ジャンル:ワールドトリガー お題:愛すべき結婚 制限時間:15分 読者:272 人 文字数:590字 お気に入り:0人

書きたい話のフラグメンツ

(オリキャラ居るよ-)

【結婚とは】

烏丸京介にバイトしないか? と誘われて受けた唐沢リコが行ったのはチャペルが併設された複合施設であった。

「お疲れ様。リコリス」

「おじさんこそ」

唐沢克己を探したら、会場で煙草を吸っていた。
バイトに来たはずだったのにボーダー本部では京介とリコが結婚するらしいという噂が流れて本部が大騒ぎ……はいえ。ボーダー隊員の
一部だけだったが……になったり、会場は会場で結婚式が中止になった。
どうも新郎の方が既婚者だったのに結婚式を挙げるとかになってしまい新婦の方は知らなくて
ソレは不倫ではないのだろうかとなったが新郎の方が既婚者であることを黙っていたようだ。
中止になった結婚式で余った料理はボーダー隊員が美味しくいただいていますになっている。

「俺に関しては別に良いさ。保護者だから」

この手の場に必要なのは調停力であり、唐沢が場をおさめてくれなければややこしいことになっていたし、
バイト代も危なかったが唐沢が介入してくれた。

「結婚しても幸せに慣れないとか言うけど本当なんだ」

「――幸せかどうかは本人次第だろうが今回は男が悪いね」

「おじさんも結婚しないと煩くない?」

「独り身が良いんだ。君を抱えているし」

本当なのか嘘なのかよく分からない態度で唐沢が答える。

「気まぐれ」

そう言ってみれば、唐沢は笑った。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
雨取の部屋 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ワールドトリガー お題:俺のクレジットカード 制限時間:15分 読者:102 人 文字数:256字 お気に入り:0人
期限の切れたばかりのクレジットカード。通帳に判子。何枚もの積み重なった明細書。更新されなくなった部屋には、埃が漂う。「……くそ」大切なもの入れ、と拙い字でそう書 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はとだよ!!! ジャンル:ワールドトリガー お題:楽観的な学校 制限時間:15分 読者:326 人 文字数:696字 お気に入り:0人
「どうでしょうねぇ」 大きなくくりで関西圏、とはいえ、縁もゆかりもない人間が縁もゆかりもない土地に行くのだ。 不安よりは高揚の方が大きいが、存在しないわけではな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ワールドトリガー お題:素晴らしい寒空 制限時間:15分 読者:888 人 文字数:559字 お気に入り:0人
「首を」「まるで、首を、絞めてるみたい、ね」そう、首を絞められている女が言った。「私、が、葉子を」私に首を絞められている女が言った。「違うでしょ」「そ、う?」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はとだよ!!! ジャンル:ワールドトリガー お題:意外な女の子 制限時間:15分 読者:438 人 文字数:958字 お気に入り:0人
くるくると、思わず回ってみる。 くる、くる、くる。 動くたびに布地の多いスカートがふわりと空気をはらんで、ロマンチックに浮いた。アニメみたい、いや、メアリー・ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はとだよ!!! ジャンル:ワールドトリガー お題:魅惑の彼方 制限時間:15分 読者:504 人 文字数:887字 お気に入り:0人
溜息。盛大な溜息が漏れる。「どうしたの? 悩み事?」 聞くよ、と綾辻先輩が微笑みを浮かべながら、紅茶の入ったポットを持ち上げていた。「いえ、いいです……やっぱ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
勉強室にて ※未完
作者:はとだよ!!! ジャンル:ワールドトリガー お題:強い敗北 制限時間:15分 読者:414 人 文字数:607字 お気に入り:0人
「お隣いいですか、藤沢先輩」 頭の上高くから涼やかな声がする。 ノートに埋めるようにしていた顔を上げると、空いた席にはまだ着かず、立ったままこちらを見下ろしてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蚊取り線香 ジャンル:ワールドトリガー お題:綺麗な決別 制限時間:15分 読者:486 人 文字数:731字 お気に入り:0人
あの日、あの人が妙にわかりきった顔をして、俺たちにそれを伝えた日。俺は思ったんだ。ねぇ、二宮さん。あんた、知ってたんじゃないの。あの女が逃げ出すこと、知ってたん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
夏のお誘い ※未完
作者:はとだよ!!! ジャンル:ワールドトリガー お題:阿修羅瞳 制限時間:15分 読者:446 人 文字数:637字 お気に入り:0人
強い日差しが窓を通して入り込んできている。太陽と窓の延長線上にある教科書の端は蛍光灯のように白く光っている。室内を25℃に保とうとしてエアコンが唸っているが、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:抗菌薬 ジャンル:ワールドトリガー お題:鳥の四肢切断 制限時間:15分 読者:512 人 文字数:538字 お気に入り:0人
「嫌いか、夏は」「ああ、嫌いだね」 クーラーの効いた快適な室内で、忌々しいとでもばかりに声色を低くした荒船が顔を顰める。「どいつもこいつも夏になるとやれ海だプー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ワールドトリガー お題:せつない失敗 制限時間:15分 読者:501 人 文字数:287字 お気に入り:0人
昔。飼っていた鳥がいた。誕生日に貰った文鳥だった。鳥籠に入れて、毎日水を変えて餌を与えて。でもある日、籠の鍵を忘れてしまった。鳥は逃げた。翌日、庭に落ちて死んで 〈続きを読む〉

