ジャンル:アイドリッシュセブン お題:くだらない悲しみ 制限時間:30分 読者:149 人 文字数:1380字 お気に入り:1人

終わりよければ、さあ、デート!

 冷蔵庫のケーキが消えた。
 そんな事件は何気なく日常的にありえる話で、きっとこの日本でも、東京に絞ったとしても、あちらこちらで頻発していることなのだろう。
 けれどよそはよそ、うちはうち。そして、自分としてはこのケーキを何よりも楽しみにしていた。毎日毎日アイドルとして身を粉にする日々のささやかな癒しとしていた甘味を、果たして誰が奪ったのだろう。
 ――なんて、そんなもの実は考えなくてもわかることなのだ。だってこの家に自分以外の家人は1人しかいないんだもの。
 おおよそ、否、確定的な目星をつけたわたしは心なしか足音を激しくしながら廊下を進んでゆく。つきあたり、左手にあるドアの向こうにその犯人はいるだろう。
 フローリングをどかどかと進み、乱暴なノックの音を響かせる。先程も言ったとおりこの家に住むのはわたしたち2人だけ、つまり無音の家に叩きつけるようなノックの音は大げさに響いてしまうのだった。
 わたしの様子がおかしいことに気がついたのだろうか、ほんの少し慌てたような様子で扉が開かれる。顔を出した同居人――一織は焦ったようにわたしの顔を見た。
「どうしたんです」
「どうしたもこうしたもない!」
「言ってくれないとわか――」
「わたしのケーキ食べたでしょう!」
 ごす、と一織のみぞおち付近にスプーンを握りしめたままの右手を突きつける。ぐふ、と無様な声を出して崩れ落ちた一織を見下ろしながら、わたしはふんと鼻を鳴らした。
「楽しみにしてたのに……」
 わたしが踵を返そうとすると、背中を丸めたままもぞもぞ動いていた一織が静止の声を投げかけてくる。待ってください、絞り出すようなその声を無視できないのは、まさしく惚れた弱みなのだろうな。
「なに……」
「私は食べてません」
「はぁ!? じゃあなんでないの、オバケのせいにでもしたいわけ? みみっちいな」
「人の話は最後まで聞いてくださいよ」
 そういうところ弟さんにそっくりですよ、そう言いながら一織はよろよろと立ち上がる。ひとつ小さな咳払いをしてわたしの腕を掴んだ。逃げないように、とでも言いたいのだろうか。
「食べたのは私じゃないです。でも、その原因をつくったのは私ですね」
「…………」
「差し上げたんです。あなたの弟さんに」
 どこかバツの悪そうな語り口。わたしは目を見開いた。どういうこと、そう尋ねれば、言いづらそうに続ける。
「昨日、仕事の帰りにうちへ寄ってもらったんですよ。何もお出ししないのは無作法だと思ったので、無断で拝借しました。すみません」
「それならひと言くれればいいのに」
「……本当は、今日のうちに新しいのを買いに行こうと思っていたんですけど」
 あなたが予想外にオフだったので――とまで言って口ごもる一織。なあに、と続きを促せば、照れたように微笑みながら言った。
「どうせなら、2人で出かけるのもいいかな、と。そのときにケーキでも何でも奢ろうと思っていたんです」
 ダメですか?
 いつの間にか、わたしの腕を掴んでいた手は離れている。代わりにわたしの手のひらをそっと取る、その指先はひどく気づかわしげだ。
「……ダメなわけないじゃない」
 キミのその顔に弱いって知ってるくせにね。
 ――どちらにしろもっと早く言ってよ、なんて、それも憎まれ口に取られてしまうのだろうな。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:左の私 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:1643字 お気に入り:0人
指定席。僕がここにいていいのだという、印。現実にはそんな便利なものはなくて、いつでも探し回っている気がした。気が付けば、案外思いもかけずに手にしているのに。「壮 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:苦し紛れの国 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1533字 お気に入り:0人
まさか、こうして酒を酌み交わすことになるとは思わなかったけど、それは俺にとってとても、嬉しいことで。…そして、何より。「本当に、お礼が言えるようになって嬉しいよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:記憶の粉雪 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:1331字 お気に入り:0人
ほとんど、後ろ姿しか見ていなかった気がする。あとは、ゆっくりと語る母親の口調。後から見る、姿。俺が直接見たものは、自分の心境のおかげか、断片的なものでしかない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:強い別居 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:1528字 お気に入り:0人
たくさんの煽り文句で、俺は形容されてきた。ただ、それはあくまでも作られた俺へのものであって。本来の、素のままの俺に付ける煽り文句としたら…何があるんだろうか。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:失敗の熱帯魚 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:1434字 お気に入り:0人
ぼーっと何を見るわけでもなくチャンネルを送り、ソファでくつろぐ。のんびりするのがオフの過ごし方ってなもんで、基本は何もしないに限る。ビールの時間には早すぎる(と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:未熟なわずらい 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:1602字 お気に入り:0人
子ども扱いされているのは十分わかっているけれど。頑張って背伸びしても、相手はどんどんと先に行ってしまうから。子供みたいに我がまま言って、引き留めるくらいしか、な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:悔しい男 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:1439字 お気に入り:0人
夢に見たものが、寸前で途切れる瞬間を見た。暗闇に投げうたれた俺は、その暗闇の中でまだ光り輝く何かを求めて、必死にもがいていた気がする。「よし。あとはスケジュール 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:宿命のもこもこ 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1358字 お気に入り:0人
正直、他人と関わるのは好きじゃない。自分の好きなように解釈して、すり寄ってきたり、怒ったり、泣いたり。僕がしたいことを阻害していく他人は、僕にとって邪魔にしかな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:希望の交わり 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:1541字 お気に入り:0人
猪突猛進だって、昔からよく言われていた。でも、オレはあの時の決断を後悔なんてしていないし、今こうして見ている景色は、あの時の決断がなければ絶対なかったものだから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:あいつの笑顔 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:1832字 お気に入り:0人
皆さんを支えるのが、私のお仕事です。けれど、私は皆さんに支えられてばっかりで…。きちんと、皆さんに頼っていただける、一人前のマネージャーになりたいんです。「おは 〈続きを読む〉

