ジャンル:ワールドトリガー お題:ありきたりな顔 制限時間:30分 読者:750 人 文字数:671字 お気に入り:0人
[削除]

流れる未来の少し前※太刀迅





ーー嘘をつくなとお前は言うが、嘘をつきたい気分なんだ。

「悪いな、迅」
得意のサイドエフェクトで何を見たのか。迅の顔はひどく歪んで見えて、何だか無性に触れたくなったが、そんな暇はない。

「太刀川さん」
背を向けると名前を呼ばれる。そのまま聞くが迅は名前を何度も繰り返すだけだ。

「……迅」
覚悟が必要というのなら、それは迅の方だ。
俺はこの先を知らない。迅は知っている。
おそらく迅が知らなければ、迅が自分を見送る状況にはならなかっただろう、と思う。

推測でしかないけれど、迅の視ている世界の俺の状況は厄介そうだ。
迅にとっての悪い未来が確定しているようでつまりそれはこの先ーー。

「……覆してやるから」

「……」

「だから大丈夫だ、迅」

「……くせに」

痛いくせに。


「立っているのだって辛いだろ……!痛くないなんて嘘ついてもその格好で……血まみれで!行かないで、行かないでよ太刀川さん!」

「……珍しいな、迅」
こんな風に迅が声を荒げるなんて、いつ以来だろうか。

「あんた……ちゃんと、聞け!」

「聞いてるだろ?」

「違う!太刀川さん、このままじゃ……」

「馬鹿だなぁ、迅」
今この状況で動けるのは俺しかいないんだろ?

「っ……!」

「だったら素直に任せろ。お前の守りたいもの守ってやるから」
迅が抱え込んでいるのは三門の未来だ。平穏な未来。三門に住むひとりひとりの命を、どうしつか迅は背負っている。

