ジャンル:おそ松さん お題:めっちゃ惑星 制限時間:30分 読者:210 人 文字数:1370字 お気に入り:1人

きみの惑星に名前をつける【チョロトド】

「昨日、バイト先の女の子に『めっちゃ惑星なんだけどー』って言われたんだけどさ。どういう意味なんだろう。チョロ松兄さんわかる?」
「わかるわけないだろ。前後の会話すら不明なんだから。その発言だって意味不明だし。大体さあ、トド松はいつからバイトしてたの? 僕それ初耳だよ。前にも言ったけどさ、そういう大事なことはちゃんと言いなよ。報告・連絡・相談、ホウレンソウが大事っていうのは社会人として当たり前でしょ? それはバイト身分だって変わりないんだからね。また身分詐称とかされても、こっちとしては迷惑なんだってわかるでしょ? 同じ顔なんだし、火の粉はこっちにも降りかかる可能性あるんだからね。分かってる?」
「チョロ松兄さんうざぁい。あ、間違えた。うるさーい」
「うるさいってなんだよ。ていうかトド松それわざとだろ」
 僕はカプチーノをひとくち飲み込んだ。女の子の言っていた内容は、実を言うと僕には分かっている。新しいバイト先はラテアートが有名なカフェで、僕は新人バイトとしてラテアートの練習をしていたのだ。猫のような形を作ろうとして失敗したミルクには渦のような楕円のような、なんとも言えない形が浮き上がった。彼女はそれを見て、惑星と称したのだ。ひとしきり笑った後にコツを教えてくれた彼女に、悪気は無いと思う。それでも、心にちくりと刺さった棘は胸に沈殿しているのだ。
「チョロ松兄さんってさ、ラテアートとか描かれてても気にせず飲みそうだよね。むしろ飲み終わっても気付かないし、後から『僕のにはなかった』とか言い出しそう」
「いやそこまで鈍感じゃないよ。おそ松兄さんじゃないんだから」
「おそ松兄さんは珈琲なんか嗜まないでしょ。基本はビールじゃない?」
「出されたら飲むと思うよ」
「貰えるものは何でも貰うタイプだからね」
 ちびちびと飲んでいたカプチーノには、猫だったものの残骸が浮かんでいる。今日のラテアートは上手くいったが、見せる相手も無くこうして流し込まれていくのだ。努力の末に生まれた結果など、所詮はそんなものである。
「ねえ、チョロ松兄さん。兄さんが何も気づかない鈍感なんかじゃないって証明してみせてよ」
「なにそれ」
「これ。何だと思う?」
「お前の飲みかけのコーヒー」
「そうじゃなくて」
 カップの中ほどに浮かんでいるのは、昨日惑星と言われた楕円に近い何かだった。綺麗な猫はもうここに残っていない。自分でも、もはやこれが何を模したものなのか分からないのだ。この兄がこれを見て、何を描こうとしたものか当てられるはずもない。だからこの問いには何の意味も無い。昨日の自分を昇華したいなどと、思ってすらいないのだ。
「アート……? 丸に……これなに。なんかついてるよね」
「ヒント言ったら問題の意味が無いでしょ?」
「飲みかけって時点ですごい難易度高いってわかってる?」
「知ってるよ」
 唸る兄さんをぼんやり眺める。そこまで真剣に悩まなくとも、訊かれればすぐに答えは口に出すのに。変なところで律儀だ。
「あ、わかった。猫でしょ。どう? 当たった?」
 降参でも良いよと、口に出す手前で回答は告げられた。無邪気な顔で笑う兄から目を逸らし、僕はカップをつかむ。
「……正解」
 少しだけ滲んだ視界の先で、カップの中の楕円が笑ったように見えた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:はたかそャーす低浮上気味になります ジャンル:おそ松さん お題:来年の殺人犯 制限時間:30分 読者:43 人 文字数:3210字 お気に入り:0人
凍えてしまうような夜だった。赤い月が空に煌めき、霧の深い赤塚の街にひとつの影が怪しく動き回っていた。…しんぶんしっ!!外からの冷気に身体を震わせ冷えきった冷たい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたかそャーす低浮上気味になります ジャンル:おそ松さん お題:春の整形 制限時間:30分 読者:80 人 文字数:1211字 お気に入り:0人
「あの時やめていればなぁ…」とぼとぼと帰り道を歩くおそ松は小さく呟いた。お昼時に、見切り発車で家を飛び出して駆け込んだパチ○コ屋では勝つことが出来たのだか調子に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたかそャーす低浮上気味になります ジャンル:おそ松さん お題:去年の行動 制限時間:30分 読者:94 人 文字数:804字 お気に入り:1人
寝れない日が続き、その代わり日中ぐーすか眠っていたがだんだんと起きてる時間の方が多くなっていった。数十分くらいの感覚で目が覚めたり、眠っていても眠っている感じが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:抹香鯨とうみ@8/20ガタケ@9/12〆 ジャンル:おそ松さん お題:100の、と彼は言った 制限時間:30分 読者:140 人 文字数:1209字 お気に入り:0人
「全国猫カフェスタンプラリー?」 カラ松は不思議そうに返答した。「しっ、声が大きい」 一松の手にはチラシのようなものが握られている。どうやら手書きのそれには、全 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたかそャーす低浮上気味になります ジャンル:おそ松さん お題:混沌のこだわり 制限時間:30分 読者:154 人 文字数:1476字 お気に入り:0人
僕らの先頭に立って先をゆく長男に憧れを抱いたのはいつだったか。その憧れが嫉妬となりおそ松兄さんから距離を置いたのは学生時代で今思えばそれは反抗期みたいなものだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:南サイダー ジャンル:おそ松さん お題:勇敢な儀式 制限時間:30分 読者:137 人 文字数:1279字 お気に入り:0人
ほんの数年前まで引きこもりで所謂ニートと呼ばれ世間様から疎まれる存在だった。そんな自分からしたら自ら物語を生み出そうとしたのはとてもすごいことだ。すごいじゃ足 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:破天荒な独裁者 制限時間:30分 読者:216 人 文字数:661字 お気に入り:0人
十四松がホテルのベッドに腰掛けて、俺をじっと見つめる。そして俺はその十四松の前で床に跪いていた。組み直した十四松の足を取り、唇を寄せようとした。「一松兄さん、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:少女の春 制限時間:30分 読者:109 人 文字数:539字 お気に入り:0人
注:十四松の女体化、一人称は「僕」 苦手な方は回れ右でお願いいたします。 昔の僕は泣き虫だった。何処でもすぐに泣いてしまうから、いつも一松兄さんが隣にいてくれて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:トカゲの海辺 制限時間:30分 読者:87 人 文字数:363字 お気に入り:0人
ヒトデって、トカゲだよねぇ、十四松が千切れて再生しかけている4本足のヒトデをつまみ上げて言った。 真夏の部屋で扇風機に当たりながら寝ていたら、急に海に行きたい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:意外な螺旋 制限時間:30分 読者:199 人 文字数:546字 お気に入り:0人
なぜあの時逃げなかった、1時間前の僕。おそ松兄さんに声を掛けられたとき、あ、これ面倒くさいやつだって分かってたじゃん。「ねぇ、トッティ、聞いてるぅ?」おそ松兄 〈続きを読む〉

