ジャンル:封神演義 お題:人妻の夕飯 制限時間:30分 読者:93 人 文字数:994字 お気に入り:0人
[削除]

人妻の夕飯

 小振りの鍋がカタカタと蓋を慣らして頃合いだと告げる。
 洗い物の手を止めてそれに応えると、中の大根はもう透き通っているから少し水を足してまた火にかける。
 味噌を出して、ちょうど炊き上がった白米を混ぜ返し、再び煮立った鍋に味噌を落とす。今日は暑かったから、気持ち濃い目にしておこうかと味噌を溶かした所で玄関の開く音がした。
「おかえり、楊戩」
「ただいま戻りました」
 疲れているであろうにそんな素振りを見せないのは生来のものでもあるが、同時に自分に心配をかけまいとしているもの理由の一つ。
 一日経っても意地でも崩れない髪を優しく撫でて頬に一つ口付ける。
「夕飯も出来ておるし風呂も沸いておるが、どうする?」
「……他にはないんですか?」
「他、とは?」
「ご飯にお風呂と来たらもう一つ、あるでしょう?」
 途端声色が艶やかに変わり、ゾクリと背中を駆け抜ける。
 頭の後ろが一気にチリチリとして、耳まで赤くなるのが分かる。
「僕はそちらをいただきたいのですが」
「っぬし、腹は減っておらぬのか?」
「減ってます。今すぐ食べたいくらいに」
 腰を引き寄せられて、耳元で囁かれてしまえば、たちまち体の力が抜けて胸元に収まってしまう。
 それでもこのまま相手のペースに飲まれてしまうのは癪だし、折角作った夕飯が冷めるのも本意では無いので抵抗を試みてみた。
「ならさっさと着替えてこんか!飯が冷める!」
「師叔の方も食べ頃では?」
「なっ、ん、ぅ」
 抗議の声は簡単に封じられて、押し返そうとした舌も簡単に絡め取らてしまう。
 至近距離で濡れるすみれ色に強請られれば撥ね付けるのは難しい。最初から分かっているのに。
「美味しそうですね」
 ちゅう、と音を立てて名残惜しそうに舌を吸われる。
 けれどもいつも同時にまさぐってくる掌は今日は腰を支えるだけで、なし崩しになると思っていた行為は、信じられないくらいあっさりと終わりを告げてしまった。
 望んでいたようないなかったような展開に力なく寄りかかりながらもぽかんとしていると、額にも口付けが降りできた。
「キス、夕飯の味がしました」
「……あ」
「そしたら急にお腹が空いてしまって」
 着替えてきます、と離れた体温を追うことも出来ず、ただただエプロンの裾を握って立ち尽くすしか無かった。
「腹が減っておるのはおぬしだけではないとゆーに」
 

