ジャンル:ユーリ!!! on ICE お題:素晴らしい夕飯 制限時間:15分 読者:260 人 文字数:1354字 お気に入り:0人
[削除]

休日、二人で夕食を。

「ねぇ勇利、これはなんだろうね」
「うん、なんだろう……」
 途方に暮れた僕たちの食卓には黒く焼け焦げた何かと、びちゃびちゃの茶色の液体に浸った何か。食材は確かに食べられるものを購入したはずだった。レシピ本通りに購入した。二人で確認しながら購入したのだから、どちらの責任でもない。調理も二人でおこなった。レシピを一応は見ながら。はじめにつまずいたのは勇利だった。野菜の切り方の名称がわからず、スマホで調べればよかったのに面倒になって適当に切り始めた。あれが良くなかった。ヴィクトルも調べるのが面倒だと笑い、調味料の分量を適当に計測し始めた。だって、mlだとか、ccだとか、あまつさえ少々や適量という、それを知りたいんじゃないかこっちは、と突っ込みたくなるような記載がしてあったのだ。料理初心者の二人にはハードルが高すぎた。そう気がついたときにはあとのまつりだった。
「どうする?」
「……食べようか」
「うん、食べられるものだけ使ったんだから、なんとかなるよね……」
「たぶん……」
 これまでデリバリーや外食ばかりだったけれど、たまの休みだから二人で料理でもしてみよう、と思いたったのは今朝のこと。いいアイディアだったと思う。仕事続きでなかなか会話をする時間も取れていなかったことに改めて気づけたし、二人で街を歩くのはとても新鮮で楽しかった。ヴィクトルと一緒に歩くとたくさんの人に声をかけられる。街の人は気さくにヴィクトルの名を呼び、ヴィクトルもそれに笑顔で答える。一緒にいる僕の名前も何度か呼んでもらって覚えたてのロシア語で返事をすると笑顔で握手を交わしてくれた。なんだか受け入れられた気がしてくすぐったくて嬉しかった。
 久しぶりの穏やかな時間のあと、僕たちは初めて一緒にキッチンに立って料理に挑んだわけだけれど、この結果だ。
「まあ、大丈夫、だよ、たぶん……」
 不安げに言う僕をじっとりと見つめたヴィクトルは、意を決したように黒焦げの何か(たぶん、肉だったと思う)を口に放り込んだ。どきどきして見つめていると、咀嚼したヴィクトルの瞳がきらりと輝きだした。
「フクースナーだよ! 勇利、すっごく、フクースナー!」
 嘘だ、と半信半疑どころじゃない疑いの中、どうにかこうにか口に運んでみる。はじめは焦げた炭をゴリゴリと噛み砕く。炭の味しかしない。しかし、次第に柔らかい肉らしい食感になっていくと、案外美味しいじゃないかと感心する。
「……おいしい」
「だろ? おれたち料理の才能もあるんじゃない?」
 いや、才能があったらたぶんこんな見た目にはならないよね。心の中だけで密かに反論しておく。だって目の前のヴィクトルがあんまりにも嬉しそうに笑うから。びちゃびちゃの煮物らしきものにも手を出してみると、意外と美味しい。口に入れる前の期待値が低いのが良いのかもしれない、と思った。笑いながら食事が進む。
「ねぇ勇利。また一緒にごはん作ろうよ」
「うん、いいね。僕も好き」
 一緒の食事はいつだってなんだって幸せなんだよね。そう思って返事をしたら、ヴィクトルはなんだか頬を染めていた。熱でもあるんじゃないの? って心配したら、勇利はニブチンだよねって笑われた。
 僕たちの休日はだいたいいつも、こんな感じです。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ユノハ ジャンル:ユーリ!!! on ICE お題:素晴らしい夕飯 制限時間:15分 読者:299 人 文字数:1265字 お気に入り:2人
泣いちゃいそうなくらい、グダグダに凹んで帰って来た時に限って、ヴィクトルが先に帰っていたりする。いつの間にか僕に内緒で作った合鍵で、犯罪スレスレじゃない? っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐づ子 ジャンル:ユーリ!!! on ICE お題:綺麗な失敗 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:1028字 お気に入り:0人
ただいま、と言ってドアを開けた瞬間の勇利の顔ったら。ちょうど持っていた鍋を落とすのかと思うほどぎょっとして、おれの姿を何回も見直した。「ヴィクトル?」 他に誰 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐づ子 ジャンル:ユーリ!!! on ICE お題:うわ・・・私の年収、百合 制限時間:15分 読者:75 人 文字数:489字 お気に入り:0人
「エンゲージリングは年収の3倍のものを選ぶ」「へえ、なぜ?」「なんでだろう、でもこっちではよく言われていることなんだよ」長いこと使っていないせいでチカチカ揺れる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐づ子 ジャンル:ユーリ!!! on ICE お題:あいつと小説の書き方 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:706字 お気に入り:0人
「その人は僕が見たこともない目をしていたんだ」あいつは熱に浮かされたような声でそう話した。事実、アルコールにだいぶ浮かされていたのかもしれない。成人してからそこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐づ子 ジャンル:ユーリ!!! on ICE お題:今年の殺人犯 制限時間:15分 読者:91 人 文字数:740字 お気に入り:0人
ただいま。予定よりも少し早く済んだものだから、ちょっと買い物をして来たよ。牛乳と缶詰がもうすぐ切れて来た頃だったからね。あなたはもうシャワーを浴びたの。じゃあ僕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐づ子 ジャンル:ユーリ!!! on ICE お題:あきれた笑い声 制限時間:15分 読者:104 人 文字数:638字 お気に入り:0人
何か物語を紡がなければいけないだなんて幻想は、捨てることにしたんだ。昔から、氷の上に残された自分の跡を眺めてずっと考えていたことがある。僕というスケーターはどの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐づ子 ジャンル:ユーリ!!! on ICE お題:日本式の顔 制限時間:15分 読者:103 人 文字数:674字 お気に入り:0人
