ジャンル:ワールドトリガー お題:ありきたりな顔 制限時間:30分 読者:206 人 文字数:671字 お気に入り:0人
[削除]

流れる未来の少し前※太刀迅





ーー嘘をつくなとお前は言うが、嘘をつきたい気分なんだ。

「悪いな、迅」
得意のサイドエフェクトで何を見たのか。迅の顔はひどく歪んで見えて、何だか無性に触れたくなったが、そんな暇はない。

「太刀川さん」
背を向けると名前を呼ばれる。そのまま聞くが迅は名前を何度も繰り返すだけだ。

「……迅」
覚悟が必要というのなら、それは迅の方だ。
俺はこの先を知らない。迅は知っている。
おそらく迅が知らなければ、迅が自分を見送る状況にはならなかっただろう、と思う。

推測でしかないけれど、迅の視ている世界の俺の状況は厄介そうだ。
迅にとっての悪い未来が確定しているようでつまりそれはこの先ーー。

「……覆してやるから」

「……」

「だから大丈夫だ、迅」

「……くせに」

痛いくせに。


「立っているのだって辛いだろ……!痛くないなんて嘘ついてもその格好で……血まみれで!行かないで、行かないでよ太刀川さん!」

「……珍しいな、迅」
こんな風に迅が声を荒げるなんて、いつ以来だろうか。

「あんた……ちゃんと、聞け!」

「聞いてるだろ?」

「違う!太刀川さん、このままじゃ……」

「馬鹿だなぁ、迅」
今この状況で動けるのは俺しかいないんだろ?

「っ……!」

「だったら素直に任せろ。お前の守りたいもの守ってやるから」
迅が抱え込んでいるのは三門の未来だ。平穏な未来。三門に住むひとりひとりの命を、どうしつか迅は背負っている。

