ジャンル:おそ松さん お題:12月の雨 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:640字 お気に入り:0人
[削除]

一つは猫に、一つはキミと

 目を開けると、外からザァザァと音がした。ソファから体を起こすと、外は土砂降りの雨が降っていた。いつの間に眠っていたのだろう。寝起きで痛い頭を振った。今は12月。ブルッと寒気がして思わず腕をさする。視界の端に黄色のパーカーが目につき、視線を向けると、一つ下の弟、十四松が自分の隣で眠っていた。十四松も寒いのだろう、体を丸めた姿勢で寝ている。毛布をかけてやろうと立ち上がろうとすると、んー、と声が聞こえた。
「あ、一松兄さん、起きたッスか?」
十四松が目をこすりながら目を開けた。
「ご、ごめん、起こした?」
「んーん。別にいッスよぉ」
寒いねぇ、と十四松もソファに座り直す。
「雨降ってる」
「うん、そうみたい」
「やきう、出来ないね」
「残念ながらね」
しゅん、とうなだれる十四松が可愛いと思ったが、口には出さなかった。あ、と十四松がまた僕の顔を見つめる。
「なに」
「一松兄さん、にゃんこ」
そう言われて、自分がいつも路地裏で可愛がっている友達のことを思い出した。真冬の12月、しかもこの土砂振りの雨だ。きっと、みんな体を震わせて鳴いているだろう。
「行こうよ」
十四松がいつの間にか煮干しを僕に差し出している。その煮干しは、僕がこっそり隠しておいたはずなのに、どうしてお前が今それを持っているんだと思ったが、寒空のした震える友達のことを思うと、どうでもよかった。
「うん、そうだね」
十四松と一緒に玄関に行き、煮干しと一緒に傘を2人分もつと友達のもとへ行くことにした。


