ジャンル:おそ松さん お題:12月の雨 制限時間:30分 読者:147 人 文字数:640字 お気に入り:0人
[削除]

一つは猫に、一つはキミと

 目を開けると、外からザァザァと音がした。ソファから体を起こすと、外は土砂降りの雨が降っていた。いつの間に眠っていたのだろう。寝起きで痛い頭を振った。今は12月。ブルッと寒気がして思わず腕をさする。視界の端に黄色のパーカーが目につき、視線を向けると、一つ下の弟、十四松が自分の隣で眠っていた。十四松も寒いのだろう、体を丸めた姿勢で寝ている。毛布をかけてやろうと立ち上がろうとすると、んー、と声が聞こえた。
「あ、一松兄さん、起きたッスか?」
十四松が目をこすりながら目を開けた。
「ご、ごめん、起こした?」
「んーん。別にいッスよぉ」
寒いねぇ、と十四松もソファに座り直す。
「雨降ってる」
「うん、そうみたい」
「やきう、出来ないね」
「残念ながらね」
しゅん、とうなだれる十四松が可愛いと思ったが、口には出さなかった。あ、と十四松がまた僕の顔を見つめる。
「なに」
「一松兄さん、にゃんこ」
そう言われて、自分がいつも路地裏で可愛がっている友達のことを思い出した。真冬の12月、しかもこの土砂振りの雨だ。きっと、みんな体を震わせて鳴いているだろう。
「行こうよ」
十四松がいつの間にか煮干しを僕に差し出している。その煮干しは、僕がこっそり隠しておいたはずなのに、どうしてお前が今それを持っているんだと思ったが、寒空のした震える友達のことを思うと、どうでもよかった。
「うん、そうだね」
十四松と一緒に玄関に行き、煮干しと一緒に傘を2人分もつと友達のもとへ行くことにした。


