ジャンル:テニスの王子様 お題:来年の姫君 制限時間:30分 読者:140 人 文字数:1201字 お気に入り:0人

ココロノキズ(謙光)

静かな放課後の教室。そっと覗いてみると、一人だけ、座っている人がいた。

「財前。」

優しく声を掛けると、顔を上げる少年。

財前光。俺の後輩であり、ダブルスのペアであり、恋人。

「こないなとこまで来て、どないしたんですか。」

財前は俺だと確認すると本に視線を戻す。

色とりどりのピアスと、白い頬。長い睫に縁取られて憂いを含んだ瞳が、本に記された文字を映す。

静かに、文字をなめるように読み進めていく財前の姿に、俺はうつ向く。

ふと、思い出されるのは1ヶ月前の出来事。


俺はあのとき、財前の家に遊びに行った。

それで、それで。俺は嬉しくて、財前とたくさん話した。

けど、俺の言葉が、財前に触れた。

「何で、そないなこと言うんですか。」

「…え?」

「何でそないなこと言うんですかって聞きよるんですっ!!もう謙也さんなんて大っ嫌いっ!はよ帰って!」

財前は、物凄い剣幕で怒鳴ると、俺を部屋から追い出した。

あのあと、白石に聞いた話だと、財前は心にある傷を持っているらしい。

俺は、そんなこと知らずに、無神経に、彼を傷付けた。

あのあと、深く後悔したけど、財前は部活に来なくなった。

俺と組みたくなかったのかもしれない。

俺の顔をみたくなかったのかもしれない。

どちらにせよ財前が部活に来なくなったのは俺のせいだった。

「ごめん、財前。」

俺は、毎日財前の教室に来て、本を読んでいる彼に謝る。

「もう、いいですから。はよ部活に戻ってください。」

これもまた、いつもの返事。財前は本から顔を上げる気配もなく言う。

今までは、俺はこのまま部活に戻った。

でも、今日は違った。

「財前。こっち向いてや。」

そんな俺の言葉に、財前は本にしおりを挟み、こっちを向いた。

黒々とした髪の下から、綺麗で、一切の濁りもない瞳が覗く。

その瞳には、微かに怒りの色が見えた。

「財前。俺、財前のこと考えずに話してしまって、ほんまごめん。」

財前は、俺から目を離さない。財前の瞳に、俺が映る。

「謙也さん。」

財前に声を掛けられ、瞳を財前に向ける。

「何で、泣いとるんすか?」

財前にそう言われて、俺は慌てて目元に手をやる。

ほんのりと温かい涙が、頬を伝っていた。

そんな俺を見て、財前は、ふ、と笑った。

「謙也さん。ずっと怒っててすいませんでした。謙也さんと一緒におれんで、俺、凄い寂しかった。」

財前の頬を、涙が伝う。

「やから、こんな俺でええんやったら、また一緒におってください。」

財前は、真っ直ぐと、こっちを向いた。

俺の返事は、もちろん決まっている。

「俺も、ずっと財前とおりたい。」

俺がそう言うと、財前はふわり、と今までと同じ笑顔を見せた。

財前の瞳にあったはずの怒りの色は、頬を伝っていた涙と共に、零れ落ちて、消えた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:捨て駒 ジャンル:テニスの王子様 お題:男同士の花 制限時間:30分 読者:67 人 文字数:686字 お気に入り:0人
※ジロひよ 芥川さんはたんぽぽのような人だ。 こうして春のあたたかな日を浴びて、草間に紛れるように眠っている姿を見ると特にそう感じる。周りに咲いているたんぽぽも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヨシノ ジャンル:テニスの王子様 お題:今の幻覚 制限時間:30分 読者:236 人 文字数:544字 お気に入り:0人
※喜多室 この室町は幻覚かもしれない。 胸の中でだけで呟いたつもりが口に出ていたらしく、「やめるぞ」という声が聞こえてきて慌てて制止する。「やだやだ、やめないで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぴょんぽん ジャンル:テニスの王子様 お題:素人の小説上達法 制限時間:30分 読者:284 人 文字数:1266字 お気に入り:0人
「あー……」ざんざん降りの外の様子を家路へと急ぐ生徒の声で騒がしい教室の窓から眺める彼は、口から呻きとともに大きなため息を漏らした。雨は嫌いだ。少しの雨なら多少 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぴょんぽん ジャンル:テニスの王子様 お題:許されざる消費者金融 制限時間:30分 読者:199 人 文字数:1295字 お気に入り:0人
