ジャンル:東方Project お題:計算ずくめの天才 制限時間:30分 読者:188 人 文字数:1287字 お気に入り:0人

故郷

夏の匂いというべきなのだろうか、それとも、東京の匂いなのだろうか? それか、私にしか感じられない匂いなのだろうか?
さあ? 少なくとも、京都に住むみんなにはわかってもらえない。もちろん、メリーにだって。
この、八月も半ばも過ぎると感じられるこの匂いは。

夏の暑さと湿気が入り交じった何かが私の口の中と肺と体全部を埋め尽くしていく。ひび割れたコンクリートの道を、じりじりと音をたてる昔ながらの街灯が照らし出している。まともに点灯している街灯はだいたい三割くらいで、五割は光が弱くなっていたり付いたり消えたりしている。残りの一割は消えたままだ。
私が物心ついた頃からずっとこの調子だ。私が大学生になった今でも同じ比率だ。たぶん、東京っていう街がある限りは、この比率が変わることはないのだろう。まともに付く街灯は三割だけ。きっちり一割の電灯は壊れたまま。
防犯カメラとドローンが完璧に安全を担保してくれているこの街の電灯は、丁寧に丁寧に、きめ細かな心配りで壊れ続けている。

なぜって? そんなのは決まってる。
東京ってのはそんな街だから。荒れ果てたコンクリート。奇抜な格好に身を包んだかぶき者。見捨てられたかつての首都。
それが東京のアイデンティティだから。こんな街に住むのは、見捨てられた街を好む変わり者だけだ。例えば、私の両親とか。

特にやることはなくて――メリーにこんなことを言うとお説教されるけれど――実家に帰ると本当にやることが思いつかない。
私はやることがないのでぶらぶらと歩いていた。
資格をとろうとか、将来を考えようとか、後期の単位を取らないと進級が危ないから準備しようってのは「やるべきこと」には入らないし。
京都ならやるべきことはいくらでも思いつく、そうでもなければ実家を離れて京都の大学を選んだりはしないだろう。
いくら荒れ果てても、大学ってものだけはやっぱり東京に集まっている。大学ってのはそんなものだから。

本当にやることがないからずっと歩いていた。やることがあるならタクシーを拾っている。自動運転が格安で効率的に運んでくれる。
ああ、本当に暑い。暑いけれど、日に日に夜が長くなっていると感じられる。夏至なんて今は昔。それが夏だ。

向こうにカクテル光線の光が見えた――野球場の光。ペンギンにしか見えない燕がいるのかな。永遠に弱い我らが故郷のチームが。
目の前にけばけばしい黄色の看板が見えた。不健康を絵に描いた食物、背脂ギトギトが売りのラーメン屋の看板だ。
なんとなくで私は食券を買った。年代物のプラスチック板が落ちて来た。
私は店員さんに食券を渡し、立ち食いのカウンターの前に立つ。化学調味料どっさりのラーメンが運ばれてくる。

本当に、何もかも、何もかも、時代錯誤で。それが東京だ。悪癖と退廃を絵に描いたような街だ。
背脂ギトギトのラーメンを食べると胃が持たれそうになった。
こんな不健康さえも計算された街。
汗をかきながらラーメンを食べる。ほんと、嫌な街。夏の匂いが私を埋め尽くす。
ああどうしようもなく懐かしい。ここは私の産まれた街。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:あどそ ジャンル:東方Project お題:昨日の内側 制限時間:30分 読者:76 人 文字数:2249字 お気に入り:0人
昨日内側外側なんの内と外なんだ?三途の川・・・とか?境界があるもの。内訳。外側の人から見て。なんの?昨日の話になってくる。伝聞?語り口調か?「昨日は”内側”はど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:恋の外側 制限時間:30分 読者:85 人 文字数:686字 お気に入り:0人
「ねぇ?」「何かしら」そんな会話から、この物語は始まった 「好きな人いる?」そんなリミアの質問に「ぶーーーーーー」霊夢はお茶を吐き出す「なななによ急に」「そんな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:昔の職業 制限時間:30分 読者:169 人 文字数:924字 お気に入り:0人
「アリスはさ」 昼下がりだった。森の重い緑を抜けて窓に差し込む柔らかい光。それを浴びて光る金髪。紅茶のカップを半ば傾けたまま、ぼんやりした視線が目の前のテーブ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:疲れた事故 制限時間:30分 読者:147 人 文字数:643字 お気に入り:0人
「愛しているわ」 「私もだぜ、アリス」全く笑ってしまうほど、それは道化のような定型文だった。ベッドに残るのは行為の後のけだるさではなく点々とシーツを汚す血痕だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:苔地蔵 ジャンル:東方Project お題:疲れた宴 制限時間:30分 読者:215 人 文字数:1025字 お気に入り:0人
「はあ…なんであいつら好き放題やって片付けやら何やらは全部私一人にやらせるのかしら」私、博麗霊夢は辟易していた月に一回、何故か博麗神社で人妖問わずの大宴会が行わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:恥ずかしいフォロワー 制限時間:30分 読者:170 人 文字数:858字 お気に入り:0人
夢現病。三年目のセーターみたいに毛玉を全身につけた女によれば、私の体質にはそんな病名がついているらしい。私は当然、自分が病んでいるとは思っていない。なんなら選 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:許されざる部屋 制限時間:30分 読者:177 人 文字数:564字 お気に入り:0人
「...と、いう訳なんです。お願いできますか?」鬱蒼とした魔法の森に住む魔法使いアリス・マーガトロイドは、二人の少女から依頼を受けた。東風谷早苗の持っていた人形 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:日本整形 制限時間:30分 読者:166 人 文字数:520字 お気に入り:0人
「早苗さん、これは何?」守矢神社に来ていたこいしは横にいる早苗に声をかけた。「...それは、私が小さい頃持っていた人形ですね、懐かしいなぁ」こいしが手にしていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:苔地蔵 ジャンル:東方Project お題:弱いギャグ 制限時間:30分 読者:229 人 文字数:397字 お気に入り:0人
「文さ〜ん!また早苗がいじめるんですよー!」椛が私の家の扉を開けて泣きついてくる「もう、仕方ないですねえ椛は…はい、刀と盾です。これ持って頑張ってきて下さい」ボ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
霊夢と早苗 ※未完
作者:苔地蔵 ジャンル:東方Project お題:綺麗な怒り 制限時間:30分 読者:221 人 文字数:185字 お気に入り:0人
「何か、言う事は?」お祓い棒を携えた霊夢さんが歩いてくる「妖怪退治は…必要な事なんです」まだズキズキと痛む身体を無理やり起こして答える「この状況を見てもまだ必要 〈続きを読む〉

