ジャンル:ユーリ!!! on ICE お題:素晴らしい夕飯 制限時間:15分 読者:381 人 文字数:1354字 お気に入り:0人
[削除]

休日、二人で夕食を。

「ねぇ勇利、これはなんだろうね」
「うん、なんだろう……」
 途方に暮れた僕たちの食卓には黒く焼け焦げた何かと、びちゃびちゃの茶色の液体に浸った何か。食材は確かに食べられるものを購入したはずだった。レシピ本通りに購入した。二人で確認しながら購入したのだから、どちらの責任でもない。調理も二人でおこなった。レシピを一応は見ながら。はじめにつまずいたのは勇利だった。野菜の切り方の名称がわからず、スマホで調べればよかったのに面倒になって適当に切り始めた。あれが良くなかった。ヴィクトルも調べるのが面倒だと笑い、調味料の分量を適当に計測し始めた。だって、mlだとか、ccだとか、あまつさえ少々や適量という、それを知りたいんじゃないかこっちは、と突っ込みたくなるような記載がしてあったのだ。料理初心者の二人にはハードルが高すぎた。そう気がついたときにはあとのまつりだった。
「どうする?」
「……食べようか」
「うん、食べられるものだけ使ったんだから、なんとかなるよね……」
「たぶん……」
 これまでデリバリーや外食ばかりだったけれど、たまの休みだから二人で料理でもしてみよう、と思いたったのは今朝のこと。いいアイディアだったと思う。仕事続きでなかなか会話をする時間も取れていなかったことに改めて気づけたし、二人で街を歩くのはとても新鮮で楽しかった。ヴィクトルと一緒に歩くとたくさんの人に声をかけられる。街の人は気さくにヴィクトルの名を呼び、ヴィクトルもそれに笑顔で答える。一緒にいる僕の名前も何度か呼んでもらって覚えたてのロシア語で返事をすると笑顔で握手を交わしてくれた。なんだか受け入れられた気がしてくすぐったくて嬉しかった。
 久しぶりの穏やかな時間のあと、僕たちは初めて一緒にキッチンに立って料理に挑んだわけだけれど、この結果だ。
「まあ、大丈夫、だよ、たぶん……」
 不安げに言う僕をじっとりと見つめたヴィクトルは、意を決したように黒焦げの何か(たぶん、肉だったと思う)を口に放り込んだ。どきどきして見つめていると、咀嚼したヴィクトルの瞳がきらりと輝きだした。
「フクースナーだよ! 勇利、すっごく、フクースナー!」
 嘘だ、と半信半疑どころじゃない疑いの中、どうにかこうにか口に運んでみる。はじめは焦げた炭をゴリゴリと噛み砕く。炭の味しかしない。しかし、次第に柔らかい肉らしい食感になっていくと、案外美味しいじゃないかと感心する。
「……おいしい」
「だろ? おれたち料理の才能もあるんじゃない?」
 いや、才能があったらたぶんこんな見た目にはならないよね。心の中だけで密かに反論しておく。だって目の前のヴィクトルがあんまりにも嬉しそうに笑うから。びちゃびちゃの煮物らしきものにも手を出してみると、意外と美味しい。口に入れる前の期待値が低いのが良いのかもしれない、と思った。笑いながら食事が進む。
「ねぇ勇利。また一緒にごはん作ろうよ」
「うん、いいね。僕も好き」
 一緒の食事はいつだってなんだって幸せなんだよね。そう思って返事をしたら、ヴィクトルはなんだか頬を染めていた。熱でもあるんじゃないの? って心配したら、勇利はニブチンだよねって笑われた。
 僕たちの休日はだいたいいつも、こんな感じです。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ユノハ ジャンル:ユーリ!!! on ICE お題:素晴らしい夕飯 制限時間:15分 読者:433 人 文字数:1265字 お気に入り:2人
泣いちゃいそうなくらい、グダグダに凹んで帰って来た時に限って、ヴィクトルが先に帰っていたりする。いつの間にか僕に内緒で作った合鍵で、犯罪スレスレじゃない? っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐づ子 2/25氷奏 ジャンル:ユーリ!!! on ICE お題:綺麗な失敗 制限時間:15分 読者:140 人 文字数:1028字 お気に入り:0人
ただいま、と言ってドアを開けた瞬間の勇利の顔ったら。ちょうど持っていた鍋を落とすのかと思うほどぎょっとして、おれの姿を何回も見直した。「ヴィクトル?」 他に誰 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐づ子 2/25氷奏 ジャンル:ユーリ!!! on ICE お題:うわ・・・私の年収、百合 制限時間:15分 読者:175 人 文字数:489字 お気に入り:0人
「エンゲージリングは年収の3倍のものを選ぶ」「へえ、なぜ?」「なんでだろう、でもこっちではよく言われていることなんだよ」長いこと使っていないせいでチカチカ揺れる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐づ子 2/25氷奏 ジャンル:ユーリ!!! on ICE お題:あいつと小説の書き方 制限時間:15分 読者:152 人 文字数:706字 お気に入り:0人
「その人は僕が見たこともない目をしていたんだ」あいつは熱に浮かされたような声でそう話した。事実、アルコールにだいぶ浮かされていたのかもしれない。成人してからそこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐づ子 2/25氷奏 ジャンル:ユーリ!!! on ICE お題:今年の殺人犯 制限時間:15分 読者:197 人 文字数:740字 お気に入り:0人
ただいま。予定よりも少し早く済んだものだから、ちょっと買い物をして来たよ。牛乳と缶詰がもうすぐ切れて来た頃だったからね。あなたはもうシャワーを浴びたの。じゃあ僕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐づ子 2/25氷奏 ジャンル:ユーリ!!! on ICE お題:あきれた笑い声 制限時間:15分 読者:192 人 文字数:638字 お気に入り:0人
何か物語を紡がなければいけないだなんて幻想は、捨てることにしたんだ。昔から、氷の上に残された自分の跡を眺めてずっと考えていたことがある。僕というスケーターはどの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐づ子 2/25氷奏 ジャンル:ユーリ!!! on ICE お題:日本式の顔 制限時間:15分 読者:184 人 文字数:674字 お気に入り:0人
