ジャンル:ポケットモンスターBW お題:幼い地獄 制限時間:30分 読者:48 人 文字数:1134字 お気に入り:0人

【ゲー主♀】一緒に踊りませんか

きらびやかで着慣れないドレス。ふわりと広がる裾に施される細やかな刺繍。そちら関係に詳しくなくとも豪奢だとありあり分かる代物に壁の花化していたトウコの口から溜息一つ。
見渡す限りの人、人、人。聞こえる会話の端端から伝わる居心地の悪い空気に思わずゲンナリ。所謂社交界という場に鳴れている組は何ら臆することなく浮くこともなくすっかり馴染んでいた。
遠目から見る緑髪親子なぞさも慣れ過ぎて余裕です雰囲気が漂う。
「はぁ。すごいねえ」
会場内を巡回するスタッフの盆から一杯くすねた飲み物をちびり舐めた。
舌先に広がる味にトウコの目が瞠る。
「おいしい」
細長いグラスに注がれた琥珀色の飲み物。炭酸の泡をシュワシュワさせ葡萄の甘みと酸味のが程よい割合で舌の上に転がる。爽やかな喉腰に気付けば次のグラスに手を伸ばしていた。



――……、
 ――・・・――、



ざわついていた会場内に響き渡るアナウンス。これから始まるイベントに談笑に浸っていた人々は会場の中心から離れるように場所を空け、代わりにペアで手を繋いだ男女が空いたスペースに疎らであるが歩み出てきた。
男が女を誘い、また女が男を誘う様は一つのドラマでも起きそうだ。大体参加者が揃ったと見るや会場の一角で生演奏を指揮していた指揮者が指揮棒をなめらかに振るう刹那。

会場の一部から声が上がる。それは小さく驚いたものが大半で特に人混みからでも頭一つ以上飛び出ている大男の制止の声がやたら響き渡っていた。人混みをかき分け開けた空間に躍り出る二つの影。少女に引かれ半ば蹈鞴を踏む大男は未だに少女に対して説得を試みているようだが健康的な肌をさらに朱色に染め上げた少女――トウコは普段より幼さを増した満面な笑みでその申し出を叩き落とした。
潤みを帯びた瞳と言動をやっと落ち着いて観察できた大男は瞬時にこの少女は酒に酔っているのに気づき額を手で覆い俯く。
「貴女、一体何杯飲んだのです…?」
「1、2、3……たくさん!」
「……話になりません」
深い深いゲーチスの溜息を物ともせずトウコは彼の腕をぐいぐい引っ張りダンスに誘う。
未成年にも関わらず酒を飲むなどと。云々ぼやくのを胸中でとどめ致し方ないといった素振り全開ゲーチスは引っ張っていたトウコの腕を自身の腕に添えるように誘導した。
「こういうのは男がリード、エスコートするものです」
「ゲーチスって踊れるの~?」
「少なくとも貴女が想像しているものよりかはマシに踊れますとも」
「そうなんだ~へェ~」
最後の参加者が揃ったと察した指揮者の指揮棒が今度こそ振るわれた。





「こんなつまんないが犇めき合う一部になるなんてイヤ。なら少しでも楽しく踊ろなきゃ」
「そうですね」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

チクチク目打ちの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:あいつと祖父 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:439字 お気に入り:0人
外で遊ぶのはあんまり得意じゃない。服や靴が汚れたり、危ない場所になんかとくに。でも、それはママが”してはならない”と口酸っぱく言うのもある。言われ続ければ苦手意 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:ロシア式の監禁 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:1818字 お気に入り:0人
「おえっ。何回入っても気分が悪くなる」「も、もう大丈夫なんじゃ、な、ないの?」薄暗い部屋に所狭しと犇めき合う白塗りピエロの群れ。中に入ってきた者を取り囲む配置で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:苦し紛れの多数派 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:897字 お気に入り:0人
「こ、こちらビル…こここ、こちらビル……」黒い機体の横に備え付けられているスイッチを押しながらビルがマイクに向かって話し掛けた。単純なテスト文章を読み上げている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:僕のヒーローアカデミア お題:簡単な酒 制限時間:30分 読者:50 人 文字数:557字 お気に入り:0人
本来三年になってようやく出来るインターンは一年の身には中々堪えているようだ。事務所の一角、黒塗りのソファで船を漕ぐ緑谷を視界に捉えた通形は開けた扉を静かに閉めた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:終わりのち、アサナギ暮らし。 お題:熱い逃亡犯 制限時間:30分 読者:28 人 文字数:734字 お気に入り:0人
戦場と化した昼時が過ぎて、客がやや疎らになった店内をぐるり見渡したマスターが小さく頷き。へとへとになったナギを手招きしました。額に軽く浮かんだ汗を拭って一息吐い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:プリンセス・プリンシパル お題:光の洞窟 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:570字 お気に入り:0人
指先から伝わる柔らかな熱が愛おしさを引き連れてじんわり心に沁み込んでいく。頬の輪郭に沿って手のひらを添えれば幸せそうに瞼を閉じ微笑む相手にまた愛おしさが募る。添 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:終わりのち、アサナギ暮らし。 お題:苦しみの天国 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:1215字 お気に入り:0人
家を飛び出した割に心は感情的になるどころか何処か冷め切っており、一匹狼だと皮肉る自分を遠くから眺めている感覚に毎度独り言ちる。分け合って出会った少女ナギと愛らし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ポケットモンスターBW お題:幼い地獄 制限時間:30分 読者:48 人 文字数:1134字 お気に入り:0人
きらびやかで着慣れないドレス。ふわりと広がる裾に施される細やかな刺繍。そちら関係に詳しくなくとも豪奢だとありあり分かる代物に壁の花化していたトウコの口から溜息一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:モンスターズインク お題:冷静と情熱の間にあるのは宴 制限時間:30分 読者:50 人 文字数:676字 お気に入り:0人
名前を付けたら情が移る。たしかにその通りで否定するつもりなど無かった。自分自身思っていた以上にこの子に情が移っていたと気付いたのはシュミレーション部屋で吠えた時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:モンスターズインク お題:混沌のこだわり 制限時間:30分 読者:56 人 文字数:567字 お気に入り:0人
青くフサフサした毛皮。鋭い爪に恐ろしい牙。頭から生えた角、尻尾だってある。ボンベを握りつぶす程度の力を持ち合わせた手が幼い手をそっと握り手をひき、小さな体を慈し 〈続きを読む〉