ジャンル:おそ松さん お題:憧れの交わり 制限時間:15分 読者:146 人 文字数:554字 お気に入り:0人
[削除]

羨ましくて、大好きなんです (数字松)

 猫の餌やりの帰り道、くい、とパーカーの裾を引っ張られる感覚がして、後ろを振り返る。すると、顔を真っ赤にして俯いた一松兄さんが立っていた。自分の黄色のパーカーをギュウと握りしめる。
「なぁに? どうしたの、一松兄さん」
「十四松」
一松兄さんは俯いて下を見たままだから、声が聞き取りづらい。
「十四松は、なんで、そんなにいつも笑っていられんの」
いきなりの兄さんの台詞に一瞬戸惑ってしまう。
「楽しいから、かなぁ?」
素直に答えると、一松兄さんは少しだけ寂しそうな顔をした。
「なぁに? 一松兄さん、なにかあった?」
「いや……お前、さっき猫と会ってたときもそうだったけど、いつも笑ってんなぁって思って」
一松兄さんは、少しモゴモゴと口を動かしたあと、俺は、いつも愛想が足りないって言われるから羨ましい、と小声で続けた。僕はそんな兄さんの言葉に驚く。
「なんでぇ?」
「え、なんでって」
「僕だって一松兄さんのこと羨ましいって思うよ」
「は、こんなゴミのどこが」
自虐に走る兄さんの頬を両手で挟み込み、それ以上言葉を発することができないようにする。
「んっとねぇ、猫が一松兄さんにすげー懐いてるとことか、本当は頭いいとことか、僕に優しいとこ、一松兄さんのぜんぶが大好き!」
「……最後、なんか違くない?」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:はたか そャーす ジャンル:おそ松さん お題:汚れたむきだし 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:331字 お気に入り:1人
肌に触れる冷えた空気に目を覚ましす。布団の隙間から入り込んでくる風は、空いた窓から吹き込んできているようだった。ちらりと時計を見やれば、時刻は2時を示していた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はちこくん ジャンル:おそ松さん お題:苦し紛れの絵画 制限時間:15分 読者:86 人 文字数:472字 お気に入り:1人
一松が蛇口をひねると、肉塊が流れ出てきた。げえっと飛びのいた一松の目の前で、ばたばたと音を立ててシンクに跳ねる赤黒い流動体。これからも今までも水しか通すことが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたか そャーす ジャンル:おそ松さん お題:何かの蕎麦 制限時間:15分 読者:145 人 文字数:1959字 お気に入り:0人
くぅ…と小さく鳴ったお腹に時間を確認してみればお昼をすぎた頃だった。もうこんな時間かと机の上に広がる消しゴムのカスを床に落とさないようにまとめゴミ箱に捨てる。軽 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたか そャーす ジャンル:おそ松さん お題:哀れな祝福 制限時間:15分 読者:189 人 文字数:857字 お気に入り:0人
小学生の頃おれは足をおったことがある。事故とかそーゆーのじゃなくて遊んでいた時に折ってしまったのだ。度胸比べという名目で高いところから飛び降りるという遊びが流行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:海流(かいる) ジャンル:おそ松さん お題:都会の彼方 制限時間:15分 読者:194 人 文字数:755字 お気に入り:0人
コンクリートの中には何が埋まっているのか、いつだってギラギラと脅迫めいた顔つきでこちらを見返すから嫌いだ。一松はぺっ、と唾を吐いた。そうして、誰にも見られてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:六月 ジャンル:おそ松さん お題:忘れたい女 制限時間:15分 読者:199 人 文字数:827字 お気に入り:0人
いちばんに追い詰めたのは、結局誰だったのだろう、と。 今になってそんなことを思う。おそ松の前には眠っているこんこんと眠る弟がいる。無気力で、皮肉屋で、そうして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:緋色 ジャンル:おそ松さん お題:どす黒い火 制限時間:15分 読者:179 人 文字数:550字 お気に入り:0人
帰ってきたら上の2人がイチャついてた。おそ松兄さんはクソ松の膝の上でゲッラゲラ笑い転げてるし、クソ松はなぜ笑われているのかと困惑しながらも必死に股間を隠そうとし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:緋色 ジャンル:おそ松さん お題:鈍い兄 制限時間:15分 読者:162 人 文字数:480字 お気に入り:0人
全く、この兄は。気持ち悪いくらい人の気持ちを察することが出来るくせに、救いようのない程鈍感なのだ。「カラ松〜、チビ太のトコ行こーぜ。」お兄ちゃん大当たりしちゃっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたか そャーす ジャンル:おそ松さん お題:プロの年賀状 制限時間:15分 読者:178 人 文字数:1237字 お気に入り:0人