ろと@モブサイ舞台最高でしたの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:ろと@モブサイ舞台最高でした ジャンル:コードギアス お題:商業的な悪魔 制限時間:30分 読者:34 人 文字数:1641字 お気に入り:0人
悪魔はその美しい姿で人々を魅了し、そして堕落へと誘い込む。時には人だけでなく、天使さえも騙して引き摺り落とすのだとか。「それで、悪魔か……」「お前にはよく似合っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@モブサイ舞台最高でした ジャンル:モブサイコ100 お題:今度のドア 必須要素:タイトル「ただ、助けたかっただけなのに」で書く 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:1458字 お気に入り:0人
「ただ、僕は僕のできることをしたかっただけです」 多分、僕はこの人のことが好きなのだ。どうしようもなく。己の力を過信しているわけではないが、口八丁ですべてを上手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@モブサイ舞台最高でした ジャンル:コードギアス お題:記憶の感覚 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:1147字 お気に入り:0人
「人って、声の記憶を最初になくすらしいよ。逆に、香り……嗅覚の記憶は最後まで残るんだって。でもさ、悪逆皇帝の映像ってメディアでも何度も伝えられていて。映像でも音 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ジェレルル ※未完
作者:ろと@モブサイ舞台最高でした ジャンル:コードギアス お題:危ない逃亡犯 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:1387字 お気に入り:0人
「子供……?」 かつての主君はもうこの世にはいないが、主君の与えてくれた明日を生きるために、主君の言葉に従いオレンジを作り続けて早幾年。主を想い丁寧に育てている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@モブサイ舞台最高でした ジャンル:コードギアス お題:そ、それは・・・巨人 制限時間:30分 読者:34 人 文字数:1329字 お気に入り:0人
「そ、それは……とても大きな、大きなー…………なんて読むんだこれ」「巨人、だろ」「ああ、そうそう。確かそうだった。って、ルルーシュはブリタニア人だろ? なんで読 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@モブサイ舞台最高でした ジャンル:カードファイト!!ヴァンガード お題:冬の痛み 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:1330字 お気に入り:0人
凍てついた風が肌を刺す。クリスマスを目前にしたこの時期、町は色とりどりの電飾で光り輝くが、空気の冷たさまではカバーしきれないようだ。むしろ、LEDの青白い光は視 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@モブサイ舞台最高でした ジャンル:コードギアス お題:急なサーカス 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:1105字 お気に入り:0人
「サーカス?」「そう、移動サーカス団がこの町にも来るみたいなのよ。そのチケットを頂いたんだけど……丁度仕事が入ってしまって。良かったら、スザク君が貰ってくれない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@モブサイ舞台最高でした ジャンル:コードギアス お題:謎の魔王 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:1186字 お気に入り:0人
魔神と呼ばれるような力を持ち、魔性を秘めた王たる彼はきっと魔王と呼ぶのが相応しいのだろう。「ルルーシュはね、そうだな……魔王って感じ」「なんだそれは。ファンタジ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
るるたん ※未完
作者:ろと@モブサイ舞台最高でした ジャンル:コードギアス お題:哀れな女祭り! 必須要素:ロードローラー 制限時間:30分 読者:49 人 文字数:540字 お気に入り:0人
花の名前のひとつひとつを覚えるようになったのは、物心ついてすぐの事だった。母も妹も、色とりどりの花を眺め顔をほころばせていたから自然と記憶したのだろう。幼少期を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
テル律 ※未完
作者:ろと@モブサイ舞台最高でした ジャンル:モブサイコ100 お題:緑の絵画 制限時間:30分 読者:48 人 文字数:1301字 お気に入り:0人
緑の絵の具を塗りたくったような絵画の前でひとり立ち尽くした。多分それは新緑の風景とか、山々の青さを表現していたのだろうけれど。僕には「エクボ……」慣れ親しんだ悪 〈続きを読む〉