ジャンル:おそ松さん お題:哀れな祝福 制限時間:15分 読者:257 人 文字数:857字 お気に入り:0人

ジャンプごっこ


小学生の頃おれは足をおったことがある。

事故とかそーゆーのじゃなくて遊んでいた時に折ってしまったのだ。度胸比べという名目で高いところから飛び降りるという遊びが流行っていた、もちろんおれ達六つ子もその流行りに乗って積み上げられた土管の上や塀の上から飛び降りたりしていた。
近場の高そうなところはあらかた飛び終わったおれ達は次はどこから飛び降りようかと頭を寄せ合い話し合った。その中で誰かが言ったのだ。

「ぼく達の家の屋根から落ちるのはどうだい?」

今ではそれが六つ子の誰だったかは忘れてしまったが随分と楽しそうな声だったのは覚えている。
その提案に賛同したおれ達は屋根の上へと向かう。しかし、いざ屋根の上に立ってみると今まで飛んできたものとは比べようにならない高さにおじけずいてしまい十四松なんかは泣きそうになっていた。誰も行こうとしない雰囲気におれは震える足を動かし屋根の淵のギリギリに立ちぎゅっと目をつぶった。
深く深呼吸をし務めて明るい声であいつらに宣言した。

「お前らみてろよ!とんでみせるからな!」

そしておれは屋根の上から飛び降りたのだ。
後ろの方からはあいつらの悲鳴が聞こえた。おそ松!とチョロ松らしき声が上から聞こえたのと同時に地面に激突した。足が折れその痛さに泣き叫びごろごろと地面をもんごりうった。


それからは散々だった。足は痛いわ、母さんと父さんには怒られるわ、あいつらにひっつかられわんわんと泣かれたりと飛び降りていいことなんてないんだなと思った。



屋根の上でタバコを吸ってると、カラ松が登ってきた。俺の隣に腰掛けたカラ松はいつもと同じようにカッコをつけた言葉で俺の肋に打撃を与えていたが、気づけばカラ松は立ち上がり下を見下ろしていた。
何かあるのかと気になり俺も隣に立ちしたに目をやる。

「また飛んで見せてくれないか?おそ松」

隣から聞こえた声に反応しようとした時、背中を押され俺は下に落ちる。
カラ松の嬉しそうな声が聞こえる。

「さすがオレたちの兄貴だ。」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:はちこくん ジャンル:おそ松さん お題:裏切りの就職 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:574字 お気に入り:0人
骨を食う文化がある。骨食み。骨ねぶり。ニューギニアでは死んだ族長の骨を戦士たちが食うという。極道たちは、オヤジへの敬意と、ヒットマンへの復讐を誓ってその遺骨を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハリモグモグ ジャンル:おそ松さん お題:早すぎた地獄 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1013字 お気に入り:0人
いつものようにテーブルを囲むニートたち。 テーブルの上にはお菓子が広げられて雑談していた。「しかし、最終回で地獄ってのは俺らの年齢的に早すぎねえ?」「次のコー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:12月の伝説 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:503字 お気に入り:0人
長い夏の間、サマー仮面なんてものをやっていた兄は秋がきてすっかり大人しくなってしまった。今日もさながら死んだ蝉のように、モスグリーンの床に寝転んでボーッと天井 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りんね ジャンル:おそ松さん お題:小さな孤島 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:580字 お気に入り:0人
美しい海へカラ松とピクニックに出かけたのは何時のことだったか。未だ口をつく暴言をBGMにお弁当を食べようと浜辺に座った一松は、足を滑らして緩やかに落っこちてゆく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はちこくん ジャンル:おそ松さん お題:阿修羅新卒 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:576字 お気に入り:0人
班長は凡庸な日本人であった。海外はおろか、本州すら出たことがない男には、RとLの違いがわからないのも無理のない話であった。「それじゃ一緒だ」「…ラ…ライト…」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しらたま ジャンル:おそ松さん お題:やば、ピアニスト 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:646字 お気に入り:0人
やばい、やばい、やばい。どうしてこんなことになったんだ。僕の目の前にあるのは1台のピアノ。制限時間が上にでている。この時間以内にピアノを弾けということらしい。… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:海流(かいる) ジャンル:おそ松さん お題:セクシーな狐 制限時間:15分 読者:149 人 文字数:571字 お気に入り:0人
「おおっエロ本はっけーん! なっ、これよくね?」 おそ松が拾い上げたのは、今時駅にも落ちていないようなボロボロのエロ本だ。はじめに目に入るのは、たわわに実る乳房 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:君と夢 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:871字 お気に入り:0人
夢を見た。酷く息苦しい夢だった。松野おそ松は深い眠りから意識を取り戻し、やけに目に染みるいつもの薄暗い天井を見てため息を吐く。体は汗でぐっしょり濡れていて、目元 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:穴虫 ジャンル:おそ松さん お題:気持ちいいにおい 制限時間:15分 読者:94 人 文字数:603字 お気に入り:0人
初夏の晴天。平日の昼間に良い年した青い男と黄色い男が、自宅の屋根でくつろいでいる。そばには取り込まれたばかりの洗濯物。母親に「暇なら手伝いなさいクソニート」と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よん ジャンル:おそ松さん お題:気持ちいいにおい 制限時間:15分 読者:128 人 文字数:398字 お気に入り:1人
チョロ松は家の前に立つと、微かに薫る匂いに近づいた。どうしようもなく、浮き立つような匂いである。はて、と思うが具体的に何と言われてもてんで出てこない。複雑に混 〈続きを読む〉

