ジャンル:進撃の巨人 お題:苦しみの世界 必須要素:宗教 制限時間:30分 読者:193 人 文字数:759字 お気に入り:0人
[削除]

世界を救うのは※進撃夢・ジャン


※夢小説にて理解のあるかたのみどうぞ
ジャン相手、訓練兵2年目。






「この時勢、食糧難や土地の枯渇に苦しいときが続くでしょう。
ですから、壁を讃え、いつか巨人に勝利しマリアを奪還できる日を――!」

「バカバカしい」

非番の日。
街へ買い物へと出たところに遭遇した、ウォール教の司祭の街頭演説を横目に吐き捨てる。
我が家は確かにウォール教である。しかし、私は信者として登録されてはいるものの、祖母が勝手にしたことだ。
小さいころは祖母の言う通り壁は素晴らしいものだと思って来たが、今はそうは思わない。

壁は、壊れる。
人も、簡単に死ぬ。
それは4年前のあの日と2年間の訓練で分かったことだ。

「お前、名簿上だけでもウォール教信者だろ?いいのかよ」

隣にいたジャンも、つまらなそうにこちらを見る。
彼もまた、演説を心底くだらなく、つまらないと感じているのだろう。

「別に、名前だけだし。あんな宗教より、駐屯兵のが役に立つもの」

横から乾いた笑いが聞こえた。
そちらを見やると、彼は司祭に視線を向け口を開いた。

「その通りだ。王政に口出しする権利も得ているようだが、
何もしねえ奴らだけが内地にいる。全く理不尽だよ、この世界は」

「ウォール教があって助けられるのは、洗脳されたうちのばあさんみたいな信者だけだよ」

でもね。

ジャンから目をはなし、前を向きながら繋いだ言葉。
まだ、司祭がよく分からないことを偉そうに語っていた。
何も守れないクセに、口だけは達者だと、思った。

「こんな苦しい世界で、役に立たない宗教は私を救ってくれないけど。
隣に、ジャンがいるだけで私救われてるよ」

そう言ったあと、ジャンは何も言わなかったけれど、
きっと、よく回る口だと思っているに違いなかった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:うししお ジャンル:進撃の巨人 お題:許されざる逃亡犯 制限時間:30分 読者:699 人 文字数:1106字 お気に入り:0人
まあなんだって、よかったけどさユミルが唐突に呟いた。何を、と聞く元気は二人に残っていない。何かのため、ってほんとに楽だよ。私はいろんな、ため、を持ってるからな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ざーんねん。 ※未完
作者:Juka@弱くてつよいヒト ジャンル:進撃の巨人 お題:残念な、と彼は言った 制限時間:30分 読者:1386 人 文字数:1239字 お気に入り:0人
「あ、来た来た」「…間に合わなかったか」「まったく、前線から退いといてまだ首突っ込むからだよー」「良いだろうが。………アイツらは?」「あそこー」ハンジが指差す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:進撃の巨人 お題:悔しいユートピア 必須要素:宇宙人 制限時間:30分 読者:638 人 文字数:1232字 お気に入り:0人
短い黒茶の髪がふわふわ揺れて、風が窓から入り込んできたのを知らせる。前の席に座って身を乗り出して教官の講義を聞いているエレンを、俺は斜め右後ろの席から眺めていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:進撃の巨人 お題:運命の月 制限時間:30分 読者:2021 人 文字数:771字 お気に入り:0人
隠れ家の窓から見る、月がひどく大きく見えた。 その月をバッグに座る、少年のシルエットは底のないような深い、暗い色をしていた。少年らしい丸い頭の形。今は閉じられ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
天使の悲観 ※未完
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:進撃の巨人 お題:悲観的な天使 制限時間:30分 読者:992 人 文字数:550字 お気に入り:0人
クリスタ・レンズ…いや、ヒストリア・レイスというべきだろうか。 彼女について、アルミン・アルレルト何も知らなかった。 その事に、彼はたった今、気づいたのだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:進撃の巨人 お題:進撃の行動 制限時間:30分 読者:979 人 文字数:574字 お気に入り:0人
夕日が壁の向こうに消えた頃、訓練兵達の一日のカリキュラムがおわる。 「遠き山に陽は落ちて」 それを見て、アルミンが口ずさんだのは、古い歌だった。 「それなんだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:進撃の巨人 お題:寒い希望 制限時間:30分 読者:972 人 文字数:819字 お気に入り:1人
サシャとアニのお話。 森全体が雪の白か常緑樹の寒々しい黒のどちらかだった。雪を利用した訓練の途中。サシャはそっと隣のアニを見遣る。自分が疲れてしまったので二人で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:進撃の巨人 お題:うるさい悪魔 制限時間:30分 読者:1277 人 文字数:489字 お気に入り:0人
ミカサ。お母さんになる為の予備練習。 「うるさいんだよ。お前は、俺の母さんなのか?」 エレンにそんな風に言われたことにショックを受けなかったわけではない。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かなるんば@停止しました ジャンル:進撃の巨人 お題:今日のぺろぺろ 制限時間:30分 読者:1662 人 文字数:1670字 お気に入り:1人