そこら辺を散歩していた時、たまたま昔馴染みの駄菓子屋さんの前を通ろうとしていたんだけと、店前に並べてある机の上にあるイチゴ味の赤い飴玉に目を惹かれてさ、せっかく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ひいろ ジャンル:おそ松さん お題:昨日の旅行 制限時間:15分 読者:146 人 文字数:625字 お気に入り:0人
「銭湯行くぞー」誰からともなく声がかけられ6人は各々桶に詰め込んだ荷物をもって出た。雨は降っていないが今にも溢れそうな薄暗がりの曇天。ジメジメとまとわりつくよう 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:大人のボーイズ 制限時間:1時間 読者:10 人 文字数:2454字 お気に入り:0人
「大人の雰囲気って、憧れるな…」国木田、太宰、乱歩が事件の調査に出かけ、与謝野、鏡花が買い物に出かけたのどかな昼下がり。全ては、敦のこの独り言から始まった。「ど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:メルクストーリア お題:幸福な場所 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:702字 お気に入り:0人
「そういえば、昨日の件は?」「昨日?」「ほら、エルバスの街で変てこな音がって」「ああ、あれね。いひひ」「無事に解決っていうかー。なんともなかったっていうかー」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バンドリ!ガールズバンドパーティ! お題:消えた流刑地 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:972字 お気に入り:0人
日菜のことを避け続けてきた。いつからだっただろうか。彼女が言うように、昔は、ほんの小さな頃は仲良く遊んでいた気がする。だけど、年の近いきょうだいだったら、多く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:残念な動揺 必須要素:口臭 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:543字 お気に入り:0人
※未完第一部隊が出陣から帰ってきた時、本丸は仲間の声で賑やかだったことにすぐに気づいた。それが剣戟の音もせず、緊迫したものでもなかったから彼らは緊張をほぐして中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:銀魂 お題:商業的な年賀状 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:252字 お気に入り:0人
(学パロ)「今年もよろしくお願いアル!」神楽が挨拶してきた。そうだ、もう今年が終わってしまうのかとふと思う。 神楽と恋仲になり、キスをしてこれ以上のこともしたい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:銀魂 お題:危ない汁 必須要素:ギター 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:209字 お気に入り:0人
私は沖田と付き合っている。今、キスされている。キスされるたびに、どれらとも知れない唾液が口元に垂れる、厭らしい。「んっ…///」思わず甘い声が漏れた。ちらりと目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:せつない作品 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1516字 お気に入り:0人
「はぁ……はぁ……」ここまでくれば大丈夫。たった数分走っただけなのにこんなに息が切れるなんて、ちょっと運動不足でしょうか?装填のために腕立て伏せは欠かしていない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- いちつる お題:それいけ嵐 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:638字 お気に入り:0人
最近弟たちの間で流行っているテレビ番組がある。特撮を模したバラエティ番組らしく、特撮よりお笑い要素があるらしい。いち兄も見ればいいのにとは言われるが、見ていない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!!(腐) お題:闇の海 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:583字 お気に入り:0人
僕と日向は海へ来ている。まだ完全に暖かくない海にだ。なぜだろう、とても…涙が溢れた泣く僕に優しく寄り添う君はとても優しいいい彼氏である。しかしもうさよならしなき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!!【腐】 お題:天才の強奪 必須要素:桃太郎のストーリーを自分流にアレンジ 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:263字 お気に入り:0人
俺は体を壊し、バレーができなくなってしまった。とても悲しい。そのとき、ある天才がいったゆらゆらと夢の中でいった強奪すればいいじゃないかと倒せばいいじゃないかと。 〈続きを読む〉