ジャンル:戦国BASARA お題:思い出の高給取り 必須要素:インドカレー 制限時間:15分 読者:195 人 文字数:639字 お気に入り:0人

おかねのはなし

(オリキャラ居るよー)

【おかねのもんだい】

厳島、十六夜燐火は毛利元就と昼食を食べることにした。
この人は毛利軍の主で一番偉い人で燐火にとっても重要な人だ。いんどかれーというのを政定が作ったので
今日はそれが昼食だ。

「まだ今日のはいけるな」

「よかった」

燐火は味を感じない。毛利軍に来る前に居た場所で行われた実験の被験者だった彼女は味覚を奪われている。
元就の反応を確かめてほっとしている。

「とーりょーも碧夏も出かけてるしなー。ゆかさんも波瑠さんもいねえし」

厳島に滞在をしている元就の食事を作るのは政定や居るならば世鬼杙奈やゆかさんこと佐伯縁、
波瑠こと宗像波瑠だが居ないと政定だ。燐火は作ることが出来ない。
やりかたはみているが。

「あおか、おてがみくれた」

「来たんで?」

「いいぐん、きゅうりょうがそこそことかかいてあった」

碧夏は遠江に出かけている。

「うち、高いもんな。働きに寄るけど」

毛利軍は実力性だし、捨て駒として兵を使うこともあるが、後のことは手厚い。そうでもしなければ、
兵は集まらないし維持も出来ない。
金はかかるのだ。

「あまご、ぎんざん、とりかえそうとしてる」

「……戦闘だな」

「近々あれば誰かいかせる……が、必要はないであろうな」

元就はただいう。
戦になる前に潰すのが一番良いのだし、彼はそうしている。銀山や収益を得るものは抑えておきながら
今日も今日とて、彼等は各々過ごすのであった。


『Fin』

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:戦国BASARA お題:商業的な火 必須要素:インドカレー 制限時間:30分 読者:188 人 文字数:1761字 お気に入り:0人
「ぎりしや火?」懇意にしている南蛮商人の胡散臭い満面の笑顔を眇めた隻眼で見据え、元親は耳慣れない言葉をたどたどしく繰り返した。「聞いたことねえ屋号だなあ。おい、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:戦国BASARA お題:ロシア式のお尻 必須要素:右ストレート 制限時間:15分 読者:220 人 文字数:999字 お気に入り:0人
「修学旅行、露天風呂、女湯と男湯の間は柵一つ。こういう時は女の裸を覗くのが、まあ王道なわけだろ?」露天風呂。隣から聞こえる黄色いはしゃぎ声。頭のタオルを畳み直し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:戦国BASARA お題:腐った決別 必須要素:グーグルマップ 制限時間:15分 読者:222 人 文字数:844字 お気に入り:0人
菫色の光を帯びた剣圧。手甲に吹き散らされたそれが立木をびしびしと鳴らす。山吹色の眩い正拳。鞘身に受けられた一撃が地鳴りのような音を響かせる。「ああ、地形変わるな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:戦国BASARA お題:暗黒の愉快犯 必須要素:切符 制限時間:15分 読者:213 人 文字数:957字 お気に入り:0人
「火筒の民よ」穏やかに呼ばれる。足利の兵たちの勝鬨が響き渡る戦場で、その声は不思議と聞き間違いようもなく耳に届いた。孫市は静かに振り向いた。その顔を認め、かつて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:戦国BASARA お題:赤い足 必須要素:社会に対する不満 制限時間:15分 読者:288 人 文字数:975字 お気に入り:0人
白々とした秋の日差しの下に、柔らかな金髪が踊る。佐助は見る。同じ忍び里の少女が草鞋を脱ぐのを、その白い爪先が水溜りを踏むのを。水溜りは赤い。胸の悪くなるような臭 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:戦国BASARA お題:綺麗な鳥 必須要素:武田鉄矢 制限時間:15分 読者:225 人 文字数:795字 お気に入り:0人
心地よい疲労感に任せて寝転がり、吸い込まれそうに高い天を仰ぐ。眩しいほどの青を横切って、薄墨の羽の小鳥が横切っていく。「綺麗だな」間延びした声で左近は呟き、少し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さと ジャンル:戦国BASARA お題:灰色のヒロイン 制限時間:15分 読者:374 人 文字数:517字 お気に入り:0人
【三左注意】 「今日はですねー、いや、俺ってばめちゃめちゃ活躍したんっすよ!」そうか、と答えてやることもせず、三成は細々と呟く従者の横顔を見た。いつもと変わらぬ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:戦国BASARA お題:見知らぬ村 制限時間:15分 読者:437 人 文字数:460字 お気に入り:0人
大学を出て数日、一人暮らしを始めた政宗は、悪夢にうなされていた。それは何度も同じ夢の続き、己の足元に無数に転がった屍。血の匂い。吐き気がするはずのその状況と反し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:戦国BASARA お題:消えたパイロット 制限時間:15分 読者:494 人 文字数:710字 お気に入り:0人
「おい、長曾我部」相手の名前を読んだが、真っ暗な部屋の中には相手の声は聞こえなかった。ここは、長曾我部軍の富嶽の中。毛利元就は、長曾我部軍総大将長曾我部元親に呼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
絆の輪っか ※未完
作者:匿名さん ジャンル:戦国BASARA お題:難しいあの人 制限時間:15分 読者:496 人 文字数:539字 お気に入り:0人
※家三のようなものです俺の上司は気難しい。出会った頃はただ単に尊敬の目で見てて、性格は厳しい人だとしか感じていなかった。この間なんか。「三成様〜差し入れに南蛮菓 〈続きを読む〉

