ジャンル:封神演義 お題:人妻の夕飯 制限時間:30分 読者:71 人 文字数:994字 お気に入り:0人
[削除]

人妻の夕飯

 小振りの鍋がカタカタと蓋を慣らして頃合いだと告げる。
 洗い物の手を止めてそれに応えると、中の大根はもう透き通っているから少し水を足してまた火にかける。
 味噌を出して、ちょうど炊き上がった白米を混ぜ返し、再び煮立った鍋に味噌を落とす。今日は暑かったから、気持ち濃い目にしておこうかと味噌を溶かした所で玄関の開く音がした。
「おかえり、楊戩」
「ただいま戻りました」
 疲れているであろうにそんな素振りを見せないのは生来のものでもあるが、同時に自分に心配をかけまいとしているもの理由の一つ。
 一日経っても意地でも崩れない髪を優しく撫でて頬に一つ口付ける。
「夕飯も出来ておるし風呂も沸いておるが、どうする?」
「……他にはないんですか?」
「他、とは?」
「ご飯にお風呂と来たらもう一つ、あるでしょう?」
 途端声色が艶やかに変わり、ゾクリと背中を駆け抜ける。
 頭の後ろが一気にチリチリとして、耳まで赤くなるのが分かる。
「僕はそちらをいただきたいのですが」
「っぬし、腹は減っておらぬのか?」
「減ってます。今すぐ食べたいくらいに」
 腰を引き寄せられて、耳元で囁かれてしまえば、たちまち体の力が抜けて胸元に収まってしまう。
 それでもこのまま相手のペースに飲まれてしまうのは癪だし、折角作った夕飯が冷めるのも本意では無いので抵抗を試みてみた。
「ならさっさと着替えてこんか!飯が冷める!」
「師叔の方も食べ頃では?」
「なっ、ん、ぅ」
 抗議の声は簡単に封じられて、押し返そうとした舌も簡単に絡め取らてしまう。
 至近距離で濡れるすみれ色に強請られれば撥ね付けるのは難しい。最初から分かっているのに。
「美味しそうですね」
 ちゅう、と音を立てて名残惜しそうに舌を吸われる。
 けれどもいつも同時にまさぐってくる掌は今日は腰を支えるだけで、なし崩しになると思っていた行為は、信じられないくらいあっさりと終わりを告げてしまった。
 望んでいたようないなかったような展開に力なく寄りかかりながらもぽかんとしていると、額にも口付けが降りできた。
「キス、夕飯の味がしました」
「……あ」
「そしたら急にお腹が空いてしまって」
 着替えてきます、と離れた体温を追うことも出来ず、ただただエプロンの裾を握って立ち尽くすしか無かった。
「腹が減っておるのはおぬしだけではないとゆーに」
 

