ジャンル:おそ松さん お題:憧れの交わり 制限時間:15分 読者:166 人 文字数:554字 お気に入り:0人
[削除]

羨ましくて、大好きなんです (数字松)

 猫の餌やりの帰り道、くい、とパーカーの裾を引っ張られる感覚がして、後ろを振り返る。すると、顔を真っ赤にして俯いた一松兄さんが立っていた。自分の黄色のパーカーをギュウと握りしめる。
「なぁに? どうしたの、一松兄さん」
「十四松」
一松兄さんは俯いて下を見たままだから、声が聞き取りづらい。
「十四松は、なんで、そんなにいつも笑っていられんの」
いきなりの兄さんの台詞に一瞬戸惑ってしまう。
「楽しいから、かなぁ?」
素直に答えると、一松兄さんは少しだけ寂しそうな顔をした。
「なぁに? 一松兄さん、なにかあった?」
「いや……お前、さっき猫と会ってたときもそうだったけど、いつも笑ってんなぁって思って」
一松兄さんは、少しモゴモゴと口を動かしたあと、俺は、いつも愛想が足りないって言われるから羨ましい、と小声で続けた。僕はそんな兄さんの言葉に驚く。
「なんでぇ?」
「え、なんでって」
「僕だって一松兄さんのこと羨ましいって思うよ」
「は、こんなゴミのどこが」
自虐に走る兄さんの頬を両手で挟み込み、それ以上言葉を発することができないようにする。
「んっとねぇ、猫が一松兄さんにすげー懐いてるとことか、本当は頭いいとことか、僕に優しいとこ、一松兄さんのぜんぶが大好き!」
「……最後、なんか違くない?」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:海流(かいる) ジャンル:おそ松さん お題:セクシーな狐 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:571字 お気に入り:0人
「おおっエロ本はっけーん! なっ、これよくね?」 おそ松が拾い上げたのは、今時駅にも落ちていないようなボロボロのエロ本だ。はじめに目に入るのは、たわわに実る乳房 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:穴虫 ジャンル:おそ松さん お題:気持ちいいにおい 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:603字 お気に入り:0人
初夏の晴天。平日の昼間に良い年した青い男と黄色い男が、自宅の屋根でくつろいでいる。そばには取り込まれたばかりの洗濯物。母親に「暇なら手伝いなさいクソニート」と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よん@25話チョロおそありがとう ジャンル:おそ松さん お題:気持ちいいにおい 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:398字 お気に入り:1人
チョロ松は家の前に立つと、微かに薫る匂いに近づいた。どうしようもなく、浮き立つような匂いである。はて、と思うが具体的に何と言われてもてんで出てこない。複雑に混 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
兄>弟=魚 ※未完
作者:穴虫 ジャンル:おそ松さん お題:愛、それは兄 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:785字 お気に入り:0人
釣り堀である。いつもの何の変哲もない、今日はデリバリーコントもデリバリーされなさそうな、そんな穏やかな日和の中、おそ松とカラ松が並んで糸を垂らしていた。「ぶっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:穴虫 ジャンル:おそ松さん お題:アブノーマルな駄作 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:389字 お気に入り:0人
酒だ。酒を持ってこい。おそ松が酒浸りのクズのようなことを叫びながらちゃぶ台に突っ伏している。チョロ松は真っ黒なテレビに映った己相手にメンチを切っている。カラ松 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よん@25話チョロおそありがとう ジャンル:おそ松さん お題:汚い惑星 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:610字 お気に入り:0人
惑星間奉仕活動従事の真っ最中である。不法投棄惑星G-031に降り立ったおそ松とチョロ松はスーパーカーボネティックヒバサミとメタポリエステルゴミブクロを手に船外 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よん@25話チョロおそありがとう ジャンル:おそ松さん お題:許されざる小説家たち 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:533字 お気に入り:0人
主人公はとても凄いと思います。何故なら僕にはできないからです。おそ松の率直な気持ちである。率直というのはつまり、夏休みの最後の日にこんな感想文など書いていられる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
食パン ※未完
作者:お墓 ジャンル:おそ松さん お題:腐った耳 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:346字 お気に入り:0人
「ねぇ」「……」「ちょっと」「……」「ねぇって」「……」またか。全くもって面倒。いつもこうだ。目の前で溶けたようにだらしなく寝そべっている赤い背中の、この……な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたか そャーす ジャンル:おそ松さん お題:汚れたむきだし 制限時間:15分 読者:90 人 文字数:331字 お気に入り:1人
