ジャンル:おそ松さん お題:めっちゃ惑星 制限時間:30分 読者:303 人 文字数:1370字 お気に入り:1人

きみの惑星に名前をつける【チョロトド】

「昨日、バイト先の女の子に『めっちゃ惑星なんだけどー』って言われたんだけどさ。どういう意味なんだろう。チョロ松兄さんわかる?」
「わかるわけないだろ。前後の会話すら不明なんだから。その発言だって意味不明だし。大体さあ、トド松はいつからバイトしてたの? 僕それ初耳だよ。前にも言ったけどさ、そういう大事なことはちゃんと言いなよ。報告・連絡・相談、ホウレンソウが大事っていうのは社会人として当たり前でしょ? それはバイト身分だって変わりないんだからね。また身分詐称とかされても、こっちとしては迷惑なんだってわかるでしょ? 同じ顔なんだし、火の粉はこっちにも降りかかる可能性あるんだからね。分かってる?」
「チョロ松兄さんうざぁい。あ、間違えた。うるさーい」
「うるさいってなんだよ。ていうかトド松それわざとだろ」
 僕はカプチーノをひとくち飲み込んだ。女の子の言っていた内容は、実を言うと僕には分かっている。新しいバイト先はラテアートが有名なカフェで、僕は新人バイトとしてラテアートの練習をしていたのだ。猫のような形を作ろうとして失敗したミルクには渦のような楕円のような、なんとも言えない形が浮き上がった。彼女はそれを見て、惑星と称したのだ。ひとしきり笑った後にコツを教えてくれた彼女に、悪気は無いと思う。それでも、心にちくりと刺さった棘は胸に沈殿しているのだ。
「チョロ松兄さんってさ、ラテアートとか描かれてても気にせず飲みそうだよね。むしろ飲み終わっても気付かないし、後から『僕のにはなかった』とか言い出しそう」
「いやそこまで鈍感じゃないよ。おそ松兄さんじゃないんだから」
「おそ松兄さんは珈琲なんか嗜まないでしょ。基本はビールじゃない?」
「出されたら飲むと思うよ」
「貰えるものは何でも貰うタイプだからね」
 ちびちびと飲んでいたカプチーノには、猫だったものの残骸が浮かんでいる。今日のラテアートは上手くいったが、見せる相手も無くこうして流し込まれていくのだ。努力の末に生まれた結果など、所詮はそんなものである。
「ねえ、チョロ松兄さん。兄さんが何も気づかない鈍感なんかじゃないって証明してみせてよ」
「なにそれ」
「これ。何だと思う?」
「お前の飲みかけのコーヒー」
「そうじゃなくて」
 カップの中ほどに浮かんでいるのは、昨日惑星と言われた楕円に近い何かだった。綺麗な猫はもうここに残っていない。自分でも、もはやこれが何を模したものなのか分からないのだ。この兄がこれを見て、何を描こうとしたものか当てられるはずもない。だからこの問いには何の意味も無い。昨日の自分を昇華したいなどと、思ってすらいないのだ。
「アート……? 丸に……これなに。なんかついてるよね」
「ヒント言ったら問題の意味が無いでしょ?」
「飲みかけって時点ですごい難易度高いってわかってる?」
「知ってるよ」
 唸る兄さんをぼんやり眺める。そこまで真剣に悩まなくとも、訊かれればすぐに答えは口に出すのに。変なところで律儀だ。
「あ、わかった。猫でしょ。どう? 当たった?」
 降参でも良いよと、口に出す手前で回答は告げられた。無邪気な顔で笑う兄から目を逸らし、僕はカップをつかむ。
「……正解」
 少しだけ滲んだ視界の先で、カップの中の楕円が笑ったように見えた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:そゃーす まっちゃぴっぴ ジャンル:おそ松さん お題:今年の電話 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:695字 お気に入り:0人
その男は見るからに不幸を背負ってるような風貌であった。ボサボサに伸びた髪の毛から覗く瞳は黒く濁り目の下には隈を従えていた。男は、熱心な信仰者に見えた。毎日のよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そゃーす まっちゃぴっぴ ジャンル:おそ松さん お題:日本負傷 制限時間:30分 読者:75 人 文字数:985字 お気に入り:0人
何気なく肩に置かれた手が、気持ち悪くてしょうがなかった。低迷、漂う意識、周知の嘲笑、ぐるぐると胃の中が掻き回されそのままぶちまけられた感じ。そいつは肩からパッと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:すごい悪人 制限時間:30分 読者:68 人 文字数:1136字 お気に入り:0人
※流血表現ありこの世にある悪人という定義は何であろうか?人殺し? 窃盗? 密売? それとも__返り血でスーツが染まる。真っ白なスーツに対し、鉄分が入っている真っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そゃーす まっちゃぴっぴ ジャンル:おそ松さん お題:最後の狐 制限時間:30分 読者:90 人 文字数:754字 お気に入り:0人
あったかい布団にぬくぬくとつつまれて眠る夜はサイコーだと思う。使い古した煎餅のように固くなってしまった敷布団だって慣れれば極上の羽毛ぶとんにも負けないって僕は信 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ユダの接吻 ※未完
作者:青雲雀@メドレー企画主催中! ジャンル:おそ松さん お題:許せない作品 制限時間:30分 読者:129 人 文字数:1070字 お気に入り:0人
教会の祭壇を守るように置いてある6体の天使の像が嫌いだった。教会に拾われ、教会の神父としてそんなことを云うのはおかしいと思うが、俺はなぜかこの天使像が飾ってある 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よん ジャンル:おそ松さん お題:間違った哀れみ 制限時間:30分 読者:128 人 文字数:488字 お気に入り:0人
おそ松がそれを見つけたのは九月一日である。最寄りのパチ○コ屋は小さい。駐車場もたかだか五六台しか止まれない狭さの片隅、ゴミ箱の間にうずくまるようにしてあったの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:穴虫 ジャンル:おそ松さん お題:頭の中の戦争 制限時間:30分 読者:142 人 文字数:1338字 お気に入り:0人
宴が始まってから早数時間。松野家の居間は屍の積み上がる戦場跡と化していた。 寝ゲ○しながら白目を剥いている男、額から血を流し倒れている男、死んでる男、などなど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:お墓 ジャンル:おそ松さん お題:大人の窓 制限時間:30分 読者:103 人 文字数:415字 お気に入り:1人
松野おそ松という男は、いつでもそうだった。常々思う疑問があった。大人になる、とは果たしてどういう事なのか?酒が飲める事?選挙権?税金?成年向け商品を胸張って買え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:おそ松さん お題:早すぎた食卓 制限時間:30分 読者:135 人 文字数:1055字 お気に入り:0人
「これはホームランですかな!?」「さあ……少なくともこれが全く僕の責任によるところでないのは確かだよね」「フッ……これが本当の未確認飛行ローテーブルというやつだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そゃーす まっちゃぴっぴ ジャンル:おそ松さん お題:来年の殺人犯 制限時間:30分 読者:223 人 文字数:3210字 お気に入り:0人
凍えてしまうような夜だった。赤い月が空に煌めき、霧の深い赤塚の街にひとつの影が怪しく動き回っていた。…しんぶんしっ!!外からの冷気に身体を震わせ冷えきった冷たい 〈続きを読む〉

