ジャンル:デッドプール お題:ねじれた人間 制限時間:1時間 読者:10 人 文字数:1306字 お気に入り:0人
[削除]

ねじれた人間 ※未完


スパデプ


体をよじると、ひどい痛みが胸を刺した。思わずうめき声をあげながらまぶたを開いて視線をやると、胸からは鈍色の鉄パイプが生えていた。並列に地面には四本並んだそれは、デッドプールの背中から突き刺さり、肋骨や内蔵を食い破って、頭を外へと突き出していた。知覚すると、身悶えするような激痛が、熱さを伴って全身をめぐり始める。思わず体をのたうち回らせながら、うわ言のように、だれか、と声がこぼれた。だのに、口からこぼれたその音は信じられないことに笑いに似た物すら含んでいるのだった。だれか、ねえ、いないの、俺ちゃんのこと助けてよ、突き刺さって動けないよ。こんなの、誰だってまともに取り合うわけがないな、とデッドプールは思った。薄汚い廃工場の一つ、お綺麗なヒーロー達ならば絶対に来ないところだ。何があったのかは、思い出せなかった。自分自身の身に降り掛かったことなのに。ただ、少し視線を向けた所に、誰かのちぎれた足が落ちていたから、きっと自分は何か宜しくないことをしたのだろうと思った。とっくの昔に善悪なんてものは自分から消えているけれど、世間的に糾弾される、あまり宜しくないことをしたことは確かだろう。
デッドプールは身じろぎした。パイプの形に沿ってぴたりと塞がっていた傷口が、無理矢理の力で開かれ、湿った音が響く。それに合わせて、デッドプールの、少し開かれた唇の隙間からも、聞く人間をぞっとさせるようなおぞましい悲鳴がこぼれた。デッドプールは笑った。自分の口からこぼれた音が工場内に反響するさまが、まるでホラー映画に出てくるモンスターの鳴き声のようだったので。
喉だけを震わせながら脱力し、ぼんやりと開け放たれた天窓から見える月を見上げていると、不意にその光に影が差した。

「楽しそうだね」

言いながら、その影はひどく軽い様子で地面に降り立った。相変わらず口元に笑みを張り付かせるデッドプールに、その影は「あのさ」と続ける。

「いつも言ってるけど、簡単に人を殺すな」
「すぱ、」
「君がヒーローになろうとしてることは知ってるし、今回だって君の行動のおかげで女性は助かったけど、でもそれとこれとは」
「すぱ、でぃ…ぬい、て」

笑いながら紡がれる言葉に、スパイダーマンはほんの少し口を閉じた。腕を組み、目を眇めて上から下までデッドプールを眺めたあと、仕方ないとばかりに軽く飛び上がり、デッドプールの突き刺さっているパイプの上に降り立つ。衝撃で揺れるパイプに傷口を抉られて、苦悶の声を上げるデッドプールに怯んだのも一瞬で、直ぐに腕を伸ばした。

「ほら、掴みなよ」

デッドプールは、痺れた両の肩を無理矢理に動かして腕を上げた。拍子に指先に落ちていた血液が心臓へと巡り、胸を焼く熱さが増す。
ぞんざいに伸ばされた両の手首をしっかりと捕まえ、スパイダーマンはデッドプールの体を引き上げ始めた。聞くに耐えない、パイプが肉の中を引き摺る音、擦れ合う骨の音に表情を歪め、顔を逸らしながら、スパイダーマンは徐々にデッドプールを引き上げた。

「っ~〜っあ゛、ッがっ」
「デッドプール、変な声出すなよ」








同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Axis powers ヘタリア【腐向け】 お題:うわ・・・私の年収、小説の書き方 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:1223字 お気に入り:0人
「ギルベルト君、私の年収いくらだと思いますか」「自宅警備員に訊く質問かそれ」 菊の唐突な質問に、ギルベルトは眉を寄せる。「まあまあいいじゃありませんか」 菊の手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:素人の暗殺者 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:454字 お気に入り:0人
血なまぐさい殺人現場での仕事が終わって十四松が家に帰ると、部屋の中に不法侵入者がいた。「だ、だ、誰ですか!?」十四松の口から出た驚きの声は上ずっていた。「…… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:俺の霧 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:450字 お気に入り:0人
十四松って何考えてるか分からない、と皆によく言われる。でも、僕が考えてることなんて結構単純だと思うけどなぁ。「十四松」 居間のバランスボールに乗りながら考えて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:死にぞこないのモグラ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:371字 お気に入り:0人
死にたい、一松が部屋の隅で膝を抱えポツリと言った。「一松兄さん、死ぬの?」「別に僕みたいなゴミクズが死んでも誰も困らないしね」一松は反応した十四松に一瞬目を向 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:紅茶と電話 制限時間:4時間 読者:12 人 文字数:4272字 お気に入り:0人
短刀たちを夜戦に送り出したあと、書類の待つ執務室へと戻った。そこには近侍である鶴丸が先に書類整理を行ってくれていて、彼には頭が上がらない。刀剣男士として合戦場へ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ファイナルファンタジー15 お題:うわ・・・私の年収、セリフ 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:559字 お気に入り:0人
『うわ・・・私の年収、低すぎ?』最近よく目にするウェブの広告だ。グラディオラスは、年収ねえ、と心の中で独り言ちながら、スマートフォンをしまう。「さて、と。」グラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ポケットモンスター お題:鋭い内側 必須要素:小説 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:7字 お気に入り:0人
ピッカピカピー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:私が愛した山 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:410字 お気に入り:0人
嬉しそうにスキップをしながら前を行く十四松の背中を、ゆっくりとした足取りで追いかける。「どんぐり、どんぐり、どーんぐりっ」 おそらく自作の歌を口ずさむ姿は、ま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ユーリ!!! on ICE お題:素晴らしい夕飯 制限時間:15分 読者:100 人 文字数:1354字 お気に入り:0人
「ねぇ勇利、これはなんだろうね」「うん、なんだろう……」 途方に暮れた僕たちの食卓には黒く焼け焦げた何かと、びちゃびちゃの茶色の液体に浸った何か。食材は確かに食 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ファイナルファンタジー15 お題:わたしの好きなうどん 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:629字 お気に入り:0人
グラディオラスが風邪をひいた。珍しいこともあるものだと、皆が揶揄うが、全員が妙にソワソワして、やはり各々心配なようだ。ノクトは静かにゲームをし。プロンプトはカメ 〈続きを読む〉