ジャンル:モアナと伝説の海 お題:アブノーマルな失敗 制限時間:30分 読者:306 人 文字数:1277字 お気に入り:0人

【マウモア】奪い攫う魂

人としての生は余りにも短すぎ、半神としての生は終わりが全く見えなかった。
半人半神であるこの体は人間より長生きで丈夫であるのと引き換えに数多の御霊が天に昇るのを見送る。兎角悲しみは感じない。これが人間の暮らしで世界なのだと漠然と受け止めていた。
そんな中、あるきっかけで大勢の人間の中の一人ではなく過ごす時間が長くなるにつれ一人の人間として認識する人間の少女と出会った。
体に刻まれるタトゥーにもなったその少女はとても勇気があり明朗で時折年相応の態度を見せる愛らしい人間の子だった。
その少女が大人になり、伴侶を貰い、子を授かり、天寿を全うする。そんな人間の暮らしでは幸福に位置する人生を歩む少女は終始幸せに満ち。たまに暗礁に乗り上げようが沈むことなく海を渡るその光景は見ていて微笑ましく心があたたかくなる。

はずであるべきだった。

まず彼女の御霊を一度見送った。
気が遠くなるような時の中、幾重にも見てきた光景であったのに胸に違和感を覚えた。相棒も同じなのか自身の胸に手を置き頭を捻るがとんと答えは出てこなかった。
相棒のすぐ近く少女のタトゥーを見れば胸の違和感は消えた。

徐々に人間達の暮らしが変わってきた。
自然とは違う力が生活の一部に加わり、行動する範囲や人間だけで行える範囲が増えた。
だが、人間は自然に対して敬う心を忘れず日々感謝の気持ちを祈り続けていた。
変わり始めた生活に人間達も慣れ始めた時、あの少女の魂を持つ子を見付けた。
海も風も彼女の魂が世界に帰還したことを喜んだ。無論、半人半神である己自身も喜び祝福した。これから先、どんな困難が訪れようとも乗り切れる子になるようにと。
その直後、二度目の彼女の御霊を見送った。
流行り病に臥せ亡くなったというが違う。あれは性質の悪い魔物が呪いを掛け、その御霊を喰らおうとしたからだ。
人間達には分からない。それが分からないから病の所為だとむせび泣いた。
俺は彼女の御霊を捉え喰らおうとした魔物を殺した。たまの昔話をする相手が一人減ったが然程気にすることではない。
胸の違和感は痛みを伴い、彼女のタトゥーを見ても痛みは引くどころかその痛みを増した。



自然主体の暮らしは廃り、無機物がそこら中に蔓延する暮しが当たり前の世界となった。
人間達の生活は随分と様変わりし、快適さ豊かさを得た対価として自然を敬う心を失ってしまった。
空気は澱み、海の水も濁った。体の節々が軋み以前みたく身軽に動けなくなっている気がする。釣り針はまだ扱え、鷹になって人間達の世界を見回ったが誰一人此方に気付く気配は無かった。
石造りの高い塔が立ち並ぶ世界でまた彼女を見付けた。冷たい世界でも彼女は変わらず輝いていてあたたかであった。
無垢な瞳に映る世界は汚らしいどころか全てが輝いて見えるといわんばかりに輝いている。こんな穢れた世界でなお、穢れず清らかな心を魂を持つ彼女。
嗚呼、もう無理だ。また彼女を見送ってしまったら正気でいられる自信がない。
嗚呼、ああ、アア……。




俺はモアナを、その手を、……。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

チクチク目打ちの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ゼルダの伝説 お題:哀れな祝福 制限時間:1時間 読者:45 人 文字数:1126字 お気に入り:0人
そう遠くない、なるかもしれない未来。と、いったところでそれが一体何百年、何千年後なのか、もしかしたらすぐ近い未来なのか、はたまた別次元の過去なのか分からない。皮 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ONE PIECE お題:栄光の殺し 制限時間:30分 読者:90 人 文字数:487字 お気に入り:0人
どこまで本気で、どこまでが冗談なのか。ふざけているとしか思えない行いは常に割り切っていなければ振り回されるのがオチだ。今更ながら掻いた胡坐の中で高いびきをして眠 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:黄色い接吻 制限時間:30分 読者:42 人 文字数:627字 お気に入り:0人
くすみ切った白い夢がひたひた足音を立てやってくる。熱が入り過ぎて役になり切っているのか。それとも別の何かが憑依して体を操り心を支配しているのか。撮影の合間。次の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ポケットモンスターBW2 お題:栄光の殺し 制限時間:30分 読者:55 人 文字数:1226字 お気に入り:0人
朝露滴る緑の絨毯が屋根一面を覆い隠し、朽ちるか朽ちないかの瀬戸際で鬩ぎ合っている石柱の間を潜り抜け、昔は人の活気で賑わっていただろう廃れた町並みを歩く。耳を澄ま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:遠いガール 制限時間:30分 読者:61 人 文字数:604字 お気に入り:1人
白い手袋が頬を包み撫ぜる感触はどちらかと言えば嫌いじゃない。少し毛羽立った布地が耳の縁をなぞる。こそばゆくて首を竦めようとすればその隙間に白い手袋が先回りして肩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:振り向けばそこに深夜 制限時間:1時間 読者:70 人 文字数:908字 お気に入り:1人
足元で蠢いていた黒い靄がビルの感情に共鳴して彼に群がり纏わりついた。憎悪、怒り、果たせなかった無念が糧となり勢いを増した黒い靄が白銀色の衣装を真逆の色で覆い隠す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:約束のネバーランド お題:彼が愛した快楽 制限時間:1時間 読者:53 人 文字数:1109字 お気に入り:0人
変わり映えのない日々、手応えの全くない日々をたった一瞬で塗り替える鮮烈と期待に心が躍る。突如現れた一人の子供。その的確な指示が手緩い狩猟の終わりを告げる。待ち望 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:清い壁 制限時間:30分 読者:90 人 文字数:709字 お気に入り:1人
糞尿が入り混じった汚水の匂いと屍肉が放つ腐臭のブレンドは一度服に染み着いたら中々取れない。触っただけで火傷するネバネバした糸に触れぬよう一定の距離を保つ。一本で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:許されざる夜 制限時間:1時間 読者:66 人 文字数:1154字 お気に入り:0人
27年の休息期間から目覚めた時、まず初めに感じたことは――胸の内に広がる空虚感だった。意識をデリー町中に張り巡らせ隈なく探し回る。募る焦燥感につられ指先が悴み呼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 ストーン・オーシャン お題:恥ずかしいブランド品 制限時間:1時間 読者:63 人 文字数:1293字 お気に入り:0人
鏡に映し出される気合入った格好。首を捻り後方も念入りに確認。鏡に顔を寄せ前髪を撫で整え、更に角度を変え左右もチェック。窓辺から差し込む陽光に照らされキラキラ輝く 〈続きを読む〉