秋月蓮華の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:千銃士 お題:今年のローン 制限時間:1時間 読者:64 人 文字数:885字 お気に入り:0人
【最優先順位】「ローンが組めたとしても……」僕、エセンが執務室にマスターの様子を見に来ると彼女は執務机に座って考え込んでいた。レジスタンス側の希望であり、僕達貴 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:テニスの王子様 お題:小説の汁 必須要素:哲学的な思想 制限時間:15分 読者:89 人 文字数:742字 お気に入り:0人
(オリ設定キャラが居るよ)【いつものようにぐだぐだと】聖ルドルフ学院男子寮にて不二裕太がリビングルームにやってくると、男子寮の管理人がソファーに座って、小説を読 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:名探偵コナン お題:調和した真実 必須要素:豚肉 制限時間:2時間 読者:117 人 文字数:2386字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよー。夢主は金田一と探偵学園の世界出身)【日常に落とし込んだこと】夕方、勤務地である喫茶ポアロのドアベルが鳴り、客が入っていたことを高遠雪姫は察 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:テニスの王子様 お題:簡単な祖母 必須要素:3000字以上 制限時間:30分 読者:91 人 文字数:923字 お気に入り:0人
(オリ設定キャラ居ます)【お婆ちゃんとの話】「観月くーん、宅配便来とるよ。君の実家から」日曜日の朝、聖ルドルフ学院の男子寮のリビングルームで朝からパンケーキを食 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:刀剣乱舞 お題:裏切りの笑顔 必須要素:3000字以上 制限時間:1時間 読者:91 人 文字数:3342字 お気に入り:0人
【とある宗教の撲滅】明石国行は決意した。必ず、必ず、この宗教は消し去らなければならないと。「……ヒツキさん……」「主、おはようございます」審神者のプライベートス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:しんけん!! お題:緩やかな失踪 必須要素:化粧水 制限時間:2時間 読者:78 人 文字数:1891字 お気に入り:0人
(刀匠いるよー)【緩やかに、緩やかに】斎庭白秋はこの屋敷町では地位としては上位に入るというか、真剣少女のお守り役とも取れる刀匠だ。刀匠ではあるが、真剣少女通しの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:血界戦線 お題:出来損ないの小説家 制限時間:30分 読者:106 人 文字数:1644字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよー)【ライブラのとある日】その日、レオナルド・ウォッチがライブラの執務室に入るとソファーでエルセリーザ・ディライトが仰向けに寝そべりながら小説 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:戦国BASARA お題:疲れた、と彼女は言った 必須要素:美容整形 制限時間:1時間 読者:120 人 文字数:867字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよー)【綺麗になるために】「疲れた」「本っ当にすみません!! 椿さん!」大阪城。城下にある古い神社にて島左近はこの神社の主である御巫椿に謝った。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:真・三國無双 お題:正しいお尻 必須要素:村上春樹 制限時間:15分 読者:83 人 文字数:359字 お気に入り:0人
(現パロで晋面子)【あうあわない】「鍾会様」とあるクラスにて帰ろうとしていた鍾会に会いに来たのは梁紫緒、鍾会の家の居候だ。ある日突然、兄が連れてきた少女だ。教室 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:テニスの王子様 お題:淡いぷにぷに 必須要素:100字以内 制限時間:2時間 読者:109 人 文字数:129字 お気に入り:0人
【ふじゆうたのおやつ】(たいとるぬいて100文字以内)冷蔵庫に自分用とでかでかと書いておいてあった紙箱を不二裕太は手に取ると中身を皿に移した。「ババロア」人気店 〈続きを読む〉