ジャンル:黒子のバスケ 火氷 お題:紅茶と消しゴム 制限時間:15分 読者:104 人 文字数:810字 お気に入り:0人

蓋をひらく ※未完

(あ、こいつだ)
タツヤが驚いた顔をした。そいつはジャグリングをやっていた。あそこで何かやっていると言ったのは俺だった。
タツヤは俺にその技を披露してくれない。俺もねだることはなかった。けれどタツヤはジャグリングが得意らしかった。
自慢じゃないが俺は結構昔から、ずっとタツヤと過ごしていた。その頃はジャグリングなんてやっていなかった。やっていたのはバスケとビリヤードくらい。だからタツヤがジャグリングを覚えたのは俺がタツヤと別れていた、たった一年と数ヶ月、だいたい二年くらいのはずだ。
その頃のことを、タツヤは話してくれない。だから俺も聞かない。タツヤが話さないことは、俺は何も知らなかった。けれどキーワードはあった。それは明らかになっていたから、俺も知っていた。
金髪の男は、ボーリングのピンみたいのを四つ放り投げながらその場で回転したり、足の下で投げたものを連続で受け取ったりしていた。金髪だけれども、焦げ茶色に色が近い。ヨーロッパとアジアか、どこかの血が混ざっているようだった。この国には人間内部の国境は非常に曖昧だった。何人であるか、より、そいつがどういう人間か、に重きが置かれる。俺がそいつについて知っている情報は、そいつの外見とジャグリングができるということと、タツヤがそいつを知っている、ということ。
だが俺は直感で、こいつがタツヤとジャグリングを引き合わせた人物だとわかったのだ。タツヤが信じられないような目で、懐かしそうな目でそいつを見ていた。それだけで十分だった。俺はタツヤが話さないことを聞くつもりはなかった。タツヤが話したいと思うときに話してくれればいい、と俺はその感情に蓋をした。俺の中にはそういう蓋がたくさんあった。俺は蓋を抱えて生きていた。
男がピンをすべて胸に抱きかかえ、観客に礼をする。タツヤは観客が静まり、解散しだした隙を狙った。俺もタツヤから離れず、それを追った。
タツヤは男の名を

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:おうか ジャンル:黒子のバスケ 火氷 お題:難しいあの人 制限時間:15分 読者:482 人 文字数:969字 お気に入り:0人
そうして彼の後をついていく。気配は感じていても振り返ってくれない。彼が意地悪なのではない、怒らせたのは自分なのだ。だけれど、その理由がわからない。わからないと謝 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おうか ジャンル:黒子のバスケ 火氷 お題:強い狼 制限時間:15分 読者:563 人 文字数:742字 お気に入り:0人
だって、タツヤって呼んでくれっていうから凍りついたように固まっている火神の表情をそっと伺うと、想像通り、なんとも表現しがたい表情をしていた。青峰君、氷室さんは年 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おうか ジャンル:黒子のバスケ 火氷 お題:記憶の恨み 制限時間:15分 読者:534 人 文字数:845字 お気に入り:0人
生まれたてのひよこがそういう感じだっけ、と紫原は彼らを見て思った。片方は中肉中背。もう片方はその人より頭一つ大きいし、体格もがっちりとした筋肉がついている。小さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おうか ジャンル:黒子のバスケ 火氷 お題:失敗の別れ 制限時間:15分 読者:478 人 文字数:796字 お気に入り:0人
もう遅いから、氷室が言い出したとき、火神は昔を思った。あの頃も、こうして暗くなるまでバスケをしていた。母親が迎えに来るまで、とへとへとになるまでボールを追いかけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 火氷 お題:素晴らしい嫉妬 制限時間:15分 読者:501 人 文字数:705字 お気に入り:0人
氷室の手つきを眺めていると、手、と言われた。て?!止まってる。あ、ああ、食うよ。うん。火神は半分だけ残していたハンバーガーを一気に口に詰め込んだ。うまいというよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 火氷 お題:限界を超えた子犬 制限時間:15分 読者:444 人 文字数:765字 お気に入り:0人
ボールがゴールポストにぶつかった瞬間、タイガはあっと声を上げた。身体も前のめりになり、半歩、足を踏み出した。まだお前の番じゃないよ、と言えば、分かってる、と少し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 火氷 お題:もしかして天国 制限時間:15分 読者:484 人 文字数:737字 お気に入り:0人
火神は瞬いた。タツヤが何で。秋田にいるはずなのに、何でここにいるんだ。サプラーイズドアを開けると、パン、とクラッカーが鳴らされた。火薬の匂いと、衝撃と、薄紙がぶ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 火氷 お題:記憶の宇宙 制限時間:15分 読者:506 人 文字数:770字 お気に入り:0人
関心の幅が広がったのは、いつでも彼の後をついて行ったからだった。星の名前をいくつも言い当てると、よく知ってますね、と黒子に感心された。氷室さんですか?ああ夏の合 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
名詮自性 ※未完
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 火氷 お題:ゆるふわ愛され夜風 制限時間:15分 読者:458 人 文字数:575字 お気に入り:0人
氷を入れておく特別な部屋、と答えられ、何それ、と更に質問した。氷室は微笑んで説明してくれた。昔は電気が無かったから、冷蔵庫がないだろう? だからものを冷やすのに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
取り扱い注意 ※未完
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 火氷 お題:愛と欲望の処刑人 制限時間:15分 読者:489 人 文字数:749字 お気に入り:0人
悪気があって言ったのではない。タツヤが、僕がやるよ、と言った瞬間、黒子も高尾も黄瀬も、一気に顔を引きつらせた。だから安心させるために言ったのだ。タツヤは切るだけ 〈続きを読む〉

