ジャンル:モブサイコ100 お題:早すぎた円周率 制限時間:30分 読者:108 人 文字数:1355字 お気に入り:0人

霊律 霊幻視点 ※未完

「例えば授業のカリキュラム……学習指導要領だっけか? あの辺ってのはさ、それぞれちゃんと意味があって定められているものなんだよ。順を追って習っていくのが大事だとか、こどもの身体機能に合わせて設定してるとかそんなとこ。ほら、足し算が理解できてから初めて掛け算が理解できるようになるし。掛け算が理解できた後じゃないと割り算は分かんないだろ? 足し算引き算の後に掛け算飛ばして円周率を求めよーとか言われたって、そもそもの公式が理解できない。学習するには早すぎんだよ。だからな、そうやって物事には順番があるし、順番が定められるには意味がある。分かるか?」
「ええ、その例えは理解できます。それで?」
「あーだからな。人間関係にも順序ってやつが……」
「それとこれとは関係ないでしょう」
 平日の夕方、帰宅する子供や家路を急ぐサラリーマンのざわめきが遠く響く中で俺は弟子の弟に押し倒されていた。霊とか相談所の床で。
「ていうか、モブは」
「兄さんは部活の皆さんとご飯に行くそうです」
「へえー。芹沢は」
「下ですれ違いましたが、今日は学校の皆さんと勉強会だそうですよ」
「成る程な。それで、律くんは」
「あなたに、告白しようと思いまして」
「そーかそーか。え、なにそれ」
「僕は霊幻さんのことが好きです」
 一回り以上年下の子供に、しかも男に告白されるなんて想像もしていなかった。馬乗りにされた状態でというのも想定外である。
「いや、嫌われてるだろうなとは思ってたけど、え? マジで?」
「本気ですよ。僕、冗談とか嫌いですし。何のためにあなたの上に乗ってると思ってるんですか」
「いやそこは……首でも絞められるのかと」
「……お望みなら、そうしますけど?」
「いやいやいや望んでない。断じてそんな願望も性癖も無い」
「そうですか」
 律が溜め息を吐いた。下から見上げる影山律という景色もなかなかに珍しいが、そもそもこうして至近距離でこの顔を見ること自体が滅多に無い。伏せると案外長い睫毛だとか、西日に照らされる整った顔立ちはちょっとした芸術品のようである。
「あなたがノーマルな趣味で良かったです。さすがに、そこまでは勉強してないので」
「は?」
 俺の疑問を無視して、律は顔を近づけてきた。小さく音を立てて唇が触れる。
「霊幻さん、好きです。大好きなんです。だから、霊幻さんを僕にください」
「…………俺はモノじゃないんだけどなあ」
「知ってます。だから、今日だけでいいんです。明日にはいつも通りに戻りますから」
「だからさあ、律くん」
 俺は溜息を吐いた。抱き着くように俺の胸元へと顔を伏せた律の表情は見えない。
「順番が違うんだよ」
「……ごめんなさい」
「謝ってほしいんじゃなくてさ。告白したんなら、返事を訊くのが先なんじゃねえの?」
「返事なんて……どうせ、断るつもりのくせに」
「勝手に決めんなよ」
 のしかかる律の背中を撫でた。多少の重みは感じるものの、想像よりもずっと軽く小さい。中学生はこんなにも華奢なものだったか。
「俺も律くんのことずっと好きだったんだって言ったら信じるか?」
「いえ信じられないです」
「お前な……」
「でも、信じてみたいです」
 伏せていた顔を上げて律は笑った。泣き笑いのような

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:モブサイコ100 お題:たった一つの愉快犯 制限時間:30分 読者:155 人 文字数:1199字 お気に入り:0人
机の中にチョコレートが入っていたので、昼休みこっそり食べた。変な味だと思ったらそれはカレールーで、僕は思いっきりお腹を壊した。「バカかお前は」「だって、今日は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:モブサイコ100 お題:天国の逃亡犯 制限時間:30分 読者:173 人 文字数:823字 お気に入り:0人
「律は天国とか地獄って信じる?」「どうしたの兄さん、いきなり」金曜日の夜ごはん前のテレビタイム、という状況はそんな話題を振るのにふさわしいとは思えなかった。だか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:火野村は喪女脱却したい ジャンル:モブサイコ100 お題:かたいあそこ 制限時間:30分 読者:1198 人 文字数:1132字 お気に入り:0人
「おいちょっと待て」「あんだよ律ちゃん。急に怖い顔すんなよ」「これで平気な顔していられるか、なんだこのお題!いいかげんにしろ!」「かたいあそこ……うわあ」「僕に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:火野村は喪女脱却したい ジャンル:モブサイコ100 お題:純白のサラリーマン 制限時間:30分 読者:549 人 文字数:1059字 お気に入り:0人
げほ、と醜い咳をする。ぜえぜえと息をして、俺はそいつの顔を見上げる。「師匠、」なんで来たんですか。そう言うそいつは泣いていた。泣いているのに、なんで、とか、下 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:モブサイコ100 お題:同性愛の反逆 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:390字 お気に入り:0人
反逆の狼煙をあげろ。「なぁ、エクボ。俺がお前の事好きだって言ったらどうする」 詐欺師らしく読めない表情で放たれた言葉に顔を顰める。暇つぶしの冗談にしては悪質で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ようやく ※未完
作者:匿名さん ジャンル:モブサイコ100 お題:最強の敗北 制限時間:15分 読者:257 人 文字数:611字 お気に入り:0人
「負けた…?」机の上に雑多に散らばったトランプは、その戦いが如何に激しいものだったかを静かに物語っている。応接机の向こう側の少年、いや、正確にはもう少年ではない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:火野村は喪女脱却したい ジャンル:モブサイコ100 お題:彼と小雨 制限時間:15分 読者:639 人 文字数:500字 お気に入り:0人
小雨だった。傘を持っていない。僕は昇降口で立ち止まった。どうしようかと30秒ほど悩んで、走ろうと決心した。よし、と駆け出そうとしたときだった、後ろから名前を呼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:火野村は喪女脱却したい ジャンル:モブサイコ100 お題:日本式の彼氏 制限時間:15分 読者:1675 人 文字数:449字 お気に入り:0人
「うっわ似合わないですね師匠」「うるせえ」まるで若い落語家のような出で立ちの師匠を僕は笑った。1月某日、師匠がそんな格好をしているのは、もちろん仕事のためだ。ま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:火野村は喪女脱却したい ジャンル:モブサイコ100 お題:いわゆるガールズ 制限時間:15分 読者:562 人 文字数:446字 お気に入り:0人
「姉さん、またあの男のところ?」玄関で靴を履いていると、妹がそう声をかけてくる。そうだよ、と言えば、不満そうな顔。そんなにも私の師匠が気に入らないのかな。私はな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:火野村は喪女脱却したい ジャンル:モブサイコ100 お題:運命の教室 制限時間:15分 読者:556 人 文字数:489字 お気に入り:0人
血に染まったように赤い教室だった。夕方5時を過ぎた秋。生徒会の業務が終わった僕が帰ろうとしたとき、会長が僕のことを呼び止めたのだった。誰もいない教室に入って、 〈続きを読む〉

