ジャンル:東方Project お題:情熱的な、と彼は言った 制限時間:1時間 読者:33 人 文字数:1468字 お気に入り:0人

逢魔時

お題:パチュリー こいし 正邪
カップリング パチュリー×こいし

遥か昔に動かない大図書館と自称した事がある。
私の中では中々に効いたフレーズで自己紹介する時にもつい使ってしまう事が多いのだが、結局は言わなきゃ良かったと後悔するばかりだ。
言葉を受け取って意味を作るのはいつも聞き手。
例えどれだけ言い手が自分の本心を一字一句間違えずに述べた所で必ず齟齬が生まれる。
そしてそれを直す事は敵わない。
誰が言ったか動かない大図書館。
気が付けば何があっても動かない大図書館として扱われてしまった。
私にだって本以外に興味を持つ事はある。
こうして人里をぶらついていても不思議ではない。
だけど私の顔を見れば誰も彼もが珍しい物を見たって顔で私を見る。
そそくさと興味もない店の中に逃げ込むのは仕方のない事だ。
「お姉さんも大変な思いをしているのね」
「気にしなきゃ良いと思ってもどうしてもくすぐったいのよ。
私はネス湖のネッシーかっての」
「でも人里にネッシーが現れたらお姉さんもちょっと見に行ってみたくならない?」
「それは……
ちょっと見る以上に捕獲して解剖しちゃうわね。
解剖学ならうちの図書館にも何冊かあるし標本もいいわ」
「ネッシーもお姉さんの手にかかると形無しね」
だからこうして雑貨屋の中で長々と話をするのは仕方のない事なのだ。
店主は苦い顔をしているが別に冷やかしで来ている訳でもない。
興味をそそられる本を一旦取り置きしておいて貰えば商売になる事は理解するだろう。
どうせいつも客などいないのだから常連客相手には紅茶の一杯くらい出すのが筋だと私は思う。
「図書館のお姉さんは本ばかり買うのね。
この懐中時計とか見てて面白いのに」
「これでも魔法使いだから魔力を感じられる物を優先しているの。
その時計はとても年季が入っているけど魔力は欠片も感じられないわ」
「魔力って感じるものなの?」
「あなたは難しい事を聞くのね。
あえて言うのなら……
感じるものでもあるし、理解するものでもある」
きょとんとした顔をされるのには慣れている。
魔術ではない魔法の真髄を一般人に語っても理解などして貰えない。
生粋の魔法使いですら理解するのに一言で済むものか。
「ま、分からないのが当然よ。
この幻想郷でも理解できるのなんて何人いるんだか」
「確かに分からないや。
でも同じ事を言われた事はあるよ?」
「魔理沙かアリスにでも聞いたのかしら。
あの子たちはむしろこういう言い回しを嫌うのだけど」
「魔法使いのお姉さんたちじゃないよ。
此処で出会った知らない人が私にいったの。
その時は魔法についてじゃなかったな」
「ふーん……
また奇妙な事もあるのね」
その時、店内で古時計が鐘の音を鳴り響きその子は急に何かを思い出したかのようにああっと驚いた。
「私、もう帰らないとお姉ちゃんに怒られちゃうの。
そろそろいくね」
「はいはい。
急いで帰るのもいいけど転んで怪我しないように気をつけなさいよ」
「あはは、私は転ばないよ
それじゃ、ばいばーい」
手を振りながら小走りでぴゅーっと走っていった。
名前も知らぬ子だったが、不思議と知り合いだったようなそうでないような……
奇妙な感覚だけが残る。
「店員さん。
これとこれ頂戴」
私は店員さんに商品を渡して会計に移る。
その時にふとここで出会った知らない人の事をこの人が知っているのではないかと思い、訪ねてみた。
その店員は私と同じような感じでアイテムを物色していたという。
そう、まるでそれは

