ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:興奮した独裁者 制限時間:30分 読者:87 人 文字数:568字 お気に入り:0人
[削除]

新しい世界を

「なんてこと…」
「なんてこと……………」
実験室に戻ったエレン姉さんがそう呟いた。
視線の先には…。
「うう…………」
蠢く物体が目に入った。
それは先ほどまで鉄のベッドで寝ていたはずの我が友だった死体。
瞬間、俺の頭の中がスパークした。
「くっ…くくくくく…ふふふふふ…」
やったんだ!!!俺は遂にやったんだ!!!
アンリを失ったことは悲しいが、それ以上に目の前にいる創造物に身体中の血が沸騰する勢いで駆け巡り、震えが止まらない。
動いている…まだ歩くことはおぼつかないが確かに動いている…。
「おいで。アンリ、おいで。」
まるで我が子の誕生を喜ぶが如く、創造物に声を掛けた。
「震えてるね…ルンゲ、僕のコートを」
ああ、愛しい…。
俺が創り出した命。
アンリの命を創り出したんだ。
亡くした命を取り戻したんだ。
アンリ、君が僕に託してくれた夢と願いは叶ったんだよ。
君の存在そのものが僕の夢と願いそのもの。
例え魔女と呼ばれようと悪魔と言われようとこれは僕がこの世で生きる意味。
さあ、僕の手を取って…。
これからは2人だけの世界で、また新たな命を今度は2人で創造しよう。
それこそが僕と君が望んだ新しい世界。
創ろう。君が望んだ新しい世界を。
そこで僕達は創造主として命を紡いでいくんだ。進化した人類とともに生きていこう。


同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:しげち@今夜は喜劇! ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:興奮した独裁者 必須要素:背後で爆発音 制限時間:30分 読者:120 人 文字数:905字 お気に入り:1人
「おかしい、電圧が低いままだ」「発電機をみてきましょうか」「たのむ」主人に言われて、ルンゲは急いで研究所の発電室へ向かった。この第一師団兵器研究所には、尋常では 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しげち@今夜は喜劇! ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:裏切りの悪魔 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:796字 お気に入り:0人
「裏切り者!」「なんとでもおっしゃってください」「悪魔!」「絶対に譲りませんからね!」「何してるんだ二人とも」珍しく大声を出して睨み合う主従の姿に、アンリは首を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しげち@今夜は喜劇! ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:緑の食事 制限時間:15分 読者:81 人 文字数:575字 お気に入り:1人
「…なに、これ」出てきた皿にアンリは絶句した。いつものように夕食の席についたアンリとヴィクターの前に置かれたのは、緑色のスープにグリーンサラダ、そして緑色のパス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しげち@今夜は喜劇! ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:彼女の死 制限時間:1時間 読者:55 人 文字数:1053字 お気に入り:1人
あれは僕が大学を出るころだったと思う。 夜中にふと目が覚めて、水を飲もうと厨房に向かった。 もう寝静まっているはずの廊下に、明かりが漏れていた。 壁の蝋燭もと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しげち@今夜は喜劇! ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:白い尿 制限時間:2時間 読者:49 人 文字数:2258字 お気に入り:1人
第一師団兵器研究所は駐屯地の外れにある。近くには他の兵士たちの宿舎もあり、野戦病院もあった。兵器研究所で使われる実験素材は。戦場もあったが、ここで調達されるもの 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Axis powers ヘタリア【腐向け】 お題:うわ・・・私の年収、小説の書き方 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:1223字 お気に入り:0人
「ギルベルト君、私の年収いくらだと思いますか」「自宅警備員に訊く質問かそれ」 菊の唐突な質問に、ギルベルトは眉を寄せる。「まあまあいいじゃありませんか」 菊の手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:素人の暗殺者 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:454字 お気に入り:0人
血なまぐさい殺人現場での仕事が終わって十四松が家に帰ると、部屋の中に不法侵入者がいた。「だ、だ、誰ですか!?」十四松の口から出た驚きの声は上ずっていた。「…… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:俺の霧 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:450字 お気に入り:0人
十四松って何考えてるか分からない、と皆によく言われる。でも、僕が考えてることなんて結構単純だと思うけどなぁ。「十四松」 居間のバランスボールに乗りながら考えて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:死にぞこないのモグラ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:371字 お気に入り:0人
死にたい、一松が部屋の隅で膝を抱えポツリと言った。「一松兄さん、死ぬの?」「別に僕みたいなゴミクズが死んでも誰も困らないしね」一松は反応した十四松に一瞬目を向 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:紅茶と電話 制限時間:4時間 読者:12 人 文字数:4272字 お気に入り:0人
短刀たちを夜戦に送り出したあと、書類の待つ執務室へと戻った。そこには近侍である鶴丸が先に書類整理を行ってくれていて、彼には頭が上がらない。刀剣男士として合戦場へ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ファイナルファンタジー15 お題:うわ・・・私の年収、セリフ 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:559字 お気に入り:0人
『うわ・・・私の年収、低すぎ?』最近よく目にするウェブの広告だ。グラディオラスは、年収ねえ、と心の中で独り言ちながら、スマートフォンをしまう。「さて、と。」グラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ポケットモンスター お題:鋭い内側 必須要素:小説 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:7字 お気に入り:0人
ピッカピカピー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:私が愛した山 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:410字 お気に入り:0人
嬉しそうにスキップをしながら前を行く十四松の背中を、ゆっくりとした足取りで追いかける。「どんぐり、どんぐり、どーんぐりっ」 おそらく自作の歌を口ずさむ姿は、ま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ユーリ!!! on ICE お題:素晴らしい夕飯 制限時間:15分 読者:100 人 文字数:1354字 お気に入り:0人
「ねぇ勇利、これはなんだろうね」「うん、なんだろう……」 途方に暮れた僕たちの食卓には黒く焼け焦げた何かと、びちゃびちゃの茶色の液体に浸った何か。食材は確かに食 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ファイナルファンタジー15 お題:わたしの好きなうどん 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:629字 お気に入り:0人
グラディオラスが風邪をひいた。珍しいこともあるものだと、皆が揶揄うが、全員が妙にソワソワして、やはり各々心配なようだ。ノクトは静かにゲームをし。プロンプトはカメ 〈続きを読む〉