ジャンル:黒子のバスケ モブ お題:哀れな夜風 制限時間:15分 読者:142 人 文字数:918字 お気に入り:0人

特需の恩恵

ふふふ、と口から笑いが漏れる。怒りを通り越すと笑いが出るようだった。違う、怒りなんてとっくに通り越して、呆れていた。そこを通り越したから笑ったのだ、自分は。
五回目を過ぎた時、さすがに言ったのだ。そろそろ無理ですからね、と。八月の末、出版しますよ、と彼にはあらかじめ話してあった。印刷技術が向上していて、ほんとうに良かった。そうでなかったら、本は出なかったかもしれない。
黒子は謙虚なようで大胆不敵なところがあった。まあ、作家になるような人はそういう面を持ちがちかもしれない。自分にとって、彼ははじめての担当作家であって、しかも担当になるのも自分で立候補した。うちの出版部は少人数しかいなかったので、放っておいても自分が担当になったかもしれない。けれど、その時は自分から名乗り出た。自分以外だと田中しかいなかったが、彼女には渡したくなかった。
新人として売り出すには、地味な作品ばかりだった。地味ではあるけれど、自分はこういう作品を求めていた。ようやく出会えたと思った。
八月というタイミングは、とてもよかった。半年前、ちょうどうちの出版社、アワーブックスから出ていた作品の映画化が決まったのだ。それにあわせて、人気漫画家でのコミックス化まで決定した。おかげで編集部がちょっと潤った。これをどうするか。うちの出版社はそれを社員に還元せず、作家に還元するという方法を取ってしまう。あまり売れていない作家で、編集部で売り出したい作家の本を出版することになる。総勢十人の出版社、そして編集業務をしている者はわれこそはと自分の最推しの単行本化をアピールした。
そうして編集長は条件をそれぞれに出した。自分が出されたのは読者アンケートだった。
『小津谷さんは固定読者はいるけれど、新規を獲得できていない。最初から味が決まってしまうのは、彼の今後のことを考えてもどうかと思う。がらっと作風を返させるようなネタでやれせてみろよ』
読者アンケート、もしくはファンレターが五十通来たら単行本化、となった。かなり緩い基準だった。
青春もので行くしかない、と思った。これなら必ず新規読者が開拓できる。そして何より、彼の書く青春物語を自分が読んでみたかったた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:黒子のバスケ モブ お題:大きな秘部 制限時間:15分 読者:516 人 文字数:417字 お気に入り:0人
赤司。赤司。お前は俺を覚えてはいないだろうね。俺は、いやお前もだけど、今年は最後の年だったんだよな。頑張って全国までこぎ着けて一回戦でギリギリ勝っていざ二回戦。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おうか ジャンル:黒子のバスケ モブ お題:反逆の目 制限時間:15分 読者:460 人 文字数:799字 お気に入り:0人
反抗らしい反抗をしなかった自分に比べて、もしかしたら息子はまともな成長をしたのだろうか。二十歳の誕生日を向かえ、すぐに年が明けた。正月の挨拶をした息子は今までに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おうか ジャンル:黒子のバスケ モブ お題:不屈の弁護士 制限時間:15分 読者:533 人 文字数:756字 お気に入り:0人
ギャップがある人に弱い、という言葉を良く訊くけれど、彼のようなギャップ尽くしの人の場合、弱いとかそんな生ぬるい状態ではない。そう、と頷くことくらいしかできないだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ モブ お題:素朴な美術館 制限時間:15分 読者:469 人 文字数:611字 お気に入り:0人
この公園は元は寺領だったと聞いています、と青年は答えた。その齢で、地元の者でもないというのに、よく知っているものだな、と感心した。君は何をしていたのだね。散歩で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ モブ お題:贖罪の駄洒落 制限時間:15分 読者:446 人 文字数:631字 お気に入り:0人
会社は倒産寸前であり、余計な領収書を回してくれるなと言わんばかりだった。だから、ファーストフード店のシェイクで満足してくれる彼は、自分の懐にとって有り難い存在だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
白い波 ※未完
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ モブ お題:幼い黒板 制限時間:15分 読者:540 人 文字数:505字 お気に入り:0人
茶川は征十郎が黙々と砂に書く絵を眺めていた。茶川の息子は征十郎より二つ年上で、二人は顔を合わせれば話をしたり、鬼ごっこをしたり、赤司家の広大な庭で追いかけっこや 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
赤兎馬 ※未完
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ モブ お題:天才の就職 制限時間:15分 読者:555 人 文字数:633字 お気に入り:0人
あ、失礼しました。シャワールームから現れた彼は、すれ違い様にぶつかったことを謝罪した。自分より幾分低い背ではあるが、その身体には引き締まった筋肉があった。こちら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おうか ジャンル:黒子のバスケ モブ お題:私の慰め 制限時間:30分 読者:444 人 文字数:1727字 お気に入り:0人
こちらに征十郎がこちらへ連絡を入れてきたのは、盆の数日前のことだった。盆はさすがに部活動が休みとなるらしく、その間、家に置いてほしい、と申し入れてきた。去年はそ 〈続きを読む〉

