ジャンル:おそ松さん お題:12月の雨 制限時間:30分 読者:110 人 文字数:640字 お気に入り:0人
[削除]

一つは猫に、一つはキミと

 目を開けると、外からザァザァと音がした。ソファから体を起こすと、外は土砂降りの雨が降っていた。いつの間に眠っていたのだろう。寝起きで痛い頭を振った。今は12月。ブルッと寒気がして思わず腕をさする。視界の端に黄色のパーカーが目につき、視線を向けると、一つ下の弟、十四松が自分の隣で眠っていた。十四松も寒いのだろう、体を丸めた姿勢で寝ている。毛布をかけてやろうと立ち上がろうとすると、んー、と声が聞こえた。
「あ、一松兄さん、起きたッスか?」
十四松が目をこすりながら目を開けた。
「ご、ごめん、起こした?」
「んーん。別にいッスよぉ」
寒いねぇ、と十四松もソファに座り直す。
「雨降ってる」
「うん、そうみたい」
「やきう、出来ないね」
「残念ながらね」
しゅん、とうなだれる十四松が可愛いと思ったが、口には出さなかった。あ、と十四松がまた僕の顔を見つめる。
「なに」
「一松兄さん、にゃんこ」
そう言われて、自分がいつも路地裏で可愛がっている友達のことを思い出した。真冬の12月、しかもこの土砂振りの雨だ。きっと、みんな体を震わせて鳴いているだろう。
「行こうよ」
十四松がいつの間にか煮干しを僕に差し出している。その煮干しは、僕がこっそり隠しておいたはずなのに、どうしてお前が今それを持っているんだと思ったが、寒空のした震える友達のことを思うと、どうでもよかった。
「うん、そうだね」
十四松と一緒に玄関に行き、煮干しと一緒に傘を2人分もつと友達のもとへ行くことにした。