「『メンタルの弱さが露呈してしまったんだと思います』だってさ、ユウリ。こんな勝手なコメントをほざいてるのはいったいどこの誰なんだろうね」どん、と音がするほどぞん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐づ子 2/25氷奏 ジャンル:ユーリ!!! on ICE お題:僕が愛した雲 制限時間:15分 読者:166 人 文字数:435字 お気に入り:0人
ヴィクトルの相棒が旅立ってしまった日も、ピーテルは曇り空だった。元来晴れの日の少ない街だが、この日ばかりは感謝した。快晴の華々しい光を受け止めるにはあまりにひ弱 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐づ子 2/25氷奏 ジャンル:ユーリ!!! on ICE お題:絵描きの心 制限時間:15分 読者:165 人 文字数:725字 お気に入り:0人
目が覚めた瞬間、自分が少しばかり眠り過ぎたことに気づいた。窓から鼻先に送られる外気はもう暑くはなくて、外を見なくても空の紅色が脳裏に浮かぶ。1時間くらい体を休め 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:針@YOI ジャンル:ユーリ!!! on ICE お題:愛と死の模倣犯 制限時間:15分 読者:272 人 文字数:1355字 お気に入り:0人
勇利に鼻を寄せた時ヴィクトルの片眉をあげさせたのは彼の一言。「僕、バージンだよ」責任をかぶせたいのか。気軽に彼をついばみたかったヴィクトルは「キスもまだ?」とま 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:僕の好きな消しゴム 制限時間:30分 読者:28 人 文字数:1515字 お気に入り:0人
王子!と呼び止める者のあるのを、分かっていて、聞こえていてヘクトールは走った。急いでいたからだった。手には熟れた実を一つ握りしめている。呼ぼうとして名前をうま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:千銃士 お題:汚い土地 必須要素:右肩 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:438字 お気に入り:0人
世界帝による圧政が続く中 自由、尊厳を求め立ち上がったレジスタンスしかし武力の差は大きく レジスタンスを掃討すべく放たれた新型兵器により土地は穢れ レジスタンス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:少女☆歌劇レヴュースタァライト お題:どす黒い犬 必須要素:武田鉄矢 制限時間:1時間 読者:10 人 文字数:1886字 お気に入り:0人
リビングのテレビをつけると随分と懐かしいドラマを放送していた。今後の参考にでもと思い、そのままソファに居座ると、どこからともなく甘い香りを漂わせたルームメイトが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:3月のサッカー 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:636字 お気に入り:0人
「おかしいくないっすか」 四月を目前にして、まだ冬の名残のある風に自分で暖を取ろうと肩を竦めて自分を抱きしめる。どちらかというと暑さよりは寒いほうに強いが、それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:801字 お気に入り:0人
「甘栗食べたくない?」「食べたいけど何?山から栗拾ってきたの?」秋のしずは毎日のように山へ行く。栗拾いにキノコ狩り、紅葉狩りetc..秋の山には食材がたっぷりあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:934字 お気に入り:0人
「ねえねえすこやん。すこやんの高校時代の文学祭の映像見たんだけどさ」「…は?」正直こーこちゃんが言ってることが理解できなかった。どうして彼女が私の高校時代の映像 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:大人の魚 必須要素: 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:1140字 お気に入り:0人
「小鍛冶プロは出世魚ってご存知ですか?」隣で一緒に水槽を眺めている赤土さんがそう呟いた。今日は対局や解説もない普通の休日でこーこちゃんもお仕事だしお家でノンビリ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:主役は我々だ! お題:振り向けばそこに出会い 必須要素:1000字以上 制限時間:4時間 読者:25 人 文字数:2613字 お気に入り:0人
「ブゥゥゥン!」無邪気な声が聞こえる。それはお気に入りの飛行機を持って庭をかけるような幼い子供の声……などでは決してなく、背にエリトラをつけて屋上から滑空してき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:昼間の体験 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:984字 お気に入り:0人
これは、あるところの子孫とその守り刀の話である。最近主の様子がどうにもおかしいと話しているもの達がいた。その人らの名は、薬研藤四郎、後藤藤四郎、厚藤四郎、信濃藤 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:growth。【腐】 お題:鈍い木 必須要素: 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:805字 お気に入り:0人
まもちゃん、誕生日おめでとう!涼→?衛****『空が渋滞してる。』現場は違えど、偶々二人での帰り道だった。綺麗な臙脂色の髪で目元を隠してポツリと呟いた一言に、不 〈続きを読む〉