ジャンル:進撃の巨人 お題:淡い夕日 制限時間:30分 読者:354 人 文字数:696字 お気に入り:0人
[削除]

赤い夕陽(ミカサとサシャの話)

壁上に並ぶ顔が赤く染まる。

そろそろ暮れる日。
日没を待って出発するのだ。

遠くに何体か見える巨人の動作は、心なしか鈍いように感じる。

常の壁外調査には無かった町民の見送りに、団長が雄たけびを返す。
それにちょっと驚いた上官達も、一緒に雄たけびをあげる。
私もつられて声をあげた。
あの時、調査兵団みんなが一つの声をあげた。






ふと目を開けると、揺れる身体は誰かの背中に縛り付けられていた。
「あれ・・・?ミカサ?」
馬に乗ったミカサの背中に括りつけられた自分。
ミカサの背中は血で汚れていて、それが自分の血なのだと気づいて眩暈がした。

「夢を見てました」
意識は朦朧としていた。今何をやって帰るところなのか思い出せない。
だいぶ失った血でぼんやりした気分は、普段話さないような事まで口からはみ出させた。

「団長が叫んでました。私たちもそれにつられて・・・」
馬を操るミカサは返事をしない。でもちゃんと聞いてくれているような気がした。
みんなで叫んで高揚して出発して、そして。

ミカサの背中は温かかった。
呟くサシャの声が小さくなる。
「・・・サシャ?大丈夫?」
ミカサが声をかけたが返事は無かった。
スースーと寝息が聞こえてミカサはホッとした。

