ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:ゆるふわな小説上達法 制限時間:30分 読者:147 人 文字数:745字 お気に入り:0人

安斎、うるさい、甘酸っぱい ※未完

「…ああああああああもう!!!!」
夜の10時頃のアンツィオ高校学生寮、小鳥も眠る静かな夜に突然響き渡る絶叫にも似た悲鳴…というか悲鳴にも似た絶叫。寮生のペパロニはそのけたたましい絶叫で意識がどこかぼんやりとした居心地の良い世界から一気に現実に戻された。しかも隣の部屋から聞こえてきたというものだからなおさらうるさい。無論、ということは受けるストレスも他より上なワケでー
「うるさいっすよ姐さん!!!今何時だと思ってるんすか全く!!」
アホの子なペパロニが珍しく本気で怒ったような調子で怒鳴り返す。多分さっきの絶叫と同じくらいの声なのではないのだろうか。それほどペパロニの安眠妨害への怒りは大きかった。
姐さんとは無論アンツィオ高校戦車隊隊長のアンチョビ。皆からはドゥーチェと呼ばれ親しまれ、そして大変信頼されている名物隊長だ。しかし今現在隣部屋に居るのは「アンチョビ」ではない。今隣部屋に居るのは「隊長モード」が完全にオフになった「安斎千代美」である。それでいてこの隊長モードがオフになった「安斎千代美」が若干くせ者なワケで、このモードになると何か変なものでも食べた乙女のようになるのだ。
頭のなかで甘酸っぱい(自称)妄想を繰り広げては枕に顔を埋めて変な声を出したり、最近仲良くなった大洗の武部さんとガールズトーク(という名の愚痴の銃撃戦)で盛り上がったり。あの威風堂々としたアンチョビ隊長の風格はどこ吹く風だ。けどまあ、そこを含めてうちらの隊長だから。
「ペパロニぃ…ごめん…えうっ」
「どーしたんすか姐さん、何泣いてるんすか…」
「小説が…………語彙力が………」
「またっすか」
そして、最近「安斎千代美」が夢中になっているのが「恋愛小説を書くこと。」無論主人公は自分をモデルにし

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
はっきゅん ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:これはペンですか?違うわ、それは小説上達法 制限時間:30分 読者:180 人 文字数:635字 お気に入り:0人
「ちっちゃな体で、よくがんばったよな」何を言ってる、そのちっちゃな体で。あの時、自分がどうしてそこにいたのかよく覚えていない。絶対に誰にも見つけられない、運び出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楢茶㌠ ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:夜の家 制限時間:30分 読者:299 人 文字数:815字 お気に入り:1人
独り身の私にこの家は広すぎる。そう思うようになって一ヶ月が過ぎた。母が引退を表明し、私が家元を正式に継ぐことになった。妹は勝手気ままに生きているので仕方のないこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:フハハハハ!それは冥界 制限時間:30分 読者:223 人 文字数:907字 お気に入り:0人
「それで、ここは一体どこなの?」 ティーガーⅡを駆り、隊を率いて訓練中だったのに何故か見覚えのない景色に私は囲まれている。森林地帯を通り抜け、敵背後を脅かし挟撃 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Hal ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:かっこ悪い汗 制限時間:30分 読者:250 人 文字数:1475字 お気に入り:0人
お嬢様、と言えば聞こえはよかった。戦車道を歩み始め気づけば高等部最高学年になっていた。常に優雅で慌てずいかなる状況でも汗一つ書かず対処する。それが私の戦車道で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楢茶㌠ ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:熱いサイト 制限時間:30分 読者:376 人 文字数:1008字 お気に入り:0人
私はその小窓から世界を見る。平凡な女子の肉体では見えない格別な世界に魅せられて、砲手を務めてきた。 高校生最高精度のスナイパーなどと言われることもある。それは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楢茶㌠ ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:少年のピアノ 制限時間:30分 読者:534 人 文字数:1092字 お気に入り:2人
幼いころに聴いたピアノの音を覚えている。 ピアノといっても、大仰なコンサートやパーティではなくて、実家のお屋敷で聴いたものである。 私の実家はそれなりに大きな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楢茶㌠ ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:マンネリなモグラ 制限時間:30分 読者:404 人 文字数:1106字 お気に入り:2人
好きです、とも付き合ってください、とも言った覚えがないのだが、いつの間にか沙織とその、何だ。恋人のような関係になっていた。 時折睦み合うことはあれど、平時は極 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:私と湖 制限時間:30分 読者:424 人 文字数:1087字 お気に入り:0人
その人はまるで湖のようでした。 海のように表情を変えず、いついかなる時でも冷静沈着。覗き込む瞳は、空のように澄んでいて。ありのままに私を映し出す。 そんなこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不見湍@あの子 ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:私と湖 制限時間:30分 読者:312 人 文字数:1664字 お気に入り:1人
エリカさんは不愉快そうに大きくあくびをすると、靴を脱いでぱしゃぱしゃと湖に両足を浸しました。月の光にゆらゆらと濡れる水面に、エリカさんの白い足がそっと降ろされ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いいぢま㌠ ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:愛の月 制限時間:30分 読者:290 人 文字数:821字 お気に入り:0人
「月が綺麗ですねって言葉、あるじゃないですか。意味、知ってますか?」「ああ──うん。I love youの日本語訳だったっけ」 隊長の引き継ぎ業務は思っていたよ 〈続きを読む〉

松田さんかくの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:松田さんかく ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:ゆるふわな小説上達法 制限時間:30分 読者:147 人 文字数:745字 お気に入り:0人
「…ああああああああもう!!!!」夜の10時頃のアンツィオ高校学生寮、小鳥も眠る静かな夜に突然響き渡る絶叫にも似た悲鳴…というか悲鳴にも似た絶叫。寮生のペパロニ 〈続きを読む〉