ジャンル:黒子のバスケ 火氷 お題:紅茶と消しゴム 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:810字 お気に入り:0人

蓋をひらく ※未完

(あ、こいつだ)
タツヤが驚いた顔をした。そいつはジャグリングをやっていた。あそこで何かやっていると言ったのは俺だった。
タツヤは俺にその技を披露してくれない。俺もねだることはなかった。けれどタツヤはジャグリングが得意らしかった。
自慢じゃないが俺は結構昔から、ずっとタツヤと過ごしていた。その頃はジャグリングなんてやっていなかった。やっていたのはバスケとビリヤードくらい。だからタツヤがジャグリングを覚えたのは俺がタツヤと別れていた、たった一年と数ヶ月、だいたい二年くらいのはずだ。
その頃のことを、タツヤは話してくれない。だから俺も聞かない。タツヤが話さないことは、俺は何も知らなかった。けれどキーワードはあった。それは明らかになっていたから、俺も知っていた。
金髪の男は、ボーリングのピンみたいのを四つ放り投げながらその場で回転したり、足の下で投げたものを連続で受け取ったりしていた。金髪だけれども、焦げ茶色に色が近い。ヨーロッパとアジアか、どこかの血が混ざっているようだった。この国には人間内部の国境は非常に曖昧だった。何人であるか、より、そいつがどういう人間か、に重きが置かれる。俺がそいつについて知っている情報は、そいつの外見とジャグリングができるということと、タツヤがそいつを知っている、ということ。
だが俺は直感で、こいつがタツヤとジャグリングを引き合わせた人物だとわかったのだ。タツヤが信じられないような目で、懐かしそうな目でそいつを見ていた。それだけで十分だった。俺はタツヤが話さないことを聞くつもりはなかった。タツヤが話したいと思うときに話してくれればいい、と俺はその感情に蓋をした。俺の中にはそういう蓋がたくさんあった。俺は蓋を抱えて生きていた。
男がピンをすべて胸に抱きかかえ、観客に礼をする。タツヤは観客が静まり、解散しだした隙を狙った。俺もタツヤから離れず、それを追った。
タツヤは男の名を

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:おうか ジャンル:黒子のバスケ 火氷 お題:難しいあの人 制限時間:15分 読者:424 人 文字数:969字 お気に入り:0人
そうして彼の後をついていく。気配は感じていても振り返ってくれない。彼が意地悪なのではない、怒らせたのは自分なのだ。だけれど、その理由がわからない。わからないと謝 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おうか ジャンル:黒子のバスケ 火氷 お題:強い狼 制限時間:15分 読者:491 人 文字数:742字 お気に入り:0人
だって、タツヤって呼んでくれっていうから凍りついたように固まっている火神の表情をそっと伺うと、想像通り、なんとも表現しがたい表情をしていた。青峰君、氷室さんは年 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おうか ジャンル:黒子のバスケ 火氷 お題:記憶の恨み 制限時間:15分 読者:436 人 文字数:845字 お気に入り:0人
生まれたてのひよこがそういう感じだっけ、と紫原は彼らを見て思った。片方は中肉中背。もう片方はその人より頭一つ大きいし、体格もがっちりとした筋肉がついている。小さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おうか ジャンル:黒子のバスケ 火氷 お題:失敗の別れ 制限時間:15分 読者:390 人 文字数:796字 お気に入り:0人
もう遅いから、氷室が言い出したとき、火神は昔を思った。あの頃も、こうして暗くなるまでバスケをしていた。母親が迎えに来るまで、とへとへとになるまでボールを追いかけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 火氷 お題:素晴らしい嫉妬 制限時間:15分 読者:416 人 文字数:705字 お気に入り:0人
氷室の手つきを眺めていると、手、と言われた。て?!止まってる。あ、ああ、食うよ。うん。火神は半分だけ残していたハンバーガーを一気に口に詰め込んだ。うまいというよ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 火氷 お題:限界を超えた子犬 制限時間:15分 読者:371 人 文字数:765字 お気に入り:0人
ボールがゴールポストにぶつかった瞬間、タイガはあっと声を上げた。身体も前のめりになり、半歩、足を踏み出した。まだお前の番じゃないよ、と言えば、分かってる、と少し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 火氷 お題:もしかして天国 制限時間:15分 読者:388 人 文字数:737字 お気に入り:0人
火神は瞬いた。タツヤが何で。秋田にいるはずなのに、何でここにいるんだ。サプラーイズドアを開けると、パン、とクラッカーが鳴らされた。火薬の匂いと、衝撃と、薄紙がぶ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 火氷 お題:記憶の宇宙 制限時間:15分 読者:403 人 文字数:770字 お気に入り:0人
関心の幅が広がったのは、いつでも彼の後をついて行ったからだった。星の名前をいくつも言い当てると、よく知ってますね、と黒子に感心された。氷室さんですか?ああ夏の合 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
名詮自性 ※未完
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 火氷 お題:ゆるふわ愛され夜風 制限時間:15分 読者:374 人 文字数:575字 お気に入り:0人
氷を入れておく特別な部屋、と答えられ、何それ、と更に質問した。氷室は微笑んで説明してくれた。昔は電気が無かったから、冷蔵庫がないだろう? だからものを冷やすのに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
取り扱い注意 ※未完
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 火氷 お題:愛と欲望の処刑人 制限時間:15分 読者:387 人 文字数:749字 お気に入り:0人
悪気があって言ったのではない。タツヤが、僕がやるよ、と言った瞬間、黒子も高尾も黄瀬も、一気に顔を引きつらせた。だから安心させるために言ったのだ。タツヤは切るだけ 〈続きを読む〉