ろと@モブサイ舞台最高でしたの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:ろと@モブサイ舞台最高でした ジャンル:コードギアス お題:商業的な悪魔 制限時間:30分 読者:34 人 文字数:1641字 お気に入り:0人
悪魔はその美しい姿で人々を魅了し、そして堕落へと誘い込む。時には人だけでなく、天使さえも騙して引き摺り落とすのだとか。「それで、悪魔か……」「お前にはよく似合っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@モブサイ舞台最高でした ジャンル:モブサイコ100 お題:今度のドア 必須要素:タイトル「ただ、助けたかっただけなのに」で書く 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:1458字 お気に入り:0人
「ただ、僕は僕のできることをしたかっただけです」 多分、僕はこの人のことが好きなのだ。どうしようもなく。己の力を過信しているわけではないが、口八丁ですべてを上手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@モブサイ舞台最高でした ジャンル:コードギアス お題:記憶の感覚 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:1147字 お気に入り:0人
「人って、声の記憶を最初になくすらしいよ。逆に、香り……嗅覚の記憶は最後まで残るんだって。でもさ、悪逆皇帝の映像ってメディアでも何度も伝えられていて。映像でも音 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ジェレルル ※未完
作者:ろと@モブサイ舞台最高でした ジャンル:コードギアス お題:危ない逃亡犯 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:1387字 お気に入り:0人
「子供……?」 かつての主君はもうこの世にはいないが、主君の与えてくれた明日を生きるために、主君の言葉に従いオレンジを作り続けて早幾年。主を想い丁寧に育てている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@モブサイ舞台最高でした ジャンル:コードギアス お題:そ、それは・・・巨人 制限時間:30分 読者:34 人 文字数:1329字 お気に入り:0人
「そ、それは……とても大きな、大きなー…………なんて読むんだこれ」「巨人、だろ」「ああ、そうそう。確かそうだった。って、ルルーシュはブリタニア人だろ? なんで読 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@モブサイ舞台最高でした ジャンル:カードファイト!!ヴァンガード お題:冬の痛み 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:1330字 お気に入り:0人
凍てついた風が肌を刺す。クリスマスを目前にしたこの時期、町は色とりどりの電飾で光り輝くが、空気の冷たさまではカバーしきれないようだ。むしろ、LEDの青白い光は視 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@モブサイ舞台最高でした ジャンル:コードギアス お題:急なサーカス 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:1105字 お気に入り:0人
「サーカス?」「そう、移動サーカス団がこの町にも来るみたいなのよ。そのチケットを頂いたんだけど……丁度仕事が入ってしまって。良かったら、スザク君が貰ってくれない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@モブサイ舞台最高でした ジャンル:コードギアス お題:謎の魔王 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:1186字 お気に入り:0人
魔神と呼ばれるような力を持ち、魔性を秘めた王たる彼はきっと魔王と呼ぶのが相応しいのだろう。「ルルーシュはね、そうだな……魔王って感じ」「なんだそれは。ファンタジ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
るるたん ※未完
作者:ろと@モブサイ舞台最高でした ジャンル:コードギアス お題:哀れな女祭り! 必須要素:ロードローラー 制限時間:30分 読者:49 人 文字数:540字 お気に入り:0人
花の名前のひとつひとつを覚えるようになったのは、物心ついてすぐの事だった。母も妹も、色とりどりの花を眺め顔をほころばせていたから自然と記憶したのだろう。幼少期を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
テル律 ※未完
作者:ろと@モブサイ舞台最高でした ジャンル:モブサイコ100 お題:緑の絵画 制限時間:30分 読者:48 人 文字数:1301字 お気に入り:0人
緑の絵の具を塗りたくったような絵画の前でひとり立ち尽くした。多分それは新緑の風景とか、山々の青さを表現していたのだろうけれど。僕には「エクボ……」慣れ親しんだ悪 〈続きを読む〉