同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者: ジャンル:おそ松さん お題:早すぎた食卓 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:1055字 お気に入り:0人
「これはホームランですかな!?」「さあ……少なくともこれが全く僕の責任によるところでないのは確かだよね」「フッ……これが本当の未確認飛行ローテーブルというやつだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたかそャーす れゆすん降臨いえあ ジャンル:おそ松さん お題:来年の殺人犯 制限時間:30分 読者:82 人 文字数:3210字 お気に入り:0人
凍えてしまうような夜だった。赤い月が空に煌めき、霧の深い赤塚の街にひとつの影が怪しく動き回っていた。…しんぶんしっ!!外からの冷気に身体を震わせ冷えきった冷たい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたかそャーす れゆすん降臨いえあ ジャンル:おそ松さん お題:春の整形 制限時間:30分 読者:102 人 文字数:1211字 お気に入り:0人
「あの時やめていればなぁ…」とぼとぼと帰り道を歩くおそ松は小さく呟いた。お昼時に、見切り発車で家を飛び出して駆け込んだパチ○コ屋では勝つことが出来たのだか調子に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@ぱんつはおやつに入ります ジャンル:おそ松さん お題:純白の大学 制限時間:30分 読者:106 人 文字数:972字 お気に入り:1人
「松野って大学に行きたかったの?」「なんで?」「いや……わざわざ大学生だとか詐称するくらいだし、本当は大学でやりたい事あったのかと思って」「別に。キャンパスライ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@ぱんつはおやつに入ります ジャンル:おそ松さん お題:出来損ないの風 制限時間:30分 読者:107 人 文字数:1174字 お気に入り:0人
例えば社会の枠組みから外れて、国民の義務である労働と納税を行っていない僕らニートは、他人から見た時に出来損ないと言われてしまうのも致し方ない事なのだろう。僕にも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたかそャーす れゆすん降臨いえあ ジャンル:おそ松さん お題:去年の行動 制限時間:30分 読者:113 人 文字数:804字 お気に入り:1人
寝れない日が続き、その代わり日中ぐーすか眠っていたがだんだんと起きてる時間の方が多くなっていった。数十分くらいの感覚で目が覚めたり、眠っていても眠っている感じが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:抹香鯨とうみ@8/20ガタケ@9/12〆 ジャンル:おそ松さん お題:100の、と彼は言った 制限時間:30分 読者:161 人 文字数:1209字 お気に入り:0人
「全国猫カフェスタンプラリー?」 カラ松は不思議そうに返答した。「しっ、声が大きい」 一松の手にはチラシのようなものが握られている。どうやら手書きのそれには、全 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたかそャーす れゆすん降臨いえあ ジャンル:おそ松さん お題:混沌のこだわり 制限時間:30分 読者:181 人 文字数:1476字 お気に入り:0人
僕らの先頭に立って先をゆく長男に憧れを抱いたのはいつだったか。その憧れが嫉妬となりおそ松兄さんから距離を置いたのは学生時代で今思えばそれは反抗期みたいなものだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:南サイダー ジャンル:おそ松さん お題:勇敢な儀式 制限時間:30分 読者:149 人 文字数:1279字 お気に入り:0人
ほんの数年前まで引きこもりで所謂ニートと呼ばれ世間様から疎まれる存在だった。そんな自分からしたら自ら物語を生み出そうとしたのはとてもすごいことだ。すごいじゃ足 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@ぱんつはおやつに入ります ジャンル:おそ松さん お題:めっちゃ惑星 制限時間:30分 読者:218 人 文字数:1370字 お気に入り:1人
「昨日、バイト先の女の子に『めっちゃ惑星なんだけどー』って言われたんだけどさ。どういう意味なんだろう。チョロ松兄さんわかる?」「わかるわけないだろ。前後の会話す 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
辰申 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:スタミュ お題:理想的な狼 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:224字 お気に入り:0人
「俺、栄吾の前じゃ狼かもね」くすくすと隣で笑う息がふわりと耳をくすぐって、申渡もつられてそのままふふふと笑みを零した。「きみが狼ですか?」さらりとした金髪に宝石 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 お題:憧れの地獄 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:1545字 お気に入り:0人
カリカリ、カリカリ。鉛筆が紙面を走る小気味いい音が響く静かな教室で、今日も二人の少女が芸術活動に励んでいた。冬の日が早々に落ちようとしている黄昏時、窓から入る赤 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:あんすた。【腐】 お題:黒尽くめの百合 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:1944字 お気に入り:0人
****ーーポーン……ーーポーン………ーーポーン…………無意識に触れた鍵盤を、虚空に響く音程はただ、無闇に月明かりにのまれていく。「……。」何時もとかわらない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:裏切りのところてん 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:1529字 お気に入り:0人
「あつい・・・」鶴丸国永は畳にだらしなく寝転がったままつぶやいた。現在の本丸は夏の景趣だ。青々とした緑。遠くまで見渡す限りの青空。川遊びを楽しむ短刀たちの歓声。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
焼き魚 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:釣りの朝 お題:黒尽くめのにおい 必須要素:右膝 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:247字 お気に入り:0人
♪お魚が焼けました〜♪3枚におろしました〜(!?)♪3つがそれぞれ膨らn「焼き魚は3枚におろさないだろッ!?」俺は座っていたソファから勢いよく立ち上がる。……が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
太陽の男 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:夏のあそこ 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:1188字 お気に入り:0人
みーんみんみんみんみん甲高いセミの鳴き声が耳に障る。冷房のスイッチを入れようとがば、と身体を起こして気づく。そういえばここは家ではなかった。小さく息を吐いて眼下 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:愛すべき馬鹿 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:984字 お気に入り:0人
「ローズヒップは何をしているのかしら?」「……私には分かりかねます」アッサム様がポツリとつぶやきます。私達はテーブルに座り、ローズひっぴさんが紅茶を入れるのを待 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:すごい目 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:810字 お気に入り:0人
「どうしてアッサムだけあんなにちやほやされるのかしら」「それは……」アッサム様は聖グロの生徒達に取り囲まれ、キャーキャーと騒がれています。先日の大洗・知波単連合 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:未熟な湖 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:1156字 お気に入り:0人
「キャンプですわ!」 野営地に着くなり、ローズヒップさんは湖に向かってかけていきます。一応これはキャンプではなく、野営訓練という名目なのですが。 いつものごとく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:裏切りの誤解 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:857字 お気に入り:0人
「オレンジペコさんっ!」 この声はローズヒップさんですね。一体どうしたというのでしょう。普段にもましてどたどたと威勢良くやってきました。 ローズヒップさんは私の 〈続きを読む〉