ジャンル:遊戯王 お題:アブノーマルな仕事 制限時間:30分 読者:59 人 文字数:1941字 お気に入り:0人

【警遊(ベク遊)】 警察ごっこ

「舐めろ、遊馬巡査」
そう言って自らの足を差し出した警部の顔は、いつも通り面白くも、つまらなくもなさそうな無機質な表情を湛えていた。
「……は?」
念のため、聞き返す。もちろんはっきりと聞こえてはいたが、嘘であって欲しかったので。
「聞こえなかったのか? 舐めろ、と言ったのだ」
残念、現実だったようだ。遊馬はあまりの非常識ぶりにめまいを覚えながら、おずおずと反論を試みた。
「あの、真月警部。なんで俺がお前の足を舐めなきゃなんないわけ? しかも……こんなところで」
こんなところ、というのは言わずもがな、学校の男子トイレである。お世辞にも清潔とは言い難い空間で、これまた清潔とは縁のない足のつま先(しかも、クラスメイトで、男の!)を舐めろとはあまりに酷な要求だ、と遊馬は判断した。もちろん遊馬だってバリアンズ・ガーディアンの端くれであるし、できる限り警部の要請には応えたいが、しかし足舐めとはあまりにナンセンスすぎる。
そういう諸々の訴えを込めて遊馬は「勘弁して欲しいんだけど……」という視線を警部に送ったが、相変わらず真月警部は楽しくも、つまらなくもなさそうに、ただ宝石みたいに美しいアメジストの瞳で遊馬を一瞥しただけだった。
「遊馬巡査。君の記憶領域はどうやら、あまりに小さいか、ザルのように役立たずなのかどちらかのようだな。何度も言っているが2人きりの時は敬語を使えと言ったはずだ」
「うっ……で、でもさあ、普段は真月で『よかれとおもってぇ!』とか言ってるのに、急に態度変わって敬語も使えってちょっと、なんか」
そうなのだ。ちょっと前までクラスメイトというかほとんど遊馬の子分みたいだった真月相手に敬語を使うなんて、遊馬はそれにもちょっと不満を持っている。相変わらずみんなの前では『よかれとおもって』いるし、なんだか混乱してしまうのだ。
だが、警部は興味なさそうにため息を一つついただけで、遊馬の訴えを一蹴した。
「くだらん。臨機応変に対応するのはバリアン警察として働く上で欠かせない能力だぞ。態度の切り替えもできないようではこの先が思いやられる。いっそ君だけ組織を抜けて、呑気に過ごすといい」
「ええ、 そりゃないぜ……あ、ないであります! 俺、アストラルを守るためにはなんだってしたいんだ」
「ほう、何だってすると。いい心がけだな遊馬巡査。それならば私の足を舐めることくらい何でもないはずだな?」
「うっ」
まさしくその通り。だが、ある意味では全然違う。遊馬はえーっとぉ、と頭を抱えた。
「いや、そうだけどぉ、そうじゃなくって……ああ! 何でそんなことする必要があるんだよ!? であります!」
だが、これに対し警部は鼻を鳴らして、何だそんなことかと言ったようにやれやれと首を振った。
「簡単なことだ。つまり、これは試験なんだ。君は組織に入ったばかりでまだ日が浅い。だから、組織としても君がどこまで本気なのか
どれだけ君が信用できるのか判断しかねている状態だ。ここまではわかるな?」
「お、おう」
「まぁ、通常ならばまだ様子見といった処置で対応するが、君はいかんせん問題行動が多い。そこで試験だ。私だってこんな要求が非常識で無意味なことくらいわかっている。だが、それをあえて君に課すことで、君ともっと深い信頼関係が築けるのだ。だからこそ、君に舐めて欲しい。私の、ここを」
便器に腰かけた警部から伸びた、すらりと長い足。紺の制服から覗くつま先は、今靴と靴下が取り除かれ、白く目立っている。そこが、遊馬おいでおいでをするように、ゆらゆらと揺れた。
「わかるだろう、遊馬巡査? これは君のための、そして私のための試験なんだ。2人で力を合わせて悪のバリアンに立ち向かおう。一緒にアストラルを守ろうじゃないか。私たちはそう約束したな、そうだろう?」
「はい……警部……」
「なら、どうすればいいかわかるな」
遊馬は形のいい親指の爪を見ながら、ふうとためいきをついた。なんかよくわからなかったけれど、警部は警部の考えがあって、遊馬にこれを舐めろというのだ。だったら仕方ない。これも親友のため。アストラルのためだ。
……それに、真月警部の足はそれほど不潔というわけでもなさそうだし。
遊馬は半ば自棄気味に、警部の足をとってそこへ口付けた。最初はおずおずと、次第に大胆に。キスをして舌を絡めて。時折ちらりと警部を見る。警部はめずらしく、やや頬を染めて楽しそうな顔をしていた。
「……これでいい?」
遊馬が口を離すと、よだれが糸を引いた。
「ああ、上出来だ。……今のところはな」
