ジャンル:刀剣乱舞 お題:知らぬ間の火事 制限時間:15分 読者:181 人 文字数:430字 お気に入り:0人

料理当番



「あーもー、ホント疲れた」

腕を組んで小さく愚痴をこぼした私に気まずそうに顔を見合わせたのは本日の食事当番、国広三兄弟である。

発端はつい数十分前。審神者部屋にて先日の出陣の報告書をまとめていると、襖の向こうから堀川国広の焦った声が飛び込んできた。

「主さん!いらっしゃいますか!?」

続いて山姥切国広の叫びが。

「ちゅ、厨房が、燃えてる!!」

嫌な悪寒が全身を駆け巡った。脳裏には燃え盛る炎が厨房を焼き尽くす様子が浮かび、私は大慌てで部屋を飛び出し厨房に駆けた。

しかし、本当のところは。

「三人とも料理当番初めてだっけ?」
「い、いかにも……」
「はぁー!そっかぁー!!」

肉が焦げてモクモクと派手に煙が出始めたのを、火事だと勘違いしたらしい。いやあ厨房が燃えてるとか言われたら審神者ドキドキしちゃうよね。ほんとやめてくれ。

しかし非常に申し訳なさげな三人の態度にまともに怒ることもできず、結局そのあと普通にご飯作ってもらった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
反省帰路 ※未完
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:悔しいライオン 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:508字 お気に入り:0人
「負けたーー!!!くっそーーー!!」「はははっ、気にするな獅子王」「気にするっての!五戦五敗だぞ?」演練の帰り道はいつも反省会だ。模擬戦闘といえど勝敗は微々たる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:無意識の兄弟 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:774字 お気に入り:0人
ディープゲーマーお供の狐コチコチ…コツ、カチカチカチ…お供の狐は一匹でいる時、とても静かだ。鳴狐さんと共にいる時は己がやるべき使命のように、彼の気持ちを汲みとり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:壊れかけの狐 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:466字 お気に入り:0人
コチコチ…コツ、カチカチカチ…お供の狐は一匹でいる時、とても静かだ。鳴狐と共にいる時は己がやるべき使命のように、鳴狐の気持ちを汲みときに言葉を添えてときにただ寄 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:限りなく透明に近い命日 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:299字 お気に入り:0人
あれ、いつの間にか体が透明になっている。私って死ぬのかな。あそこに薬研がいるのになんで気付いてくれないの!?「薬研!」必死に薬研のことを呼んだ。そうしたらこっち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:栄光の死 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:467字 お気に入り:0人
バーーーーン!!!と激しい音楽に包まれ、煽る照明、きらめくペンライト。黄色い悲鳴を全身に浴びたコンサート。目を閉じればつい昨日のことのように感じるが、それらはも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あさな@創作中作品のつぶやき ジャンル:刀剣乱舞 お題:漆黒の闇に包まれし恨み 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:799字 お気に入り:0人
武器なのだから――同田貫正国の口癖である。 刀剣男士は刀から生じた付喪神なのだから、誰しもがその思いを持ってはいるだろう。それをあえて口に出す者は多くはない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:女の民話 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:607字 お気に入り:0人
昔々、あるところに人魚のお姫様が居りました。お姫様はおてんばで、言ってはいけないと教えられている海の上へ、時々、こっそりとでかけておりました。ある日、お姫様はま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
清光の手紙 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:恋の作家デビュー 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:463字 お気に入り:0人
拝啓、主へ……「あ~~もうダメダメ!!」加州清光は書きかけの和紙をぐしゃぐしゃに握りつぶし、ぽいっと、背後のくずかごに向かって放り投げた。屑籠からは同じようにぐ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:紅茶と駄洒落 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:168字 お気に入り:0人
「寝耳に水」「あっつ!!!!!!!」明石は唐突に押し付けられた熱い物体を耳にのせられ驚いた。「あっちょっと国行暴れないでよ」「や、暴れたなくとも驚きますやん;」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:反逆の帰り道 制限時間:15分 読者:95 人 文字数:506字 お気に入り:0人
演練会場は蛍丸の剣舞に魅了されていた。それが、その本丸の終焉を飾るためのものだと気づけた者は少ない。煌びやかな5振りのレア刀たちがまるで踊るように倒れ、顕現が解 〈続きを読む〉

受験生たみなみの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:受験生たみなみ ジャンル:刀剣乱舞 お題:可愛いピアニスト 制限時間:15分 読者:167 人 文字数:468字 お気に入り:0人
「これが……?」よくエアコンの効いた車内、わたしの端末の画面を食い入るように見詰めている鶴丸。車内には微かなエンジン音に混じって懐かしいピアノの音が響いている。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:受験生たみなみ ジャンル:刀剣乱舞 お題:孤独な電車 制限時間:15分 読者:239 人 文字数:409字 お気に入り:0人
がたんごとん。もう何度乗ったかわからないこの電車。離れ離れの場所に住んでいる恋人、鶴丸のところまで会いにきて、そして帰るときに乗る夕方の電車。いつになるかまだ分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:受験生たみなみ ジャンル:カゲ○ウプロジェクト お題:天才のこだわり 制限時間:15分 読者:280 人 文字数:570字 お気に入り:0人
「キドは天才なの?」はあ?と言ったつもりだったが拍子抜けしすぎて声にもならなかったらしい。仕事から帰ってきたカノと、ご飯を作って待っていた自分。向かい合って座る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:受験生たみなみ ジャンル:刀剣乱舞 お題:知らぬ間の火事 制限時間:15分 読者:181 人 文字数:430字 お気に入り:0人
「あーもー、ホント疲れた」腕を組んで小さく愚痴をこぼした私に気まずそうに顔を見合わせたのは本日の食事当番、国広三兄弟である。発端はつい数十分前。審神者部屋にて先 〈続きを読む〉