ジャンル:おそ松さん お題:激しい小説練習 制限時間:15分 読者:94 人 文字数:506字 お気に入り:0人
[削除]

実践しよう、そうしよう。 【十四一】 ※未完

「あれ、今回は漫画じゃないの」
そう言って自分の原稿を覗き込んできたのは、一松兄さんだった。
「にーさん、覗きは駄目でっせー」
「堪忍やで。十四松はん」
見えてしもーたんや、って一松兄さんは弁明する。
「また夏のイベント、だっけ。参加するって聞いたから、また漫画描くのかと思ってた」
「んー、最初は僕もそう思って構成考えてたんだけど、この前のイベントで小説出してる人見て、格好いいなぁって思ったから」
僕は、素直な理由を告白する。一松兄さんは、ふーんと答えただけだった。
「そんなに簡単に小説なんて書けるわけ?」
「全っ然!!」
僕は首を横にぶんぶんと振って否定する。
「めっちゃ難しい! 何から書き始めていいか全然わかんなくて悩んでたとこ!」
「ちなみに、どんなの書きたいの?」
「兄弟で近親相姦、18禁モノ」
「うわぁ……」
一松兄さんは、明らかにドン引いた顔をする。そして、何かに気がついたように、みるみるうちに青ざめていく。
「で、一松兄さん」
「な、なに……十四松」
一松兄さんの顔は引きつったままだ。
「実践がいちばんだと思うんだよね」
「や、やめ」
「気持ちよくしてあげるから」
一松兄さんのひめw

