ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:興奮した独裁者 必須要素:背後で爆発音 制限時間:30分 読者:204 人 文字数:729字 お気に入り:0人
[削除]

いつもの流れの始まり





「動いた」
「え?」
声の方へ振り向くと同時に、目を見開き頬を朱に染めたビクター・フランケンシュタインが、ぶつかるようにして肩を掴んできた。
「動いたぞ…見ろ少尉!」
興奮気味に叫ぶ彼に導かれ、手術台を覗き込む。すると、濁った茶色の目玉と視線がぶつかった。
彼はアンリを見とめると、怯えように視線を逸らし、きょろきょろとし始める。ビクターが光を当てると、ヒトの生理に従って瞳孔が収縮した。
「見たか!?まるで生きた人間だ!今まで心肺や手足が多少動くことはあったが、眼球が…ああ…」
アンリが何か口を挟む暇もなく、ビクターは抱きついてきた。力加減を知らない子供のように、容赦なく。その疲れの滲む顔はしかし、今は歓喜に染められている。
「すごいぞ!!アンリ・デュプレ少尉!検証は必要だが、きっと君の縫合のおかげだ!!やはり君に来てもらったのは大正解だっ」
と…不意に2人の背後で轟音が響き渡り、彼の賛辞を遮った。あちらは脳の回路の修復を試みている班が使っている辺りだ。
赤い火の手が見え、悲鳴があがり、いち早くバケツを持ってきた研究員が、作業場を素材もろとも容赦なく水浸しにしていく。チッと鋭い舌打ち。ブーツを鳴らして足早に、気分を害した様子の大尉殿は部下たちに歩み寄った。
「またなのか、お前たち!いくら戦争中で毎日死体が増えると言っても、機材には限りがあるんだぞ!…」
そうは言っても、失敗をするなという方が無理があるだろう。死を否定しようとしているのだから。アンリは苦笑し、怒鳴られて萎縮している研究員とビクターの間に割って入るため、咳払いをした。
「失礼ですが、フランケンシュタイン大尉。あなたも昨日、床を焼け焦げたはらわたまみれにしたのでは?」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:しげち@エンジェル・オブ・ミュージカル党 ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:興奮した独裁者 必須要素:背後で爆発音 制限時間:30分 読者:242 人 文字数:905字 お気に入り:1人
「おかしい、電圧が低いままだ」「発電機をみてきましょうか」「たのむ」主人に言われて、ルンゲは急いで研究所の発電室へ向かった。この第一師団兵器研究所には、尋常では 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しげち@エンジェル・オブ・ミュージカル党 ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:緑の門 必須要素:チューペット 制限時間:30分 読者:111 人 文字数:1320字 お気に入り:0人
ビクターが姉のエレンと共に薔薇の枝でできた門をくぐったのは、夏の尾張の頃だった。 残暑が厳しいというのに、重なりあったピンクの花弁を零れんばかりに咲き誇る薔薇 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しげち@エンジェル・オブ・ミュージカル党 ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:最強の職業 制限時間:30分 読者:121 人 文字数:1387字 お気に入り:0人
「最強の職業ってなんなんでしょうねぇ」 夜、主人の部屋にばさばさと散らかった本や紙類、実験道具を片付けながら、ふいに執事が呟いた。「なんだ、ルンゲ」 だいたい執 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
辰申 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:スタミュ お題:理想的な狼 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:224字 お気に入り:0人
「俺、栄吾の前じゃ狼かもね」くすくすと隣で笑う息がふわりと耳をくすぐって、申渡もつられてそのままふふふと笑みを零した。「きみが狼ですか?」さらりとした金髪に宝石 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 お題:憧れの地獄 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:1545字 お気に入り:0人
カリカリ、カリカリ。鉛筆が紙面を走る小気味いい音が響く静かな教室で、今日も二人の少女が芸術活動に励んでいた。冬の日が早々に落ちようとしている黄昏時、窓から入る赤 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:あんすた。【腐】 お題:黒尽くめの百合 制限時間:1時間 読者:18 人 文字数:1944字 お気に入り:0人
****ーーポーン……ーーポーン………ーーポーン…………無意識に触れた鍵盤を、虚空に響く音程はただ、無闇に月明かりにのまれていく。「……。」何時もとかわらない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:裏切りのところてん 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:1529字 お気に入り:0人
「あつい・・・」鶴丸国永は畳にだらしなく寝転がったままつぶやいた。現在の本丸は夏の景趣だ。青々とした緑。遠くまで見渡す限りの青空。川遊びを楽しむ短刀たちの歓声。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
焼き魚 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:釣りの朝 お題:黒尽くめのにおい 必須要素:右膝 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:247字 お気に入り:0人
♪お魚が焼けました〜♪3枚におろしました〜(!?)♪3つがそれぞれ膨らn「焼き魚は3枚におろさないだろッ!?」俺は座っていたソファから勢いよく立ち上がる。……が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
太陽の男 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:夏のあそこ 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:1188字 お気に入り:0人
みーんみんみんみんみん甲高いセミの鳴き声が耳に障る。冷房のスイッチを入れようとがば、と身体を起こして気づく。そういえばここは家ではなかった。小さく息を吐いて眼下 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:愛すべき馬鹿 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:984字 お気に入り:0人
「ローズヒップは何をしているのかしら?」「……私には分かりかねます」アッサム様がポツリとつぶやきます。私達はテーブルに座り、ローズひっぴさんが紅茶を入れるのを待 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:すごい目 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:810字 お気に入り:0人
「どうしてアッサムだけあんなにちやほやされるのかしら」「それは……」アッサム様は聖グロの生徒達に取り囲まれ、キャーキャーと騒がれています。先日の大洗・知波単連合 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:未熟な湖 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:1156字 お気に入り:0人
「キャンプですわ!」 野営地に着くなり、ローズヒップさんは湖に向かってかけていきます。一応これはキャンプではなく、野営訓練という名目なのですが。 いつものごとく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:裏切りの誤解 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:857字 お気に入り:0人
「オレンジペコさんっ!」 この声はローズヒップさんですね。一体どうしたというのでしょう。普段にもましてどたどたと威勢良くやってきました。 ローズヒップさんは私の 〈続きを読む〉