ジャンル:おそ松さん お題:意外な螺旋 制限時間:30分 読者:105 人 文字数:546字 お気に入り:0人
[削除]

意外と鈍い長男さま 【おそカラ】

 なぜあの時逃げなかった、1時間前の僕。おそ松兄さんに声を掛けられたとき、あ、これ面倒くさいやつだって分かってたじゃん。
「ねぇ、トッティ、聞いてるぅ?」
おそ松兄さんが下唇を前に突き出しながら僕の体を揺すってくる。
「はいはい、聞いてるよ」
「俺ね、昔からアイツ見てるとなんか変なの!」
「うんうん、カラ松兄さんでしょ」
「昔からアイツの笑った顔とか見ると、それだけで嬉しかったんだけどさぁ、なんか特に最近、あいつと目があったりしたら心臓キュッってなるんだって。なぁ、これなんだと思う? 俺、病気?」
「あーもー、何度も聞いたから。そんなに昔から好きなら告白すればいいじゃない」
なげやり気味に言ってみたら、それまでピーピーうるさかったおそ松兄さんの声がピタリと止まった。
「……は?」
「なに」
ずっといじっていたスマホから目を離して横を向くと、目を大きくして固まっている我らが長男がいた。
「え、なに、どうしたの」
パッと俯いてしまったおそ松兄さんの顔を下から覗き込むと、真っ赤な顔で泣きそうな顔をしていた。
「お、俺……好きなの? カラ松のこと?」
「えぇ……」
なんなのこの人、普段こんなに自分勝手なくせに、自分の気持ちに気が付いてないとか。長年の恋なだけあって、こじらせてんなぁ。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:はたか ジャンル:おそ松さん お題:混沌のこだわり 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:1476字 お気に入り:0人
僕らの先頭に立って先をゆく長男に憧れを抱いたのはいつだったか。その憧れが嫉妬となりおそ松兄さんから距離を置いたのは学生時代で今思えばそれは反抗期みたいなものだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:南サイダー ジャンル:おそ松さん お題:勇敢な儀式 制限時間:30分 読者:69 人 文字数:1279字 お気に入り:0人
ほんの数年前まで引きこもりで所謂ニートと呼ばれ世間様から疎まれる存在だった。そんな自分からしたら自ら物語を生み出そうとしたのはとてもすごいことだ。すごいじゃ足 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@白ブリーフは正義 ジャンル:おそ松さん お題:めっちゃ惑星 制限時間:30分 読者:118 人 文字数:1370字 お気に入り:1人
「昨日、バイト先の女の子に『めっちゃ惑星なんだけどー』って言われたんだけどさ。どういう意味なんだろう。チョロ松兄さんわかる?」「わかるわけないだろ。前後の会話す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ストロー ジャンル:おそ松さん お題:うへへ、食堂 制限時間:30分 読者:137 人 文字数:656字 お気に入り:0人
大学の学食は解放されていることが多い、と聞いたのはトド松だった。情報通である彼がどこからともなく連れてきた知らせに、兄弟全員が飛びついた。安くて美味しい、更に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白川柚奈 ジャンル:おそ松さん お題:俺のドロドロ 制限時間:30分 読者:142 人 文字数:1027字 お気に入り:0人
もしも心が見えるといったらどうする? と、次兄は首を傾げた。透視能力を得たと豪語して、その日の一松の、服に隠した格好を見事当てた時と同じ服装、同じシチュエーショ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ろと@白ブリーフは正義 ジャンル:おそ松さん お題:有名なぷにぷに 制限時間:30分 読者:112 人 文字数:879字 お気に入り:0人
話題のカフェに行くのも、スイーツ巡りをするのも、大した理由はない。女子に人気のスイーツは見栄えもよく、写真映りが良いし何より女の子との話題作りに大いに役立つのだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ストロー ジャンル:おそ松さん お題:くさい英霊 制限時間:30分 読者:155 人 文字数:1310字 お気に入り:0人
村の隅には教会がある。今の日本としては珍しく、クリスマス会やハロウィン会はその教会に住んでいる神父様の主催だった。 村の保育園は遠く、行事があっても行くことは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:おそ松さん お題:あいつの死 制限時間:30分 読者:157 人 文字数:644字 お気に入り:0人
松野カラ松が死んだ。松野カラ松は死んだその三日後に蘇った。故に松野カラ松は赤塚のジーザスという二つ名を手に入れた。「つまるところお前の血はワインってことだろ?」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ストロー ジャンル:おそ松さん お題:真紅の怒りをまといし躍動 制限時間:30分 読者:134 人 文字数:1411字 お気に入り:0人
