ジャンル:アイドルマスターsideM お題:箱の中のホテル 制限時間:15分 読者:117 人 文字数:572字 お気に入り:0人
[削除]

※未完



ここはまるで箱庭だ、と思うことがある。



行きつけのドーナツ屋さんでセールしてたもんだから、買わなきゃ損だよな、とひとりごちて人数分プラスちょっとのドーナツをトレーにのせていく。チョコレートがかかったものは自分、もちもちしたやつはハヤト。何もかかっていないシンプルなのがナツキで、あまーいホイップとカスタードが入ってて食べる時粉糖がちょっとメンドウクサイ(けどうまい)やつはジュン。そして、ピンクのチョコレートがかかっているやつはシキの分。プロデューサーの分は〜…ちっちゃいのがいっぱい入ったやつでいいか。

笑顔のカワイイレジのねーちゃんに見送られて俺は事務所へ向かう。事務所目の前で信号待ちしてたら、ナツキによく懐いている猫を見つけた。彼女(?)はどうやら俺のことを「エサをくれる人間」と認識しているらしくすり寄ってきた。まだまだ青色に変わりそうにないんで、ドーナツの箱を抱えたまましゃがんで猫に触れてみた。ゴロゴロ喉を鳴らしてもっともっと、と強請ってくる姿は、事あるごとに頭撫でてほしーっス!とくっついてくるウチのメンバーの何処かの誰かみたいだ。
信号が青に変わった。俺が撫でるのをやめ足を進めると彼女も歩き出す。そうだよな。俺なんかよりナツキに触ってもらいたいよな。
面食い猫と一緒に事務所の階段を上がり、最近の俺の幸せ

