ジャンル:東方Project お題:疲れた宴 制限時間:30分 読者:215 人 文字数:1025字 お気に入り:0人

ある日の博麗神社〜射命丸は見た〜

「はあ…なんであいつら好き放題やって片付けやら何やらは全部私一人にやらせるのかしら」
私、博麗霊夢は辟易していた
月に一回、何故か博麗神社で人妖問わずの大宴会が行われる
それはいいのだが、後片付けが全て私に回ってくるのだ
「…誰よ布団で組んず解れつしたアホは。
シミだら…この緑の髪は」
後片付けといっても、皿や酒、残った料理の片付けだけならばいいのだが、必ずといっていいほど酔いつぶれた者を介護する部屋で何かする輩が現れるのだ
「全く…盛るんならうちの神社以外にしなさいよほんと」
そんな事があった後の布団を洗って片付けるのはすこぶる微妙な気分になるので出来ればやめて欲しいのだが
「あいつら言っても聞かないし…
うわ、こっちはなんか飛び散ってる。
ここで殺しあうのやめろって何回言えば分かるのかしら」
それだけであればまだいい、のだが。
問題は、ここが幻想郷であるという事だ
虫の妖怪もいれば、不老不死もいる。
当然、喧嘩もしたりするわけで、その跡地がたまに残っているのだ
「誰が好き好んで粉々になった虫やら内臓やら骨やら肉やら片付けたいってのよ…」
毎度そんな有様なだけに、宴会の次の日はさながら戦争の跡地に一人立っているような気分にさせられる
そして、一番困る事が
「うげ、誰よ神妙丸放置して帰ったの」
たまに仲間から忘れられて取り残された者が寝ていたりするのだ
「あんたは」
私はそれを見つけるとこうして掴み上げて
「元の住処に!」
そいつが住んでいる場所の方角に
「帰りなさい!!」
大の宴会好きだった何代目かの博麗の巫女が残してくれた棍棒(ホームランバットというらしい)でかっ飛ばすのだ。
「ふぅ…よく飛んだわね」
月に一度の宴会の後はこうして大変な事になるが、私は彼女達の事が嫌いにはなれない
とりわけ、文に対しては特別な感
「ねえ、文?さっきから勝手に私の心情を代弁してるーみたいな感じで実況するのやめてくれる?」

「あ、あややや?バレてましたか」

「バレるも何も、ずっと至近距離で呟きながら私の言葉とかメモってる時点で分かるわよ!」

「まあ、何はともあれいい記事が書けそうです!それではこれにて!」

「あっ、こら逃げるな!」

「あややっ!?ホームランバットなんて投げて危ないじゃないですか!」

「ふんっ。何もホームランバットは打つだけじゃなくて、投げても効果あんのよ」

「………ごめんなさいぃぃぃぃ!」

「全く…」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:あどそ ジャンル:東方Project お題:昨日の内側 制限時間:30分 読者:76 人 文字数:2249字 お気に入り:0人
昨日内側外側なんの内と外なんだ?三途の川・・・とか?境界があるもの。内訳。外側の人から見て。なんの?昨日の話になってくる。伝聞?語り口調か?「昨日は”内側”はど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:恋の外側 制限時間:30分 読者:85 人 文字数:686字 お気に入り:0人
「ねぇ?」「何かしら」そんな会話から、この物語は始まった 「好きな人いる?」そんなリミアの質問に「ぶーーーーーー」霊夢はお茶を吐き出す「なななによ急に」「そんな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:昔の職業 制限時間:30分 読者:169 人 文字数:924字 お気に入り:0人
「アリスはさ」 昼下がりだった。森の重い緑を抜けて窓に差し込む柔らかい光。それを浴びて光る金髪。紅茶のカップを半ば傾けたまま、ぼんやりした視線が目の前のテーブ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:疲れた事故 制限時間:30分 読者:147 人 文字数:643字 お気に入り:0人
「愛しているわ」 「私もだぜ、アリス」全く笑ってしまうほど、それは道化のような定型文だった。ベッドに残るのは行為の後のけだるさではなく点々とシーツを汚す血痕だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かぼちゃ ジャンル:東方Project お題:計算ずくめの天才 制限時間:30分 読者:187 人 文字数:1287字 お気に入り:0人
夏の匂いというべきなのだろうか、それとも、東京の匂いなのだろうか? それか、私にしか感じられない匂いなのだろうか?さあ? 少なくとも、京都に住むみんなにはわかっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:恥ずかしいフォロワー 制限時間:30分 読者:170 人 文字数:858字 お気に入り:0人
夢現病。三年目のセーターみたいに毛玉を全身につけた女によれば、私の体質にはそんな病名がついているらしい。私は当然、自分が病んでいるとは思っていない。なんなら選 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:許されざる部屋 制限時間:30分 読者:177 人 文字数:564字 お気に入り:0人
「...と、いう訳なんです。お願いできますか?」鬱蒼とした魔法の森に住む魔法使いアリス・マーガトロイドは、二人の少女から依頼を受けた。東風谷早苗の持っていた人形 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:日本整形 制限時間:30分 読者:166 人 文字数:520字 お気に入り:0人
「早苗さん、これは何?」守矢神社に来ていたこいしは横にいる早苗に声をかけた。「...それは、私が小さい頃持っていた人形ですね、懐かしいなぁ」こいしが手にしていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かぼちゃ ジャンル:東方Project お題:狡猾な警察官 制限時間:30分 読者:339 人 文字数:1574字 お気に入り:0人
響子は激怒した。イルでドープなリリシストを目指していたのだ。ギャングスターでFxxk Tha Policeの精神だったのだ。「いや……仕事もないし犯罪もないし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:どんだけー ジャンル:東方Project お題:破天荒なヒーロー 制限時間:30分 読者:226 人 文字数:660字 お気に入り:0人
東風谷早苗は暇を持て余していた。 朝から二神はどこかへ出かけ、守矢神社に一人きりでお留守番状態だったのだ。夕方からは用事があるからそれまで神社にいてねとのこと 〈続きを読む〉

