ジャンル:アルスマグナ 赤青+(緑黄) お題:あきれたガール 制限時間:4時間 読者:124 人 文字数:1587字 お気に入り:0人
[削除]

久しぶりの… (2)

※お題無視です※
※今回は赤青のみ※
※この作品で完結しません、久しぶりの…(1)の続きです※



「あ! もぉ、あきらっちょ遅いよぉ!!」

急いで集合場所まで走ると、そこには俺以外の3人がすでに集まっていた
もちろん俺の恋人も…

「こんな日まで寝坊ですか?}

痛い所をつかれ、言い返せなくなる
だが今回ばかりは違う。 ちゃんと集合の1時間以上前に起きて、出かける用意も終わっていたからだ。
実を言うと別の理由がある。

「寝坊はしてねーよ」

多分みんな気づいてないんだと思う
両手に新しくできた傷に…

「その手… また喧嘩ですか?」

半分呆れ顔で言う泉、その言葉で焦るたつきっく、いきなり大声をだすパク。
その3人を俺は交互に見ながらため息をつき、この場に来るまでにおこった事を話した

本来、俺の予定なら集合時間の5分前には着く予定だった
でも来る途中で叫び声を聞き、その方向へと走ると1人の男子生徒が数人の大人に脅されていた。
それを見て、いてもたってもいられなくなった俺はそこに飛び込んで殴り合いになった。
幸い自分に目立った傷もなく、その男子生徒も助かった。

「でも、先輩が無事で良かったです!!」

「そーだね!」

「目立った傷がないって… あるでしょう。 でもアキラは…
優しいんですね…。」

「へへっ… んなことねーよ」

愛する恋人からの一言に少し恥ずかしくなり、照れ笑いをする

「っ!? ねぇ皆っ! 約束の時間まであと10分だから、急ごっ!!」

思い出したようにビクリと震え、慌てて駆け出したたつきっくをパク、俺、泉の順で追いかけた。
本来なら約束の時間に余裕をもって着くはずが、無駄話のせいでギリギリになってしまった

水族館の入り口へと近づくと、スーツを着た2人の男性がいた

「お待ちしておりました、榊原様。 今回も私の水族館にお越しいただき誠にありがとうございます。」

「いえ! 僕達こそ毎回貸切とかにさせてもらっちゃって… 本当にありがとうございます!」

深々と頭を下げる2人の男性を前にたつきっくは手を左右に振り、自らもペコリと頭を下げる
後で聞いたのだがあの2人は社長とその秘書さんらしく、貸切にするたびにわざわざ来てくれるんだとか…

館内に入ってからはこの後の予定を決めた。
12時になったら今いる場所に集合。 水族館のメインと言ってもおかしくないくらいのイルカショーは、お昼ご飯を全員で食べてから皆で行く事にした。

「じゃぁ… 12時にここ集合ね!  別行動開始~!!」

たつきっくの掛け声とともに、俺と泉もたつキック達と別の方向へと歩き出す

「…広いな、ここ」

「ですね… 俺、ここの水族館初めて来ました…。」

巨大な水槽に目を奪われ、しばらくその場に2人してくぎ付けになっていた
横目で魚を追いかける泉の横顔があまりにも美しく、急いでスマホを取出し、シャッターを切る

「…今、何かしましたよね?」

無音カメラを使い、フラッシュもきっていたのに、なぜか泉は俺が写真をとった事に気が付いていた

「な、何にもしてないけど…  他の場所行くか?」

「話逸らしましたね? まぁ、いい。 行きましょう?」

クルリと方向を変え、歩き出す泉を追いかけ、さりげなく手を握る。
すると泉は顔を真っ赤にさせながらも手を握り返してくる
そういう所が可愛いんだよなぁ…
たしかにたつきっくも可愛いかもしれないけど、なんか泉の可愛さとは違うんだよな。

そんな事を考えながらしばらく館内をうろうろし、12時が近くなってきたので集合場所へと足を運んだ。


 ~続く~


今回はアキラ視点で赤青にしました。
次作は赤青と緑黄の両方。タツキ視点でお昼の時間にします。
誤字、脱字は気にしないでください…。



同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニプリ お題:奇妙な殺し 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1095字 お気に入り:0人
幸村精市が何か言うたびに、わたしの心は死んでいた。小学生の頃、彼がクラス委員で、うさぎを飼おうと言い出したとき、わたしは真っ先に賛成したのだ。わたしはうさぎがす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:白い猫 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:1317字 お気に入り:0人
台所で作業していると、きゅーきゅーと鳴く声にふとー足元をみると、白いものが自分の足を撫でるのが、目の端にみえた。 「まだ駄目だよ。皆まだ、起きてるんだから、ね? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:彼と悪意 必須要素:男使用不可 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:250字 お気に入り:0人
故意的に悪意を向ける事は、迚、難しく、初めて、愛しいと思う相手に、今まで生きてきた中でそんな場面も、そんな必要も無かったたち位置に居た自分には、難しい立場だった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:夜と姉妹 制限時間:4時間 読者:9 人 文字数:4762字 お気に入り:0人
7月24日 午後10時。 言うまでもなく、今は夜。綺麗に欠けた三日月が、幻想的な夜の闇に浮かんでいる。 その三日月を、真っ赤な屋敷の屋根に座り、赤ワインの注が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:獄都事変 お題:名前も知らない王子 制限時間:1時間 読者:10 人 文字数:2318字 お気に入り:0人
小さなメモを持って、商店の陳列棚の間を一筆書きで進んで行く。「ニンジン、ジャガイモ、お肉、あとは……」買い物カゴの中には、昼食の材料がどっさりと入っていた。なに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:許されざる部屋 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:564字 お気に入り:0人
「...と、いう訳なんです。お願いできますか?」鬱蒼とした魔法の森に住む魔法使いアリス・マーガトロイドは、二人の少女から依頼を受けた。東風谷早苗の持っていた人形 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:FF14 お題:茶色い貯金 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:779字 お気に入り:0人
はーーーーー。冒険者として駆け出した頃は、敵一体を倒すたびに息切れし、卒倒したこともあったが、まさか正統なる黒魔道士となった今でもその体質を克服できないとは思わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:日本整形 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:520字 お気に入り:0人
「早苗さん、これは何?」守矢神社に来ていたこいしは横にいる早苗に声をかけた。「...それは、私が小さい頃持っていた人形ですね、懐かしいなぁ」こいしが手にしていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ファイアーエムブレム聖戦の系譜 お題:美しい錬金術 制限時間:4時間 読者:17 人 文字数:1113字 お気に入り:0人
ペガサスに跨り、空を翔る私……とよく分からないまま乗せてきたシレジアのアーサーとかいう人。普段は一人なんかで乗らないから、なんだかバランスを崩しそうだ。幸いに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:FGO(腐) お題:僕の電撃 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:1573字 お気に入り:0人
終章ネタバレゲソ カルデアに召喚されたときは嘘だと思った。新しい環境、新しい空間、目の前にいるマスター。全てが初めてで新鮮だった。それはまるで新学期のような感覚 〈続きを読む〉