ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:興奮した独裁者 必須要素:背後で爆発音 制限時間:30分 読者:163 人 文字数:729字 お気に入り:0人
[削除]

いつもの流れの始まり





「動いた」
「え?」
声の方へ振り向くと同時に、目を見開き頬を朱に染めたビクター・フランケンシュタインが、ぶつかるようにして肩を掴んできた。
「動いたぞ…見ろ少尉!」
興奮気味に叫ぶ彼に導かれ、手術台を覗き込む。すると、濁った茶色の目玉と視線がぶつかった。
彼はアンリを見とめると、怯えように視線を逸らし、きょろきょろとし始める。ビクターが光を当てると、ヒトの生理に従って瞳孔が収縮した。
「見たか!?まるで生きた人間だ!今まで心肺や手足が多少動くことはあったが、眼球が…ああ…」
アンリが何か口を挟む暇もなく、ビクターは抱きついてきた。力加減を知らない子供のように、容赦なく。その疲れの滲む顔はしかし、今は歓喜に染められている。
「すごいぞ!!アンリ・デュプレ少尉!検証は必要だが、きっと君の縫合のおかげだ!!やはり君に来てもらったのは大正解だっ」
と…不意に2人の背後で轟音が響き渡り、彼の賛辞を遮った。あちらは脳の回路の修復を試みている班が使っている辺りだ。
赤い火の手が見え、悲鳴があがり、いち早くバケツを持ってきた研究員が、作業場を素材もろとも容赦なく水浸しにしていく。チッと鋭い舌打ち。ブーツを鳴らして足早に、気分を害した様子の大尉殿は部下たちに歩み寄った。
「またなのか、お前たち!いくら戦争中で毎日死体が増えると言っても、機材には限りがあるんだぞ!…」
そうは言っても、失敗をするなという方が無理があるだろう。死を否定しようとしているのだから。アンリは苦笑し、怒鳴られて萎縮している研究員とビクターの間に割って入るため、咳払いをした。
「失礼ですが、フランケンシュタイン大尉。あなたも昨日、床を焼け焦げたはらわたまみれにしたのでは?」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:しげち ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:興奮した独裁者 必須要素:背後で爆発音 制限時間:30分 読者:197 人 文字数:905字 お気に入り:1人
「おかしい、電圧が低いままだ」「発電機をみてきましょうか」「たのむ」主人に言われて、ルンゲは急いで研究所の発電室へ向かった。この第一師団兵器研究所には、尋常では 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しげち ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:緑の門 必須要素:チューペット 制限時間:30分 読者:71 人 文字数:1320字 お気に入り:0人
ビクターが姉のエレンと共に薔薇の枝でできた門をくぐったのは、夏の尾張の頃だった。 残暑が厳しいというのに、重なりあったピンクの花弁を零れんばかりに咲き誇る薔薇 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しげち ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:最強の職業 制限時間:30分 読者:74 人 文字数:1387字 お気に入り:0人
「最強の職業ってなんなんでしょうねぇ」 夜、主人の部屋にばさばさと散らかった本や紙類、実験道具を片付けながら、ふいに執事が呟いた。「なんだ、ルンゲ」 だいたい執 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ワンパンマン お題:黒尽くめの紳士 必須要素:恋愛 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:610字 お気に入り:0人
その男が来店するたびにアーマードゴリラは暗澹たる気持ちになる。S級ヒーローとして日々ニュースを賑わせるゾンビマンという男は、度々アーマードゴリラが店番を務めるた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:きんいろモザイク お題:黄金の諦め 制限時間:2時間 読者:4 人 文字数:894字 お気に入り:0人
」「……はぁ」「どうしたの?しのため息なんかついて」ため息をついた女子生徒の名前は大宮忍あだ名はしの見た目はこけしに似てるとよくいわれるそしてそのしののため息に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Axis powers ヘタリア【腐向け】 お題:俺は妄想 制限時間:4時間 読者:13 人 文字数:1580字 お気に入り:0人
ふわふわとした感覚。足をつけたのに、つけていないような。そんなやわらかな道を香は跳ねるように歩く。ふわふわ、ふわふわ。パステルカラーの町と、田舎のような緑が香の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アルスマグナ 青赤 お題:孤独な囚人 制限時間:1時間 読者:32 人 文字数:960字 お気に入り:0人
「アキラ」キィ、と金属のこすれる音が響く。コツコツとこっちに近づいてくる足音。泉がいつも通り、昼のご飯を持ってきたんだ。視線を向けなくたって、わかる。「今日もい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:彼が愛した慰め 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:775字 お気に入り:0人
「最近、フードつきの洋服きてる事が多くない??自分の中での流行??」夜になると、急に冷え込みはじめた季節に、温かいものが恋しくなり、インスタントの珈琲を飲みなが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 みつくり お題:難しい光景 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:539字 お気に入り:0人
燭台切光忠は焦っていた。朝餉を終え片づけたのち洗濯当番だった光忠は大量の洗濯物を洗濯機に入れた。数時間のち出来上がったものをかごに入れて抱える。久しぶりの洗濯日 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 みつくり お題:部屋とYシャツと失踪 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:713字 お気に入り:0人
気持ちのいい朝だ。休みのだったがいつも通り早起きした光忠は一つ伸びをするとカーテンを開ける。窓から射しこんでくる朝日に目を細めると「よし」と呟いて寝間着から部屋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪とアルケミスト お題:穏やかな悪人 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1022字 お気に入り:0人
水面が揺れる。透き通った水の、その色が、音も立てずに揺れている。ともすれば、凪いでいる。蓮のよく似合う静かなみずうみが、瞼に隠された。一秒と立たずにまた姿を現 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:閃乱カグラ 東方project 複合クロス お題:うわ・・・私の年収、サイト 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:688字 お気に入り:0人
「あのー、教官「?」「ンー」「私たち、さっきまで学園で合同練習してましたよね」「ソーダネー」「何で私たち、神社の縁側で座ってるんでしょうか?」「ンー」「飛鳥は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪とアルケミスト お題:記録にない犯人 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:713字 お気に入り:0人
いつ図書館を訪れても、ある一冊は、常にその姿を隠している。いつだって貸し出し中。ただ、不思議なことに、貸し出しの記録は残っていない。ゆえに、誰がいつから借りて 〈続きを読む〉