ろと@1/27東7W22aの即興 二次小説


ユーザーアイコン
ダグキリ ※未完
作者:ろと@1/27東7W22a ジャンル:DD! お題:でかい任務 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:1192字 お気に入り:0人
普段は地道な捜査が多いこの特殊部署も、たまには大きい案件もある。例えばそれが以前あったような市長候補の人質誘拐事件だったり、エスペランサのアジト襲撃だったり、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@1/27東7W22a ジャンル:DD! お題:軽い曲 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:1188字 お気に入り:0人
「そこのお嬢さん。リクエストは?」「えー俺ぇ? んーじゃあ何か明るいやつ! ぱーってハッピーになれそうなの! ていうか俺お嬢さんじゃねえよ」「了解です!」 なん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
デリミラ ※未完
作者:ろと@1/27東7W22a ジャンル:DD! お題:彼女が愛した何か 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:1252字 お気に入り:0人
「何が好き?」「将来の夢は?」「これからやりたい事は?」 そんな風に誰かから訊かれる事は、これまでの人生で数多くあった。転々と変わるアルバイト先で、少しでも仲良 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@1/27東7W22a ジャンル:DD! お題:意外!それは百合 制限時間:30分 読者:28 人 文字数:1188字 お気に入り:0人
「ユリってさ、やっぱり百合の花が好きなのか?」「……名前に入っているから?」「うん。やっぱり名前に入ってるものって目につきやすいし、人からもよく貰ったりしない? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@1/27東7W22a ジャンル:DD! お題:疲れたピアノ 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:1170字 お気に入り:0人
ピアノの旋律が遠く聞こえる。人々のざわめきと、煌びやかなイルミネーションも建物の隙間から見えた。おそらく、どこかでクリスマスパーティーでも行われているのだろう。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@1/27東7W22a ジャンル:DD! お題:10の水たまり 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:1241字 お気に入り:0人
昨夜遅くから降り始めた雨が今日の昼にようやく止んだ。とはいえ、空は分厚い雲に覆われたままで、ふたつの太陽からの光は弱く遠い。いや、ひとつはそもそも太陽ですらな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@1/27東7W22a ジャンル:DD! お題:恥ずかしい血痕 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:1522字 お気に入り:0人
「ううーん……いや、でもなあ……」「おはようございま……どうしたの? デリックさん」「ああ、ミラ。おはよう」 いつも通りにバーの扉を開くと、店長は頭を抱えて唸っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@1/27東7W22a ジャンル:DD! お題:3月の虫 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:1076字 お気に入り:0人
例えばこの少しばかり小さくて、誰よりも明るく輝くこの相棒が何の変哲もない人だったとしても。多くの人がそう誤解するように、ただ頭が悪いだけの人物だったとしても。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
鍵が壊れた話 ※未完
作者:ろと@1/27東7W22a ジャンル:DD! お題:純粋な話 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:1490字 お気に入り:0人
確か、世間話の一環だったのだ。いつものように客のいない店内で、他愛のない会話をしていた。そんな時間も自分は結構好きだし、穏やかな時間という物は悪くない。そんな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
マクユリ ※未完
作者:ろと@1/27東7W22a ジャンル:DD! お題:壊れかけのクリスマス 制限時間:30分 読者:40 人 文字数:1083字 お気に入り:0人
少しだけ、気が早いけれど。メンテナンスで家を空ける前にクリスマスの飾りつけをしようと提案したのは私の方だった。「良いね。今日は買い物する予定だったし、新しくで 〈続きを読む〉