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:tironu@ミラフェスI25bサインライト翔太 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:猫の潮風 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:722字 お気に入り:0人
ミャーミャーと空に猫が鳴く声が響く。はてさてここは、と周りを見渡すと、なんのことはない、港に着いただけである。タラップを降りる足音は軽く、パッと開いた日傘は朝顔 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たな ジャンル:アイドルマスターsideM お題:誰かの雑踏 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:775字 お気に入り:0人
翔太は人混みが嫌いだ。そもそも好きなものなんか僕にあったっけ? という中学二年生的そもそも論は横に置いておいて、人混みとか繁華街とか雑踏とか、そう言ったものが嫌 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
雑踏(冬北) ※未完
作者:あくお@ミラフェスI54b ジャンル:アイドルマスターsideM お題:誰かの雑踏 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:1168字 お気に入り:0人
電気くらいつけろよ、と言った天ヶ瀬冬馬が部屋の電気をつければ。真っ暗な部屋のソファの上で目を瞑っていた北斗は、ゆっくりとその瞳を開き、「よく俺が居るってわかった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あくお@ミラフェスI54b ジャンル:アイドルマスターsideM お題:白い雑草 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:1208字 お気に入り:0人
アタシは正直、彼のことをどういう風な好きなのか、自分自身よく分からなかったけど。女とか男とかそういうのを抜きにして、本当に好きだったから。多分これは、間違いなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
花火(冬北) ※未完
作者:あくお@ミラフェスI54b ジャンル:アイドルマスターsideM お題:愛の計画 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:1342字 お気に入り:0人
花火が見えるのだと言う北斗の部屋で、去年の約束を守って二人で花火を見ている状況は、少なからず冬馬には不思議なものであった。「どうしたの?」風の通りが気持ちの良い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あくお@ミラフェスI54b ジャンル:アイドルマスターsideM お題:ゆるふわな、と彼は言った 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:968字 お気に入り:0人
とんでもないことになっているという自覚はあるが、じゃあこれを止める、打ち切りにできるかといえばそれはまた別問題だ、と。自分を壁際に追いやって見下すように眺める伊 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あくお@ミラフェスI54b ジャンル:アイドルマスターsideM お題:簡単な哀れみ 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:1449字 お気に入り:0人
好きだ、と言った瞬間、ついに僕は楽になるのだと思い、僕の気分は間違いなく晴れた。テーブルのを挟んだ向こう側にいる天道が驚いて目を見開くのを見ながら僕は、ようやく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:軋み柚子 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:煙草とホテル 制限時間:15分 読者:198 人 文字数:239字 お気に入り:0人
医者の不養生とはよく言ったもので、当時の桜庭薫は煙草を辞められずにいた。今は気まぐれに月一で吸うか吸わないかの頻度である。ただ、たまに吸う煙の中に浮かび上がるよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みりんPはレジェという深海に沈む ジャンル:アイドルマスターsideM お題:小説の宿命 制限時間:15分 読者:277 人 文字数:466字 お気に入り:0人
【雨クリ】机に置き去りにされた本は見覚えのないタイトルだったが古論のものだろうと推察するには難くないものだった。海の本だと一目でわかるタイトル。暇つぶしにちょう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みりんPはレジェという深海に沈む ジャンル:アイドルマスターsideM お題:明るい修道女 制限時間:15分 読者:559 人 文字数:289字 お気に入り:0人
【せむ】「HEY!ミスターやました、ミスターはざま!見てよこれ!So Cuteじゃない!?」白と黒で作られたシンプルな服の裾をくるりと回ることで翻す。それは所謂 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:うちのトコでは お題:宿命の秋雨 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:424字 お気に入り:0人
秋になろうとしている世界。雨が降れば、空は雲に覆われる。そう彼は思い込んでいた。静かな空間の中に、微かな雨音が響いた。雨粒が当たるのも厭わずに、空を見上げた。青 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:隠された床 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:1042字 お気に入り:0人
この部屋には、秘密がある。ここは歴史修正主義者と戦うために準備された本丸の中、審神者としての執務室である。寝室としても使っている私の私室はまた別のところにあるか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:undertale お題:東京のあそこ 制限時間:4時間 読者:5 人 文字数:3229字 お気に入り:0人
* 全てランダムにしたら四時間の必須要素無しにになりました。そりゃあ簡単に書き終わりますよね。*オイラ→俺sansになってます。オイラ出来ない。「へぇ、東京タワ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:そ、それは・・・コメディ 必須要素:高校受験 制限時間:4時間 読者:11 人 文字数:591字 お気に入り:0人
カリカリカリなぜだろう受験となると今まで勉強したことが飛んでいく。(クソッ、今までの努力は何だったのか。何なんだよ、、、、クソォ!!!!)だめだ。冷静になれ。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:FGO お題:たった一つの夜中 制限時間:30分 読者:56 人 文字数:753字 お気に入り:0人
どうしても、寝付けない夜だった。ベッドに潜り込んではや二時間。目は冴えたままだった。 眠れなくなるほどの悩みがあるわけではないし(いや、いつまでたっても貯まら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
つかれた ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。 お題:めっちゃ流刑地 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:317字 お気に入り:0人
めのまには隼の部屋の扉。なかなか起きてこないアイツを誰が起こしに行くかでジャンケンをする。「あそこでグーをだしてればなぁ。」そんなこと言っても今さらどうにもなら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:やわらかい動機 必須要素:街灯 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:395字 お気に入り:0人
私は魔理沙を殺してしまった。……動機はとてもやわらかい。……なんだ?やわらかいって。まぁ、それはおいといて。魔理沙を殺した動機は「嫉妬」だ。霊夢ばかりかまって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:経験のない薔薇 必須要素:ドア 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:816字 お気に入り:0人
紅魔館の庭の一角。そこには門番の紅美鈴が育てている花壇がある。 今日も美鈴は休憩時間に水やりをしていた。「おや?」その花壇に見たこともない綺麗な深紅の薔薇が、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:undertale お題:きちんとした火 制限時間:4時間 読者:15 人 文字数:737字 お気に入り:0人
*懲りずにアンテ書く。キャラ崩壊注意*ほとんどChara、Flowey。*地上に出たあとの話*「あ、Chara!危ない」「っと…大丈夫」ボクはモンスターにエンカ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:undertale お題:春の殺し 制限時間:4時間 読者:12 人 文字数:1402字 お気に入り:0人
*FloweyとCharaがとても仲良しです**キャラ崩壊注意**僕→Chara ボク→Flowey*個々のところ、何だかとても暖かい。多分、春なんだ。金色の花 〈続きを読む〉