同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:南サイダー ジャンル:おそ松さん お題:勇敢な儀式 制限時間:30分 読者:52 人 文字数:1279字 お気に入り:0人
ほんの数年前まで引きこもりで所謂ニートと呼ばれ世間様から疎まれる存在だった。そんな自分からしたら自ら物語を生み出そうとしたのはとてもすごいことだ。すごいじゃ足 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@春コミ西ケ38b(西1) ジャンル:おそ松さん お題:めっちゃ惑星 制限時間:30分 読者:106 人 文字数:1370字 お気に入り:1人
「昨日、バイト先の女の子に『めっちゃ惑星なんだけどー』って言われたんだけどさ。どういう意味なんだろう。チョロ松兄さんわかる?」「わかるわけないだろ。前後の会話す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ストロー ジャンル:おそ松さん お題:うへへ、食堂 制限時間:30分 読者:125 人 文字数:656字 お気に入り:0人
大学の学食は解放されていることが多い、と聞いたのはトド松だった。情報通である彼がどこからともなく連れてきた知らせに、兄弟全員が飛びついた。安くて美味しい、更に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白川柚奈 ジャンル:おそ松さん お題:俺のドロドロ 制限時間:30分 読者:127 人 文字数:1027字 お気に入り:0人
もしも心が見えるといったらどうする? と、次兄は首を傾げた。透視能力を得たと豪語して、その日の一松の、服に隠した格好を見事当てた時と同じ服装、同じシチュエーショ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@春コミ西ケ38b(西1) ジャンル:おそ松さん お題:有名なぷにぷに 制限時間:30分 読者:103 人 文字数:879字 お気に入り:0人
話題のカフェに行くのも、スイーツ巡りをするのも、大した理由はない。女子に人気のスイーツは見栄えもよく、写真映りが良いし何より女の子との話題作りに大いに役立つのだ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ストロー ジャンル:おそ松さん お題:くさい英霊 制限時間:30分 読者:141 人 文字数:1310字 お気に入り:0人
村の隅には教会がある。今の日本としては珍しく、クリスマス会やハロウィン会はその教会に住んでいる神父様の主催だった。 村の保育園は遠く、行事があっても行くことは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:おそ松さん お題:あいつの死 制限時間:30分 読者:146 人 文字数:644字 お気に入り:0人
松野カラ松が死んだ。松野カラ松は死んだその三日後に蘇った。故に松野カラ松は赤塚のジーザスという二つ名を手に入れた。「つまるところお前の血はワインってことだろ?」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ストロー ジャンル:おそ松さん お題:真紅の怒りをまといし躍動 制限時間:30分 読者:116 人 文字数:1411字 お気に入り:0人
Wordに並んだ三文字は、限りなくどうでもいい物だった。力を込めて消した後、パソコンをシャットダウンする。スランプ、と呼ばれるものが、天才でもない俺に訪れる日 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ストロー ジャンル:おそ松さん お題:大好きな水たまり 制限時間:30分 読者:109 人 文字数:1217字 お気に入り:0人
蝸牛が、通学路の地面にへばりついている。「子供に引かれちまうよ」呟いて、独りで可笑しくなった。小学生の通学路でもあるここにいたら、何をされても文句は言えない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ストロー ジャンル:おそ松さん お題:鈍いぐりぐり 制限時間:30分 読者:133 人 文字数:1063字 お気に入り:0人
家に帰れば出迎えてくれるやつがいる。そいつを想う度、今日の仕事も諦めないでやっていけるというものだ。人はひとりじゃ生きていけない。心の拠り所があるのが一番なの 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル: Axis Powers ヘタリア お題:遅い船 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:396字 お気に入り:0人
遠くから音が聞こえる。いつの間にか眠っていたようだったが、夢見ごごちな気分も一瞬で吹き飛んだ。何日も、何ヶ月も、何年も待った音がやっと聞こえたから。「もう行っち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:I love a piano お題:やわらかい命日 制限時間:4時間 読者:11 人 文字数:1607字 お気に入り:0人
朝霧のけぶる夜明け、普段の街は静まり返っている。夏場ならとうに光も差す時分ではあるが、年も暮れに近い今頃では、淡い光がゆらめくのみだ。だというのに、窓の向こう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:うへへ、家 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:1037字 お気に入り:0人
2階の子供部屋に足を運ぶ。いつからだったかおそ松兄さんが好きだった。学生の頃は純粋と言ってもよかったこの思いはいつの間にか拗れてじったようで歪んでしまった。ぼく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ファイナルファンタジー15 お題:高いつるつる 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:600字 お気に入り:0人
王都城内にある大きな図書館。ここにある本を読むのが、グラディオラスは好きだった。戦術の心や、歴史小説など、好きなものがここなら数多揃っている。今日は借りていた本 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:最後の言い訳 制限時間:2時間 読者:5 人 文字数:1485字 お気に入り:0人
〈新蘭前提の園蘭/片想い/独白調?/アイデア出し・プロット程度の散文〉 毎週末のこの時間に欠かさず見るドラマは、世の女子達が虜になっている若手俳優が主演を張った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
練習 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ファイナルファンタジー15 お題:夜の友人 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:522字 お気に入り:0人
イグニスが、レスタルムの宿に泊まると、決まって深夜こっそりと部屋を出て行くことに、グラディオラスは気がついていた。彼も男だ。きっと日頃の鬱憤を発散するのだろうと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:獄都事変 お題:空前絶後の祖母 必須要素:パスタ 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:2764字 お気に入り:0人
※FILAMENTキャラオンリー。一人称、口調等あやふやですがご了承ください。お題の「空前絶後」は入れられませんでした。「じゃあまたね、ハチちゃん。今日も来てく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
視線の先に ※未完
作者:匿名さん ジャンル:法学ロジスティクス お題:かたい戦争 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:669字 お気に入り:0人
溜息をついて、私は放心状態で椅子に腰かける。冷たい風がカタカタを窓を揺らしていた。面倒を見ると言い張った私を大審院は許してくれなかった。大事になると困るというの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:可愛い伝説 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:793字 お気に入り:0人
「よーし!今日は新曲の振り付けをするりょ!」「わくわくなんだぜぇ!」「ようやく歌は覚えられたけど」「僕どんくさいからダンスは本当に不安です…」「こりゃ〜!友ちん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:殺された微笑み 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:257字 お気に入り:0人
ねぇ、可愛いあの子はどこに行ったの?可愛いあの子は踊りが上手可愛いあの子は曲も作れる可愛いあの子は人懐っこい可愛いあの子は笑顔が可愛い可愛いあの子は友達がいない 〈続きを読む〉