ジャンル:テニスの王子様 お題:傷だらけの屍 必須要素:リアルな描写 制限時間:30分 読者:133 人 文字数:890字 お気に入り:0人

つづきたい

 この歳になると、若くて顔の可愛い歌姫の猫の悲鳴みたいな声に、簡単に魂を揺さぶられたりしない。
 全米が泣いた映画に涙が一粒も浮かばないこともあるし、ドラマの最終回の大団円に笑い出してしまうこともある。現実はそんなうまいこといかんやろ、なんて独り言付きで。

「俺、年々心が死んでるんすかねぇ」
 と、腐れ縁の先輩にいったとき、財前は丁度ホラーゲームをしていた。ゾンビが出てくる、つい最近発売されたものだった。腐れ縁の先輩、忍足謙也の部屋の広くて薄いテレビの画面に映し出される、リアルで大層グロテスクな傷だらけのゾンビたち。その眉間を迷うことなく打ち抜きながら、財前は呟く。
「感動とか、そういうのがどんどん苦手になってって」
「ふうん」
「泣くとか怒るとか、もーめんどいっちゅうか」
「へー……あっ! おっまえ、それはズルいやろ!」
「あーも、謙也さん下手すぎ」
 中学の頃から、途中で何度か連絡が途絶えたりはしたものの、それなりの付き合いを続けつつ十年ほど。いつのまにか家族の次に親しいとさえ思える相手。人に心を開くことがあまり得意ではない財前が、決して他人には言わないであろう悩みを話しても、いつも相槌が上の空。どこかぼんやりとしている彼のことが、財前は結構気に入っていた。親身になられ過ぎるのは苦手だ。それはそもそも財前の人生においてまぁまぁの課題で、どうやら人並み以上に優れているらしい財前の容姿のせいか、それとも付き合いの悪さが醸し出すミステリアスな雰囲気のせいか、財前の“気軽な悩み”は必要以上に重たくとらえられることが多かった。
 そんななかで謙也のこの聞くともないふわふわとした相槌はなんとも心地良い。夜な夜な謙也の部屋へ押しかけてはゲームをして、愚痴を言い、眠たくなったら眠り、起きてまた仕事へ。
 互いに良い歳になってきて、そろそろ彼に甘える生活をすべきではないと財前も薄々気が付いている。だが、謙也が変わらない笑顔で財前を迎えてくれて、「お前がおらなゲーム先に進めへんわ」なんて言ってくれるから、つい甘えてしまう。他の相手には言えないことが謙也には言える。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:マンネリな動機 必須要素:リアルな描写 制限時間:30分 読者:591 人 文字数:731字 お気に入り:0人
最近の氷帝はどうも退屈だ。。部活もな。。確実に、俺が入学するってときに比べたらつまんねえと思うんだ。。あれだよ。刺激がねえ。今日もまた昨日と変わらねえ1日になる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:捨て駒 ジャンル:テニスの王子様 お題:男同士の花 制限時間:30分 読者:69 人 文字数:686字 お気に入り:0人
※ジロひよ 芥川さんはたんぽぽのような人だ。 こうして春のあたたかな日を浴びて、草間に紛れるように眠っている姿を見ると特にそう感じる。周りに咲いているたんぽぽも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:零緒 ジャンル:テニスの王子様 お題:潔白な宿命 制限時間:30分 読者:105 人 文字数:726字 お気に入り:0人
俺の、宿命。それは、汚い手を使わずに彼を護ることだけ__けれども、俺は抱いてはいけない感情を、彼に抱いてしまった。「謙也さん、おはようございます。」いつものよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:零緒 ジャンル:テニスの王子様 お題:来年の姫君 制限時間:30分 読者:142 人 文字数:1201字 お気に入り:0人
静かな放課後の教室。そっと覗いてみると、一人だけ、座っている人がいた。「財前。」優しく声を掛けると、顔を上げる少年。財前光。俺の後輩であり、ダブルスのペアであり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヨシノ ジャンル:テニスの王子様 お題:今の幻覚 制限時間:30分 読者:240 人 文字数:544字 お気に入り:0人
※喜多室 この室町は幻覚かもしれない。 胸の中でだけで呟いたつもりが口に出ていたらしく、「やめるぞ」という声が聞こえてきて慌てて制止する。「やだやだ、やめないで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぴょんぽん ジャンル:テニスの王子様 お題:素人の小説上達法 制限時間:30分 読者:286 人 文字数:1266字 お気に入り:0人
「あー……」ざんざん降りの外の様子を家路へと急ぐ生徒の声で騒がしい教室の窓から眺める彼は、口から呻きとともに大きなため息を漏らした。雨は嫌いだ。少しの雨なら多少 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぴょんぽん ジャンル:テニスの王子様 お題:許されざる消費者金融 制限時間:30分 読者:202 人 文字数:1295字 お気に入り:0人
消費者金融「山吹」の朝は早い。とはいっても、構成員が構成員なだけに人が集まりだすのはせいぜい昼過ぎなのだが、それに異議を申し立てるとそいつは知らず知らずのうちに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華(もしくは高槻翡翠) ジャンル:テニスの王子様 お題:小さなお茶 制限時間:30分 読者:282 人 文字数:812字 お気に入り:0人
(オリキャラ居ます)【君島従兄妹のある日】「いーくーとーあーそーぼー」オートロック式のマンションで午後四時辺り、わたし、君島玲愛は従兄弟を呼ぶ。従兄の君島育斗は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華(もしくは高槻翡翠) ジャンル:テニスの王子様 お題:重いうどん 制限時間:30分 読者:350 人 文字数:1552字 お気に入り:0人
【夏前のこと】聖ルドルフ学院中等部には寮がある。主にスポーツ特待生が使っている寮だが、寮に所属をしている聖ルドルフ学院三年、男子テニス部所属の観月はじめは苦しん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華(もしくは高槻翡翠) ジャンル:テニスの王子様 お題:かっこいい挫折 必須要素:頭痛 制限時間:30分 読者:269 人 文字数:256字 お気に入り:0人
【ある寮の日】聖ルドルフ学院中等部男士学生寮、不二裕太がリビングルームに来るとそこにはジグソーパズルのパネルがいくつかとジグソーパズルの箱が置かれていた。置いて 〈続きを読む〉