かみむら@Promptの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ モブ お題:つらい殺人 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:696字 お気に入り:0人
浮かれているのは自分より父親だった。それこそ鼻息を荒くして、ああだこうだと、何かに付けて騒いでいた。さすが江戸時代から続く呉服屋、結納の品がすばらしい、茶道も日 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:出来損ないのラーメン 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:712字 お気に入り:0人
面白いネタから面白くないネタまで、玉石混交で送られてくるSNSのメッセージだった。まめにチェックはしない。一日の終わりに、たまに長めの休憩がとれた時に、新着マー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ パラレル お題:傷だらけの耳 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:713字 お気に入り:0人
手ぬぐいを押し当てられた。いっ……ごめん。でも、けがで、血が……誰のせいだ、と言ってやりたかった。これはお前がつけた傷。お前がこの三日間のうちのどこかで付けた傷 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
島貴族にて2 ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ パラレル お題:打算的な運命 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:838字 お気に入り:0人
彼は辺りを見回しながら、案内された席まで進んだ。慣れてないんだろうな彼を誘ったのは勢いだ。実は冗談でもあった。目の前にあった島貴族。もう入ろうとしていたのだ。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:許せない極刑 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:628字 お気に入り:0人
会場は第二会議室目が合った男は、それを聞いて首をかしげた。健康診断でない?男はわずかに微笑んで首を振った。いや、俺は協力会社の人間だからそれは失礼ある程度の企業 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
まつがねの ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:汚れた境界 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:723字 お気に入り:0人
だーいちゃん、と後ろから声を掛けられた。屋上への階段を登り終えて、ちょうど扉を開くところ、そこでスマホが震えたので足を止めた。声を掛けられたからではなく、スマホ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ 黛葉 お題:すごいうどん 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:772字 お気に入り:0人
お代わり、と五回目の声が聞こえた。わんこ蕎麦じゃないんだからそう言ったのは実渕だった。蕎麦って腹にたまんねーな!そう言って根武谷はガハハと笑った。(こいつ、蕎麦 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:意外な社会 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:807字 お気に入り:0人
緑間はこちらを見つめ、自信の無い口調で言った。いけまさん、ですか?赤司からだろうか。それとも小野からだろうか。こちらの名前を知っているようだった。はい。そうです 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ある日の14 ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:走る罪人 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:670字 お気に入り:0人
何もわかっていないと言われているようなものだった。それでも、俺は真太郎を招き入れるために、玄関へ向かった。下働きの者たちが彼を眺め、声を掛けるわけでもなく、ちら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
押しかけっ子 ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ 子ども世代 お題:黒尽くめの百合 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:692字 お気に入り:0人
こればっかりは親に感謝、ということなのだろう。何を着ても美人は美人。それこそ布一枚だって、それは変わりない。ミュシャの絵の女性たちもあきらかに布しかまとっていな 〈続きを読む〉