ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:興奮した独裁者 制限時間:30分 読者:121 人 文字数:568字 お気に入り:0人
[削除]

新しい世界を

「なんてこと…」
「なんてこと……………」
実験室に戻ったエレン姉さんがそう呟いた。
視線の先には…。
「うう…………」
蠢く物体が目に入った。
それは先ほどまで鉄のベッドで寝ていたはずの我が友だった死体。
瞬間、俺の頭の中がスパークした。
「くっ…くくくくく…ふふふふふ…」
やったんだ!!!俺は遂にやったんだ!!!
アンリを失ったことは悲しいが、それ以上に目の前にいる創造物に身体中の血が沸騰する勢いで駆け巡り、震えが止まらない。
動いている…まだ歩くことはおぼつかないが確かに動いている…。
「おいで。アンリ、おいで。」
まるで我が子の誕生を喜ぶが如く、創造物に声を掛けた。
「震えてるね…ルンゲ、僕のコートを」
ああ、愛しい…。
俺が創り出した命。
アンリの命を創り出したんだ。
亡くした命を取り戻したんだ。
アンリ、君が僕に託してくれた夢と願いは叶ったんだよ。
君の存在そのものが僕の夢と願いそのもの。
例え魔女と呼ばれようと悪魔と言われようとこれは僕がこの世で生きる意味。
さあ、僕の手を取って…。
これからは2人だけの世界で、また新たな命を今度は2人で創造しよう。
それこそが僕と君が望んだ新しい世界。
創ろう。君が望んだ新しい世界を。
そこで僕達は創造主として命を紡いでいくんだ。進化した人類とともに生きていこう。


同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:しげち@かえる待機 ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:興奮した独裁者 必須要素:背後で爆発音 制限時間:30分 読者:170 人 文字数:905字 お気に入り:1人
「おかしい、電圧が低いままだ」「発電機をみてきましょうか」「たのむ」主人に言われて、ルンゲは急いで研究所の発電室へ向かった。この第一師団兵器研究所には、尋常では 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しげち@かえる待機 ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:最強の職業 制限時間:30分 読者:47 人 文字数:1387字 お気に入り:0人
「最強の職業ってなんなんでしょうねぇ」 夜、主人の部屋にばさばさと散らかった本や紙類、実験道具を片付けながら、ふいに執事が呟いた。「なんだ、ルンゲ」 だいたい執 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しげち@かえる待機 ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:裏切りの悪魔 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:796字 お気に入り:0人
「裏切り者!」「なんとでもおっしゃってください」「悪魔!」「絶対に譲りませんからね!」「何してるんだ二人とも」珍しく大声を出して睨み合う主従の姿に、アンリは首を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しげち@かえる待機 ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:緑の食事 制限時間:15分 読者:108 人 文字数:575字 お気に入り:1人
「…なに、これ」出てきた皿にアンリは絶句した。いつものように夕食の席についたアンリとヴィクターの前に置かれたのは、緑色のスープにグリーンサラダ、そして緑色のパス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しげち@かえる待機 ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:彼女の死 制限時間:1時間 読者:78 人 文字数:1053字 お気に入り:1人
あれは僕が大学を出るころだったと思う。 夜中にふと目が覚めて、水を飲もうと厨房に向かった。 もう寝静まっているはずの廊下に、明かりが漏れていた。 壁の蝋燭もと 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:しげち@かえる待機 ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:白い尿 制限時間:2時間 読者:70 人 文字数:2258字 お気に入り:1人
第一師団兵器研究所は駐屯地の外れにある。近くには他の兵士たちの宿舎もあり、野戦病院もあった。兵器研究所で使われる実験素材は。戦場もあったが、ここで調達されるもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しげち@かえる待機 ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:緑の門 必須要素:チューペット 制限時間:30分 読者:41 人 文字数:1320字 お気に入り:0人
ビクターが姉のエレンと共に薔薇の枝でできた門をくぐったのは、夏の尾張の頃だった。 残暑が厳しいというのに、重なりあったピンクの花弁を零れんばかりに咲き誇る薔薇 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニプリ お題:奇妙な殺し 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1095字 お気に入り:0人
幸村精市が何か言うたびに、わたしの心は死んでいた。小学生の頃、彼がクラス委員で、うさぎを飼おうと言い出したとき、わたしは真っ先に賛成したのだ。わたしはうさぎがす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:白い猫 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:1317字 お気に入り:0人
台所で作業していると、きゅーきゅーと鳴く声にふとー足元をみると、白いものが自分の足を撫でるのが、目の端にみえた。 「まだ駄目だよ。皆まだ、起きてるんだから、ね? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:彼と悪意 必須要素:男使用不可 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:250字 お気に入り:0人
故意的に悪意を向ける事は、迚、難しく、初めて、愛しいと思う相手に、今まで生きてきた中でそんな場面も、そんな必要も無かったたち位置に居た自分には、難しい立場だった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:夜と姉妹 制限時間:4時間 読者:9 人 文字数:4762字 お気に入り:0人
7月24日 午後10時。 言うまでもなく、今は夜。綺麗に欠けた三日月が、幻想的な夜の闇に浮かんでいる。 その三日月を、真っ赤な屋敷の屋根に座り、赤ワインの注が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:獄都事変 お題:名前も知らない王子 制限時間:1時間 読者:10 人 文字数:2318字 お気に入り:0人
小さなメモを持って、商店の陳列棚の間を一筆書きで進んで行く。「ニンジン、ジャガイモ、お肉、あとは……」買い物カゴの中には、昼食の材料がどっさりと入っていた。なに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:許されざる部屋 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:564字 お気に入り:0人
「...と、いう訳なんです。お願いできますか?」鬱蒼とした魔法の森に住む魔法使いアリス・マーガトロイドは、二人の少女から依頼を受けた。東風谷早苗の持っていた人形 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:FF14 お題:茶色い貯金 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:779字 お気に入り:0人
はーーーーー。冒険者として駆け出した頃は、敵一体を倒すたびに息切れし、卒倒したこともあったが、まさか正統なる黒魔道士となった今でもその体質を克服できないとは思わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:日本整形 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:520字 お気に入り:0人
「早苗さん、これは何?」守矢神社に来ていたこいしは横にいる早苗に声をかけた。「...それは、私が小さい頃持っていた人形ですね、懐かしいなぁ」こいしが手にしていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ファイアーエムブレム聖戦の系譜 お題:美しい錬金術 制限時間:4時間 読者:17 人 文字数:1113字 お気に入り:0人
ペガサスに跨り、空を翔る私……とよく分からないまま乗せてきたシレジアのアーサーとかいう人。普段は一人なんかで乗らないから、なんだかバランスを崩しそうだ。幸いに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:FGO(腐) お題:僕の電撃 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:1573字 お気に入り:0人
終章ネタバレゲソ カルデアに召喚されたときは嘘だと思った。新しい環境、新しい空間、目の前にいるマスター。全てが初めてで新鮮だった。それはまるで新学期のような感覚 〈続きを読む〉