ジャンル:ポケットモンスターBW お題:幼い地獄 制限時間:30分 読者:114 人 文字数:1134字 お気に入り:0人

【ゲー主♀】一緒に踊りませんか

きらびやかで着慣れないドレス。ふわりと広がる裾に施される細やかな刺繍。そちら関係に詳しくなくとも豪奢だとありあり分かる代物に壁の花化していたトウコの口から溜息一つ。
見渡す限りの人、人、人。聞こえる会話の端端から伝わる居心地の悪い空気に思わずゲンナリ。所謂社交界という場に鳴れている組は何ら臆することなく浮くこともなくすっかり馴染んでいた。
遠目から見る緑髪親子なぞさも慣れ過ぎて余裕です雰囲気が漂う。
「はぁ。すごいねえ」
会場内を巡回するスタッフの盆から一杯くすねた飲み物をちびり舐めた。
舌先に広がる味にトウコの目が瞠る。
「おいしい」
細長いグラスに注がれた琥珀色の飲み物。炭酸の泡をシュワシュワさせ葡萄の甘みと酸味のが程よい割合で舌の上に転がる。爽やかな喉腰に気付けば次のグラスに手を伸ばしていた。



――……、
 ――・・・――、



ざわついていた会場内に響き渡るアナウンス。これから始まるイベントに談笑に浸っていた人々は会場の中心から離れるように場所を空け、代わりにペアで手を繋いだ男女が空いたスペースに疎らであるが歩み出てきた。
男が女を誘い、また女が男を誘う様は一つのドラマでも起きそうだ。大体参加者が揃ったと見るや会場の一角で生演奏を指揮していた指揮者が指揮棒をなめらかに振るう刹那。

会場の一部から声が上がる。それは小さく驚いたものが大半で特に人混みからでも頭一つ以上飛び出ている大男の制止の声がやたら響き渡っていた。人混みをかき分け開けた空間に躍り出る二つの影。少女に引かれ半ば蹈鞴を踏む大男は未だに少女に対して説得を試みているようだが健康的な肌をさらに朱色に染め上げた少女――トウコは普段より幼さを増した満面な笑みでその申し出を叩き落とした。
潤みを帯びた瞳と言動をやっと落ち着いて観察できた大男は瞬時にこの少女は酒に酔っているのに気づき額を手で覆い俯く。
「貴女、一体何杯飲んだのです…?」
「1、2、3……たくさん!」
「……話になりません」
深い深いゲーチスの溜息を物ともせずトウコは彼の腕をぐいぐい引っ張りダンスに誘う。
未成年にも関わらず酒を飲むなどと。云々ぼやくのを胸中でとどめ致し方ないといった素振り全開ゲーチスは引っ張っていたトウコの腕を自身の腕に添えるように誘導した。
「こういうのは男がリード、エスコートするものです」
「ゲーチスって踊れるの~?」
「少なくとも貴女が想像しているものよりかはマシに踊れますとも」
「そうなんだ~へェ~」
最後の参加者が揃ったと察した指揮者の指揮棒が今度こそ振るわれた。





「こんなつまんないが犇めき合う一部になるなんてイヤ。なら少しでも楽しく踊ろなきゃ」
「そうですね」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

チクチク目打ちの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ゼルダの伝説 お題:哀れな祝福 制限時間:1時間 読者:38 人 文字数:1126字 お気に入り:0人
そう遠くない、なるかもしれない未来。と、いったところでそれが一体何百年、何千年後なのか、もしかしたらすぐ近い未来なのか、はたまた別次元の過去なのか分からない。皮 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ONE PIECE お題:栄光の殺し 制限時間:30分 読者:66 人 文字数:487字 お気に入り:0人
どこまで本気で、どこまでが冗談なのか。ふざけているとしか思えない行いは常に割り切っていなければ振り回されるのがオチだ。今更ながら掻いた胡坐の中で高いびきをして眠 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:黄色い接吻 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:627字 お気に入り:0人
くすみ切った白い夢がひたひた足音を立てやってくる。熱が入り過ぎて役になり切っているのか。それとも別の何かが憑依して体を操り心を支配しているのか。撮影の合間。次の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ポケットモンスターBW2 お題:栄光の殺し 制限時間:30分 読者:53 人 文字数:1226字 お気に入り:0人
朝露滴る緑の絨毯が屋根一面を覆い隠し、朽ちるか朽ちないかの瀬戸際で鬩ぎ合っている石柱の間を潜り抜け、昔は人の活気で賑わっていただろう廃れた町並みを歩く。耳を澄ま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:遠いガール 制限時間:30分 読者:55 人 文字数:604字 お気に入り:1人
白い手袋が頬を包み撫ぜる感触はどちらかと言えば嫌いじゃない。少し毛羽立った布地が耳の縁をなぞる。こそばゆくて首を竦めようとすればその隙間に白い手袋が先回りして肩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:振り向けばそこに深夜 制限時間:1時間 読者:64 人 文字数:908字 お気に入り:1人
足元で蠢いていた黒い靄がビルの感情に共鳴して彼に群がり纏わりついた。憎悪、怒り、果たせなかった無念が糧となり勢いを増した黒い靄が白銀色の衣装を真逆の色で覆い隠す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:約束のネバーランド お題:彼が愛した快楽 制限時間:1時間 読者:53 人 文字数:1109字 お気に入り:0人
変わり映えのない日々、手応えの全くない日々をたった一瞬で塗り替える鮮烈と期待に心が躍る。突如現れた一人の子供。その的確な指示が手緩い狩猟の終わりを告げる。待ち望 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:清い壁 制限時間:30分 読者:84 人 文字数:709字 お気に入り:1人
糞尿が入り混じった汚水の匂いと屍肉が放つ腐臭のブレンドは一度服に染み着いたら中々取れない。触っただけで火傷するネバネバした糸に触れぬよう一定の距離を保つ。一本で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:許されざる夜 制限時間:1時間 読者:62 人 文字数:1154字 お気に入り:0人
27年の休息期間から目覚めた時、まず初めに感じたことは――胸の内に広がる空虚感だった。意識をデリー町中に張り巡らせ隈なく探し回る。募る焦燥感につられ指先が悴み呼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 ストーン・オーシャン お題:恥ずかしいブランド品 制限時間:1時間 読者:60 人 文字数:1293字 お気に入り:0人
鏡に映し出される気合入った格好。首を捻り後方も念入りに確認。鏡に顔を寄せ前髪を撫で整え、更に角度を変え左右もチェック。窓辺から差し込む陽光に照らされキラキラ輝く 〈続きを読む〉