ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:真紅の怒りをまといし何でも屋 制限時間:30分 読者:138 人 文字数:589字 お気に入り:0人
[削除]

獣を飼っている(仮) ※未完

 決して声を荒げない人というのは、怒る時も声ではなく、気迫で相手を怖気づかせるものだろうと思う。
 そういう風に思うのは、尊敬する御仁がそういう人だからだ。思う、と結んでいるのは、彼が本気で怒ったところを見たことがないから。
「俺だって怒ることくらいある。見たことがないのは、お前が俺に怒られるようなことをしてねぇからだろうよ」
 それを伝えると、かの御仁――鬼龍紅郎殿は、いつものように優しげな眼差しでそう答えた。我は、けっこう失敗とかしてると思うのだが……と、自分の行いを省みる。うむ、まだまだ修行が足らんな。
 暖かかった日々が遠ざかり、少し汗ばむ季節になった。窓の大きい空手部部室には、燃えるような西日の光が入りこむ。今日はもう一人の部員である流星隊の一年が『ユニット』の活動日らしく、我ら紅月のリーダー、蓮巳敬人殿は生徒会での用事があるとのことだったので、こうして手のあいていた我らだけで、次のライブに向けた衣装合わせなどをしている。
 しばらくすると、ガタッ、と、障子の開く音がした。振り返って正体を確認すると、意外な人物がそこに居た。
「取り込み中かね」
 学年を示すネクタイの代わりにフリルを縫い付けたカッターシャツを身に纏い、不機嫌そうにそこに立っているのは、かつて――といってもほんの一年ほど前、この学院に、否、既にプロのアイドルとして名を馳せていた御仁だ。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:杉ノ音ミュ☆ ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:走る小説家たち 制限時間:30分 読者:52 人 文字数:855字 お気に入り:0人
「困ったなぁ……」放課後、教室の自席で、私はポツリと呟いた。手元のノートは真っ白だ。私はプロデューサーとして、仕事を任せてもらえるようになった。その量はありがた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:杉ノ音ミュ☆ ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:天国の強奪 制限時間:30分 読者:55 人 文字数:831字 お気に入り:0人
「ねぇ、敬人」「なんだ、英智」「あんずちゃんにとって大切な物って、何だと思う?」英智はそう言って、楽しそうに微笑んだ。◆廊下を歩いていると、向こうからあんずが歩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:杉ノ音ミュ☆ ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:混沌の警察官 制限時間:30分 読者:52 人 文字数:781字 お気に入り:0人
「おおお、お姉さま!? これは一体、どういう……!?」目の前には、婦警の格好をしたお姉さま。手にした手錠を見せながら、微笑みを浮かべていて。お姉さまからのmai 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未熟な愛 ※未完
作者:俐菜 ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:未熟な愛 制限時間:30分 読者:206 人 文字数:1019字 お気に入り:0人
それは寒い冬のことだった。その日俺は、女の子との約束があって、授業を終えた放課後のこと、教室を後にして、駅のホームで次に来る電車を待ってた。足元を打つように、冷 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:一括受け取りのプロフェッショナル ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:ぐふふ、ゲーム 制限時間:30分 読者:319 人 文字数:1024字 お気に入り:0人
「ぐふふ……」私立夢ノ咲学院アイドル科、3年A組の昼休みはそこから始まった。「は…羽風?ちょ〜キモいんだけど…?」「羽風貴様…今から生徒会室へ来い。話はそれから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:てとん ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:未熟な想い 制限時間:30分 読者:390 人 文字数:1539字 お気に入り:1人
この廊下を真っ直ぐ歩いて右、突き当りを左に曲がると大きな扉がある。厳かなように見える扉は、ただの音楽室だ。司はそれをゆっくりと開けた。もう放課後である。ユニッ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
世界の切れ端 ※未完
作者:おかの ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:暗い地下室 制限時間:30分 読者:458 人 文字数:1493字 お気に入り:0人
(なんでこんなことに、)高嶺翠は、この現状にため息を吐くことで否定も肯定も出来ずに立ち尽くしている。傍らには自分の先輩である守沢千秋が気絶していた。(いや。彼を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:一括受け取りのプロフェッショナル ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:昼の衝撃 制限時間:30分 読者:369 人 文字数:749字 お気に入り:0人