そゃーすの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:そゃーす ジャンル:おそ松さん お題:アルパカの冬休み 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:461字 お気に入り:0人
照明の落とされた暗い部屋の中、唯一の光源であったロウソクがいま、尽きた。途端に、部屋の中は闇で満たされ、そこに座り込んでいた男は不安げに視線を揺らすと、足を抱え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そゃーす ジャンル:おそ松さん お題:最後の狐 制限時間:30分 読者:67 人 文字数:754字 お気に入り:0人
あったかい布団にぬくぬくとつつまれて眠る夜はサイコーだと思う。使い古した煎餅のように固くなってしまった敷布団だって慣れれば極上の羽毛ぶとんにも負けないって僕は信 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そゃーす ジャンル:おそ松さん お題:汚れたむきだし 制限時間:15分 読者:142 人 文字数:331字 お気に入り:1人
肌に触れる冷えた空気に目を覚ましす。布団の隙間から入り込んでくる風は、空いた窓から吹き込んできているようだった。ちらりと時計を見やれば、時刻は2時を示していた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そゃーす ジャンル:おそ松さん お題:許されざる喜劇 制限時間:4時間 読者:156 人 文字数:1596字 お気に入り:1人
おそ松兄さんが死んだ。チビ太の店からの帰り道、六人で並んで歩いていた時に突っ込んできた車によって殺された。たまたま隣を歩いていた僕は何が起きたかもわからず、おそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そゃーす ジャンル:おそ松さん お題:幼い百合 必須要素:ガラパゴス諸島 制限時間:15分 読者:150 人 文字数:509字 お気に入り:0人
ある日突然耳が聞こえなくなった。それはまるで誰かに耳を塞がれたかのように突然に。ふっとおれの世界から音が消えた。目の前で口をぱくぱく動かす弟は、唖然としているお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そゃーす ジャンル:おそ松さん お題:反逆の男の子 制限時間:1時間 読者:185 人 文字数:1829字 お気に入り:1人
幼い頃の行いを今になって後悔した。俺達が子供だった時、沼の噂が赤塚の街で広まっていた。噂の内容は、町外れの林にある沼には人魚がいるらしい、というものだった。今と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そゃーす ジャンル:おそ松さん お題:来年の殺人犯 制限時間:30分 読者:199 人 文字数:3210字 お気に入り:0人
凍えてしまうような夜だった。赤い月が空に煌めき、霧の深い赤塚の街にひとつの影が怪しく動き回っていた。…しんぶんしっ!!外からの冷気に身体を震わせ冷えきった冷たい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そゃーす ジャンル:おそ松さん お題:記録にない排泄 制限時間:1時間 読者:198 人 文字数:2135字 お気に入り:0人
白髪に染まっていく頭に不思議と底知れぬ恐怖を感じていた。弟達は何一つ変わってないのに、俺だけ白くなっていくのはまるで違う人間だと言われているようで怖くて怖くて俺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そゃーす ジャンル:おそ松さん お題:何かの蕎麦 制限時間:15分 読者:222 人 文字数:1959字 お気に入り:0人
くぅ…と小さく鳴ったお腹に時間を確認してみればお昼をすぎた頃だった。もうこんな時間かと机の上に広がる消しゴムのカスを床に落とさないようにまとめゴミ箱に捨てる。軽 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そゃーす ジャンル:おそ松さん お題:春の整形 制限時間:30分 読者:212 人 文字数:1211字 お気に入り:0人
「あの時やめていればなぁ…」とぼとぼと帰り道を歩くおそ松は小さく呟いた。お昼時に、見切り発車で家を飛び出して駆け込んだパチ○コ屋では勝つことが出来たのだか調子に 〈続きを読む〉