ジャンル:デッドプール お題:ねじれた人間 制限時間:1時間 読者:64 人 文字数:1306字 お気に入り:0人
[削除]

ねじれた人間 ※未完


スパデプ


体をよじると、ひどい痛みが胸を刺した。思わずうめき声をあげながらまぶたを開いて視線をやると、胸からは鈍色の鉄パイプが生えていた。並列に地面には四本並んだそれは、デッドプールの背中から突き刺さり、肋骨や内蔵を食い破って、頭を外へと突き出していた。知覚すると、身悶えするような激痛が、熱さを伴って全身をめぐり始める。思わず体をのたうち回らせながら、うわ言のように、だれか、と声がこぼれた。だのに、口からこぼれたその音は信じられないことに笑いに似た物すら含んでいるのだった。だれか、ねえ、いないの、俺ちゃんのこと助けてよ、突き刺さって動けないよ。こんなの、誰だってまともに取り合うわけがないな、とデッドプールは思った。薄汚い廃工場の一つ、お綺麗なヒーロー達ならば絶対に来ないところだ。何があったのかは、思い出せなかった。自分自身の身に降り掛かったことなのに。ただ、少し視線を向けた所に、誰かのちぎれた足が落ちていたから、きっと自分は何か宜しくないことをしたのだろうと思った。とっくの昔に善悪なんてものは自分から消えているけれど、世間的に糾弾される、あまり宜しくないことをしたことは確かだろう。
デッドプールは身じろぎした。パイプの形に沿ってぴたりと塞がっていた傷口が、無理矢理の力で開かれ、湿った音が響く。それに合わせて、デッドプールの、少し開かれた唇の隙間からも、聞く人間をぞっとさせるようなおぞましい悲鳴がこぼれた。デッドプールは笑った。自分の口からこぼれた音が工場内に反響するさまが、まるでホラー映画に出てくるモンスターの鳴き声のようだったので。
喉だけを震わせながら脱力し、ぼんやりと開け放たれた天窓から見える月を見上げていると、不意にその光に影が差した。

「楽しそうだね」

言いながら、その影はひどく軽い様子で地面に降り立った。相変わらず口元に笑みを張り付かせるデッドプールに、その影は「あのさ」と続ける。

「いつも言ってるけど、簡単に人を殺すな」
「すぱ、」
「君がヒーローになろうとしてることは知ってるし、今回だって君の行動のおかげで女性は助かったけど、でもそれとこれとは」
「すぱ、でぃ…ぬい、て」

笑いながら紡がれる言葉に、スパイダーマンはほんの少し口を閉じた。腕を組み、目を眇めて上から下までデッドプールを眺めたあと、仕方ないとばかりに軽く飛び上がり、デッドプールの突き刺さっているパイプの上に降り立つ。衝撃で揺れるパイプに傷口を抉られて、苦悶の声を上げるデッドプールに怯んだのも一瞬で、直ぐに腕を伸ばした。

「ほら、掴みなよ」

デッドプールは、痺れた両の肩を無理矢理に動かして腕を上げた。拍子に指先に落ちていた血液が心臓へと巡り、胸を焼く熱さが増す。
ぞんざいに伸ばされた両の手首をしっかりと捕まえ、スパイダーマンはデッドプールの体を引き上げ始めた。聞くに耐えない、パイプが肉の中を引き摺る音、擦れ合う骨の音に表情を歪め、顔を逸らしながら、スパイダーマンは徐々にデッドプールを引き上げた。

「っ~〜っあ゛、ッがっ」
「デッドプール、変な声出すなよ」








同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:あんさんぶるスターズ お題:楽観的な交わり 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:925字 お気に入り:0人
「いた」レッスン中の僅かな休憩時間。荒い息遣いで満たされるレッスン室に不意にそんな声が響いた。声のした方に目を向けると、自分の所属するグループのリーダーがアイド 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/ staynight お題:穢された同性愛 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:787字 お気に入り:0人
ふ、と頰をかすめたような焼かれた感覚に、すこし顔をしかめた。理解が追いつかなかった、目の前の少女が自分をしっかと見据え、泣きながら睨みつけている。何か悪いことを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:忍たま乱太郎 お題:信用のないキス 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:1340字 お気に入り:0人
その日は珍しく作法室にすでに喜八郎がいて、なんと掃除もしていた。いつもならば最後にきて好き勝手やって帰っていくというのにまだ部活も始まっていない。さらに今日の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
背水の陣 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 腐向け お題:経験のない策略 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:607字 お気に入り:0人
乱に借りたスカートという履物はあまりに落ち着かなかった。脹脛から太腿へ風が吹き抜けて、肌が粟立つ。乱より図体がでかい俺が身に着けると、丈の短さが倍になって男の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:純白の冒険 必須要素:大阪 制限時間:4時間 読者:6 人 文字数:763字 お気に入り:0人
今日は僕の初めての大阪出張だ。大阪には何が有るのだろうか。きっと、愉しい事でも有るんだろう。何処かで犬が吠えている。そう云えば。自殺嗜好の隣の人は犬が大嫌いだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:綺麗な空想 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1198字 お気に入り:0人
居酒屋の廊下は適度に暗かった。並ぶ個室の障子からは、どこも楽しげな雰囲気が漂い出ているように感じる。 ボクはいつも通りの歩調でレジの前を通り抜け、店を出た。会 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:KING OF PRISM by PrettyRhythm お題:何かの秘部 必須要素:即興イラストのステマ 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:460字 お気に入り:0人
喉の渇きで目を覚ます。昨日の帰りの記憶は定かではないが、どうやら自分は無事に帰路に着き、こうしてベッドに入れたらしい。枕元に置いてあった携帯を手繰り寄せる。午前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:生かされた人々 必須要素:男使用不可 制限時間:2時間 読者:8 人 文字数:248字 お気に入り:0人
私は、泉鏡花。三月で35人殺した。そんな私は、何で生きているのだろう。死ななくてはならない人間なのに…。何で。何で貴方は、私に【生きても良いんだよ】って云ってく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん ジャンル:DeadLineHeros お題:限界を超えたセリフ 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:1058字 お気に入り:0人
謎の巨大怪獣に光線を浴びせられ意識不明の重体に陥ったハービンジャーのヒーロー。 そんな彼女のとある一幕。「お母様? お父様? どこにおいでですか?」 泣きそう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル: 文豪ストレイドックス 太宰x中也 お題:右の駄洒落 制限時間:4時間 読者:10 人 文字数:141字 お気に入り:0人
まァ俺は太宰の相棒なのであろう。溜め息を付いてしまう位の事実だ。全くもって嬉しく無い。俺はあんな嫌がらせマシンの相棒に成った心算は毛頭無い。俺は太宰が大嫌いだ。 〈続きを読む〉