ジャンル:おそ松さん お題:求めていたのは悲劇 制限時間:15分 読者:150 人 文字数:722字 お気に入り:0人
[削除]

排気煙の秘密 ※未完

屋上に上ってマッチを擦った。どれだけ古臭いと言われようとも、どうしてもライターを使う気にはなれない。そのまま咥えた煙草に火を点け、煙を肺腑に染み込ませるように深く吸う。夜中の、誰もが寝静まっている時間にこうしている時だけは、酷く心が落ち着く。街の雑踏、自動車の排気、人の呼吸音、そういった煩わしいものから一切解き放たれたこの場所に、私と冷たい夜風だけ。そういう人間になりたいなと、いつも思う。存在感のない、透明な、いるのかいないのかわからない、そんな、儚い存在になりたいと思う。そうしたら、あの人に捕まえておいてもらえるかもしれないから。風のように、どこか遠くへ飛んで行けたら、あの人に探してもらえるかもしれないから。馬鹿みたいなことを考える。ゆらゆらと、煙草から白煙が立ち昇ってやがて消えていくのが、まるで火葬場のようで目を細めた。
彼が私に縛られる日などきっと来ない。そんなことは、とっくの昔にわかりきっていた。私なんかの手のひらに収まるような人じゃあない。こんなところにいつまでも、留まったままで動けない私のような、救いようのない人間とは、まるで、違う。
ああ、そういえば、彼も煙草を吸っていたな。偶に、弟たちが寝静まったあと、二階のベランダに腰掛けて吸う、赤いマルボロ。その甘い香りが漂ってくると、決まって彼のことを思い出す。それがみっともなくて、私は違う銘柄を選んだ。メンソールのキツイそれを、こんなに沢山吸ってしまえば、今夜もまた上手く寝られないのだろう。赤子のように毛布に包まって、静かに涙を流すのだろう。あの人のことを思い出さないようにと、そうしたことも全部、無意味でしかなくて、結局私はいつまで経ってもあの人のことをわすれられ

