ジャンル:アイドルマスターsideM お題:箱の中のホテル 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:572字 お気に入り:0人
[削除]

※未完



ここはまるで箱庭だ、と思うことがある。



行きつけのドーナツ屋さんでセールしてたもんだから、買わなきゃ損だよな、とひとりごちて人数分プラスちょっとのドーナツをトレーにのせていく。チョコレートがかかったものは自分、もちもちしたやつはハヤト。何もかかっていないシンプルなのがナツキで、あまーいホイップとカスタードが入ってて食べる時粉糖がちょっとメンドウクサイ(けどうまい)やつはジュン。そして、ピンクのチョコレートがかかっているやつはシキの分。プロデューサーの分は〜…ちっちゃいのがいっぱい入ったやつでいいか。

笑顔のカワイイレジのねーちゃんに見送られて俺は事務所へ向かう。事務所目の前で信号待ちしてたら、ナツキによく懐いている猫を見つけた。彼女(?)はどうやら俺のことを「エサをくれる人間」と認識しているらしくすり寄ってきた。まだまだ青色に変わりそうにないんで、ドーナツの箱を抱えたまましゃがんで猫に触れてみた。ゴロゴロ喉を鳴らしてもっともっと、と強請ってくる姿は、事あるごとに頭撫でてほしーっス!とくっついてくるウチのメンバーの何処かの誰かみたいだ。
信号が青に変わった。俺が撫でるのをやめ足を進めると彼女も歩き出す。そうだよな。俺なんかよりナツキに触ってもらいたいよな。
面食い猫と一緒に事務所の階段を上がり、最近の俺の幸せ