「俺に賭けろ、迅」
いつも通り、笑って見せた。
負ける気はしなかったから。






同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ニューイヤーメルティ ジャンル:ワールドトリガー お題:遠いサッカー 制限時間:30分 読者:97 人 文字数:456字 お気に入り:0人
渋谷にはもうたくさんのサポーターが集まっています!青いユニフォームを着た若いレポーターが蒸気した顔で陽々と伝える画面。やっと重い腰を上げるきっかけができた、と息 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のどう ジャンル:ワールドトリガー お題:緑の社会 制限時間:30分 読者:330 人 文字数:809字 お気に入り:0人
ここで誰かが産まれるのを、安らかに死ぬのを極力手伝っているだろう、少なくとも、侵略者の襲撃からは。「息をしやすいまちを造っているに過ぎないんだ」歩きながら、迅が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:赤松@WT妄想垢 ジャンル:ワールドトリガー お題:計算ずくめの液体 制限時間:30分 読者:484 人 文字数:752字 お気に入り:0人
「飲んでください」 疲れがとれますから、と出された飲み物の真意を知った上で、飲み干す自分も相手と同じくらいたちが悪いと冬島は思った。※「ごめんね、ハルちゃん」く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
くじの結果※ ※未完
作者:赤松@WT妄想垢 ジャンル:ワールドトリガー お題:最強の犯人 制限時間:30分 読者:466 人 文字数:387字 お気に入り:0人
「うっわぁよりにもよって残った二人が……」「ようやく面白くなってきた」 冬島と太刀川はそれぞれ目の前に与えられた課題に対し呟いた。前者はため息をつきながら、後者 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:赤松@WT妄想垢 ジャンル:ワールドトリガー お題:コーヒーと母性 制限時間:30分 読者:425 人 文字数:612字 お気に入り:0人
砂糖を多めでと言われたから、ああ本当に限界なんだなと思ってしまった。「甘ったるいです」右手の書類を離さないまま、左手に持ったマグカップを傾けた東は眉を寄せる。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蚊取り線香 ジャンル:ワールドトリガー お題:知らぬ間の風邪 制限時間:30分 読者:678 人 文字数:1026字 お気に入り:0人
「……何故、こんなことをした?」東は静かに尋ねた。向かいに座るのは一人の少年。「すいませんって、反省しましたって、俺も三輪も」「何故、と俺は聞いているんだ」東は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
新評価 ※未完
作者:-10 ジャンル:ワールドトリガー お題:春の秀才 制限時間:30分 読者:361 人 文字数:454字 お気に入り:0人
※犬飼夢(というより犬+モブ)注意※「犬飼ってさ、自分のこと天才だと思ったことある?」桜の花びらがたまに通りかかる窓際の席でミルクティーを混ぜながら問いかけた質 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しんどい ジャンル:ワールドトリガー お題:許せない船 制限時間:30分 読者:846 人 文字数:1680字 お気に入り:0人
ぼくは遠征艇が許せない。 当真先輩がぶつぶつぼやくように狭いのもあるし、冬島さんみたいに三半規管がぐらぐらするのもあるけれど、それ以外にも理由はある。 小さな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ニューイヤーメルティ ジャンル:ワールドトリガー お題:愛と憎しみの団欒 制限時間:30分 読者:445 人 文字数:786字 お気に入り:0人
何でもない、ただの飲み会だ。私はそう自分に言い聞かせながらジョッキに残ったビールを飲み干した。斜め向かいでは、かなり気分が良くなっている忍田本部長と城戸司令が談 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:ワールドトリガー お題:神の罰 制限時間:30分 読者:467 人 文字数:1034字 お気に入り:0人
遠征に行っていたという艇が戻ってくる。じきに星の命も尽きようというときに、と思うが、だからこそ、であろうか。国内にそれらしい候補が居ないから植民地と玄界を回って 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターSideM お題:私が愛した人々 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1073字 お気に入り:0人
冷たい手だった。薄れゆく熱の悲しさは何度経験しても慣れることはなく、それでも、ただ気丈に唇を引き締める。とっくのとうに手遅れだったことはお互いわかっていて、それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ウルトラマンジード お題:緩やかなパソコン 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:834字 お気に入り:0人
「リク、どうしたの? それ」「拾った。何かに使えないかなって……」そう言い、リクはその画面に視線を落とす。画面には、完全に皹が入ってしまっている。使い物にはなら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゼノブレイド2 お題:小さな悪意 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:535字 お気に入り:0人
「…………はぁ」銀髪の少年は、グーラのとある町外れでうなだれていた。その手の中にはやや形の悪いヒートオレンジが収まっていて、彼はそれをただぼんやりと眺めているば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:青春鉄道 お題:限界を超えた魚 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:484字 お気に入り:0人
『先輩ー……これ』まな板にのせられたそれに、上官たる我が後輩は『うへぇ……』といって顔を顰めた。『越後がとってきたんだよ。寺泊で。今日のつまみだ。』『だからって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:限界を超えた魚 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:417字 お気に入り:0人
橋を歩いている……魚影が過る。それもかなりの大きさだ。大きい魚代表のイルカやクジラは哺乳類だった気がするけど、あの大きさは、その手の哺乳類かもしれない。魚類の限 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゴールデンカムイ 金カム お題:失敗の時雨 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:355字 お気に入り:0人
重く土のような匂いが先程までの喧騒を覆い隠す。強くはなく、しとしとと肌を湿らすような雨だ。簡単に言えば、任務に失敗した。眠れなくともその体を寝袋に入れておけばよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:同性愛の絵画 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1057字 お気に入り:0人
「これは見てはいけないやつだ…」加州清光は僅かに震えながら呟いた。親切心だった。いつもなんだかんだ世話になっている初期刀殿がなにやら疲れた顔をしていて、主に聞け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:吸血鬼すぐ死ぬ お題:くさい何でも屋 必須要素:ホモ 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1149字 お気に入り:0人
新横浜には少し変わった何でも屋がいる。『臭いものにはなんでも蓋をする』略して『くさい何でも屋』だ。正直、これには少し語弊があるかと思う。しかし、当の本人は気に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 狛日 お題:穢された水 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:607字 お気に入り:0人
「日向クン」名前を呼んでも返事がない名前を呼べば振り向いて眩しい笑顔で返事をしてくれる日向クンはいない絶望的だ。この世の中も、なにもかもキミがいないならどうでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:青い血液 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:371字 お気に入り:0人
それは、突然訪れた。前置きも、脈絡もなく、本当に唐突に。 風の噂で聞いたことがある。なんらかの影響で普通ではない特徴を持って顕現してしまう刀がいるらしい。例え 〈続きを読む〉