ジャンル:黒子のバスケ お題:やわらかい広告 制限時間:15分 読者:257 人 文字数:1146字 お気に入り:0人

目立つ場所につけましょう(緑赤)

ジャバウォックとリベンジマッチをする時のチームに加わってほしいと連絡を受けた時、間髪あけずに承諾した俺が二言目に告げたのは他に誰を呼ぶのかということだった。厳密には一人の男の参加についてだ。そう、遠距離恋愛をしている恋人、緑間真太郎だ。

緑間ほどの優れたシューターとなれば当然声がかかっており、また百々で練習を行う一週間は景虎が用意した宿舎に全員で泊まると聞いた時には思わず笑みを浮かべたほどだ。
練習は大事だ。
それは言うまでもないことだ。
だが年相応な健全な肉体をもつ男子高校生たるもの、恋人を前にしてなに思わずにいられるわけがない。

「抱くわけがないだろう、なにを言っているのだよお前は」

ダメもとでエッチしたいと緑間に持ちかけた結果は惨敗だった。少し手や口でするだけ、というのも却下。緑間いわく歯止めが利かなくなるから、と変なところで自信満々に言われてしまっては俺もそれ以上はねだれなかった。

「わかった。赤司、ではキスにしよう。それならいいだろう」
「ほんと!?」

珍しい緑間からの提案に俺は嬉々として頷いた。それから俺たちは毎晩、寝る前にこっそりキスをした。唇に、額に、手の甲に。十分近く舌を絡め合わせて緑間にやりすぎだと止められるまで。あるいは緑間が首元に顔をうずめ俺がそろそろ変な気分になってしまうと止めるまで。


顔を上げた緑間がうっすら笑っていることに俺は気づいていなかった。





ジャバウォックとの試合は一点差ながら無事勝利を収めることができた。
試合後、ナッシュが話しかけてきた。英語で言葉を交わす。
意外なことにまた勝負しろと申し込まれ、俺はもちろんと返事をする。
と、ナッシュはしばし俺から視線をそらし俺に向かって言った。
「まさかアカシが意外と女遊びが派手だとはな」
「なんのことだ?」
俺の言葉にナッシュは意外そうな顔をし、それからにやりと笑って自身の首を指さした。
「キスマーク、目立ってるぞ。誰かの所有物なんだな、アカシは」
やや下卑た笑みを向けられ、俺はナッシュに怒鳴るべきだったのだろう。
しかし動揺した俺は緑間のもとへと行った。
この痕とつけた張本人のもとへ。

「緑間!! 目立つところにキスマークをつけるなとあれほど言っただろうが!」

緑間の背後から俺は叫んだ。具日にはしっかりとタオルを巻いて。
緑間が振り向いた、その先には――インタビューに答えていたのか、マイクと、カメラがあったのだ。

「どういうこと?」
「キスマーク?」

ざわつく中で緑間がすっと近寄り、俺のタオルをはぎ取った。



「ついでに宣言しておくが、俺のだ」


勝利した瞬間と同じくらいの歓声が、俺たちを包み込んだ。



このばか、覚えていろよ。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:出来損ないのラーメン 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:712字 お気に入り:0人
面白いネタから面白くないネタまで、玉石混交で送られてくるSNSのメッセージだった。まめにチェックはしない。一日の終わりに、たまに長めの休憩がとれた時に、新着マー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:許せない極刑 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:628字 お気に入り:0人
会場は第二会議室目が合った男は、それを聞いて首をかしげた。健康診断でない?男はわずかに微笑んで首を振った。いや、俺は協力会社の人間だからそれは失礼ある程度の企業 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
まつがねの ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:汚れた境界 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:723字 お気に入り:0人
だーいちゃん、と後ろから声を掛けられた。屋上への階段を登り終えて、ちょうど扉を開くところ、そこでスマホが震えたので足を止めた。声を掛けられたからではなく、スマホ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:意外な社会 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:807字 お気に入り:0人
緑間はこちらを見つめ、自信の無い口調で言った。いけまさん、ですか?赤司からだろうか。それとも小野からだろうか。こちらの名前を知っているようだった。はい。そうです 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ある日の14 ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:走る罪人 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:670字 お気に入り:0人
何もわかっていないと言われているようなものだった。それでも、俺は真太郎を招き入れるために、玄関へ向かった。下働きの者たちが彼を眺め、声を掛けるわけでもなく、ちら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
オリジナル ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:少女の妻 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:689字 お気に入り:0人
カレンダーの予定表を眺める。町田の譲渡会が明日、墨田の譲渡会が明後日。朝から入らなくてもいいけれど、撤収は参加することになっていた。一週間前に更新した子猫の里親 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:反逆の終身刑 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:809字 お気に入り:0人
表示された番号読み上げろって言ってるだろ?そんなの出てないって!電話での会話はもどかしい。その画面を見ればすぐわかるというのに、言葉だけでは伝わらない。まさに百 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:六月 ジャンル:黒子のバスケ お題:苦し紛れの狸 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:884字 お気に入り:1人
あ。 部活を終えて帰ろうとした黄瀬はふと気づいた。 赤司が困っている。 めずらし。 黄瀬は思わずわくわくした。なぜなら赤司は赤司なので。 そうして、人間という 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:彼が愛した裏切り 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:758字 お気に入り:0人
それは忘れらんねーな、と言ったら、よく言われた、と返された。そらそうだ、七夕に誕生日なんて、七夕のたびに思い出す。人の誕生日を覚えている利点はあるのだろうかおは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
美人の定義 ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:群馬の空想 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:622字 お気に入り:0人
タツヤの母親の出身地が秋田県と聞いたのは、たぶん、出会った頃だった。バスケを教えてもらって、勉強を教えてもらって、朝も帰りも一緒に帰るようになって、いろんな話を 〈続きを読む〉

湊 未来の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:湊 未来 ジャンル:黒子のバスケ お題:やわらかい広告 制限時間:15分 読者:257 人 文字数:1146字 お気に入り:0人
ジャバウォックとリベンジマッチをする時のチームに加わってほしいと連絡を受けた時、間髪あけずに承諾した俺が二言目に告げたのは他に誰を呼ぶのかということだった。厳密 〈続きを読む〉