「英智…貴様何を言っているんだ…?」チャイムからおよそ6秒後。3-Aの昼休みは敬人の素っ頓狂な声から始まった。「何って…それがどうしたっていうんだい?」いつもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あひ ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:漆黒の闇に包まれしブランド品 制限時間:30分 読者:418 人 文字数:671字 お気に入り:0人
朔間零というブランドを知っているか。吸血鬼を売っている。錬成要素は気まぐれにうねる黒曜の髪、その毛先を散らす吸血鬼一族の正装、それで隠した肉の脈動を感じさせない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:毛布 ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:ナウい人間 制限時間:30分 読者:396 人 文字数:1076字 お気に入り:1人
実家が寺だからかそれとも性格の問題か、はたまた全く違う理由なのか。どれが正解かはわからないが、敬人にはやや時代錯誤な面がある。 幼馴染である英智から見れば、か 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:消えた火 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:2247字 お気に入り:0人
五幕のifの世界です。兎王国の軽い設定を拝借しただけの、五幕の内容は読んでないので、ネタバレにはならない&解らない前提の捏造甚だしいifのお話。パンフ届くのが待 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:進撃の巨人 お題:君の宿命 制限時間:4時間 読者:2 人 文字数:2773字 お気に入り:0人
エレンが楽園を出てマーレ国に向かう少し前の設定です。クルーガーに一方的に話しかけるという内容です。オリキャラが一人いる上に、妄想と捏造を多々含みます。「楽園に居 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:人妻の血痕 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1116字 お気に入り:0人
どうしようどうしようどうしようどうしよう……。コレは絶対にまずい。こんなのがばれたら、黒森峰は終わりだ。だが、私には一切実に覚えがない。だけど、私のティーガーに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:許せない寒空 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:1697字 お気に入り:0人
あったかもしれなかったガールズ&パンツァーすでにここに私が到着してから1時間が経過している。待ち合わせの時刻は30分は悠に超えている。本土の気候は、もうすぐ五月 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:小林さんちのメイドラゴン お題:早い錬金術 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1351字 お気に入り:0人
「小林さん小林さん!見てくださいよ!」トールがなにやら声を弾ませてリビングへとやってきた。こういう時は大抵わけのわからんものを持ってくるのだ。この前はダレダカに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:僕のヒーローアカデミア お題:きちんとした旅行 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:309字 お気に入り:0人
「寒い…。」思わず呟かずにはいられなかった。寒さを誤魔化すように走ると溶けかかった雪がぴしゃぴしゃと不快な音をたててきた。 空を仰げば雨と雪が混ざったようなも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:初めての消しゴム 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:816字 お気に入り:0人
「ペコ、これ、消しゴムかけてくれる?」「……はい」私はダージリン様から原稿を受け取り、こしこしとその上に消しゴムを転がして行きます。この『ネリケシ』というのは初 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:大人のボーイズ 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:2454字 お気に入り:0人
「大人の雰囲気って、憧れるな…」国木田、太宰、乱歩が事件の調査に出かけ、与謝野、鏡花が買い物に出かけたのどかな昼下がり。全ては、敦のこの独り言から始まった。「ど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:メルクストーリア お題:幸福な場所 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:702字 お気に入り:0人
「そういえば、昨日の件は?」「昨日?」「ほら、エルバスの街で変てこな音がって」「ああ、あれね。いひひ」「無事に解決っていうかー。なんともなかったっていうかー」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バンドリ!ガールズバンドパーティ! お題:消えた流刑地 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:972字 お気に入り:0人
日菜のことを避け続けてきた。いつからだっただろうか。彼女が言うように、昔は、ほんの小さな頃は仲良く遊んでいた気がする。だけど、年の近いきょうだいだったら、多く 〈続きを読む〉