ジャンル:アイドルマスターsideM お題:箱の中のホテル 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:572字 お気に入り:0人
[削除]

※未完



ここはまるで箱庭だ、と思うことがある。



行きつけのドーナツ屋さんでセールしてたもんだから、買わなきゃ損だよな、とひとりごちて人数分プラスちょっとのドーナツをトレーにのせていく。チョコレートがかかったものは自分、もちもちしたやつはハヤト。何もかかっていないシンプルなのがナツキで、あまーいホイップとカスタードが入ってて食べる時粉糖がちょっとメンドウクサイ(けどうまい)やつはジュン。そして、ピンクのチョコレートがかかっているやつはシキの分。プロデューサーの分は〜…ちっちゃいのがいっぱい入ったやつでいいか。

笑顔のカワイイレジのねーちゃんに見送られて俺は事務所へ向かう。事務所目の前で信号待ちしてたら、ナツキによく懐いている猫を見つけた。彼女(?)はどうやら俺のことを「エサをくれる人間」と認識しているらしくすり寄ってきた。まだまだ青色に変わりそうにないんで、ドーナツの箱を抱えたまましゃがんで猫に触れてみた。ゴロゴロ喉を鳴らしてもっともっと、と強請ってくる姿は、事あるごとに頭撫でてほしーっス!とくっついてくるウチのメンバーの何処かの誰かみたいだ。
信号が青に変わった。俺が撫でるのをやめ足を進めると彼女も歩き出す。そうだよな。俺なんかよりナツキに触ってもらいたいよな。
面食い猫と一緒に事務所の階段を上がり、最近の俺の幸せ