周りを見回せば、馬に乗っているわずかな仲間の顔が見えた。
馬の数が足りない。何人かは二人で乗っている。
全員の表情は暗い。

サシャは知らない。
あの時一緒に出発した仲間の大半が、今はもういない事。

ああ、それはほんの昨日の事なんだ。
一晩でこの惨状なのだ。
ミカサが振り向くと、眠るサシャの頬に当たる夕日が赤かった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:うししお ジャンル:進撃の巨人 お題:許されざる逃亡犯 制限時間:30分 読者:800 人 文字数:1106字 お気に入り:0人
まあなんだって、よかったけどさユミルが唐突に呟いた。何を、と聞く元気は二人に残っていない。何かのため、ってほんとに楽だよ。私はいろんな、ため、を持ってるからな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ざーんねん。 ※未完
作者:Juka@弱くてつよいヒト ジャンル:進撃の巨人 お題:残念な、と彼は言った 制限時間:30分 読者:1468 人 文字数:1239字 お気に入り:0人
「あ、来た来た」「…間に合わなかったか」「まったく、前線から退いといてまだ首突っ込むからだよー」「良いだろうが。………アイツらは?」「あそこー」ハンジが指差す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:進撃の巨人 お題:運命の月 制限時間:30分 読者:2149 人 文字数:771字 お気に入り:0人
隠れ家の窓から見る、月がひどく大きく見えた。 その月をバッグに座る、少年のシルエットは底のないような深い、暗い色をしていた。少年らしい丸い頭の形。今は閉じられ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
天使の悲観 ※未完
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:進撃の巨人 お題:悲観的な天使 制限時間:30分 読者:1073 人 文字数:550字 お気に入り:0人
クリスタ・レンズ…いや、ヒストリア・レイスというべきだろうか。 彼女について、アルミン・アルレルト何も知らなかった。 その事に、彼はたった今、気づいたのだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:進撃の巨人 お題:進撃の行動 制限時間:30分 読者:1071 人 文字数:574字 お気に入り:0人
夕日が壁の向こうに消えた頃、訓練兵達の一日のカリキュラムがおわる。 「遠き山に陽は落ちて」 それを見て、アルミンが口ずさんだのは、古い歌だった。 「それなんだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:進撃の巨人 お題:寒い希望 制限時間:30分 読者:1055 人 文字数:819字 お気に入り:1人
サシャとアニのお話。 森全体が雪の白か常緑樹の寒々しい黒のどちらかだった。雪を利用した訓練の途中。サシャはそっと隣のアニを見遣る。自分が疲れてしまったので二人で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:進撃の巨人 お題:うるさい悪魔 制限時間:30分 読者:1357 人 文字数:489字 お気に入り:0人
ミカサ。お母さんになる為の予備練習。 「うるさいんだよ。お前は、俺の母さんなのか?」 エレンにそんな風に言われたことにショックを受けなかったわけではない。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かなるんば@停止しました ジャンル:進撃の巨人 お題:今日のぺろぺろ 制限時間:30分 読者:1866 人 文字数:1670字 お気に入り:1人
ベルアニ本当に真っ青な瞳の女の子は、目を閉じても睫毛まで青く見えるらしいと知ったのは、ライナーと二人で映画を見に行った時のことだった。何かのレースゲームを映像化 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:<進捗どう? ジャンル:進撃の巨人 お題:あいつと夕日 制限時間:30分 読者:1075 人 文字数:2251字 お気に入り:0人
昼間はよかったのだろう。というよりもそもそもいつからそこにいたものか、ジャンは彼のタイムスケジュールをいちいち把握していないのでそこまではわからなかった。部屋で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
怖い夢 ※未完
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:進撃の巨人 お題:地獄消しゴム 制限時間:30分 読者:1174 人 文字数:812字 お気に入り:0人
巨人から人間になる為には、誰か他の人間を喰わなければならないのかもしれない、という推測がもと。 転生&現代パロ。エレンには本当にほんのり前世の記憶があれば良い 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:静かな笑顔 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:365字 お気に入り:0人
「マスター、少し良いか?」深夜マイルームを尋ねてきたのは、退廃的な雰囲気を纏う黒衣のサーヴァント(いやこの人に限ってみれば僕の方こそ僕であるほうが相応しいのかも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Zero お題:猫の大地 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:275字 お気に入り:0人
『抑止の輪より来たれ、天秤の守り手よーーーー』黒衣の魔術師の高らかな詠唱の終わりと共に眩い閃光が古城の一室に満ちる。魔術師が瞑った目を開いたのは、儀式の主たる目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:武将隊 お題:もしかして犬 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:720字 お気に入り:0人
名を呼べば素直に返事をして、確と後ろを着いてくる。 もしかして、いやもしかしなくても、此奴は犬では無かろうか。 褒めれば大きく尻尾振って、叱ればしゅんと耳を垂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:大人の祖父 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:404字 お気に入り:0人
「君と違って、ジョースターさんはまるで大きな子供みたいだな」少しだけ皮肉を込めて、それでいて柔らかくお前は微笑む。「あぁ、じじいは昔っからこうさ」好奇心旺盛で、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!! 阿吽 お題:僕と人体 必須要素:小説 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:651字 お気に入り:0人
昔はこんな事考えもしなかった。いや、考えている暇がなかったと言った方がいいだろうか。学生の時より自由な時間は減った。それが大人という物だ。分かっている。俺のピー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー‼︎ 赤葦京治 お題:地獄ロボット 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:2533字 お気に入り:0人
此処は地獄だ。流れる汗、詰まった指先、張り付く前髪、この熱気。毎日毎日、繰り返し、噛み締める、この両手に、空に届く程のトス。打ち付ける音、堪らなく大好きなんだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:誰かと育毛 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:407字 お気に入り:0人
霊夢のそこはいまだ発毛をみていない。みずからの発育に関してはとんと無頓着な霊夢である。だが、たまに魔理沙と温泉に浸かりでもすると話は違ってくるらしく。「なんでそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛と欲望の善意 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:480字 お気に入り:0人
コアラに喰らわれ続け危殆に瀕したユーカリがやがて毒を獲得したように。覚妖怪に心のうちを暴かれ続けた者たちは、なんというかこう、「すれて」しまうのである。地霊殿の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゾエ お題:大好きな伝説 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:1677字 お気に入り:0人
「この時期は、神様に花嫁を差し出す祭りがあんねんけど、アンタもそれ見に来たん?」そう言って緑のフードを被った少年が永見が持っていた一眼レフカメラのレンズを手で触 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛、それは音 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:375字 お気に入り:0人
ご自愛ください。という定型句にエロティックな意味を見出してしまう程度にはリリカ・プリズムリバーは若かった。思春期だった。自分を愛するとは陰核を愛することに他なら 〈続きを読む〉