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:はたか そャーす ジャンル:おそ松さん お題:汚れたむきだし 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:331字 お気に入り:1人
肌に触れる冷えた空気に目を覚ましす。布団の隙間から入り込んでくる風は、空いた窓から吹き込んできているようだった。ちらりと時計を見やれば、時刻は2時を示していた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はちこくん ジャンル:おそ松さん お題:苦し紛れの絵画 制限時間:15分 読者:86 人 文字数:472字 お気に入り:1人
一松が蛇口をひねると、肉塊が流れ出てきた。げえっと飛びのいた一松の目の前で、ばたばたと音を立ててシンクに跳ねる赤黒い流動体。これからも今までも水しか通すことが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたか そャーす ジャンル:おそ松さん お題:何かの蕎麦 制限時間:15分 読者:146 人 文字数:1959字 お気に入り:0人
くぅ…と小さく鳴ったお腹に時間を確認してみればお昼をすぎた頃だった。もうこんな時間かと机の上に広がる消しゴムのカスを床に落とさないようにまとめゴミ箱に捨てる。軽 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたか そャーす ジャンル:おそ松さん お題:哀れな祝福 制限時間:15分 読者:190 人 文字数:857字 お気に入り:0人
小学生の頃おれは足をおったことがある。事故とかそーゆーのじゃなくて遊んでいた時に折ってしまったのだ。度胸比べという名目で高いところから飛び降りるという遊びが流行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:海流(かいる) ジャンル:おそ松さん お題:都会の彼方 制限時間:15分 読者:194 人 文字数:755字 お気に入り:0人
コンクリートの中には何が埋まっているのか、いつだってギラギラと脅迫めいた顔つきでこちらを見返すから嫌いだ。一松はぺっ、と唾を吐いた。そうして、誰にも見られてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:六月 ジャンル:おそ松さん お題:忘れたい女 制限時間:15分 読者:201 人 文字数:827字 お気に入り:0人
いちばんに追い詰めたのは、結局誰だったのだろう、と。 今になってそんなことを思う。おそ松の前には眠っているこんこんと眠る弟がいる。無気力で、皮肉屋で、そうして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:緋色 ジャンル:おそ松さん お題:どす黒い火 制限時間:15分 読者:179 人 文字数:550字 お気に入り:0人
帰ってきたら上の2人がイチャついてた。おそ松兄さんはクソ松の膝の上でゲッラゲラ笑い転げてるし、クソ松はなぜ笑われているのかと困惑しながらも必死に股間を隠そうとし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:緋色 ジャンル:おそ松さん お題:鈍い兄 制限時間:15分 読者:163 人 文字数:480字 お気に入り:0人
全く、この兄は。気持ち悪いくらい人の気持ちを察することが出来るくせに、救いようのない程鈍感なのだ。「カラ松〜、チビ太のトコ行こーぜ。」お兄ちゃん大当たりしちゃっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたか そャーす ジャンル:おそ松さん お題:プロの年賀状 制限時間:15分 読者:178 人 文字数:1237字 お気に入り:0人
そこら辺を散歩していた時、たまたま昔馴染みの駄菓子屋さんの前を通ろうとしていたんだけと、店前に並べてある机の上にあるイチゴ味の赤い飴玉に目を惹かれてさ、せっかく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ひいろ ジャンル:おそ松さん お題:昨日の旅行 制限時間:15分 読者:146 人 文字数:625字 お気に入り:0人
「銭湯行くぞー」誰からともなく声がかけられ6人は各々桶に詰め込んだ荷物をもって出た。雨は降っていないが今にも溢れそうな薄暗がりの曇天。ジメジメとまとわりつくよう 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:消えた火 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:2247字 お気に入り:0人
五幕のifの世界です。兎王国の軽い設定を拝借しただけの、五幕の内容は読んでないので、ネタバレにはならない&解らない前提の捏造甚だしいifのお話。パンフ届くのが待 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:進撃の巨人 お題:君の宿命 制限時間:4時間 読者:2 人 文字数:2773字 お気に入り:0人
エレンが楽園を出てマーレ国に向かう少し前の設定です。クルーガーに一方的に話しかけるという内容です。オリキャラが一人いる上に、妄想と捏造を多々含みます。「楽園に居 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:人妻の血痕 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1116字 お気に入り:0人
どうしようどうしようどうしようどうしよう……。コレは絶対にまずい。こんなのがばれたら、黒森峰は終わりだ。だが、私には一切実に覚えがない。だけど、私のティーガーに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:許せない寒空 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:1697字 お気に入り:0人
あったかもしれなかったガールズ&パンツァーすでにここに私が到着してから1時間が経過している。待ち合わせの時刻は30分は悠に超えている。本土の気候は、もうすぐ五月 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:小林さんちのメイドラゴン お題:早い錬金術 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1351字 お気に入り:0人
「小林さん小林さん!見てくださいよ!」トールがなにやら声を弾ませてリビングへとやってきた。こういう時は大抵わけのわからんものを持ってくるのだ。この前はダレダカに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:僕のヒーローアカデミア お題:きちんとした旅行 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:309字 お気に入り:0人
「寒い…。」思わず呟かずにはいられなかった。寒さを誤魔化すように走ると溶けかかった雪がぴしゃぴしゃと不快な音をたててきた。 空を仰げば雨と雪が混ざったようなも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:初めての消しゴム 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:816字 お気に入り:0人
「ペコ、これ、消しゴムかけてくれる?」「……はい」私はダージリン様から原稿を受け取り、こしこしとその上に消しゴムを転がして行きます。この『ネリケシ』というのは初 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:大人のボーイズ 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:2454字 お気に入り:0人
「大人の雰囲気って、憧れるな…」国木田、太宰、乱歩が事件の調査に出かけ、与謝野、鏡花が買い物に出かけたのどかな昼下がり。全ては、敦のこの独り言から始まった。「ど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:メルクストーリア お題:幸福な場所 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:702字 お気に入り:0人
「そういえば、昨日の件は?」「昨日?」「ほら、エルバスの街で変てこな音がって」「ああ、あれね。いひひ」「無事に解決っていうかー。なんともなかったっていうかー」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バンドリ!ガールズバンドパーティ! お題:消えた流刑地 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:972字 お気に入り:0人
日菜のことを避け続けてきた。いつからだっただろうか。彼女が言うように、昔は、ほんの小さな頃は仲良く遊んでいた気がする。だけど、年の近いきょうだいだったら、多く 〈続きを読む〉