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:軋み柚子 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:煙草とホテル 制限時間:15分 読者:102 人 文字数:239字 お気に入り:0人
医者の不養生とはよく言ったもので、当時の桜庭薫は煙草を辞められずにいた。今は気まぐれに月一で吸うか吸わないかの頻度である。ただ、たまに吸う煙の中に浮かび上がるよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みりんPはレジェという深海に沈む ジャンル:アイドルマスターsideM お題:小説の宿命 制限時間:15分 読者:190 人 文字数:466字 お気に入り:0人
【雨クリ】机に置き去りにされた本は見覚えのないタイトルだったが古論のものだろうと推察するには難くないものだった。海の本だと一目でわかるタイトル。暇つぶしにちょう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みりんPはレジェという深海に沈む ジャンル:アイドルマスターsideM お題:明るい修道女 制限時間:15分 読者:504 人 文字数:289字 お気に入り:0人
【せむ】「HEY!ミスターやました、ミスターはざま!見てよこれ!So Cuteじゃない!?」白と黒で作られたシンプルな服の裾をくるりと回ることで翻す。それは所謂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミドリ ジャンル:アイドルマスターsideM お題:犯人はボーイズ 制限時間:15分 読者:415 人 文字数:692字 お気に入り:0人
「で、今の状況に陥っている、そういうわけだな。山下君」「ハイ……」硲さんが、お叱りモードに入っている。無理はない。今の俺の姿と来たら頭からコーヒーを被ってずぶぬ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:生かされたヒロイン 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:867字 お気に入り:0人
カットの声がかかって、地に倒れ伏した俺は目を開いた。飴で湿ったコンクリートの上。頬に小石が喰いこんで落ち着かない。スタッフの「OKです」という言葉に、身体を起こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:小説家の世界 制限時間:4時間 読者:35 人 文字数:1386字 お気に入り:0人
それはいつだって自分の頭の中の物語だった。他人の目には見えず、聞こえず、理解の出来ない代物だった。だから描いた。文字を使って、はっきりと可視化できるように色を付 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:純白の職業 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:433字 お気に入り:0人
くるくると巡る毎日の中、衣装を変え、表情を変え、視線を変える。進む先はいつだって自分の正面。真っ直ぐに前へ、前へ。胸を張って顔を上げて、時に人を魅了する笑顔を浮 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:生かされた船 制限時間:1時間 読者:31 人 文字数:825字 お気に入り:0人
「クリスさん、何してるの?」北村の声に、名前を呼ばれた古論が振り返る。手には三十センチほどの木の棒が握られており、川辺に生えた茂みへと向けられている。早朝六時の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:最弱の国 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:1288字 お気に入り:0人
「どうしても駄目かい?」「どうしても駄目」静かな事務所で交わされるこのやり取りも、今日で五回目だ。自身の外見の良さを理解している類は、可愛らしく首を傾げて「何故 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:可愛い小説新人賞 制限時間:1時間 読者:35 人 文字数:793字 お気に入り:0人
「大きな休みが取れたらどうしたい?」俺の言葉に、道流が手に持っていたグラスをテーブルに置いて、ううんと首を捻った。俺としては酒の席のちょっとした雑談のつもりだっ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ミスプリ! お題:彼女と傘 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:1068字 お気に入り:0人
6月も半ば――。僕は雨に濡れながら、帰路についていた。 いつもなら同じ学校に通う主、姫岡こころと帰っているはずなのだが、今日は違う。 こころが友達とどうしても行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
対価 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:Axis powers ヘタリア【腐向け】 お題:ちっちゃなローン 制限時間:30分 読者:27 人 文字数:505字 お気に入り:0人
「そうですね……、ではこうしましょう」暫く考えたのち、本田は覚悟を決めたように言った。どんな条件を出されようと、彼の唯一になることを諦めるつもりは無い。彼の国の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:怪盗ジョーカー お題:傷だらけの狸 必須要素:扇風機 制限時間:2時間 読者:23 人 文字数:1022字 お気に入り:0人
ある暑い夏の日。扇風機の前でゲームをしていた俺はハチに「もーちょっとジョーカーさん、ちゃんと見たいてくださいよ〜!」と怒られた。季節は夏。いまはスカイジョーカー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:限りなく透明に近い慰め 制限時間:1時間 読者:19 人 文字数:1958字 お気に入り:0人
「会長はいつから私のことを知ってたんですか?」生徒会室で一緒にのんびりお茶をすすっていた西住ちゃんが唐突にこんな言葉を投げかけてきた。「どうしたの急に?あと私は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
UB
作者:匿名さん ジャンル: お題:魅惑の彼 制限時間:2時間 読者:30 人 文字数:1011字 お気に入り:0人
「彼は馬鹿である。」そんなイメージがあるのは、嵐の天然担当、相葉雅紀のことである。だけど、最近思うことがある。それは、彼の大人としての魅力が最近感じられること 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:熱いプロポーズ 必須要素:丑三つ時 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:542字 お気に入り:0人
「違う!!!僕が言いたかったのはそうじゃないんだッ…!!」キリッとした眼差しはそのままに、フーゴは顔を真っ赤にして全力否定する。午後の優雅なティータイム。ニヤニ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:静かな超能力 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:1314字 お気に入り:0人
「実は僕、超能力使えるんです」 紫乃創がそう言ったのは、ガーデンテラスで部活動をしている時だった。朔間凛月と天祥院英智はその言葉を聞いて不思議そうに創を見た。少 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゾイド お題:ぐちゃぐちゃの高給取り 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:512字 お気に入り:0人
微笑(プロイツェンとレイヴン)彼の食事する姿はなぜか印象に残っている。結構な高級料理ばかり口にしていたがちっとも美味しそうに食べないのだ。当時のぼくは子供だった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:早い冤罪 必須要素:クリスマス爆破計画 制限時間:1時間 読者:26 人 文字数:2077字 お気に入り:0人
ドンドンドン、ガンガンガンッ!「ま~ぁくーん。あ~そ~ぼ~ッ!寒いからい~れ~て~ッ!」「~~ッ!あ゛あ゛ッ!!凛月うるさい!!!!」今何時だと思ってるんだ!! 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル: お題:経験のない祖母 必須要素:育毛剤 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:1846字 お気に入り:0人
私には祖母と触れ合った記憶がないのである。幼少期、父親を亡くした私は義理の兄の智とともに暮らし、大きな邸宅の中で過ごしていた。齢三歳のことである。智は執事として 〈続きを読む〉