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:藤月カゴメ ジャンル:東方Project お題:情熱的な、と彼は言った 制限時間:1時間 読者:31 人 文字数:2850字 お気に入り:1人
『結局のところ、私に何をさせる気だよ!』「あら、ここまで来たんだから自分で分かってるんじゃないの? あんな大言壮語を吐いたんだから、【妹様の遊び相手】頑張ってね 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ちょうできるねこのひと ジャンル:東方Project お題:軽い水たまり 制限時間:1時間 読者:37 人 文字数:1518字 お気に入り:0人
空気の澄んだ朝。昨日までの暗い空とは違い、山の向こうがグラデーションに彩られる心地良い空。「そうだ、湖、行こう」私は気の赴くままに、晴れた空へと飛び出した。私は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:藤月カゴメ ジャンル:東方Project お題:見憶えのある小雨 制限時間:1時間 読者:34 人 文字数:1896字 お気に入り:0人
暦の上での秋にも入り、寝苦しい夜もだいぶ減ったある日の事だ。それでも日中はまだ暑いと、白狼天狗の犬走椛に誘われて、「どこかに涼みに行きましょう!」と誘われた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かぼちゃ ジャンル:東方Project お題:清い修道女 制限時間:1時間 読者:42 人 文字数:2559字 お気に入り:0人
二度と見ることの出来ない景色。 そもそも、早苗自身が己の目で見た景色ではない。もう、どこで見たのかも覚えていない。何かの本だろうか? それともテレビだろうか? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
20170904 ※未完
作者:さとうとしお_友の会緋19,20売り子 ジャンル:東方Project お題:清い修道女 制限時間:1時間 読者:51 人 文字数:589字 お気に入り:0人
未完ワンドロお題:雷鼓 妹紅 ミスティア 赤提灯と言えば、うまい酒、うまい飯、賑やかな空気! 三つのうちどれが欠けても成り立たないのです。賑やかにするのが私の腕 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:藤月カゴメ ジャンル:東方Project お題:気持ちいい冥界 制限時間:1時間 読者:38 人 文字数:2406字 お気に入り:0人
貸本屋という職業上、よくよく立ち会いたくない場面に首を突っ込むことがある。 ん? ただ店の奥にこもっているだけのくせに何を言っているのか。ですって? 『本を貸 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:藤月カゴメ ジャンル:東方Project お題:小説家たちのヒーロー 制限時間:1時間 読者:31 人 文字数:2280字 お気に入り:0人
『キャラクター』 それは創作上の登場人物で、虚構の存在だ。 紙の上、画面の向こう、頭の中……様々な場所で苦悩して、不正をして、堕落して、逃避して、奮闘して、打破 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
20170902 ※未完
作者:さとうとしお_友の会緋19,20売り子 ジャンル:東方Project お題:小説家たちのヒーロー 制限時間:1時間 読者:44 人 文字数:472字 お気に入り:0人
※未完成です『すべてちがう』ワンドロお題:雛 八橋 ドレミー「いいですか、聞こえますか、白鷺と獏が相思相愛になる話を書くのです」「ちゃんちゃかちゃんちゃん」「獏 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:普通のイオン@ぱんっあ12あ-121 ジャンル:東方Project お題:暗い殺し屋 制限時間:1時間 読者:45 人 文字数:3377字 お気に入り:0人
命蓮寺は意外とお金に関してシビアだ。飯は出す、家賃も取らん、だがそれ以上は自分で稼げ、が姐さんの言い分で。「人と妖怪との共生とは人が一方的に妖怪に寄り添うこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:普通のイオン@ぱんっあ12あ-121 ジャンル:東方Project お題:私とあの人 制限時間:1時間 読者:59 人 文字数:3521字 お気に入り:0人
はらり、はらり、季節外れの雪が降る。白が積もっていく、木々に、地面に、私の傘に。紅葉で真っ赤に染まったキャンパスが白に塗りつぶされていくみたいで、お絵かきの逆 〈続きを読む〉

川後の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:川後 ジャンル:東方Project お題:情熱的な、と彼は言った 制限時間:1時間 読者:33 人 文字数:1468字 お気に入り:0人
お題:パチュリー こいし 正邪カップリング パチュリー×こいし遥か昔に動かない大図書館と自称した事がある。私の中では中々に効いたフレーズで自己紹介する時にもつい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:川後 ジャンル:東方Project お題:消えた勝利 制限時間:1時間 読者:28 人 文字数:1723字 お気に入り:0人
カップリング:屠自古×衣玖お題:文 屠自古 衣玖真夏のある日、屠自古は射命丸を睨みつけていた。それもこれも唐突に呼び出しをしたかと思えば無礼な事を言い出すのだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:川後 ジャンル:東方Project お題:楽観的な声 制限時間:1時間 読者:29 人 文字数:1994字 お気に入り:0人
カップリング:清蘭×スターお題:清蘭 小鈴 スター 暗い小屋の中。 私達は三人で蠟燭を囲んで座り込んでいた。 暑さからだろうか。 私の頬に汗が流れ落ちる。「あら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
輪廻 ※未完
作者:川後 ジャンル:東方Project お題:見憶えのある小雨 制限時間:1時間 読者:25 人 文字数:2125字 お気に入り:0人
カップリング さとり × 村紗「はいはいオンステージいくよー!」「突飛な事を言い出しても私が困るのですが」「はいはいさとりんノリ悪いよー!今は空気読もうよKYっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:川後 ジャンル:東方Project お題:清い修道女 制限時間:1時間 読者:29 人 文字数:1534字 お気に入り:0人
カップリング 響子 × 聖「では、あなたも命蓮寺に入りたいという事ですね」「はい!是非とも聖様の元で学びたいと思います!」元気な声で響子は答える。門前の小僧を辞 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:川後 ジャンル:東方Project お題:小説家たちのヒーロー 制限時間:1時間 読者:32 人 文字数:2791字 お気に入り:0人
カップリング 小鈴 × パチュリー「パチュリーさん。海に関する資料って何処にありましたっけ。ほら、船に乗って……」「魚でも釣るの?」「雲居さんからのお手紙では何 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:川後 ジャンル:東方Project お題:私とあの人 制限時間:1時間 読者:31 人 文字数:2247字 お気に入り:0人
カップリング 天子 × 針妙丸「嫌です!変態の所なんて絶対行きたくありません!」夏の暑さも和らいだ頃。今日も博麗神社では居候達が飛んだり跳ねたりの大騒ぎ。それも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:川後 ジャンル:東方Project お題:許せない狐 制限時間:1時間 読者:30 人 文字数:2375字 お気に入り:0人
カップリング 藍 × ルナサまただ。また間違えた。とても簡単な計算間違い。数学とも言えない簡単な算数を間違えるだなんてどうかしている。何故自分でも間違えたのかよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:川後 ジャンル:東方Project お題:あいつと快楽 制限時間:1時間 読者:47 人 文字数:4927字 お気に入り:0人
カップリング はたて × 勇儀「いやーいい飲みっぷりだそのー……ほたてだったかな?」「いえいえほたてではなく、はたてでございます」「そうかそうかすまんすまん。ど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:川後 ジャンル:東方Project お題:人妻の武器 制限時間:1時間 読者:49 人 文字数:2772字 お気に入り:0人
カップリング ミスティア × 神奈子「今日も鮮度が良くて迷っちゃいますけど……それじゃお野菜はこれと……これで。いえいえそんなおまけなんて良いですよ。もー奥さん 〈続きを読む〉