Wordに並んだ三文字は、限りなくどうでもいい物だった。力を込めて消した後、パソコンをシャットダウンする。スランプ、と呼ばれるものが、天才でもない俺に訪れる日 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ストロー ジャンル:おそ松さん お題:大好きな水たまり 制限時間:30分 読者:128 人 文字数:1217字 お気に入り:0人
蝸牛が、通学路の地面にへばりついている。「子供に引かれちまうよ」呟いて、独りで可笑しくなった。小学生の通学路でもあるここにいたら、何をされても文句は言えない。 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニプリ お題:奇妙な殺し 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1095字 お気に入り:0人
幸村精市が何か言うたびに、わたしの心は死んでいた。小学生の頃、彼がクラス委員で、うさぎを飼おうと言い出したとき、わたしは真っ先に賛成したのだ。わたしはうさぎがす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:白い猫 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:1317字 お気に入り:0人
台所で作業していると、きゅーきゅーと鳴く声にふとー足元をみると、白いものが自分の足を撫でるのが、目の端にみえた。 「まだ駄目だよ。皆まだ、起きてるんだから、ね? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:彼と悪意 必須要素:男使用不可 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:250字 お気に入り:0人
故意的に悪意を向ける事は、迚、難しく、初めて、愛しいと思う相手に、今まで生きてきた中でそんな場面も、そんな必要も無かったたち位置に居た自分には、難しい立場だった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:夜と姉妹 制限時間:4時間 読者:9 人 文字数:4762字 お気に入り:0人
7月24日 午後10時。 言うまでもなく、今は夜。綺麗に欠けた三日月が、幻想的な夜の闇に浮かんでいる。 その三日月を、真っ赤な屋敷の屋根に座り、赤ワインの注が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:獄都事変 お題:名前も知らない王子 制限時間:1時間 読者:10 人 文字数:2318字 お気に入り:0人
小さなメモを持って、商店の陳列棚の間を一筆書きで進んで行く。「ニンジン、ジャガイモ、お肉、あとは……」買い物カゴの中には、昼食の材料がどっさりと入っていた。なに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:許されざる部屋 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:564字 お気に入り:0人
「...と、いう訳なんです。お願いできますか?」鬱蒼とした魔法の森に住む魔法使いアリス・マーガトロイドは、二人の少女から依頼を受けた。東風谷早苗の持っていた人形 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:FF14 お題:茶色い貯金 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:779字 お気に入り:0人
はーーーーー。冒険者として駆け出した頃は、敵一体を倒すたびに息切れし、卒倒したこともあったが、まさか正統なる黒魔道士となった今でもその体質を克服できないとは思わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:日本整形 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:520字 お気に入り:0人
「早苗さん、これは何?」守矢神社に来ていたこいしは横にいる早苗に声をかけた。「...それは、私が小さい頃持っていた人形ですね、懐かしいなぁ」こいしが手にしていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ファイアーエムブレム聖戦の系譜 お題:美しい錬金術 制限時間:4時間 読者:17 人 文字数:1113字 お気に入り:0人
ペガサスに跨り、空を翔る私……とよく分からないまま乗せてきたシレジアのアーサーとかいう人。普段は一人なんかで乗らないから、なんだかバランスを崩しそうだ。幸いに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:FGO(腐) お題:僕の電撃 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:1573字 お気に入り:0人
終章ネタバレゲソ カルデアに召喚されたときは嘘だと思った。新しい環境、新しい空間、目の前にいるマスター。全てが初めてで新鮮だった。それはまるで新学期のような感覚 〈続きを読む〉