かみむら@Promptの即興 二次小説


ユーザーアイコン
君観光 ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:僕とふわふわ 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:839字 お気に入り:0人
そうか僕はいつもと違うマットレスの柔らかさ。ここは青峰の家だ。空気も、音も、天井までの高さも違う。青峰が暮らす家。おそらく一人で。週末は誰か来ることもある、と言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ 黛葉 お題:愛と死の模倣犯 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:761字 お気に入り:0人
何してんのトイレを、と思って寝室を出た。トイレに行っていたはずの黛が居間でうつ伏せになっていた。行き倒れているような体勢だったので、思わず声を掛けた。打ちひしが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
蓋をひらく ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ 火氷 お題:紅茶と消しゴム 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:810字 お気に入り:0人
(あ、こいつだ)タツヤが驚いた顔をした。そいつはジャグリングをやっていた。あそこで何かやっていると言ったのは俺だった。タツヤは俺にその技を披露してくれない。俺も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ 青黒 お題:猫の洞窟 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:799字 お気に入り:0人
ストライキです、とテツは言った。押入れの中で、毛布に包まっていた。押入れに入れんのすげーな、というと、馬鹿にしないでください、と怒ったように返された。だって押入 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ 青黒 お題:愛すべき死 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:838字 お気に入り:0人
それはショウチョウとして扱われることもある赤司が質問によくわからない答えを返した。……ショウチョウ? 何が?ショウチョウって言ったって、日本語にショウチョウなん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
バイキング ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:潔白な愛 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:646字 お気に入り:0人
何で覚えてんだよアンタはこれでしょ、と取り分けられた。イチゴののったショートケーキ、確かに俺はどのケーキよりこのケーキが好きだった。職業病よ実渕はチーズケーキを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ゆめのつづき ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:僕と円周率 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:702字 お気に入り:0人
昔、寝不足が続いたことがあった……帝光中学の頃だったなそうだ。その夢が、この家だった(……え?)何度も繰り返していた言葉を、今日もまた繰り返した。『よくこの家に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
クオーター ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:求めていたのは巨人 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:756字 お気に入り:0人
ちょっと酔っ払ったのお届けしますよ高尾和成からスマートフォンにメッセージが届いた。日本酒、結構美味くてさー。久しぶりに会ったし、そんで先輩も寄ってくれて終電は終 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
恭順の意を ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ 降旗 お題:彼女と演技 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:976字 お気に入り:0人
笑わないでよ、と彼女は言った。笑うところじゃないわそうですね……人は恐怖を前に笑うことがあるらしい。俺が笑ってしまったのは、たぶん、それなのだ。どうしたらいいか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
せきじつ ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ 子ども世代 お題:最強の栄光 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:648字 お気に入り:0人
初老というよりはもう少し年齢のいっている感じだった。その人は僕を見て優しく微笑んで、少し泣きそうな顔をしていた。お父上の小さい頃に良く似ていらっしゃる。目元はお 〈続きを読む〉