ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:興奮した独裁者 必須要素:背後で爆発音 制限時間:30分 読者:137 人 文字数:729字 お気に入り:0人
[削除]

いつもの流れの始まり





「動いた」
「え?」
声の方へ振り向くと同時に、目を見開き頬を朱に染めたビクター・フランケンシュタインが、ぶつかるようにして肩を掴んできた。
「動いたぞ…見ろ少尉!」
興奮気味に叫ぶ彼に導かれ、手術台を覗き込む。すると、濁った茶色の目玉と視線がぶつかった。
彼はアンリを見とめると、怯えように視線を逸らし、きょろきょろとし始める。ビクターが光を当てると、ヒトの生理に従って瞳孔が収縮した。
「見たか!?まるで生きた人間だ!今まで心肺や手足が多少動くことはあったが、眼球が…ああ…」
アンリが何か口を挟む暇もなく、ビクターは抱きついてきた。力加減を知らない子供のように、容赦なく。その疲れの滲む顔はしかし、今は歓喜に染められている。
「すごいぞ!!アンリ・デュプレ少尉!検証は必要だが、きっと君の縫合のおかげだ!!やはり君に来てもらったのは大正解だっ」
と…不意に2人の背後で轟音が響き渡り、彼の賛辞を遮った。あちらは脳の回路の修復を試みている班が使っている辺りだ。
赤い火の手が見え、悲鳴があがり、いち早くバケツを持ってきた研究員が、作業場を素材もろとも容赦なく水浸しにしていく。チッと鋭い舌打ち。ブーツを鳴らして足早に、気分を害した様子の大尉殿は部下たちに歩み寄った。
「またなのか、お前たち!いくら戦争中で毎日死体が増えると言っても、機材には限りがあるんだぞ!…」
そうは言っても、失敗をするなという方が無理があるだろう。死を否定しようとしているのだから。アンリは苦笑し、怒鳴られて萎縮している研究員とビクターの間に割って入るため、咳払いをした。
「失礼ですが、フランケンシュタイン大尉。あなたも昨日、床を焼け焦げたはらわたまみれにしたのでは?」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:しげち@かえる待機 ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:興奮した独裁者 必須要素:背後で爆発音 制限時間:30分 読者:170 人 文字数:905字 お気に入り:1人
「おかしい、電圧が低いままだ」「発電機をみてきましょうか」「たのむ」主人に言われて、ルンゲは急いで研究所の発電室へ向かった。この第一師団兵器研究所には、尋常では 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しげち@かえる待機 ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:緑の門 必須要素:チューペット 制限時間:30分 読者:41 人 文字数:1320字 お気に入り:0人
ビクターが姉のエレンと共に薔薇の枝でできた門をくぐったのは、夏の尾張の頃だった。 残暑が厳しいというのに、重なりあったピンクの花弁を零れんばかりに咲き誇る薔薇 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しげち@かえる待機 ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:最強の職業 制限時間:30分 読者:47 人 文字数:1387字 お気に入り:0人
「最強の職業ってなんなんでしょうねぇ」 夜、主人の部屋にばさばさと散らかった本や紙類、実験道具を片付けながら、ふいに執事が呟いた。「なんだ、ルンゲ」 だいたい執 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニプリ お題:奇妙な殺し 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1095字 お気に入り:0人
幸村精市が何か言うたびに、わたしの心は死んでいた。小学生の頃、彼がクラス委員で、うさぎを飼おうと言い出したとき、わたしは真っ先に賛成したのだ。わたしはうさぎがす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:白い猫 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:1317字 お気に入り:0人
台所で作業していると、きゅーきゅーと鳴く声にふとー足元をみると、白いものが自分の足を撫でるのが、目の端にみえた。 「まだ駄目だよ。皆まだ、起きてるんだから、ね? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:彼と悪意 必須要素:男使用不可 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:250字 お気に入り:0人
故意的に悪意を向ける事は、迚、難しく、初めて、愛しいと思う相手に、今まで生きてきた中でそんな場面も、そんな必要も無かったたち位置に居た自分には、難しい立場だった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:夜と姉妹 制限時間:4時間 読者:9 人 文字数:4762字 お気に入り:0人
7月24日 午後10時。 言うまでもなく、今は夜。綺麗に欠けた三日月が、幻想的な夜の闇に浮かんでいる。 その三日月を、真っ赤な屋敷の屋根に座り、赤ワインの注が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:獄都事変 お題:名前も知らない王子 制限時間:1時間 読者:10 人 文字数:2318字 お気に入り:0人
小さなメモを持って、商店の陳列棚の間を一筆書きで進んで行く。「ニンジン、ジャガイモ、お肉、あとは……」買い物カゴの中には、昼食の材料がどっさりと入っていた。なに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:許されざる部屋 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:564字 お気に入り:0人
「...と、いう訳なんです。お願いできますか?」鬱蒼とした魔法の森に住む魔法使いアリス・マーガトロイドは、二人の少女から依頼を受けた。東風谷早苗の持っていた人形 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:FF14 お題:茶色い貯金 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:779字 お気に入り:0人
はーーーーー。冒険者として駆け出した頃は、敵一体を倒すたびに息切れし、卒倒したこともあったが、まさか正統なる黒魔道士となった今でもその体質を克服できないとは思わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:日本整形 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:520字 お気に入り:0人
「早苗さん、これは何?」守矢神社に来ていたこいしは横にいる早苗に声をかけた。「...それは、私が小さい頃持っていた人形ですね、懐かしいなぁ」こいしが手にしていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ファイアーエムブレム聖戦の系譜 お題:美しい錬金術 制限時間:4時間 読者:17 人 文字数:1113字 お気に入り:0人
ペガサスに跨り、空を翔る私……とよく分からないまま乗せてきたシレジアのアーサーとかいう人。普段は一人なんかで乗らないから、なんだかバランスを崩しそうだ。幸いに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:FGO(腐) お題:僕の電撃 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:1573字 お気に入り:0人
終章ネタバレゲソ カルデアに召喚されたときは嘘だと思った。新しい環境、新しい空間、目の前にいるマスター。全てが初めてで新鮮だった。それはまるで新学期のような感覚 〈続きを読む〉