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:軋み柚子 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:煙草とホテル 制限時間:15分 読者:127 人 文字数:239字 お気に入り:0人
医者の不養生とはよく言ったもので、当時の桜庭薫は煙草を辞められずにいた。今は気まぐれに月一で吸うか吸わないかの頻度である。ただ、たまに吸う煙の中に浮かび上がるよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みりんPはレジェという深海に沈む ジャンル:アイドルマスターsideM お題:小説の宿命 制限時間:15分 読者:220 人 文字数:466字 お気に入り:0人
【雨クリ】机に置き去りにされた本は見覚えのないタイトルだったが古論のものだろうと推察するには難くないものだった。海の本だと一目でわかるタイトル。暇つぶしにちょう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みりんPはレジェという深海に沈む ジャンル:アイドルマスターsideM お題:明るい修道女 制限時間:15分 読者:524 人 文字数:289字 お気に入り:0人
【せむ】「HEY!ミスターやました、ミスターはざま!見てよこれ!So Cuteじゃない!?」白と黒で作られたシンプルな服の裾をくるりと回ることで翻す。それは所謂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミドリ ジャンル:アイドルマスターsideM お題:犯人はボーイズ 制限時間:15分 読者:434 人 文字数:692字 お気に入り:0人
「で、今の状況に陥っている、そういうわけだな。山下君」「ハイ……」硲さんが、お叱りモードに入っている。無理はない。今の俺の姿と来たら頭からコーヒーを被ってずぶぬ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:生かされたヒロイン 制限時間:30分 読者:66 人 文字数:867字 お気に入り:0人
カットの声がかかって、地に倒れ伏した俺は目を開いた。飴で湿ったコンクリートの上。頬に小石が喰いこんで落ち着かない。スタッフの「OKです」という言葉に、身体を起こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:箱の中の恋 制限時間:30分 読者:59 人 文字数:1237字 お気に入り:0人
仕事が終わって、報告の為に事務所に向かう。任された仕事は無事こなしたと、忙しそうにデスクに向かう番長さんにそう告げるために。そんなこと電話の一本入れてしまえばそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:小説家の世界 制限時間:4時間 読者:68 人 文字数:1386字 お気に入り:0人
それはいつだって自分の頭の中の物語だった。他人の目には見えず、聞こえず、理解の出来ない代物だった。だから描いた。文字を使って、はっきりと可視化できるように色を付 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:純白の職業 制限時間:30分 読者:103 人 文字数:433字 お気に入り:0人
くるくると巡る毎日の中、衣装を変え、表情を変え、視線を変える。進む先はいつだって自分の正面。真っ直ぐに前へ、前へ。胸を張って顔を上げて、時に人を魅了する笑顔を浮 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:生かされた船 制限時間:1時間 読者:71 人 文字数:825字 お気に入り:0人
「クリスさん、何してるの?」北村の声に、名前を呼ばれた古論が振り返る。手には三十センチほどの木の棒が握られており、川辺に生えた茂みへと向けられている。早朝六時の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:最弱の国 制限時間:1時間 読者:56 人 文字数:1288字 お気に入り:0人
「どうしても駄目かい?」「どうしても駄目」静かな事務所で交わされるこのやり取りも、今日で五回目だ。自身の外見の良さを理解している類は、可愛らしく首を傾げて「何故 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:裏切りのところてん 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1529字 お気に入り:0人
「あつい・・・」鶴丸国永は畳にだらしなく寝転がったままつぶやいた。現在の本丸は夏の景趣だ。青々とした緑。遠くまで見渡す限りの青空。川遊びを楽しむ短刀たちの歓声。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
焼き魚 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:釣りの朝 お題:黒尽くめのにおい 必須要素:右膝 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:247字 お気に入り:0人
♪お魚が焼けました〜♪3枚におろしました〜(!?)♪3つがそれぞれ膨らn「焼き魚は3枚におろさないだろッ!?」俺は座っていたソファから勢いよく立ち上がる。……が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
太陽の男 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:夏のあそこ 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:1188字 お気に入り:0人
みーんみんみんみんみん甲高いセミの鳴き声が耳に障る。冷房のスイッチを入れようとがば、と身体を起こして気づく。そういえばここは家ではなかった。小さく息を吐いて眼下 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:愛すべき馬鹿 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:984字 お気に入り:0人
「ローズヒップは何をしているのかしら?」「……私には分かりかねます」アッサム様がポツリとつぶやきます。私達はテーブルに座り、ローズひっぴさんが紅茶を入れるのを待 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:すごい目 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:810字 お気に入り:0人
「どうしてアッサムだけあんなにちやほやされるのかしら」「それは……」アッサム様は聖グロの生徒達に取り囲まれ、キャーキャーと騒がれています。先日の大洗・知波単連合 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:未熟な湖 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:1156字 お気に入り:0人
「キャンプですわ!」 野営地に着くなり、ローズヒップさんは湖に向かってかけていきます。一応これはキャンプではなく、野営訓練という名目なのですが。 いつものごとく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:裏切りの誤解 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:857字 お気に入り:0人
「オレンジペコさんっ!」 この声はローズヒップさんですね。一体どうしたというのでしょう。普段にもましてどたどたと威勢良くやってきました。 ローズヒップさんは私の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:俺の団欒 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:335字 お気に入り:0人
昨日は、初めてのLIVEだった。最高だった。主役ではなくバックダンサーだったし、ミスもそれなりに有った。でも、今までにないくらいに感情が高ぶった。バックダンサー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイカツスターズ お題:死にかけのボーイズ 制限時間:4時間 読者:16 人 文字数:1058字 お気に入り:0人
「ああ・・・。」明るいレッスン室の端っこ。男子アイドルのトップともいえる存在、M4の吉良かなたは暗い顔で倒れていた。今月末はM4のアイカツ武道館ライブ。今回はた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:騙されたぷにぷに 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:1500字 お気に入り:0人
子を失った悲しみに泣き暮らす横顔にさえ見惚れた、これは罰だ。 妻の作ってくれた巾着袋は、彼女の美しさをなぞったような美しい縫い目を並べて早数年が経とうとしてい 〈続きを読む〉