ネップリしてるタイプのあけうちの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:ネップリしてるタイプのあけうち ジャンル:アイドリッシュセブン お題:僕とあいつ 制限時間:30分 読者:138 人 文字数:1131字 お気に入り:0人
※いおてん あの子のことは――和泉一織という少年のことは、あまり好きじゃないはずだった。 ことあるごとに突っかかってきて、何かあると口を出してきて、まるで重箱の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ネップリしてるタイプのあけうち ジャンル:アイドリッシュセブン お題:愛の故郷 制限時間:30分 読者:126 人 文字数:1383字 お気に入り:0人
※いおてん♀ 彼らと関わることが増えて、親睦を深めて、変わったことはいくつもあった。 それはおのれの在り方であったり、仲間との関係性であったり、かけがえない「友 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ネップリしてるタイプのあけうち ジャンル:アイドリッシュセブン お題:早すぎた魚 制限時間:30分 読者:141 人 文字数:1205字 お気に入り:1人
※同棲してるみつてん♀「あつい……」 空っぽになったコップを片手に携え、わたしは静まり返った廊下を進んでゆく。 フローリングのうえをスリッパでぺたぺたと歩き、ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ネップリしてるタイプのあけうち ジャンル:アイドリッシュセブン お題:くだらない悲しみ 制限時間:30分 読者:149 人 文字数:1380字 お気に入り:1人
冷蔵庫のケーキが消えた。 そんな事件は何気なく日常的にありえる話で、きっとこの日本でも、東京に絞ったとしても、あちらこちらで頻発していることなのだろう。 けれ 〈続きを読む〉