ジャンル:黒子のバスケ お題:やわらかい広告 制限時間:15分 読者:178 人 文字数:1146字 お気に入り:0人

目立つ場所につけましょう(緑赤)

ジャバウォックとリベンジマッチをする時のチームに加わってほしいと連絡を受けた時、間髪あけずに承諾した俺が二言目に告げたのは他に誰を呼ぶのかということだった。厳密には一人の男の参加についてだ。そう、遠距離恋愛をしている恋人、緑間真太郎だ。

緑間ほどの優れたシューターとなれば当然声がかかっており、また百々で練習を行う一週間は景虎が用意した宿舎に全員で泊まると聞いた時には思わず笑みを浮かべたほどだ。
練習は大事だ。
それは言うまでもないことだ。
だが年相応な健全な肉体をもつ男子高校生たるもの、恋人を前にしてなに思わずにいられるわけがない。

「抱くわけがないだろう、なにを言っているのだよお前は」

ダメもとでエッチしたいと緑間に持ちかけた結果は惨敗だった。少し手や口でするだけ、というのも却下。緑間いわく歯止めが利かなくなるから、と変なところで自信満々に言われてしまっては俺もそれ以上はねだれなかった。

「わかった。赤司、ではキスにしよう。それならいいだろう」
「ほんと!?」

珍しい緑間からの提案に俺は嬉々として頷いた。それから俺たちは毎晩、寝る前にこっそりキスをした。唇に、額に、手の甲に。十分近く舌を絡め合わせて緑間にやりすぎだと止められるまで。あるいは緑間が首元に顔をうずめ俺がそろそろ変な気分になってしまうと止めるまで。


顔を上げた緑間がうっすら笑っていることに俺は気づいていなかった。





ジャバウォックとの試合は一点差ながら無事勝利を収めることができた。
試合後、ナッシュが話しかけてきた。英語で言葉を交わす。
意外なことにまた勝負しろと申し込まれ、俺はもちろんと返事をする。
と、ナッシュはしばし俺から視線をそらし俺に向かって言った。
「まさかアカシが意外と女遊びが派手だとはな」
「なんのことだ?」
俺の言葉にナッシュは意外そうな顔をし、それからにやりと笑って自身の首を指さした。
「キスマーク、目立ってるぞ。誰かの所有物なんだな、アカシは」
やや下卑た笑みを向けられ、俺はナッシュに怒鳴るべきだったのだろう。
しかし動揺した俺は緑間のもとへと行った。
この痕とつけた張本人のもとへ。

「緑間!! 目立つところにキスマークをつけるなとあれほど言っただろうが!」

緑間の背後から俺は叫んだ。具日にはしっかりとタオルを巻いて。
緑間が振り向いた、その先には――インタビューに答えていたのか、マイクと、カメラがあったのだ。

「どういうこと?」
「キスマーク?」

ざわつく中で緑間がすっと近寄り、俺のタオルをはぎ取った。



「ついでに宣言しておくが、俺のだ」


勝利した瞬間と同じくらいの歓声が、俺たちを包み込んだ。



このばか、覚えていろよ。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
宵明け ※未完
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ お題:朝の家 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:677字 お気に入り:0人
頬に触れているのが絨毯だと気づいたのは、その柔らかさのすぐ下に床の固さを感じたからだった。寝る場所はじゃんけんで決まった。人ん家でいちゃつくのやめてくださいっス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
う-い ※未完
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ お題:悔しい接吻 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:570字 お気に入り:0人
切り替えがさ……、周りに人がいると、うまくいかねぇタイガが言った。ちょっと恥ずかしいっつーか、落ち着かねーっつーか、だって反応とか、わかってるし……あんまり気に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
夜戦 ※未完
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ お題:許されざる私 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:596字 お気に入り:0人
裏切られたと感じた時、自分が考えている以上に、自分が彼のことを信じていたことを知った。得意の『女の勘』で気づかなかったのは、それが自分事だったからだろう。占い師 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:くきぱん ジャンル:黒子のバスケ お題:かっこいい正義 制限時間:15分 読者:71 人 文字数:843字 お気に入り:0人
日曜日の朝から放送される子供向けのアニメ番組。いわゆるヒーロータイムと呼ばれるそれら。 休みの日に子供が遅くまで寝ているのを防止する為なのか、おおよそ出勤準備 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ーーーー ※未完
作者:そりーる ジャンル:黒子のバスケ お題:おいでよもこもこ 制限時間:15分 読者:86 人 文字数:684字 お気に入り:0人
オレたちにはバスケ部で世話をしている犬がいる。見た目から『テツヤ2号』と名付けられたその犬は、みんなに可愛がられながら今では立派なマスコット犬だ。「おーい2号 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
―――― ※未完
作者:そりーる ジャンル:黒子のバスケ お題:苦し紛れの大学 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:786字 お気に入り:0人
オレたちの3年間が終わろうとしている。たくさんの時間と、体力と、労力と、青春を捧げた3年間が終わろうとしている。正確には、2年のウインターカップの決勝戦。あと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そりーる ジャンル:黒子のバスケ お題:きちんとした、と彼は言った 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:827字 お気に入り:0人
きちんとしたバスケがしたい、と彼は言った。聞いたときは、きちんとした、とはどんなバスケなのだろうと思った。真面目な、でも、勝てる、でも、チームプレーの強い、で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イズミ ジャンル:黒子のバスケ お題:日本式の結婚 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:2204字 お気に入り:1人
だらん、と首を反らして出窓を見ている。逆さまになった視界、見えるのは黒々しい夜の色だけだ。なにやってんだよ、と風呂上がりの火照った体をベッドに寄せれば、黒子はぱ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
masqu ※未完
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ お題:ナウい模倣犯 制限時間:15分 読者:125 人 文字数:941字 お気に入り:0人
それは洋服というよりもっとぴったりと寄り添う小物のような。帽子であったり、ポシェットであったり、そういうものだと思う。ただ、彼にはそんなものに例える必要もなく、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
いき ※未完
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ お題:誰かは踊り 制限時間:15分 読者:93 人 文字数:725字 お気に入り:0人
この国の音曲は故郷とは調子が違う。薩摩で感じた違和は長崎で過ごして慣らされた。言葉も違う場所であれば、音曲も変わる。丸山の女たちはサンシンではなくシャミセンを弾 〈続きを読む〉

湊 未来の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:湊 未来 ジャンル:黒子のバスケ お題:やわらかい広告 制限時間:15分 読者:178 人 文字数:1146字 お気に入り:0人
ジャバウォックとリベンジマッチをする時のチームに加わってほしいと連絡を受けた時、間髪あけずに承諾した俺が二言目に告げたのは他に誰を呼ぶのかということだった。厳密 〈続きを読む〉