ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:興奮した独裁者 制限時間:30分 読者:229 人 文字数:568字 お気に入り:0人
[削除]

新しい世界を

「なんてこと…」
「なんてこと……………」
実験室に戻ったエレン姉さんがそう呟いた。
視線の先には…。
「うう…………」
蠢く物体が目に入った。
それは先ほどまで鉄のベッドで寝ていたはずの我が友だった死体。
瞬間、俺の頭の中がスパークした。
「くっ…くくくくく…ふふふふふ…」
やったんだ!!!俺は遂にやったんだ!!!
アンリを失ったことは悲しいが、それ以上に目の前にいる創造物に身体中の血が沸騰する勢いで駆け巡り、震えが止まらない。
動いている…まだ歩くことはおぼつかないが確かに動いている…。
「おいで。アンリ、おいで。」
まるで我が子の誕生を喜ぶが如く、創造物に声を掛けた。
「震えてるね…ルンゲ、僕のコートを」
ああ、愛しい…。
俺が創り出した命。
アンリの命を創り出したんだ。
亡くした命を取り戻したんだ。
アンリ、君が僕に託してくれた夢と願いは叶ったんだよ。
君の存在そのものが僕の夢と願いそのもの。
例え魔女と呼ばれようと悪魔と言われようとこれは僕がこの世で生きる意味。
さあ、僕の手を取って…。
これからは2人だけの世界で、また新たな命を今度は2人で創造しよう。
それこそが僕と君が望んだ新しい世界。
創ろう。君が望んだ新しい世界を。
そこで僕達は創造主として命を紡いでいくんだ。進化した人類とともに生きていこう。


同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:しげち@水匙待機 ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:興奮した独裁者 必須要素:背後で爆発音 制限時間:30分 読者:288 人 文字数:905字 お気に入り:1人
「おかしい、電圧が低いままだ」「発電機をみてきましょうか」「たのむ」主人に言われて、ルンゲは急いで研究所の発電室へ向かった。この第一師団兵器研究所には、尋常では 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しげち@水匙待機 ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:最強の職業 制限時間:30分 読者:154 人 文字数:1387字 お気に入り:0人
「最強の職業ってなんなんでしょうねぇ」 夜、主人の部屋にばさばさと散らかった本や紙類、実験道具を片付けながら、ふいに執事が呟いた。「なんだ、ルンゲ」 だいたい執 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しげち@水匙待機 ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:裏切りの悪魔 制限時間:15分 読者:179 人 文字数:796字 お気に入り:0人
「裏切り者!」「なんとでもおっしゃってください」「悪魔!」「絶対に譲りませんからね!」「何してるんだ二人とも」珍しく大声を出して睨み合う主従の姿に、アンリは首を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しげち@水匙待機 ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:緑の食事 制限時間:15分 読者:188 人 文字数:575字 お気に入り:1人
「…なに、これ」出てきた皿にアンリは絶句した。いつものように夕食の席についたアンリとヴィクターの前に置かれたのは、緑色のスープにグリーンサラダ、そして緑色のパス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しげち@水匙待機 ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:彼女の死 制限時間:1時間 読者:165 人 文字数:1053字 お気に入り:1人
あれは僕が大学を出るころだったと思う。 夜中にふと目が覚めて、水を飲もうと厨房に向かった。 もう寝静まっているはずの廊下に、明かりが漏れていた。 壁の蝋燭もと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しげち@水匙待機 ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:白い尿 制限時間:2時間 読者:134 人 文字数:2258字 お気に入り:1人
第一師団兵器研究所は駐屯地の外れにある。近くには他の兵士たちの宿舎もあり、野戦病院もあった。兵器研究所で使われる実験素材は。戦場もあったが、ここで調達されるもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しげち@水匙待機 ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:緑の門 必須要素:チューペット 制限時間:30分 読者:146 人 文字数:1320字 お気に入り:0人
ビクターが姉のエレンと共に薔薇の枝でできた門をくぐったのは、夏の尾張の頃だった。 残暑が厳しいというのに、重なりあったピンクの花弁を零れんばかりに咲き誇る薔薇 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
KTKR ※未完
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Zero お題:穢された君 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:470字 お気に入り:0人
男が冷たいコンクリートの上に横たわっている。辛うじてコートを体に巻きつけているその身は古傷や真新しい傷や痣に塗れている。目は散々泣いたのであろう、すっかり腫れぼ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターミリオンライブ お題:煙草と転職 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:400字 お気に入り:0人
「茜、ちょっといいか?」***「プロデューサーをやめることにしたんだ。いきなりでごめんな」プロちゃんはいつもは見せないような真面目な表情で茜ちゃんにそういった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:光の霧 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:2423字 お気に入り:0人
光の霧3年生の修学旅行は、在校生が最も楽しみにしている行事だと言っても過言ではないだろう。氷帝学園の修学旅行は3年次の9月に行われ、行き先はヨーロッパ、オースト 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:弱虫ペダル 東巻東 お題:つらい貯金 必須要素:クリスマス爆破計画 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:343字 お気に入り:0人
オレは数ヵ月前に出来た彼女のためにコツコツと貯金をして、プレゼントを買うつもりだった。しかし、なんと数日前にこのオレがフラれてしまったのだ!そのきっかけは、オレ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:弱虫ペダル 東巻東 お題:免れた百合 必須要素:TOEFL 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:356字 お気に入り:0人
巻ちゃんは英五が得意だ。この間はTOELFで8割を取ったと言っていたな! そんな巻ちゃんがイギリスに留学することを聞いたのは出発の一週間前のことだった。いつもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:寒い罪人 必須要素:時限爆弾 制限時間:2時間 読者:14 人 文字数:1433字 お気に入り:0人
これはとある冬のお話。私と魔理沙は炬燵に入ってのんびりとしていました。なんでもない、ただの1日。ついうとうととしてしまっていた時でした。突然けたたましい音が鼓膜 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:走る人々 必須要素:大道具さん 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:792字 お気に入り:0人
「今日はいい天気だねぇ」「お前、いつもそればっかだな」魔法の森の入り口近く。そこには謎の古道具屋があった。店主の名は森近霖之助。彼は一人で店を開き、生活している 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:黒い同性愛 必須要素:うへへ 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:757字 お気に入り:0人
「すっずちゃ~ん♪いやわりぃね待たせちゃってさ!」「あはは、大丈夫、私も今来たところだから。」東龍学院高等部からほど近い喫茶店。私本居小鈴は、この子、河城にとり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:地獄発言 必須要素:ゴルゴンゾーラ 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:769字 お気に入り:0人
ここは旧地獄。その旧地獄の奥。そこには地霊殿と呼ばれる館が立っていた。「はぁ、今日の晩御飯どうしようかしら」地霊殿の主、古明地さとりは呟いた。「昨日の残り物でい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:うちのトコでは お題:いわゆる曲 制限時間:1時間 読者:36 人 文字数:1501字 お気に入り:0人
上手くもなく、かといって悪目立ちするほどの下手さでもない、いたって平凡なリコーダーの音色にあくびが出る。こっそりしたつもりだったのだが、「眠いなら保健室に戻っ 〈続きを読む〉