はくまいの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:はくまい ジャンル:テニスの王子様 お題:傷だらけの屍 必須要素:リアルな描写 制限時間:30分 読者:133 人 文字数:890字 お気に入り:0人
この歳になると、若くて顔の可愛い歌姫の猫の悲鳴みたいな声に、簡単に魂を揺さぶられたりしない。 全米が泣いた映画に涙が一粒も浮かばないこともあるし、ドラマの最終 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はくまい ジャンル:テニスの王子様 お題:消えた世界 必須要素:ツイート 制限時間:15分 読者:143 人 文字数:1071字 お気に入り:0人
さよなら、謙也さん 1分前 このツイートは削除されました財前とそもそも、そういう関係になったのは謙也の人生において最大の謎だった。初めて関係をもったのは、だれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はくまい ジャンル:テニスの王子様 お題:どうあがいても部屋 必須要素:コーヒー牛乳 制限時間:30分 読者:244 人 文字数:1328字 お気に入り:0人
「なぁ、どっか出かけようや」「えー……」 1月3日、正午をすこし過ぎたころ。こたつにくるまりコーヒー牛乳を飲む財前に、謙也は何度目かの台詞を投げる。「どこ行って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はくまい ジャンル:テニスの王子様 お題:彼の策略 必須要素:ゲ○ 制限時間:30分 読者:261 人 文字数:1625字 お気に入り:0人
たとえば汚い手とか、意地の悪い方法とか、そんなことをしてまで何かを手に入れる必要はないなんてきれいごとを言うやつがいたとする。きっとそいつの言い分としては、相 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はくまい ジャンル:テニスの王子様 お題:臆病な悪魔 制限時間:15分 読者:362 人 文字数:953字 お気に入り:1人
「謙也さん、よぉ聞いてください」 その夜、いつもの隠し扉から現れた財前は、真っ青な顔をしてそう言った。 厳格な医師の家系の跡取りである謙也と、まだ軍学校を出たば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はくまい ジャンル:テニスの王子様 お題:小説家たちの衝撃 制限時間:30分 読者:426 人 文字数:1587字 お気に入り:1人
「俺があんたにしてあげられることは何にもないです」 言えば悔しい思いが胸からこみ上げて、窒息しそうになった。 たまたまだ。たまたま。本当に偶然。 謙也が同級生に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はくまい ジャンル:テニスの王子様 お題:小説家たちの小説 必須要素:男使用不可 制限時間:30分 読者:335 人 文字数:1457字 お気に入り:0人
図書室で一人、財前が本を読んでいる姿が謙也は少し、苦手だった。 財前はたいてい、図書室のカウンターに座り俯いて何かを読んでいる。それは純文学であったり、英語の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はくまい ジャンル:テニスの王子様 お題:マンネリな不動産 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:378 人 文字数:1047字 お気に入り:0人
あっ、これって倦怠期? 謙也が思ったのは、朝から財前がヘッドホンを外さないまま雑誌を眺めているのをみたときだった。 そういえば今朝から彼と話していない。ふたり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はくまい ジャンル:テニスの王子様 お題:破天荒な冤罪 必須要素:ウイスキー 制限時間:30分 読者:418 人 文字数:1081字 お気に入り:1人
ジャズバーなんて洒落たところ、一生縁がないと思っていた。 きっかけは同僚に連れていかれた所。 ヨコハマのジャズバー、なんて謙也にとっては記号的でしかない洒落た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はくまい ジャンル:テニスの王子様 お題:穏やかな馬鹿 必須要素:書類 制限時間:30分 読者:589 人 文字数:1615字 お気に入り:0人
俺の名前は2年7組、モブ山モブ男。割合自分でもイケメンやと思う。陸上部に所属しとって、まぁ、なかなか期待されているエース選手でもある。正確も結構悪くない感じ、 〈続きを読む〉