肌に触れる冷えた空気に目を覚ましす。布団の隙間から入り込んでくる風は、空いた窓から吹き込んできているようだった。ちらりと時計を見やれば、時刻は2時を示していた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はちこくん ジャンル:おそ松さん お題:苦し紛れの絵画 制限時間:15分 読者:128 人 文字数:472字 お気に入り:1人
一松が蛇口をひねると、肉塊が流れ出てきた。げえっと飛びのいた一松の目の前で、ばたばたと音を立ててシンクに跳ねる赤黒い流動体。これからも今までも水しか通すことが 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
KTKR ※未完
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Zero お題:穢された君 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:470字 お気に入り:0人
男が冷たいコンクリートの上に横たわっている。辛うじてコートを体に巻きつけているその身は古傷や真新しい傷や痣に塗れている。目は散々泣いたのであろう、すっかり腫れぼ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターミリオンライブ お題:煙草と転職 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:400字 お気に入り:0人
「茜、ちょっといいか?」***「プロデューサーをやめることにしたんだ。いきなりでごめんな」プロちゃんはいつもは見せないような真面目な表情で茜ちゃんにそういった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:光の霧 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:2423字 お気に入り:0人
光の霧3年生の修学旅行は、在校生が最も楽しみにしている行事だと言っても過言ではないだろう。氷帝学園の修学旅行は3年次の9月に行われ、行き先はヨーロッパ、オースト 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:弱虫ペダル 東巻東 お題:つらい貯金 必須要素:クリスマス爆破計画 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:343字 お気に入り:0人
オレは数ヵ月前に出来た彼女のためにコツコツと貯金をして、プレゼントを買うつもりだった。しかし、なんと数日前にこのオレがフラれてしまったのだ!そのきっかけは、オレ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:弱虫ペダル 東巻東 お題:免れた百合 必須要素:TOEFL 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:356字 お気に入り:0人
巻ちゃんは英五が得意だ。この間はTOELFで8割を取ったと言っていたな! そんな巻ちゃんがイギリスに留学することを聞いたのは出発の一週間前のことだった。いつもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:寒い罪人 必須要素:時限爆弾 制限時間:2時間 読者:14 人 文字数:1433字 お気に入り:0人
これはとある冬のお話。私と魔理沙は炬燵に入ってのんびりとしていました。なんでもない、ただの1日。ついうとうととしてしまっていた時でした。突然けたたましい音が鼓膜 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:走る人々 必須要素:大道具さん 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:792字 お気に入り:0人
「今日はいい天気だねぇ」「お前、いつもそればっかだな」魔法の森の入り口近く。そこには謎の古道具屋があった。店主の名は森近霖之助。彼は一人で店を開き、生活している 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:黒い同性愛 必須要素:うへへ 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:757字 お気に入り:0人
「すっずちゃ~ん♪いやわりぃね待たせちゃってさ!」「あはは、大丈夫、私も今来たところだから。」東龍学院高等部からほど近い喫茶店。私本居小鈴は、この子、河城にとり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:地獄発言 必須要素:ゴルゴンゾーラ 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:769字 お気に入り:0人
ここは旧地獄。その旧地獄の奥。そこには地霊殿と呼ばれる館が立っていた。「はぁ、今日の晩御飯どうしようかしら」地霊殿の主、古明地さとりは呟いた。「昨日の残り物でい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:うちのトコでは お題:いわゆる曲 制限時間:1時間 読者:36 人 文字数:1501字 お気に入り:0人
上手くもなく、かといって悪目立ちするほどの下手さでもない、いたって平凡なリコーダーの音色にあくびが出る。こっそりしたつもりだったのだが、「眠いなら保健室に戻っ 〈続きを読む〉