ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:興奮した独裁者 必須要素:背後で爆発音 制限時間:30分 読者:171 人 文字数:729字 お気に入り:0人
[削除]

いつもの流れの始まり





「動いた」
「え?」
声の方へ振り向くと同時に、目を見開き頬を朱に染めたビクター・フランケンシュタインが、ぶつかるようにして肩を掴んできた。
「動いたぞ…見ろ少尉!」
興奮気味に叫ぶ彼に導かれ、手術台を覗き込む。すると、濁った茶色の目玉と視線がぶつかった。
彼はアンリを見とめると、怯えように視線を逸らし、きょろきょろとし始める。ビクターが光を当てると、ヒトの生理に従って瞳孔が収縮した。
「見たか!?まるで生きた人間だ!今まで心肺や手足が多少動くことはあったが、眼球が…ああ…」
アンリが何か口を挟む暇もなく、ビクターは抱きついてきた。力加減を知らない子供のように、容赦なく。その疲れの滲む顔はしかし、今は歓喜に染められている。
「すごいぞ!!アンリ・デュプレ少尉!検証は必要だが、きっと君の縫合のおかげだ!!やはり君に来てもらったのは大正解だっ」
と…不意に2人の背後で轟音が響き渡り、彼の賛辞を遮った。あちらは脳の回路の修復を試みている班が使っている辺りだ。
赤い火の手が見え、悲鳴があがり、いち早くバケツを持ってきた研究員が、作業場を素材もろとも容赦なく水浸しにしていく。チッと鋭い舌打ち。ブーツを鳴らして足早に、気分を害した様子の大尉殿は部下たちに歩み寄った。
「またなのか、お前たち!いくら戦争中で毎日死体が増えると言っても、機材には限りがあるんだぞ!…」
そうは言っても、失敗をするなという方が無理があるだろう。死を否定しようとしているのだから。アンリは苦笑し、怒鳴られて萎縮している研究員とビクターの間に割って入るため、咳払いをした。
「失礼ですが、フランケンシュタイン大尉。あなたも昨日、床を焼け焦げたはらわたまみれにしたのでは?」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:しげち@エンジェル・オブ・ミュージカル党 ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:興奮した独裁者 必須要素:背後で爆発音 制限時間:30分 読者:218 人 文字数:905字 お気に入り:1人
「おかしい、電圧が低いままだ」「発電機をみてきましょうか」「たのむ」主人に言われて、ルンゲは急いで研究所の発電室へ向かった。この第一師団兵器研究所には、尋常では 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しげち@エンジェル・オブ・ミュージカル党 ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:緑の門 必須要素:チューペット 制限時間:30分 読者:86 人 文字数:1320字 お気に入り:0人
ビクターが姉のエレンと共に薔薇の枝でできた門をくぐったのは、夏の尾張の頃だった。 残暑が厳しいというのに、重なりあったピンクの花弁を零れんばかりに咲き誇る薔薇 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しげち@エンジェル・オブ・ミュージカル党 ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:最強の職業 制限時間:30分 読者:88 人 文字数:1387字 お気に入り:0人
「最強の職業ってなんなんでしょうねぇ」 夜、主人の部屋にばさばさと散らかった本や紙類、実験道具を片付けながら、ふいに執事が呟いた。「なんだ、ルンゲ」 だいたい執 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゾイド お題:ぐちゃぐちゃの高給取り 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:512字 お気に入り:0人
微笑(プロイツェンとレイヴン)彼の食事する姿はなぜか印象に残っている。結構な高級料理ばかり口にしていたがちっとも美味しそうに食べないのだ。当時のぼくは子供だった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:早い冤罪 必須要素:クリスマス爆破計画 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:2077字 お気に入り:0人
ドンドンドン、ガンガンガンッ!「ま~ぁくーん。あ~そ~ぼ~ッ!寒いからい~れ~て~ッ!」「~~ッ!あ゛あ゛ッ!!凛月うるさい!!!!」今何時だと思ってるんだ!! 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル: お題:経験のない祖母 必須要素:育毛剤 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:1846字 お気に入り:0人
私には祖母と触れ合った記憶がないのである。幼少期、父親を亡くした私は義理の兄の智とともに暮らし、大きな邸宅の中で過ごしていた。齢三歳のことである。智は執事として 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:あんさんぶるスターズ お題:楽観的な交わり 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:925字 お気に入り:0人
「いた」レッスン中の僅かな休憩時間。荒い息遣いで満たされるレッスン室に不意にそんな声が響いた。声のした方に目を向けると、自分の所属するグループのリーダーがアイド 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/ staynight お題:穢された同性愛 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:787字 お気に入り:0人
ふ、と頰をかすめたような焼かれた感覚に、すこし顔をしかめた。理解が追いつかなかった、目の前の少女が自分をしっかと見据え、泣きながら睨みつけている。何か悪いことを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:忍たま乱太郎 お題:信用のないキス 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1340字 お気に入り:0人
その日は珍しく作法室にすでに喜八郎がいて、なんと掃除もしていた。いつもならば最後にきて好き勝手やって帰っていくというのにまだ部活も始まっていない。さらに今日の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
背水の陣 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 腐向け お題:経験のない策略 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:607字 お気に入り:0人
乱に借りたスカートという履物はあまりに落ち着かなかった。脹脛から太腿へ風が吹き抜けて、肌が粟立つ。乱より図体がでかい俺が身に着けると、丈の短さが倍になって男の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:純白の冒険 必須要素:大阪 制限時間:4時間 読者:8 人 文字数:763字 お気に入り:0人
今日は僕の初めての大阪出張だ。大阪には何が有るのだろうか。きっと、愉しい事でも有るんだろう。何処かで犬が吠えている。そう云えば。自殺嗜好の隣の人は犬が大嫌いだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:綺麗な空想 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1198字 お気に入り:0人
居酒屋の廊下は適度に暗かった。並ぶ個室の障子からは、どこも楽しげな雰囲気が漂い出ているように感じる。 ボクはいつも通りの歩調でレジの前を通り抜け、店を出た。会 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:KING OF PRISM by PrettyRhythm お題:何かの秘部 必須要素:即興イラストのステマ 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:460字 お気に入り:0人
喉の渇きで目を覚ます。昨日の帰りの記憶は定かではないが、どうやら自分は無事に帰路に着き、こうしてベッドに入れたらしい。枕元に置いてあった携帯を手繰り寄せる。午前 〈続きを読む〉