同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
ユダの接吻 ※未完
作者:青雲雀@メドレー企画主催中! ジャンル:おそ松さん お題:許せない作品 制限時間:30分 読者:46 人 文字数:1070字 お気に入り:0人
教会の祭壇を守るように置いてある6体の天使の像が嫌いだった。教会に拾われ、教会の神父としてそんなことを云うのはおかしいと思うが、俺はなぜかこの天使像が飾ってある 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よん@25話チョロおそありがとう ジャンル:おそ松さん お題:間違った哀れみ 制限時間:30分 読者:52 人 文字数:488字 お気に入り:0人
おそ松がそれを見つけたのは九月一日である。最寄りのパチ○コ屋は小さい。駐車場もたかだか五六台しか止まれない狭さの片隅、ゴミ箱の間にうずくまるようにしてあったの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:穴虫 ジャンル:おそ松さん お題:頭の中の戦争 制限時間:30分 読者:56 人 文字数:1338字 お気に入り:0人
宴が始まってから早数時間。松野家の居間は屍の積み上がる戦場跡と化していた。 寝ゲ○しながら白目を剥いている男、額から血を流し倒れている男、死んでる男、などなど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:お墓 ジャンル:おそ松さん お題:大人の窓 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:415字 お気に入り:0人
松野おそ松という男は、いつでもそうだった。常々思う疑問があった。大人になる、とは果たしてどういう事なのか?酒が飲める事?選挙権?税金?成年向け商品を胸張って買え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:おそ松さん お題:早すぎた食卓 制限時間:30分 読者:84 人 文字数:1055字 お気に入り:0人
「これはホームランですかな!?」「さあ……少なくともこれが全く僕の責任によるところでないのは確かだよね」「フッ……これが本当の未確認飛行ローテーブルというやつだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたか そャーす ジャンル:おそ松さん お題:来年の殺人犯 制限時間:30分 読者:149 人 文字数:3210字 お気に入り:0人
凍えてしまうような夜だった。赤い月が空に煌めき、霧の深い赤塚の街にひとつの影が怪しく動き回っていた。…しんぶんしっ!!外からの冷気に身体を震わせ冷えきった冷たい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたか そャーす ジャンル:おそ松さん お題:春の整形 制限時間:30分 読者:161 人 文字数:1211字 お気に入り:0人
「あの時やめていればなぁ…」とぼとぼと帰り道を歩くおそ松は小さく呟いた。お昼時に、見切り発車で家を飛び出して駆け込んだパチ○コ屋では勝つことが出来たのだか調子に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@5/3東2タ46b ジャンル:おそ松さん お題:純白の大学 制限時間:30分 読者:153 人 文字数:972字 お気に入り:1人
「松野って大学に行きたかったの?」「なんで?」「いや……わざわざ大学生だとか詐称するくらいだし、本当は大学でやりたい事あったのかと思って」「別に。キャンパスライ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@5/3東2タ46b ジャンル:おそ松さん お題:出来損ないの風 制限時間:30分 読者:158 人 文字数:1174字 お気に入り:0人
例えば社会の枠組みから外れて、国民の義務である労働と納税を行っていない僕らニートは、他人から見た時に出来損ないと言われてしまうのも致し方ない事なのだろう。僕にも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたか そャーす ジャンル:おそ松さん お題:去年の行動 制限時間:30分 読者:176 人 文字数:804字 お気に入り:1人
寝れない日が続き、その代わり日中ぐーすか眠っていたがだんだんと起きてる時間の方が多くなっていった。数十分くらいの感覚で目が覚めたり、眠っていても眠っている感じが 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターミリオンライブ お題:煙草と転職 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:400字 お気に入り:0人
「茜、ちょっといいか?」***「プロデューサーをやめることにしたんだ。いきなりでごめんな」プロちゃんはいつもは見せないような真面目な表情で茜ちゃんにそういった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:光の霧 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:2423字 お気に入り:0人
光の霧3年生の修学旅行は、在校生が最も楽しみにしている行事だと言っても過言ではないだろう。氷帝学園の修学旅行は3年次の9月に行われ、行き先はヨーロッパ、オースト 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:弱虫ペダル 東巻東 お題:つらい貯金 必須要素:クリスマス爆破計画 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:343字 お気に入り:0人
オレは数ヵ月前に出来た彼女のためにコツコツと貯金をして、プレゼントを買うつもりだった。しかし、なんと数日前にこのオレがフラれてしまったのだ!そのきっかけは、オレ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:弱虫ペダル 東巻東 お題:免れた百合 必須要素:TOEFL 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:356字 お気に入り:0人
巻ちゃんは英五が得意だ。この間はTOELFで8割を取ったと言っていたな! そんな巻ちゃんがイギリスに留学することを聞いたのは出発の一週間前のことだった。いつもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:寒い罪人 必須要素:時限爆弾 制限時間:2時間 読者:13 人 文字数:1433字 お気に入り:0人
これはとある冬のお話。私と魔理沙は炬燵に入ってのんびりとしていました。なんでもない、ただの1日。ついうとうととしてしまっていた時でした。突然けたたましい音が鼓膜 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:走る人々 必須要素:大道具さん 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:792字 お気に入り:0人
「今日はいい天気だねぇ」「お前、いつもそればっかだな」魔法の森の入り口近く。そこには謎の古道具屋があった。店主の名は森近霖之助。彼は一人で店を開き、生活している 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:黒い同性愛 必須要素:うへへ 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:757字 お気に入り:0人
「すっずちゃ~ん♪いやわりぃね待たせちゃってさ!」「あはは、大丈夫、私も今来たところだから。」東龍学院高等部からほど近い喫茶店。私本居小鈴は、この子、河城にとり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:地獄発言 必須要素:ゴルゴンゾーラ 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:769字 お気に入り:0人
ここは旧地獄。その旧地獄の奥。そこには地霊殿と呼ばれる館が立っていた。「はぁ、今日の晩御飯どうしようかしら」地霊殿の主、古明地さとりは呟いた。「昨日の残り物でい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:うちのトコでは お題:いわゆる曲 制限時間:1時間 読者:34 人 文字数:1501字 お気に入り:0人
上手くもなく、かといって悪目立ちするほどの下手さでもない、いたって平凡なリコーダーの音色にあくびが出る。こっそりしたつもりだったのだが、「眠いなら保健室に戻っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!!【腐】 お題:宿命の成功 必須要素:800字以内 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:800字 お気に入り:0人
「俺、考ちゃんを愛するために生まれてきたんだと思う。」「…へ?」いつもおどけてばかりの恋人が急に真面目な顔をして言うから、おたまでカレーを掬った格好のままフリー 〈続きを読む〉