かぼちゃの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:かぼちゃ ジャンル:東方Project お題:清い修道女 制限時間:1時間 読者:213 人 文字数:2559字 お気に入り:0人
二度と見ることの出来ない景色。 そもそも、早苗自身が己の目で見た景色ではない。もう、どこで見たのかも覚えていない。何かの本だろうか? それともテレビだろうか? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かぼちゃ ジャンル:東方Project お題:あいつと快楽 制限時間:1時間 読者:216 人 文字数:2905字 お気に入り:1人
もしも私の人生が一度きりだとすれば、きっと手首を切る以上の快楽なんてないだろう。 あいにく、その快感を感じた後にそいつは死んでしまうのだから、自殺の快楽を語り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かぼちゃ ジャンル:東方Project お題:潔白な彼氏 制限時間:1時間 読者:146 人 文字数:2847字 お気に入り:0人
月の放つ光は柔らかくて暖かくて、その下には天の川が流れています。ええ、もちろん川です。地面の上と大地の間をさらさらと川が流れています。水素よりも透き通った水が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かぼちゃ ジャンル:東方Project お題:計算ずくめの天才 制限時間:30分 読者:188 人 文字数:1287字 お気に入り:0人
夏の匂いというべきなのだろうか、それとも、東京の匂いなのだろうか? それか、私にしか感じられない匂いなのだろうか?さあ? 少なくとも、京都に住むみんなにはわかっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かぼちゃ ジャンル:東方Project お題:狡猾な警察官 制限時間:30分 読者:339 人 文字数:1574字 お気に入り:0人
響子は激怒した。イルでドープなリリシストを目指していたのだ。ギャングスターでFxxk Tha Policeの精神だったのだ。「いや……仕事もないし犯罪もないし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かぼちゃ ジャンル:東方Project お題:せつない猫 制限時間:30分 読者:396 人 文字数:1972字 お気に入り:0人
恨みがましい気分を抱いたのは確かだった。だが、それよりも寂しいと思う気分の方が強かった。 雨は強かった。雨自体は、さほど気にならない。全く気にならないわけでは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かぼちゃ ジャンル:東方Project お題:少年の団欒 制限時間:30分 読者:311 人 文字数:1723字 お気に入り:0人
「邪魔しておるぞい」 後ろから声が聞こえた。彼は振り向いたが、そこには壁しかなかった。――幻聴だろうか。 彼は思った。酷く、疲れていた。特別に疲れる理由があった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かぼちゃ ジャンル:東方Project お題:かっこ悪い汗 制限時間:30分 読者:333 人 文字数:1780字 お気に入り:0人
「うむ、こころよ、お主は綺麗じゃ。我が男なら放っておかぬところだったぞ」「ありがとう♪」「これで満足か、満足だな。そうじゃろう……」 とても自信が出てきた。そり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かぼちゃ ジャンル:東方Project お題:忘れたい牢屋 制限時間:30分 読者:337 人 文字数:1682字 お気に入り:0人
手足は鎖に繋がれていた。てゐにわかったのはそのくらいだった。付け加えれば、そこが牢獄だということくらいだろう。 気が付けば、鎖に繋がれていた。 さりとて、己が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かぼちゃ ジャンル:東方Project お題:黄金の怒り 制限時間:30分 読者:337 人 文字数:1697字 お気に入り:0人
鉱物が話すとしても、パチュリーにとっては驚くほどのことではなかった。片手では掴めぬほどに大きな鉱物であったとしても。「予定と違うわね」 一人、呟くだけだった。 〈続きを読む〉