消費者金融「山吹」の朝は早い。とはいっても、構成員が構成員なだけに人が集まりだすのはせいぜい昼過ぎなのだが、それに異議を申し立てるとそいつは知らず知らずのうちに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華(もしくは高槻翡翠) ジャンル:テニスの王子様 お題:小さなお茶 制限時間:30分 読者:279 人 文字数:812字 お気に入り:0人
(オリキャラ居ます)【君島従兄妹のある日】「いーくーとーあーそーぼー」オートロック式のマンションで午後四時辺り、わたし、君島玲愛は従兄弟を呼ぶ。従兄の君島育斗は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華(もしくは高槻翡翠) ジャンル:テニスの王子様 お題:重いうどん 制限時間:30分 読者:348 人 文字数:1552字 お気に入り:0人
【夏前のこと】聖ルドルフ学院中等部には寮がある。主にスポーツ特待生が使っている寮だが、寮に所属をしている聖ルドルフ学院三年、男子テニス部所属の観月はじめは苦しん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
イチゴの雨 ※未完
作者:男村@テニミュ行きたい ジャンル:テニスの王子様 お題:素晴らしい秋雨 制限時間:30分 読者:276 人 文字数:1205字 お気に入り:0人
秋に、唐突に学校へやってきたのは聖ルドルフ学院という学校の生徒だった。ひとつ年上の中学三年生。精練された雰囲気をまとったとても美しい人だった。「不二、裕太くんで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はくまい ジャンル:テニスの王子様 お題:小説家たちの衝撃 制限時間:30分 読者:425 人 文字数:1587字 お気に入り:1人
「俺があんたにしてあげられることは何にもないです」 言えば悔しい思いが胸からこみ上げて、窒息しそうになった。 たまたまだ。たまたま。本当に偶然。 謙也が同級生に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華(もしくは高槻翡翠) ジャンル:テニスの王子様 お題:どす黒い姉妹 制限時間:30分 読者:411 人 文字数:632字 お気に入り:0人
【冬の日のこと】聖ルドルフ学院の寮は男女どちらも主にスポーツ関連で集まった者たちがいる。学院はテニスや野球で全国から優秀な選手を集めているのだ。例外としては訳あ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:正しい自動車 制限時間:30分 読者:330 人 文字数:840字 お気に入り:0人
乾先輩を見ていると、小学生の時にやった理科の実験を思い出す。プラスチックと輪ゴムで作った走るミニカー。恐らくゴムの伸び縮みによる力の云々を学ぶ為にあったんだろ 〈続きを読む〉

零緒の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:零緒 ジャンル:テニスの王子様 お題:潔白な宿命 制限時間:30分 読者:104 人 文字数:726字 お気に入り:0人
俺の、宿命。それは、汚い手を使わずに彼を護ることだけ__けれども、俺は抱いてはいけない感情を、彼に抱いてしまった。「謙也さん、おはようございます。」いつものよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:零緒 ジャンル: テニスの王子様 お題:メジャーな吐息 制限時間:30分 読者:137 人 文字数:1019字 お気に入り:0人
「星、綺麗ですね。」七夕の夜、漆黒の布に輝くビーズを散りばめたような、そんな星空を見上げながら、財前光は言った。隣には、お日様のような髪をした忍足謙也が寝そべっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:零緒 ジャンル:テニスの王子様 お題:来年の姫君 制限時間:30分 読者:140 人 文字数:1201字 お気に入り:0人
静かな放課後の教室。そっと覗いてみると、一人だけ、座っている人がいた。「財前。」優しく声を掛けると、顔を上げる少年。財前光。俺の後輩であり、ダブルスのペアであり 〈続きを読む〉