ジャンル:青の祓魔師 お題:あいつの潮風 制限時間:2時間 読者:219 人 文字数:551字 お気に入り:0人

海の夢

 海に夢を見ることなんてなかったと、あなたは思う。
 幼いころから、海は身近にあった。どこにでもあるようだった。ちょっと見渡すとそこらで波が立ち、潮の満ち引きがある。押してくる波が白い泡をつくっている。それが時には足もとを濡らし、顔にしぶきを散らしたが、あなたははじめのころ、いまいましく、あとになればあきらめの気持ちで、それをぬぐっていたのだった。海にあなたをひきつける魅力はなかった。浜にかならずごみが打ち上げられる、そのことを、子どものこころの潔癖さで嫌悪していた。やがてあきらめがついてしまえば、あなたは海を素通りし、無視することができた。それはどこにでもある、よその海のごみであり、よその海の飛まつだった。この世にはうつくしい海もあるらしいと、あなたは知っていたけれども、それもまたよその海のことだ。あなたは海に夢を見ない。うつくしいかもわからない、あなたの海を、あなたは思い描けない。けれどもこのごろ、すこしだけ、あなたが変わったように、わたしには見える。
「海ですね」
 なぜこんなところにいるのか、わからないということもわからない顔を、かれはしている。それを見てくつろぎ、遠くを見すえる
あなたの瞳に、さわやかな色がうつる。青と白の、うつくしい海の夢を、あなたはたしかに願って見ていた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
ticket ※未完
作者:みゃま@兄さんが足りない。 ジャンル:青の祓魔師 お題:大人の博物館 制限時間:2時間 読者:551 人 文字数:2509字 お気に入り:0人
ここの所、兄さんの挙動が不自然だ。 何が、と聞かれれば「全て」と僕は答えるね。そのぐらい毎回僕の予定をそれとなく不自然な顔で聞いて、それとなく僕の机にある書類 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろべえ ジャンル:青の祓魔師 お題:傷だらけの宗教 制限時間:4時間 読者:225 人 文字数:1212字 お気に入り:0人
見開きSS 大人しますぐ(付き合ってる)の結構なシリアス 何にでも生真面目な勝呂が、無資格でボランティアをしていることを志摩は知っている。看取りの仕事である。明 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:荒ぶる方のゆきな ジャンル:青の祓魔師 お題:怪しい宿命 制限時間:30分 読者:444 人 文字数:1242字 お気に入り:0人
怪しい、という形容詞においてメフィスト・フェレスの右に出るものはまずいない。むしろ怪しさを通り越して胡散臭いといったほうがよいかもしれない。だからこそ、燐は悩ん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:胃弱 ¥1500 ジャンル:青の祓魔師 お題:つらいサーブ 制限時間:30分 読者:365 人 文字数:1162字 お気に入り:0人
「お互いに最善を尽くして戦いましょう」そう言ってコートを挟んでラケットをかざし合ったのがほんの数十分ほど前。そして今ルシフェルは、弟の行きつけのバーで苦汁と言う 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:青の祓魔師 お題:最後の馬鹿 制限時間:1時間 読者:754 人 文字数:1241字 お気に入り:0人
目を覚ましたとき、いつも起きている時間はとっくに過ぎていた。 もう昼前になのだけれど、部屋は暗く、うすい膜を被せられたような湿気があるせいで空気が重たい。外で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こぐのすけ ジャンル:青の祓魔師 お題:初めてのロボット 制限時間:30分 読者:580 人 文字数:1813字 お気に入り:2人
奥村雪男は無駄が嫌いな男だった。 無駄な言動はするべきではないと思っており、無駄な時間は過ごしたくない。無駄な出費ももちろん控えるべきだと思っている。 十五歳 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みつあお ジャンル:青の祓魔師 お題:孤独な性格 制限時間:30分 読者:514 人 文字数:1338字 お気に入り:0人
おまえのひみつをしっている。どうして始めた喧嘩なのだったか、あいにく僕は覚えているし、兄と僕とのやりとりを、かなり正確に再現することができる。記憶力はわるくない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ゆーん ジャンル:青の祓魔師 お題:傷だらけの粉雪 制限時間:1時間 読者:732 人 文字数:819字 お気に入り:0人
台湾との時差は、どれくらいだっただろうか。燐は台湾に行ったことも台湾について調べたこともなかったので、よく知らない。すぐ近くにあるんだから時差なんてほとんどな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:荒ぶる方のゆきな ジャンル:青の祓魔師 お題:信用のない、と彼は言った 制限時間:1時間 読者:794 人 文字数:2321字 お気に入り:0人
弟は辛辣だ。昔から頭は良かったし、勉強家だ。自分よりたくさんの言葉を知っている。だから今更気にするようなことではない。自分を心配するからこそ、周囲が遠慮して言わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:青の祓魔師 お題:混沌の少数派 制限時間:15分 読者:1349 人 文字数:419字 お気に入り:0人
世界的に見ればこのイルミナティという組織は、数ある派閥の中で少数派と言われる部類だろう。 何故なら最終目標の一つに世界を混沌に還すという、世界征服の次に無理難 〈続きを読む〉

.の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:. ジャンル:青の祓魔師 お題:あいつの潮風 制限時間:2時間 読者:219 人 文字数:551字 お気に入り:0人
海に夢を見ることなんてなかったと、あなたは思う。 幼いころから、海は身近にあった。どこにでもあるようだった。ちょっと見渡すとそこらで波が立ち、潮の満ち引きがあ 〈続きを読む〉