苔地蔵の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:苔地蔵 ジャンル:東方Project お題:今の人体 制限時間:15分 読者:173 人 文字数:578字 お気に入り:0人
「ふうん…こんな感じになっているのね、外の世界の人間の身体は」首の中、脊髄の辺りに埋め込まれていたであろう小さなチップを取り出しながら、永琳が呟く「なにかしらね 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:苔地蔵 ジャンル:東方Project お題:彼と墓 制限時間:15分 読者:195 人 文字数:555字 お気に入り:0人
「ふう…君がいなくなってもう3年、か。時が経つのは早いものだね」彼女の墓に水をかけてやりながら話しかける「ほら、このお酒好きだったろう?…君が幻想郷に与えていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:苔地蔵 ジャンル:東方Project お題:疲れた宴 制限時間:30分 読者:215 人 文字数:1025字 お気に入り:0人
「はあ…なんであいつら好き放題やって片付けやら何やらは全部私一人にやらせるのかしら」私、博麗霊夢は辟易していた月に一回、何故か博麗神社で人妖問わずの大宴会が行わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:苔地蔵 ジャンル:東方Project お題:弱いギャグ 制限時間:30分 読者:229 人 文字数:397字 お気に入り:0人
「文さ〜ん!また早苗がいじめるんですよー!」椛が私の家の扉を開けて泣きついてくる「もう、仕方ないですねえ椛は…はい、刀と盾です。これ持って頑張ってきて下さい」ボ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
霊夢と早苗 ※未完
作者:苔地蔵 ジャンル:東方Project お題:綺麗な怒り 制限時間:30分 読者:221 人 文字数:185字 お気に入り:0人
「何か、言う事は?」お祓い棒を携えた霊夢さんが歩いてくる「妖怪退治は…必要な事なんです」まだズキズキと痛む身体を無理やり起こして答える「この状況を見てもまだ必要 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:苔地蔵 ジャンル:東方Project お題:幸福な失踪 制限時間:30分 読者:259 人 文字数:738字 お気に入り:0人
「ねえ妖夢。満開になった西行妖は綺麗ね」それだけ言い残して、私の主人は…幽々子様は消えてしまった。西行妖を見ながら、嬉しさの中にひとかけらの寂しさを交えた笑顔で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:苔地蔵 ジャンル:東方Project お題:穏やかなホテル 制限時間:1時間 読者:229 人 文字数:863字 お気に入り:0人
年中霧のかかる不思議な湖に面した真紅の洋館、そこの大きな門の呼び鈴を押すと、中から元気な少女の声が聞こえてきた「はいはい、少々お待ち下さいね!今、門を開けますか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:苔地蔵 ジャンル:Fate/GrandOrder お題:儚い境界 必須要素:4000字以上 制限時間:30分 読者:137 人 文字数:465字 お気に入り:0人
「初めまして、マスター」その言葉を聞いた瞬間、僕の中で何かが弾けそうになった「僕にとっては、久し振りだよ。清姫」それだけ言うと、僕は彼女を抱き締めようと…「いけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:苔地蔵 ジャンル:ポケットモンスター お題:少年の表情 必須要素:ラジオ 制限時間:30分 読者:171 人 文字数:1226字 お気に入り:0人
皆さん、アローラ!さあ、今日もやって参りました、アローラジオ!毎週違った話題を提供するこのアローラジオ、今週の話題は、アローラ初のチャンピオン!このアローラ地方 〈続きを読む〉