かみむらの即興 二次小説


ユーザーアイコン
宵明け ※未完
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ お題:朝の家 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:677字 お気に入り:0人
頬に触れているのが絨毯だと気づいたのは、その柔らかさのすぐ下に床の固さを感じたからだった。寝る場所はじゃんけんで決まった。人ん家でいちゃつくのやめてくださいっス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ころあい ※未完
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 赤司 お題:許されざる広告 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:651字 お気に入り:0人
一般認知度、上げていきますか書き上げたホワイトボードを見つめ、小野が言った。わかっていたことだった。打てる手はすべて打っていた。このままでも、成長率は前年比は保 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 黒子 お題:計算ずくめの小説上達法 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:761字 お気に入り:0人
確認しました。お疲れ様でした藍澤からSMSでの返信が来た。テーブルに突っ伏した状態で、顔を横を向け、スマートフォンの画面を見ていた。(おわった……毎度毎度、どう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ パラレル お題:失敗の軽犯罪 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:560字 お気に入り:0人
ここより他に行くところもなし。この屋形にたどり着いた者のほとんどが、そうだった。十になるかならないかの子どもは、銭と引き換えに屋形に引き取られる。下働きになるか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
よかにせ ※未完
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ パラレル お題:凛としたゲーム 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:646字 お気に入り:0人
まったく言葉が通じないことはなかった。もともと薩摩は琉球の政治に口だけでなく人も送り込んできていた。文官は薩摩国の言葉を理解していた。琉球の中央の文化も、島々の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
う-い ※未完
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ お題:悔しい接吻 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:570字 お気に入り:0人
切り替えがさ……、周りに人がいると、うまくいかねぇタイガが言った。ちょっと恥ずかしいっつーか、落ち着かねーっつーか、だって反応とか、わかってるし……あんまり気に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
夜戦 ※未完
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ お題:許されざる私 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:596字 お気に入り:0人
裏切られたと感じた時、自分が考えている以上に、自分が彼のことを信じていたことを知った。得意の『女の勘』で気づかなかったのは、それが自分事だったからだろう。占い師 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 青黒 お題:記録にない音 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:615字 お気に入り:0人
違います、これはねはんです、とテツは言った。テツはソファで寝転がっていた。こちらに背中を向けて。俺は何寝てんだよ、と声を掛けた。買い物に出かけて、夕飯用の野菜や 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ お題:記録にない紳士 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:897字 お気に入り:0人
三月三日か、と緑間が呟いたので、赤司はふと、昔を思い出した。お前はあのタイミングでいつも年月日を聞いてきたなあのタイミング?俺に想いを漏らしそうになるタイミング 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
しばらく ※未完
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 火氷 お題:汚れた扉 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:561字 お気に入り:0人
おや、と思って足を止めたのは、その話題がめずらしくも、タイガの恋の話題だったからだ。自分ではなく黒子くんに相談しているところが少々残念ではあったが、兄貴分として 〈続きを読む〉