ベルアニ本当に真っ青な瞳の女の子は、目を閉じても睫毛まで青く見えるらしいと知ったのは、ライナーと二人で映画を見に行った時のことだった。何かのレースゲームを映像化 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:<進捗どう? ジャンル:進撃の巨人 お題:あいつと夕日 制限時間:30分 読者:1000 人 文字数:2251字 お気に入り:0人
昼間はよかったのだろう。というよりもそもそもいつからそこにいたものか、ジャンは彼のタイムスケジュールをいちいち把握していないのでそこまではわからなかった。部屋で 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪とアルケミスト お題:アブノーマルなテロリスト 必須要素:谷崎潤一郎 制限時間:1時間 読者:37 人 文字数:3262字 お気に入り:0人
しなやかな肩に零れる男の銀髪。澄んだ冬の闇をその光でじわりと濁らせているかのような、憂鬱な輝きを帯びていた。 帝国図書館に設えられた常緑の庭園。ロココ調のガー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Bloody Chain お題:贖罪のエデン 制限時間:1時間 読者:32 人 文字数:2651字 お気に入り:0人
――たとえば、ありえたかもしれない未来の話。「ここにいたのか」感情の篭らない声が響く。いや、ぽつりと落とされたのかもしれない。ただ黒崎冬至の耳には、それはまるで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未完 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ペルソナ5 お題:安全な世界 必須要素:スラム街 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:261字 お気に入り:0人
そこに入ったのは、事故みたいなものだった。メメントスを探索中、怪しげな空間を見つけて侵入した。いつものように小部屋にターゲットがいるのかと思ったが、なんとパレス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 掘安 お題:青い血痕 制限時間:1時間 読者:18 人 文字数:3912字 お気に入り:0人
注意※腐向け※堀→安←清です※審神者がクズ※安定くんが情緒不安定だし壊れてます※題名通り、救いのない話※審神者殺害描写あり※審神者が刀を殺害してます※読み手を選 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
君の幸せを ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 掘安 お題:黒い瞳 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:957字 お気に入り:0人
君の幸せを※刀剣破壊描写あり。彼が好きだった。彼の瞳が愛しかった。彼に生きてほしいと思った。それは僕の我儘だった。ただ、彼の隣にいたかった。「ごめんね。堀川くん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:薄汚いダンス 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:1350字 お気に入り:0人
ひどいにおいだ。レミリア・スカーレットはそうひとりごちる。自分も吸血鬼などと呼ばれてはいるが、やはりやつらとは別種の存在なのだろう、こんな汚い環境は我々の趣味と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:黒子のバスケ お題:孤独な強奪 必須要素:パーカー 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:649字 お気に入り:0人
【緑高】緑間の部屋に上がるのはこれで何度目だろう初めから数えてはいないが、とうとう数がわからなくなるくらい、ここに来ていることになるだが、その多くはテスト勉強で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪失格 お題:魅惑の喪失 必須要素:しゃっくり 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:960字 お気に入り:0人
今日も天国は平和であってほしいと文豪達から願われていた。しかしそんな考えはすぐにまた始まったにかわる。「ひっく!ヒック!これがヒックとまらなきゃヒック僕の声の魅 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
静かな鳥 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:リヴァペト お題:地獄のガール 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:317字 お気に入り:0人
薄れゆく意識の中で、鳥の羽ばたく音がした。キラキラと光る黒いそれは、高く昇っていく。「待って、私も一緒にーーー」自分の声が頭に響いて驚いた。辺りは暗い自室だっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:トランスフォーマー お題:僕の交わり 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:255字 お気に入り:0人
俺という存在を肯定してもらいたかった。ただそれだけだったのかもしれない。大きな手違いもあったが、ようやくここまで来ることができた。俺——サイクロナスは、認めて 〈続きを読む〉