「『メンタルの弱さが露呈してしまったんだと思います』だってさ、ユウリ。こんな勝手なコメントをほざいてるのはいったいどこの誰なんだろうね」どん、と音がするほどぞん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐づ子 ジャンル:ユーリ!!! on ICE お題:僕が愛した雲 制限時間:15分 読者:85 人 文字数:435字 お気に入り:0人
ヴィクトルの相棒が旅立ってしまった日も、ピーテルは曇り空だった。元来晴れの日の少ない街だが、この日ばかりは感謝した。快晴の華々しい光を受け止めるにはあまりにひ弱 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐づ子 ジャンル:ユーリ!!! on ICE お題:絵描きの心 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:725字 お気に入り:0人
目が覚めた瞬間、自分が少しばかり眠り過ぎたことに気づいた。窓から鼻先に送られる外気はもう暑くはなくて、外を見なくても空の紅色が脳裏に浮かぶ。1時間くらい体を休め 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:針@YOI ジャンル:ユーリ!!! on ICE お題:愛と死の模倣犯 制限時間:15分 読者:170 人 文字数:1355字 お気に入り:0人
勇利に鼻を寄せた時ヴィクトルの片眉をあげさせたのは彼の一言。「僕、バージンだよ」責任をかぶせたいのか。気軽に彼をついばみたかったヴィクトルは「キスもまだ?」とま 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:宝石の国 お題:冷静と情熱の間にあるのは心 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:696字 お気に入り:0人
僕が覚えていることを、ここに記しておこうと思う。 今年は麻が貴重だから、無駄にするなとペリドットに釘を刺されているけれど。それでも今から記す内容が、きっと無駄 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
氷のこえ ※未完
作者:匿名さん ジャンル:宝石の国 お題:絵描きの食堂 必須要素:ノイズ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:552字 お気に入り:0人
「さぼってるんじゃないよ」 手袋をした冷たい指が、こつりと僕の頭を叩く。 本当に冷たいのかどうかはしらない。直に触れたことなんてないもの。触れればたちまち細かな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:真夏の夜の淫夢 お題:3月のコウモリ 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:1067字 お気に入り:0人
「オオン、アオオ」「先輩!何してんです!」「遠野ー、俺、コウモリになっちまった」哺乳類レイ○! コウモリになった先輩う○こみたいなステロイドハゲが羽をバサバサさ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 お題:イギリス式の終身刑 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:512字 お気に入り:0人
「イギリスだって?」「ええ」雪ノ下が俺のつぶやきに答える。何がイギリスかというとこの紅茶がイギリス製だと言うことだ。やはりうまいと思う。「でさ、ゆきのん、私の作 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:暁のヨナ お題:かっこ悪い孤独 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:406字 お気に入り:0人
小さい頃の話だ。 小さい頃は、里を縦横無尽に遊び回っていた。里には子供がたくさんいて、当たり前だが色んなやつがいた。だから、たくさんの子供と、色んな関係があっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:暁のヨナ お題:春のあいつ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:360字 お気に入り:0人
ざくざくと、表面が固まった雪を踏み割りながら山道を進む。「お、シンア、見てみろ」 道中で下を指して声を掛ければ、あいつは素直に振り向いた。俺が示したのは溶けか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:幼い電車 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:589字 お気に入り:0人
電車とは…?なんだ?私、霧雨魔理沙は思った。この目の前の河童は電車を作ったと自慢げにしているからだ。「そーだよ、電車だよ電車、電気で動いてすっげー早くて多くの人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:モブサイコ100 お題:同性愛の反逆 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:390字 お気に入り:0人
反逆の狼煙をあげろ。「なぁ、エクボ。俺がお前の事好きだって言ったらどうする」 詐欺師らしく読めない表情で放たれた言葉に顔を顰める。暇つぶしの冗談にしては悪質で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
夫婦漫才 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:来年の夫 制限時間:1時間 読者:3 人 文字数:1061字 お気に入り:0人
「浮気かっ!死なすど!」「もー。心配せんでも、アタシにはユウくんだ・け・よ」「小春ぅ!」お決まりのセリフが部室に響く。今日は小春が金ちゃんにたこ焼きを食わせたの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:俺と幻想 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:528字 お気に入り:0人
幻が想う、と書いて「幻想」それなら俺がいま抱いている思いは幻想なのかもしれない。と、加州清光は思った。だってそうだろう。「沖田総司に使われたという刀」という逸話 〈続きを読む〉