ジャンル:デッドプール お題:ねじれた人間 制限時間:1時間 読者:36 人 文字数:1306字 お気に入り:0人
[削除]

ねじれた人間 ※未完


スパデプ


体をよじると、ひどい痛みが胸を刺した。思わずうめき声をあげながらまぶたを開いて視線をやると、胸からは鈍色の鉄パイプが生えていた。並列に地面には四本並んだそれは、デッドプールの背中から突き刺さり、肋骨や内蔵を食い破って、頭を外へと突き出していた。知覚すると、身悶えするような激痛が、熱さを伴って全身をめぐり始める。思わず体をのたうち回らせながら、うわ言のように、だれか、と声がこぼれた。だのに、口からこぼれたその音は信じられないことに笑いに似た物すら含んでいるのだった。だれか、ねえ、いないの、俺ちゃんのこと助けてよ、突き刺さって動けないよ。こんなの、誰だってまともに取り合うわけがないな、とデッドプールは思った。薄汚い廃工場の一つ、お綺麗なヒーロー達ならば絶対に来ないところだ。何があったのかは、思い出せなかった。自分自身の身に降り掛かったことなのに。ただ、少し視線を向けた所に、誰かのちぎれた足が落ちていたから、きっと自分は何か宜しくないことをしたのだろうと思った。とっくの昔に善悪なんてものは自分から消えているけれど、世間的に糾弾される、あまり宜しくないことをしたことは確かだろう。
デッドプールは身じろぎした。パイプの形に沿ってぴたりと塞がっていた傷口が、無理矢理の力で開かれ、湿った音が響く。それに合わせて、デッドプールの、少し開かれた唇の隙間からも、聞く人間をぞっとさせるようなおぞましい悲鳴がこぼれた。デッドプールは笑った。自分の口からこぼれた音が工場内に反響するさまが、まるでホラー映画に出てくるモンスターの鳴き声のようだったので。
喉だけを震わせながら脱力し、ぼんやりと開け放たれた天窓から見える月を見上げていると、不意にその光に影が差した。

「楽しそうだね」

言いながら、その影はひどく軽い様子で地面に降り立った。相変わらず口元に笑みを張り付かせるデッドプールに、その影は「あのさ」と続ける。

「いつも言ってるけど、簡単に人を殺すな」
「すぱ、」
「君がヒーローになろうとしてることは知ってるし、今回だって君の行動のおかげで女性は助かったけど、でもそれとこれとは」
「すぱ、でぃ…ぬい、て」

笑いながら紡がれる言葉に、スパイダーマンはほんの少し口を閉じた。腕を組み、目を眇めて上から下までデッドプールを眺めたあと、仕方ないとばかりに軽く飛び上がり、デッドプールの突き刺さっているパイプの上に降り立つ。衝撃で揺れるパイプに傷口を抉られて、苦悶の声を上げるデッドプールに怯んだのも一瞬で、直ぐに腕を伸ばした。

「ほら、掴みなよ」

デッドプールは、痺れた両の肩を無理矢理に動かして腕を上げた。拍子に指先に落ちていた血液が心臓へと巡り、胸を焼く熱さが増す。
ぞんざいに伸ばされた両の手首をしっかりと捕まえ、スパイダーマンはデッドプールの体を引き上げ始めた。聞くに耐えない、パイプが肉の中を引き摺る音、擦れ合う骨の音に表情を歪め、顔を逸らしながら、スパイダーマンは徐々にデッドプールを引き上げた。

「っ~〜っあ゛、ッがっ」
「デッドプール、変な声出すなよ」








同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニプリ お題:奇妙な殺し 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1095字 お気に入り:0人
幸村精市が何か言うたびに、わたしの心は死んでいた。小学生の頃、彼がクラス委員で、うさぎを飼おうと言い出したとき、わたしは真っ先に賛成したのだ。わたしはうさぎがす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:白い猫 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:1317字 お気に入り:0人
台所で作業していると、きゅーきゅーと鳴く声にふとー足元をみると、白いものが自分の足を撫でるのが、目の端にみえた。 「まだ駄目だよ。皆まだ、起きてるんだから、ね? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:彼と悪意 必須要素:男使用不可 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:250字 お気に入り:0人
故意的に悪意を向ける事は、迚、難しく、初めて、愛しいと思う相手に、今まで生きてきた中でそんな場面も、そんな必要も無かったたち位置に居た自分には、難しい立場だった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:夜と姉妹 制限時間:4時間 読者:9 人 文字数:4762字 お気に入り:0人
7月24日 午後10時。 言うまでもなく、今は夜。綺麗に欠けた三日月が、幻想的な夜の闇に浮かんでいる。 その三日月を、真っ赤な屋敷の屋根に座り、赤ワインの注が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:獄都事変 お題:名前も知らない王子 制限時間:1時間 読者:10 人 文字数:2318字 お気に入り:0人
小さなメモを持って、商店の陳列棚の間を一筆書きで進んで行く。「ニンジン、ジャガイモ、お肉、あとは……」買い物カゴの中には、昼食の材料がどっさりと入っていた。なに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:許されざる部屋 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:564字 お気に入り:0人
「...と、いう訳なんです。お願いできますか?」鬱蒼とした魔法の森に住む魔法使いアリス・マーガトロイドは、二人の少女から依頼を受けた。東風谷早苗の持っていた人形 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:FF14 お題:茶色い貯金 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:779字 お気に入り:0人
はーーーーー。冒険者として駆け出した頃は、敵一体を倒すたびに息切れし、卒倒したこともあったが、まさか正統なる黒魔道士となった今でもその体質を克服できないとは思わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:日本整形 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:520字 お気に入り:0人
「早苗さん、これは何?」守矢神社に来ていたこいしは横にいる早苗に声をかけた。「...それは、私が小さい頃持っていた人形ですね、懐かしいなぁ」こいしが手にしていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ファイアーエムブレム聖戦の系譜 お題:美しい錬金術 制限時間:4時間 読者:17 人 文字数:1113字 お気に入り:0人
ペガサスに跨り、空を翔る私……とよく分からないまま乗せてきたシレジアのアーサーとかいう人。普段は一人なんかで乗らないから、なんだかバランスを崩しそうだ。幸いに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:FGO(腐) お題:僕の電撃 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:1573字 お気に入り:0人
終章ネタバレゲソ カルデアに召喚されたときは嘘だと思った。新しい環境、新しい空間、目の前にいるマスター。全てが初めてで新鮮だった。それはまるで新学期のような感覚 〈続きを読む〉