警部は満足そうに笑って俺の頭を撫でた。どうやら試験は、これだけでは済まなそうだった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:広丘@低浮上 ジャンル:遊戯王 お題:くさい旅行 制限時間:30分 読者:43 人 文字数:1277字 お気に入り:0人
【海闇】 友人同士の交流といえば聞こえはいいが、所詮は高校生だ。 外泊には保護者の許可がいる。その点、海馬瀬人には両親のご機嫌取りといった手間がなかった。なによ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:広丘@低浮上 ジャンル:遊戯王 お題:フハハハハ!それは結婚 制限時間:30分 読者:44 人 文字数:1326字 お気に入り:0人
【海アテ】 話の切れ間というのは、なにもないわけではなくコミュニケーションの時間でもある。 絶え間なく会い続けるだけではなく、互いの時間も尊重してこそ、会った時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はるかず ジャンル:遊戯王 お題:勇敢な火 制限時間:30分 読者:262 人 文字数:1062字 お気に入り:0人
何の変哲もない、学校の昼休みの頃。 ガラガラガラッ――無造作にドアを開いた人物がいた。 その容貌は目つきは鋭く、いかにも不良ですと言わんばかりの人を寄せ付けな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:生@YGO映画で死んでる ジャンル:遊戯王 お題:美しい貯金 制限時間:30分 読者:324 人 文字数:1187字 お気に入り:1人
【闇表】「何してるんだ相棒」チャリンと音がした。それと同時に隣から声がかかり、遊戯はその声の主を仰ぎ見る。遊戯を相棒と呼んだ、遊戯にとても似てはいるが様々違う、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:智也@誤字は心の眼で ジャンル:遊戯王 お題:孤独な雪 制限時間:30分 読者:282 人 文字数:1868字 お気に入り:0人
【海城】 小さい頃、雪を食べるのがすきだった。汚いからやめなさいと言われるまで、雪が汚いなんて思ったもない。 真っ白で、綺麗で、これが汚いものと言われてもピンと 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:光風@HD中毒な決闘者 ジャンル:遊戯王 お題:すごい孤独 制限時間:30分 読者:259 人 文字数:397字 お気に入り:0人
海馬瀬人君メイン瀬人視点(夢の中)真っ暗闇の中を歩いている。右も左も上も下も分からないまま。聞こえてくる批難の声。耳を塞ぎたくなった。けれど、歩くことしか出来な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
大人と子供と ※未完
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王 お題:昼間のおっさん 制限時間:30分 読者:295 人 文字数:769字 お気に入り:0人
クロウは空っぽの胃を抱えて、シティの街を走っていた。特別な日でもなんでもないというのに、今日は随分と配達依頼が多い。時刻はもう一時を回っていたが、集荷した荷物を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:めざせ! 焼き討ちマスター! ジャンル:遊戯王 お題:どこかの交わり 制限時間:30分 読者:720 人 文字数:600字 お気に入り:0人
(海城) きっと永遠には続かないんだろうな、といつも心のどこかで思っている。 好き合ってこういう仲になったわけだけれど、正直なところいつだって拭えない不安と一緒 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:めざせ! 焼き討ちマスター! ジャンル:遊戯王 お題:禁断の故郷 制限時間:30分 読者:635 人 文字数:481字 お気に入り:0人
(海城) 野良犬に餌をやることほど意味のない行動もこの世にないだろう、とは分かっている。 厚かましいうえに恩知らずで、何をしてやっても有り難がることもなく、次の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:めざせ! 焼き討ちマスター! ジャンル:遊戯王 お題:少年のつるつる 制限時間:30分 読者:708 人 文字数:724字 お気に入り:0人