「俺に賭けろ、迅」
いつも通り、笑って見せた。
負ける気はしなかったから。






同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:のどう ジャンル:ワールドトリガー お題:緑の社会 制限時間:30分 読者:138 人 文字数:809字 お気に入り:0人
ここで誰かが産まれるのを、安らかに死ぬのを極力手伝っているだろう、少なくとも、侵略者の襲撃からは。「息をしやすいまちを造っているに過ぎないんだ」歩きながら、迅が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:赤松@WT妄想垢 ジャンル:ワールドトリガー お題:計算ずくめの液体 制限時間:30分 読者:297 人 文字数:752字 お気に入り:0人
「飲んでください」 疲れがとれますから、と出された飲み物の真意を知った上で、飲み干す自分も相手と同じくらいたちが悪いと冬島は思った。※「ごめんね、ハルちゃん」く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
くじの結果※ ※未完
作者:赤松@WT妄想垢 ジャンル:ワールドトリガー お題:最強の犯人 制限時間:30分 読者:313 人 文字数:387字 お気に入り:0人
「うっわぁよりにもよって残った二人が……」「ようやく面白くなってきた」 冬島と太刀川はそれぞれ目の前に与えられた課題に対し呟いた。前者はため息をつきながら、後者 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:赤松@WT妄想垢 ジャンル:ワールドトリガー お題:コーヒーと母性 制限時間:30分 読者:264 人 文字数:612字 お気に入り:0人
砂糖を多めでと言われたから、ああ本当に限界なんだなと思ってしまった。「甘ったるいです」右手の書類を離さないまま、左手に持ったマグカップを傾けた東は眉を寄せる。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蚊取り線香 ジャンル:ワールドトリガー お題:知らぬ間の風邪 制限時間:30分 読者:441 人 文字数:1026字 お気に入り:0人
「……何故、こんなことをした?」東は静かに尋ねた。向かいに座るのは一人の少年。「すいませんって、反省しましたって、俺も三輪も」「何故、と俺は聞いているんだ」東は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
新評価 ※未完
作者:-10 ジャンル:ワールドトリガー お題:春の秀才 制限時間:30分 読者:233 人 文字数:454字 お気に入り:0人
※犬飼夢(というより犬+モブ)注意※「犬飼ってさ、自分のこと天才だと思ったことある?」桜の花びらがたまに通りかかる窓際の席でミルクティーを混ぜながら問いかけた質 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しんどい ジャンル:ワールドトリガー お題:許せない船 制限時間:30分 読者:538 人 文字数:1680字 お気に入り:0人
ぼくは遠征艇が許せない。 当真先輩がぶつぶつぼやくように狭いのもあるし、冬島さんみたいに三半規管がぐらぐらするのもあるけれど、それ以外にも理由はある。 小さな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:メルティGO~減量の旅 ジャンル:ワールドトリガー お題:愛と憎しみの団欒 制限時間:30分 読者:313 人 文字数:786字 お気に入り:0人
何でもない、ただの飲み会だ。私はそう自分に言い聞かせながらジョッキに残ったビールを飲み干した。斜め向かいでは、かなり気分が良くなっている忍田本部長と城戸司令が談 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:灯千鶴@鏡花さんお待ちしてる ジャンル:ワールドトリガー お題:神の罰 制限時間:30分 読者:311 人 文字数:1034字 お気に入り:0人
遠征に行っていたという艇が戻ってくる。じきに星の命も尽きようというときに、と思うが、だからこそ、であろうか。国内にそれらしい候補が居ないから植民地と玄界を回って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みこと ジャンル:ワールドトリガー お題:戦争と修道女 制限時間:30分 読者:396 人 文字数:795字 お気に入り:0人
一緒に逃げよう。迅は気まぐれにそう誘いかけた。相手は、三輪秀次は答えた。「それはできない」と。いつ?なぜ?なにから?どこへ?どうやって?それらの疑問詞を三輪は使 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪とアルケミスト お題:アブノーマルなテロリスト 必須要素:谷崎潤一郎 制限時間:1時間 読者:37 人 文字数:3262字 お気に入り:0人
しなやかな肩に零れる男の銀髪。澄んだ冬の闇をその光でじわりと濁らせているかのような、憂鬱な輝きを帯びていた。 帝国図書館に設えられた常緑の庭園。ロココ調のガー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Bloody Chain お題:贖罪のエデン 制限時間:1時間 読者:32 人 文字数:2651字 お気に入り:0人
――たとえば、ありえたかもしれない未来の話。「ここにいたのか」感情の篭らない声が響く。いや、ぽつりと落とされたのかもしれない。ただ黒崎冬至の耳には、それはまるで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未完 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ペルソナ5 お題:安全な世界 必須要素:スラム街 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:261字 お気に入り:0人
そこに入ったのは、事故みたいなものだった。メメントスを探索中、怪しげな空間を見つけて侵入した。いつものように小部屋にターゲットがいるのかと思ったが、なんとパレス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 掘安 お題:青い血痕 制限時間:1時間 読者:18 人 文字数:3912字 お気に入り:0人
注意※腐向け※堀→安←清です※審神者がクズ※安定くんが情緒不安定だし壊れてます※題名通り、救いのない話※審神者殺害描写あり※審神者が刀を殺害してます※読み手を選 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
君の幸せを ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 掘安 お題:黒い瞳 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:957字 お気に入り:0人
君の幸せを※刀剣破壊描写あり。彼が好きだった。彼の瞳が愛しかった。彼に生きてほしいと思った。それは僕の我儘だった。ただ、彼の隣にいたかった。「ごめんね。堀川くん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:薄汚いダンス 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:1350字 お気に入り:0人
ひどいにおいだ。レミリア・スカーレットはそうひとりごちる。自分も吸血鬼などと呼ばれてはいるが、やはりやつらとは別種の存在なのだろう、こんな汚い環境は我々の趣味と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:黒子のバスケ お題:孤独な強奪 必須要素:パーカー 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:649字 お気に入り:0人
【緑高】緑間の部屋に上がるのはこれで何度目だろう初めから数えてはいないが、とうとう数がわからなくなるくらい、ここに来ていることになるだが、その多くはテスト勉強で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪失格 お題:魅惑の喪失 必須要素:しゃっくり 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:960字 お気に入り:0人
今日も天国は平和であってほしいと文豪達から願われていた。しかしそんな考えはすぐにまた始まったにかわる。「ひっく!ヒック!これがヒックとまらなきゃヒック僕の声の魅 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
静かな鳥 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:リヴァペト お題:地獄のガール 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:317字 お気に入り:0人
薄れゆく意識の中で、鳥の羽ばたく音がした。キラキラと光る黒いそれは、高く昇っていく。「待って、私も一緒にーーー」自分の声が頭に響いて驚いた。辺りは暗い自室だっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:トランスフォーマー お題:僕の交わり 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:255字 お気に入り:0人
俺という存在を肯定してもらいたかった。ただそれだけだったのかもしれない。大きな手違いもあったが、ようやくここまで来ることができた。俺——サイクロナスは、認めて 〈続きを読む〉