ジャンル:刀剣乱舞 お題:可愛いピアニスト 制限時間:15分 読者:194 人 文字数:468字 お気に入り:0人

鶴さにドライブデート ※未完



「これが……?」

よくエアコンの効いた車内、わたしの端末の画面を食い入るように見詰めている鶴丸。車内には微かなエンジン音に混じって懐かしいピアノの音が響いている。画面の奥でそれを奏でているのは、十数年前の幼いわたしだ。

「これが、きみなのか」

目をパチクリさせて動画に見入りながらぶつぶつ呟くと、運転席に座る彼は遂にシートベルトを外した。

「まあ、そうだね」

わたし、昔ピアノやってたんだよね。ドライブ中の他愛もないお喋りが、用も無いコンビニに駐車させるほど鶴丸を突き動かしてしまったらしい。鶴丸は非常に興味深そうに動画を眺めている。それあとで送ってくれとか言い出しそうだなあ。

「可愛いなあ」

本心から思わずこぼれたみたいな声色が非常に照れくさい。昔の話なんてするんじゃなかった。

「つ、鶴丸。いつまで見てるつもり?」
「はは、これじゃあきみは退屈か」
「ええ、お陰様で」

金の瞳がちらりとわたしを捉えた。そしてにやりと笑ってシートベルトに手をかけた。

「仕方ないな、そろそろ行くとするか」









同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:アルパカの汗 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:7577字 お気に入り:0人
(アルパカは無理) 薬研が本丸から出る理由♢♦︎♢♦︎♢ 俺っちを顕現した大将は『見習い』だった。しかも、素人もいいとこで勤勉さの欠片も持ち合わせていない高官の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小夜子@映画観たい ジャンル:刀剣乱舞 お題:幼い粉雪 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:352字 お気に入り:0人
あぁ、粉雪が舞っている。それは羽根のように、埃のように。スノードームの雪にはありえない、水ではなく風を感じるやうに舞っている。掴もうとしてもするりと逃げて、でも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小夜子@映画観たい ジャンル:刀剣乱舞 お題:生きている妹 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:2910字 お気に入り:0人
「ちょーぎくん、蜜柑!」「ちょーぎくん、蜜柑剥いて」「それは俺でないといけないのかな」「いやだって一緒におこた入ってるの君だけじゃん」「刀は蜜柑を剥くためにある 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小夜子@映画観たい ジャンル:刀剣乱舞 お題:楽観的な正月 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1203字 お気に入り:0人
「ちょーぎくん、蜜柑剥いて」「それは俺でないといけないのかな」「いやだって一緒におこた入ってるの君だけじゃん」「刀は蜜柑を剥くためにあるわけじゃ……」「ちょーぎ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:愛すべき計算 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:510字 お気に入り:0人
手元が器用そうな様子を出しているのに、すぐに手伝ってくれという刀がいる。その内容は些細なものが殆どである。例えば羊羹を食べたいが丁度良い大きさに切るのが難しいか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:初めての伝説 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:245字 お気に入り:0人
民話は人の口から口へと語り継がれてきたものだ。そんな民話には、伝説というジャンルがある。例えば、天の羽衣伝説である。ある語りだと、天女が地上に降りて松の木に羽衣 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小夜子@映画観たい ジャンル:刀剣乱舞 お題:素人の墓 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:458字 お気に入り:0人
死を迎えいれるための儀式なのだという。墓をたててみた。枯れ木を土に挿したみすぼらしいものだ。「すまんな、せめて花でも咲いていればよかったんだが」ソイツの欠けたカ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:栄光の小説練習 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:413字 お気に入り:0人
この手記を見るものがいるとすれば、僕はもう現世にはいないのだろう。そんな書き出しから始まる和綴じの冊子をめくり、僕ら拳を握った。「知ってたのかな…自分が長くない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:勇敢な奈落 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:266字 お気に入り:0人
初めはなんとも思っていなかった、なんて言葉はいろんな物語でも、馴れ初め話でもよく聞くものだ。自分が言うなんて考えもしなかったし、使いたいとも思っていなかった。あ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小夜子@映画観たい ジャンル:刀剣乱舞 お題:人妻の孤島 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:499字 お気に入り:0人
真っ白な雪の中で兄者が笑っている。あどけなく。顎をあげて大笑いするような形で。そこらの童がそうするような顔で。寒さに頬を染め、鼻も赤い。口を大きく開けているから 〈続きを読む〉

受験生たみなみの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:受験生たみなみ ジャンル:刀剣乱舞 お題:可愛いピアニスト 制限時間:15分 読者:194 人 文字数:468字 お気に入り:0人
「これが……?」よくエアコンの効いた車内、わたしの端末の画面を食い入るように見詰めている鶴丸。車内には微かなエンジン音に混じって懐かしいピアノの音が響いている。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:受験生たみなみ ジャンル:刀剣乱舞 お題:孤独な電車 制限時間:15分 読者:264 人 文字数:409字 お気に入り:0人
がたんごとん。もう何度乗ったかわからないこの電車。離れ離れの場所に住んでいる恋人、鶴丸のところまで会いにきて、そして帰るときに乗る夕方の電車。いつになるかまだ分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:受験生たみなみ ジャンル:カゲ○ウプロジェクト お題:天才のこだわり 制限時間:15分 読者:331 人 文字数:570字 お気に入り:0人
「キドは天才なの?」はあ?と言ったつもりだったが拍子抜けしすぎて声にもならなかったらしい。仕事から帰ってきたカノと、ご飯を作って待っていた自分。向かい合って座る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:受験生たみなみ ジャンル:刀剣乱舞 お題:知らぬ間の火事 制限時間:15分 読者:203 人 文字数:430字 お気に入り:0人
「あーもー、ホント疲れた」腕を組んで小さく愚痴をこぼした私に気まずそうに顔を見合わせたのは本日の食事当番、国広三兄弟である。発端はつい数十分前。審神者部屋にて先 〈続きを読む〉