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:鳩野まるみ ジャンル:封神演義 お題:小説の事件 制限時間:2時間 読者:42 人 文字数:1573字 お気に入り:0人
その小さな街で起こった出来事が小説のエピソードになっていたということを、彼らは随分あとから気がついたのだった。 熱帯魚を趣味にしている地元の名士の家の一帯が停 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鳩野まるみ ジャンル:封神演義 お題:トカゲのマンション 制限時間:15分 読者:476 人 文字数:596字 お気に入り:0人
その、しゅるしゅるとすばしっこい、尾の長い生き物がいたのは、日盛りの石段の途中だった。 石段に使われている石には大振りなものや小さなものが混ざっているから、と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:封神演義 お題:男の瞳 制限時間:4時間 読者:258 人 文字数:2084字 お気に入り:0人
きっと、影ばかりを映しすぎたのだろう。彼の瞳は決してひかりを宿さない。そのことを、彼は他人のせいにしたがり、必死に加害者を求める。たまに傍らでそれを眺める機会 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:封神演義 お題:純白の机 制限時間:1時間 読者:835 人 文字数:1059字 お気に入り:0人
書簡の山が次第に大きくなる。筆をすべらせる手元だけでなく、他に見つめるものがあるからだと、内心では理解している。「それで、雨期が来る前に──」 一人より二人、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ナラハ ジャンル:封神演義 お題:憧れの第三極 制限時間:15分 読者:556 人 文字数:404字 お気に入り:0人
西岐のヒーローといってすぐに名前が挙がるのは統治者である姫昌その人だろう。 次いで彼の長子である伯邑考、彼のカリスマ性もなかなか侮れない。美しい外見、洗練され 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ナラハ ジャンル:封神演義 お題:忘れたい小説訓練 制限時間:15分 読者:625 人 文字数:525字 お気に入り:0人
君のその観察眼は変化能力だけでなく創作にも役立つ!かもしれない!とお調子者の先輩に押し付けられた一冊の本には、『いちから始める小説講座』と丸文字で記されていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:龍野あかり ジャンル:封神演義 お題:都会の猫 必須要素:挽き肉 制限時間:30分 読者:585 人 文字数:1250字 お気に入り:0人
「食べる?」隣を歩く相手に、串刺しつくねを差出す。セット販売というやつは面倒だと思う。これが欲しい!と思ったものをゲットするより、セットの方がお得に見えることが 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!! お題:少女の病院 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:839字 お気に入り:0人
少女の病院直感だった。これは、ヤバい。鈍いか鋭いかで言えば鋭い。唸るというより飛び上がる感じの瞬間的な痛みだった。いつもと同じ朝食後、いつもと同じように動き出し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:艦隊これくしょん お題:右の略奪 必須要素:宇宙人 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:1527字 お気に入り:0人
「つまり深海棲艦の正体は宇宙人だったんだよ!」「は?」 自信満々に告げられた言葉に単音しか返せなかったのは青葉の落ち度でしょうか? こちらゴシップ記事を書いてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:僕のヒーローアカデミア お題:夏の絵描き 制限時間:1時間 読者:18 人 文字数:1135字 お気に入り:0人
深い緑が青々と茂る夏の風景。俺はこの深い緑色を他にも知っている。「轟くん、もう、いい?僕恥ずかしくって…」顔を赤らめながら俯いてそう言う緑谷に、初めて自身の手が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターミリオンライブ お題:もしかして眠り 必須要素:甘栗 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:675字 お気に入り:0人
寝息とともに緩やかに上下する彼女の身体を見ているとそこにある小さくも確かな生命の鼓動を感じることができる。 「静香」 小さく呼びかけても反応はなかった。机の上に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:経験のない娘 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:1181字 お気に入り:0人
夜は優しい生き物のようにぴったりと俺たちに寄り添っていた。街灯に照らされた犬の毛並がつやつやと輝いて、視線に気付いた顔が見上げて嬉しそうな顔をする。よく躾けら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!! お題:愛すべきローン 制限時間:1時間 読者:18 人 文字数:629字 お気に入り:0人
岩及※ゲイ岩泉←ノンケ及川「やらせて」真顔で、だけど獣のような目で、岩ちゃんが言った。いわゆる床ドンというやつで。俺は無理だと何度も言った。全力で抵抗もした。け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:鬼灯の冷徹【腐向け】 白鬼 お題:10の兄 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:1268字 お気に入り:0人
*あてんしょん!腐向けの小説です。地雷の人はまわれ右を推奨致します。 現代パロです。地雷の人は(以下略) 私の名前は丁(ひのと)と申します。7歳です。小学二年生 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:進撃の巨人 お題:限りなく透明に近い嘘 制限時間:4時間 読者:24 人 文字数:3635字 お気に入り:0人
ご注意下さい!冒頭から盛大に95、98話のネタバレです('17,10,10現在)。本誌未読の方は、何卒ご注意下さいますよう、お願い致します。ジークとイェーガー家 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
光の声 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 石かり お題:安全な天使 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:1243字 お気に入り:0人
目の前に突如として現れたその人は、何にも興味がない僕の目をくぎ付けにするのには十分すぎる程のインパクトがあった。普通、何もないところから人が現れるなんて話、聞 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:戦国BASARA お題:アブノーマルな口 必須要素:血液型 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:1546字 お気に入り:0人
高すぎる空の青、群れる魚のように輝く雲の白。縁に腰掛けてすんなりとした足を揺らし、少年は麗らかな日にそぐわないほどの緊張の面差しで虚空を油断なく睨みつけている 〈続きを読む〉