(海城) テレビで見たところによると、今の時代男でもムダ毛の処理くらいはこまめにするものらしい。オレはもともと髪以外の体毛が薄い方なので、肌にカミソリをあてる機 〈続きを読む〉

むしゅうせいの即興 二次小説


ユーザーアイコン
黒星の行方 ※未完
作者:むしゅうせい ジャンル:遊戯王 お題:幸福なガール 制限時間:1時間 読者:26 人 文字数:3644字 お気に入り:0人
大学生パロ「で、殺った? 殺ってない? なあ、どっちだ」 アクリルの壁越しに久しぶりに会ったあいつは、普段のバカ騒がしさなど見る影もないほど憔悴していた。首を深 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むしゅうせい ジャンル:遊戯王 お題:たった一つの昼下がり 制限時間:1時間 読者:40 人 文字数:3445字 お気に入り:0人
恋をしていた。 一生忘れられないような、烈しくて、うつくしくて、おぞましい恋だ。俺の命に咲いていた。俺の心を養分に、俺の感情を吸って、花開いた恋だった。所詮叶 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むしゅうせい ジャンル:遊戯王 お題:団地妻の使命 制限時間:1時間 読者:45 人 文字数:4564字 お気に入り:0人
「おはようございます、遊馬くん」 にこやかに笑うそいつはおれの記憶とまったく違わない、少年らしい甘さを残したやわらかい輪郭をしていた。「おはようって、真月…… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むしゅうせい ジャンル:遊戯王 お題:頭の中のデマ 制限時間:1時間 読者:44 人 文字数:4011字 お気に入り:0人
遊馬くんが足りない。「困りました。もっともっと遊馬くんが欲しいのです。そのためにはどうにかして遊馬くんを僕に夢中にさせないといけないいんですけど、ねえベクター 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むしゅうせい ジャンル:遊戯王 お題:ゆるふわ愛され死 制限時間:1時間 読者:80 人 文字数:4319字 お気に入り:0人
※女装ネタ「やだやだやだやだ、お、おんなのこの格好なんか、ぼく、できません!」 顔をゆでダコみたいに真っ赤にして、真月はいつになく強情に言い張った。みんなで、文 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むしゅうせい ジャンル:遊戯王 お題:凛としたつるつる 制限時間:1時間 読者:88 人 文字数:3485字 お気に入り:0人
お題「手作り」 ※前世捏造古代パロ 正道皇ベクター 若干病んでる それは端的に言って檻だった。非幾何学的に曲がりくねった奇妙な鉄格子、重そうな鎖、冗談みたいに大 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むしゅうせい ジャンル:遊戯王 お題:素人のコウモリ 制限時間:1時間 読者:55 人 文字数:3780字 お気に入り:0人
※いろんなベクターが同時に存在してる現代パラレル※邪道皇が病んでる暗い闇の中にいる。そこは深く、冷たく、終わりがない。ただ虚ろな無力感だけがあり、俺はその中を、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むしゅうせい ジャンル:遊戯王 お題:スポーツの小説トレーニング 制限時間:1時間 読者:96 人 文字数:3727字 お気に入り:0人
一言で言えば、絶体絶命。だいたいそんな感じだった。「ねぇねぇ、キミどこ中?なんさい?」「見りゃわかるだろ、ハトランだよ、ハトランの一年」「へー、私立の坊ちゃんか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むしゅうせい ジャンル:遊戯王 お題:アブノーマルな仕事 制限時間:30分 読者:59 人 文字数:1941字 お気に入り:0人
「舐めろ、遊馬巡査」 そう言って自らの足を差し出した警部の顔は、いつも通り面白くも、つまらなくもなさそうな無機質な表情を湛えていた。「……は?」 念のため、聞き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むしゅうせい ジャンル:遊戯王 お題:最弱の蟻 制限時間:30分 読者:91 人 文字数:2354字 お気に入り:0人
「よく晴れた日のことでした。遊馬くんはお天気の日が好きだったんですよ。明るいと元気が出るんですって。遊馬くんもおひさまみたいな人でしたけれど、それはそれは晴天が 〈続きを読む〉