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:鳩野まるみ ジャンル:封神演義 お題:小説の事件 制限時間:2時間 読者:60 人 文字数:1573字 お気に入り:0人
その小さな街で起こった出来事が小説のエピソードになっていたということを、彼らは随分あとから気がついたのだった。 熱帯魚を趣味にしている地元の名士の家の一帯が停 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鳩野まるみ ジャンル:封神演義 お題:トカゲのマンション 制限時間:15分 読者:492 人 文字数:596字 お気に入り:0人
その、しゅるしゅるとすばしっこい、尾の長い生き物がいたのは、日盛りの石段の途中だった。 石段に使われている石には大振りなものや小さなものが混ざっているから、と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:封神演義 お題:男の瞳 制限時間:4時間 読者:275 人 文字数:2084字 お気に入り:0人
きっと、影ばかりを映しすぎたのだろう。彼の瞳は決してひかりを宿さない。そのことを、彼は他人のせいにしたがり、必死に加害者を求める。たまに傍らでそれを眺める機会 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:封神演義 お題:純白の机 制限時間:1時間 読者:859 人 文字数:1059字 お気に入り:0人
書簡の山が次第に大きくなる。筆をすべらせる手元だけでなく、他に見つめるものがあるからだと、内心では理解している。「それで、雨期が来る前に──」 一人より二人、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ナラハ ジャンル:封神演義 お題:憧れの第三極 制限時間:15分 読者:565 人 文字数:404字 お気に入り:0人
西岐のヒーローといってすぐに名前が挙がるのは統治者である姫昌その人だろう。 次いで彼の長子である伯邑考、彼のカリスマ性もなかなか侮れない。美しい外見、洗練され 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ナラハ ジャンル:封神演義 お題:忘れたい小説訓練 制限時間:15分 読者:646 人 文字数:525字 お気に入り:0人
君のその観察眼は変化能力だけでなく創作にも役立つ!かもしれない!とお調子者の先輩に押し付けられた一冊の本には、『いちから始める小説講座』と丸文字で記されていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:龍野あかり ジャンル:封神演義 お題:都会の猫 必須要素:挽き肉 制限時間:30分 読者:592 人 文字数:1250字 お気に入り:0人
「食べる?」隣を歩く相手に、串刺しつくねを差出す。セット販売というやつは面倒だと思う。これが欲しい!と思ったものをゲットするより、セットの方がお得に見えることが 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ミスプリ! お題:彼女と傘 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:1068字 お気に入り:0人
6月も半ば――。僕は雨に濡れながら、帰路についていた。 いつもなら同じ学校に通う主、姫岡こころと帰っているはずなのだが、今日は違う。 こころが友達とどうしても行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
対価 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:Axis powers ヘタリア【腐向け】 お題:ちっちゃなローン 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:505字 お気に入り:0人
「そうですね……、ではこうしましょう」暫く考えたのち、本田は覚悟を決めたように言った。どんな条件を出されようと、彼の唯一になることを諦めるつもりは無い。彼の国の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:怪盗ジョーカー お題:傷だらけの狸 必須要素:扇風機 制限時間:2時間 読者:21 人 文字数:1022字 お気に入り:0人
ある暑い夏の日。扇風機の前でゲームをしていた俺はハチに「もーちょっとジョーカーさん、ちゃんと見たいてくださいよ〜!」と怒られた。季節は夏。いまはスカイジョーカー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:限りなく透明に近い慰め 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:1958字 お気に入り:0人
「会長はいつから私のことを知ってたんですか?」生徒会室で一緒にのんびりお茶をすすっていた西住ちゃんが唐突にこんな言葉を投げかけてきた。「どうしたの急に?あと私は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
UB
作者:匿名さん ジャンル: お題:魅惑の彼 制限時間:2時間 読者:28 人 文字数:1011字 お気に入り:0人
「彼は馬鹿である。」そんなイメージがあるのは、嵐の天然担当、相葉雅紀のことである。だけど、最近思うことがある。それは、彼の大人としての魅力が最近感じられること 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:熱いプロポーズ 必須要素:丑三つ時 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:542字 お気に入り:0人
「違う!!!僕が言いたかったのはそうじゃないんだッ…!!」キリッとした眼差しはそのままに、フーゴは顔を真っ赤にして全力否定する。午後の優雅なティータイム。ニヤニ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:静かな超能力 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1314字 お気に入り:0人
「実は僕、超能力使えるんです」 紫乃創がそう言ったのは、ガーデンテラスで部活動をしている時だった。朔間凛月と天祥院英智はその言葉を聞いて不思議そうに創を見た。少 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゾイド お題:ぐちゃぐちゃの高給取り 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:512字 お気に入り:0人
微笑(プロイツェンとレイヴン)彼の食事する姿はなぜか印象に残っている。結構な高級料理ばかり口にしていたがちっとも美味しそうに食べないのだ。当時のぼくは子供だった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:早い冤罪 必須要素:クリスマス爆破計画 制限時間:1時間 読者:25 人 文字数:2077字 お気に入り:0人
ドンドンドン、ガンガンガンッ!「ま~ぁくーん。あ~そ~ぼ~ッ!寒いからい~れ~て~ッ!」「~~ッ!あ゛あ゛ッ!!凛月うるさい!!!!」今何時だと思ってるんだ!! 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル: お題:経験のない祖母 必須要素:育毛剤 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:1846字 お気に入り:0人
私には祖母と触れ合った記憶がないのである。幼少期、父親を亡くした私は義理の兄の智とともに暮らし、大きな邸宅の中で過ごしていた。齢三歳のことである。智は執事として 〈続きを読む〉