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:はたかそャーす ジャンル:おそ松さん お題:哀れな祝福 制限時間:15分 読者:85 人 文字数:857字 お気に入り:0人
小学生の頃おれは足をおったことがある。事故とかそーゆーのじゃなくて遊んでいた時に折ってしまったのだ。度胸比べという名目で高いところから飛び降りるという遊びが流行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:海流(かいる) ジャンル:おそ松さん お題:都会の彼方 制限時間:15分 読者:119 人 文字数:755字 お気に入り:0人
コンクリートの中には何が埋まっているのか、いつだってギラギラと脅迫めいた顔つきでこちらを見返すから嫌いだ。一松はぺっ、と唾を吐いた。そうして、誰にも見られてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:六月 ジャンル:おそ松さん お題:忘れたい女 制限時間:15分 読者:96 人 文字数:827字 お気に入り:0人
いちばんに追い詰めたのは、結局誰だったのだろう、と。 今になってそんなことを思う。おそ松の前には眠っているこんこんと眠る弟がいる。無気力で、皮肉屋で、そうして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ひろ(旧→〇た) ジャンル:おそ松さん お題:どす黒い火 制限時間:15分 読者:105 人 文字数:550字 お気に入り:0人
帰ってきたら上の2人がイチャついてた。おそ松兄さんはクソ松の膝の上でゲッラゲラ笑い転げてるし、クソ松はなぜ笑われているのかと困惑しながらも必死に股間を隠そうとし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ひろ(旧→〇た) ジャンル:おそ松さん お題:鈍い兄 制限時間:15分 読者:80 人 文字数:480字 お気に入り:0人
全く、この兄は。気持ち悪いくらい人の気持ちを察することが出来るくせに、救いようのない程鈍感なのだ。「カラ松〜、チビ太のトコ行こーぜ。」お兄ちゃん大当たりしちゃっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたかそャーす ジャンル:おそ松さん お題:プロの年賀状 制限時間:15分 読者:91 人 文字数:1237字 お気に入り:0人
そこら辺を散歩していた時、たまたま昔馴染みの駄菓子屋さんの前を通ろうとしていたんだけと、店前に並べてある机の上にあるイチゴ味の赤い飴玉に目を惹かれてさ、せっかく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ひいろ ジャンル:おそ松さん お題:昨日の旅行 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:625字 お気に入り:0人
「銭湯行くぞー」誰からともなく声がかけられ6人は各々桶に詰め込んだ荷物をもって出た。雨は降っていないが今にも溢れそうな薄暗がりの曇天。ジメジメとまとわりつくよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ひろ(旧→〇た) ジャンル:おそ松さん お題:俺は善意 制限時間:15分 読者:103 人 文字数:307字 お気に入り:0人
意味分かんない。オレは、お前がしたいって言ったからしてあげただけなのに。可愛かったろ?セーラー服。お前の秘蔵の中にあったから折角用意したんだ。興奮したろ?お前の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:六月 ジャンル:おそ松さん お題:10の病気 制限時間:15分 読者:109 人 文字数:1114字 お気に入り:1人
十のころに病気をした。たいていの病気は6人同時になっていたので、松代は大変だっただろうが、おそ松ひとりがかかるということはたいそう珍しいことだった。風邪と診断 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたかそャーす ジャンル:おそ松さん お題:夏の馬鹿 制限時間:15分 読者:81 人 文字数:704字 お気に入り:0人
鉛筆を削る音がした。ゴリゴリゴリゴリ、鉛筆を削る時特有の匂い、音それが部屋に広がっていた。音の出どころを探ろうと床に寝転がっていた頭を起こしあくび混じりに辺りを 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!! お題:少女の病院 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:839字 お気に入り:0人
少女の病院直感だった。これは、ヤバい。鈍いか鋭いかで言えば鋭い。唸るというより飛び上がる感じの瞬間的な痛みだった。いつもと同じ朝食後、いつもと同じように動き出し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:艦隊これくしょん お題:右の略奪 必須要素:宇宙人 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:1527字 お気に入り:0人
「つまり深海棲艦の正体は宇宙人だったんだよ!」「は?」 自信満々に告げられた言葉に単音しか返せなかったのは青葉の落ち度でしょうか? こちらゴシップ記事を書いてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:僕のヒーローアカデミア お題:夏の絵描き 制限時間:1時間 読者:18 人 文字数:1135字 お気に入り:0人
深い緑が青々と茂る夏の風景。俺はこの深い緑色を他にも知っている。「轟くん、もう、いい?僕恥ずかしくって…」顔を赤らめながら俯いてそう言う緑谷に、初めて自身の手が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターミリオンライブ お題:もしかして眠り 必須要素:甘栗 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:675字 お気に入り:0人
寝息とともに緩やかに上下する彼女の身体を見ているとそこにある小さくも確かな生命の鼓動を感じることができる。 「静香」 小さく呼びかけても反応はなかった。机の上に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:経験のない娘 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:1181字 お気に入り:0人
夜は優しい生き物のようにぴったりと俺たちに寄り添っていた。街灯に照らされた犬の毛並がつやつやと輝いて、視線に気付いた顔が見上げて嬉しそうな顔をする。よく躾けら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!! お題:愛すべきローン 制限時間:1時間 読者:18 人 文字数:629字 お気に入り:0人
岩及※ゲイ岩泉←ノンケ及川「やらせて」真顔で、だけど獣のような目で、岩ちゃんが言った。いわゆる床ドンというやつで。俺は無理だと何度も言った。全力で抵抗もした。け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:鬼灯の冷徹【腐向け】 白鬼 お題:10の兄 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:1268字 お気に入り:0人
*あてんしょん!腐向けの小説です。地雷の人はまわれ右を推奨致します。 現代パロです。地雷の人は(以下略) 私の名前は丁(ひのと)と申します。7歳です。小学二年生 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:進撃の巨人 お題:限りなく透明に近い嘘 制限時間:4時間 読者:24 人 文字数:3635字 お気に入り:0人
ご注意下さい!冒頭から盛大に95、98話のネタバレです('17,10,10現在)。本誌未読の方は、何卒ご注意下さいますよう、お願い致します。ジークとイェーガー家 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
光の声 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 石かり お題:安全な天使 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:1243字 お気に入り:0人
目の前に突如として現れたその人は、何にも興味がない僕の目をくぎ付けにするのには十分すぎる程のインパクトがあった。普通、何もないところから人が現れるなんて話、聞 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:戦国BASARA お題:アブノーマルな口 必須要素:血液型 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:1546字 お気に入り:0人
高すぎる空の青、群れる魚のように輝く雲の白。縁に腰掛けてすんなりとした足を揺らし、少年は麗らかな日にそぐわないほどの緊張の面差しで虚空を油断なく睨みつけている 〈続きを読む〉