされてしまいそうなほど、猛々しい男だった。いつだって裏を見せようとしない彼は、眩い光をまとっていた。
 もしかしたら彼は黄金の秘宝だったのかもしれない。彼が笑いかけると女の子たちは嬉しそうに笑うのだ。
「えへへ、薫くんからファンサもらっちゃった」
 全身全霊で愛を叫ぶ男。女の子が落ち込んでたら全力で照らし出す。
 羽風薫とは黄金色の輝きを持つ存在である。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者: ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:茶色い雲 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:492字 お気に入り:0人
小さい時から、夕日や夕焼けが怖いんです。 そう言うと、彼はきょとんとして、笑いながらうーん?と首を傾げた。「ええーそうかな? わかんないなぁ」の仕草である。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:るあしぇ ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:女の冬休み 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:332字 お気に入り:0人
どうしてこんなことに、と俺は息を吐いた。場所はデパートの催事場。ちなみに今は2月になったばかり。そう、バレンタイン目前である。このデパートに限らず、そこかしこで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
愚痴 ※未完
作者: ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:恋の保険 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:682字 お気に入り:0人
これは本当に自慢ではないが、昔から自分は女性に人気があった。少なくとも第一印象で交換を抱かれることの多い見た目をしていた。ただ、最初から好感度が高く設定されす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:杉。@取引中心 ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:白い目 必須要素:唾液 制限時間:15分 読者:97 人 文字数:1055字 お気に入り:0人
「ねえ敬人」「なんだ英智」「何の用で、僕はここに残るように言われたのかな」 夢ノ咲学院、3年A組の教室。 そこに放課後用事があるから残ってくれ、と敬人に言われた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
今夜は久々に ※未完
作者:mamacros ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:軽い春雨 必須要素:「ひょえー」 制限時間:15分 読者:103 人 文字数:644字 お気に入り:0人
軽い春雨 ひょえー「今日は俺が当番だな」 Trickstarの練習の帰り道。にかりと笑った真緒は、久々のオフにテンションを上げながら、スーパーへ向かっていた。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
自由を君に。 ※未完
作者:杉。@取引中心 ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:きちんとした熱帯魚 制限時間:15分 読者:142 人 文字数:1004字 お気に入り:0人
赤、青、黄色、緑。色を数えだしたらキリがない。 色とりどりの熱帯魚が自由に水槽の中を動き回る。 それぞれが自分の意志で、思い思いに泳いでいるようで、その実まる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きいの ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:彼と借金 制限時間:15分 読者:140 人 文字数:596字 お気に入り:0人
「お金、貸してあげようか?」 敬人が財布の中を見て顔を顰めたのに気付いた英智が、嬉々として聞いてきた。「いらん。」「あげるんじゃなくて、貸すんだから『いらない』 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:えさき@ひなたゆうた ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:かっこいい交わり 制限時間:15分 読者:276 人 文字数:248字 お気に入り:0人
【ひなゆう】「やっぱさあ、なんだかんだでカッコいいよね、朔間先輩って」放課後、二人揃って軽音部の部室でチューニングをしながら、今はまだ物音のしない棺桶を見ながら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おむおむ ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:黄色い超能力 制限時間:15分 読者:331 人 文字数:700字 お気に入り:0人
雪が降る外を、ゆうたは1人で歩いていた。また、アニキとケンカした。いつもは双子を活かそうってうるさいくらい言ってくるくせに。なんでこんな時だけ、勝手に違うことす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:z ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:興奮したキス 制限時間:15分 読者:325 人 文字数:642字 お気に入り:0人
ねえつむぎ。ぼくがどうしてアイドルが好きなのか、きみはわかるかい? 夕暮れ時の教室で、英智がそんなことを言ったのはいきなりのことだった。いつもと変わりなかった 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:FGO お題:スポーツの地下室 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:710字 お気に入り:0人
夏の祭典サバフェスに送り込まれた私たちは、ジャンヌダルクオルタと一緒にサークル出店するべく、日がな作品を作っている。「オルタは今回のループでは、どんな話が描き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:早い口 必須要素:キノコ 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1656字 お気に入り:0人
俺の恋人は、とにかく口が上手い。人を欺く天才だ。よく回る舌で嘘に嘘を重ねてべらべらとよく喋る。おしゃべりは先に死ぬ、と姐さんは云っていたが、太宰が物を云えなくな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:愛の稲妻 必須要素:火星 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1120字 お気に入り:0人
珍しくお互い仕事がなかったが、生憎の嵐で出掛けるのは無理そうだ。そんな日の昼。食器を片付け終わり、ソファに並んで座って珈琲を呑んでいたとき、暇をもて余した太宰が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:第五人格 お題:来年の神話 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:652字 お気に入り:0人
「ハスター様、どうなされました?」蒼い瞳を輝かせ、まるで幼子の様に愛らしく笑う邪神とも呼ばれるハスターにとって人間等降ってきた雪の粒のように触れただけで消してし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドックス お題:情熱的な表情 必須要素:右手 制限時間:2時間 読者:11 人 文字数:1030字 お気に入り:0人
何時もふとした瞬間に思うことがある。私の恋人の中原中也だ。大体は私から甘えて中也が構ってくれて事に発展するのがいつものパターンだ。でも本当にそんな関係でいいの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドックス お題:コーヒーとアレ 必須要素:お盆 制限時間:2時間 読者:8 人 文字数:409字 お気に入り:0人
私はお盆を持って部屋にはいった。「しつれいするよー。」「だっ太宰さん、すみません。」そう。うちの社員の中島くんが風邪を引いたので看病をしに来たのだ。「お粥だよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 狛日 お題:団地妻の電話 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:511字 お気に入り:0人
プルルルルルその音と同時に目覚めた。「…はいはい…」まだ寝ぼけている目を擦りながらスマホを開く、名前は不明で見たこともない電話番号だった。するとプーップー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:約束のネバーランド お題:穏やかな何か 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:444字 お気に入り:0人
東風が頬を撫でる、心地よい季節になった。私、エマはのんびりと月を眺めるのが最近の日課になっている。ノーマンと再会できて、ゆっくりできる拠点ができたから、こうやっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドックス お題:わたしの嫌いな夜中 必須要素:グミ 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:470字 お気に入り:0人
俺、中原中也は夜中が嫌いだ。何故なら、俺の連れ?の太宰が必ず悪戯をしてくるからだ。此方が幾ら安眠していようと、 「ねー、ちゅーや。構って~。」とか「相手してよ~ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドックス お題:東京「うりゃぁ!」 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:515字 お気に入り:0人
僕は中島敦。普段は武装探偵社というところで働いています。けれど、今訳あって敵のポートマフィアに捕まっています。 バァンドアが蹴破られ仲間の助けと思って顔を輝か 〈続きを読む〉