秋月蓮華の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:千銃士 お題:穏やかな病気 必須要素:ラーメン 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:888字 お気に入り:0人
【食べたいものがあるのは正常】ラーメンが食べたい、と僕を古銃から目ざめさせたマスターは言った。見た目は十代後半の少女であるマスターはSF小説を読みながらそう呟い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:黒子のバスケ お題:安い巨人 必須要素:まいたけ 制限時間:4時間 読者:26 人 文字数:1122字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよー)【かつてのこと】帝光中学校の旧校舎の屋上近くを緑間真太郎は訪れていた。近くなのは屋上には鍵がかかっているからだ。屋上近くの踊り場には目的の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:千銃士 お題:どこかの絶望 制限時間:4時間 読者:30 人 文字数:3506字 お気に入り:0人
【ある意味でコレは幸せの話】彼女には絶望がよく似合うとファルは想っている。現に荒廃した街外れの教会を見上げる彼女は美しかった。古銃マスター、レジスタンスに希望を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:千銃士 お題:今年のローン 制限時間:1時間 読者:100 人 文字数:885字 お気に入り:0人
【最優先順位】「ローンが組めたとしても……」僕、エセンが執務室にマスターの様子を見に来ると彼女は執務机に座って考え込んでいた。レジスタンス側の希望であり、僕達貴 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:テニスの王子様 お題:小説の汁 必須要素:哲学的な思想 制限時間:15分 読者:156 人 文字数:742字 お気に入り:0人
(オリ設定キャラが居るよ)【いつものようにぐだぐだと】聖ルドルフ学院男子寮にて不二裕太がリビングルームにやってくると、男子寮の管理人がソファーに座って、小説を読 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:名探偵コナン お題:調和した真実 必須要素:豚肉 制限時間:2時間 読者:173 人 文字数:2386字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよー。夢主は金田一と探偵学園の世界出身)【日常に落とし込んだこと】夕方、勤務地である喫茶ポアロのドアベルが鳴り、客が入っていたことを高遠雪姫は察 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:テニスの王子様 お題:簡単な祖母 必須要素:3000字以上 制限時間:30分 読者:139 人 文字数:923字 お気に入り:0人
(オリ設定キャラ居ます)【お婆ちゃんとの話】「観月くーん、宅配便来とるよ。君の実家から」日曜日の朝、聖ルドルフ学院の男子寮のリビングルームで朝からパンケーキを食 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:刀剣乱舞 お題:裏切りの笑顔 必須要素:3000字以上 制限時間:1時間 読者:121 人 文字数:3342字 お気に入り:0人
【とある宗教の撲滅】明石国行は決意した。必ず、必ず、この宗教は消し去らなければならないと。「……ヒツキさん……」「主、おはようございます」審神者のプライベートス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:しんけん!! お題:緩やかな失踪 必須要素:化粧水 制限時間:2時間 読者:110 人 文字数:1891字 お気に入り:0人
(刀匠いるよー)【緩やかに、緩やかに】斎庭白秋はこの屋敷町では地位としては上位に入るというか、真剣少女のお守り役とも取れる刀匠だ。刀匠ではあるが、真剣少女通しの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:血界戦線 お題:出来損ないの小説家 制限時間:30分 読者:141 人 文字数:1644字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよー)【ライブラのとある日】その日、レオナルド・ウォッチがライブラの執務室に入るとソファーでエルセリーザ・ディライトが仰向けに寝そべりながら小説 〈続きを読む〉