ジャンル:文豪とアルケミスト お題:残念な経験 制限時間:4時間 読者:26 人 文字数:1134字 お気に入り:0人

菓子の行方

【味覚の話】

有碍書の浄化作業は帝國図書館分館の仕事の中でも最も重要な部類に入る。
高村光太郎は自分達文豪を指示する特務司書の少女に紅茶とお菓子を出した。今は第一会派の潜書中だ。

「どうしたの?」

「……何でも」

潜書先は山月記だ。彼女が言うにはどうも文豪達のレベルが一定に達さないと行けないらしく
どうするかといえば日々鍛錬らしい。出した紅茶を飲んで彼女が眉を上げた。

「淹れたのはウヴァだけど」

「ミルクティーにしても美味しいですよね」

「牛乳入れるかな」

「このままで」

彼女は笑顔を浮かべる。紅茶の葉やお菓子は飲食室に置いてあるものを出してはいるがいつの間にかアレは
補充されているのだ。謎である。
特務司書の少女が帝國図書館の敷地外から滅多に出ることはないのは皆知っている。

(どうやってコレは補充されているんだろう……)

高村の疑問だった。



「<女王>。いきなりお菓子買ってこいとか言ったから適当に買ってきたんだけど……」

その疑問が解けたのは夜のことだった。
帝國図書館分館の管理者である少女とその封印者と自称する青年が現れたのだ。彼等は彼等で図書館を
アップデート、直すらしいのでこれから作業のようだが、心配なのか他の文豪達も居る。高村もある意味ではそうだ。

「もしかして、君が、ここのお菓子やお茶を」

「適当に共有分は買ってるよ」

彼らしい。

「司書さん、ウヴァのフレーバーが強いのを苦手にしていたから」

「……店員のおすすめをとりあえず買ってきてるからな。あれ」

ウヴァは紅茶の葉の一種だ。渋めというかミルクティーにしたりすると美味しい葉だが大まかに言うと二種類あり
ウヴァフレーバーという独特の匂いが強いかそれ許ないかの葉に区分される。
前者は苦手な人は苦手なのだ。

『出されればとりあえず食べたり飲んだりするから。あの子。とりあえず胃に入れるレベルだと何でも入れるし』

「それ、無理をしてないかな」

飲食は重要だ。
気をつけていなければいけない項目である。加護者の方は黒いテディベアのぬいぐるみを抱えて言っていた。

「好み、いまいち解らないんだよな」

『そうねぇ。あの子、言うときは言うけど言わないときは言わないし』

「君は好みの方、知っているよね」

高村は加護者に話を振る。加護者はええ、と話、

『それなりに』

「教えて欲しいんだ。僕も探るようにしているけれどね。司書さん、これからもっと負担がかかるだろうし、かけてしまうだろうから」

高村は言う。
加護者は黒目で高村の方を見て

『解ったわ』

と答えた。
高村としては彼女に残念な経験は余りして欲しくないのだ。


【Fin】

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪とアルケミスト お題:穏やかな悪人 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:1022字 お気に入り:0人
水面が揺れる。透き通った水の、その色が、音も立てずに揺れている。ともすれば、凪いでいる。蓮のよく似合う静かなみずうみが、瞼に隠された。一秒と立たずにまた姿を現 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪とアルケミスト お題:記録にない犯人 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:713字 お気に入り:0人
いつ図書館を訪れても、ある一冊は、常にその姿を隠している。いつだって貸し出し中。ただ、不思議なことに、貸し出しの記録は残っていない。ゆえに、誰がいつから借りて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪とアルケミスト お題:調和した心 制限時間:1時間 読者:52 人 文字数:3380字 お気に入り:0人
人は嘘をつく。物語は嘘で出来ている。数字は嘘を構成する。誤謬。交絡。因果。相関。粒子のように世の中に満ちて、蒙昧の闇だけが疑いようもなく確かに広がる。世の中に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小夜子 ジャンル:文豪とアルケミスト お題:遠い快楽 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:3961字 お気に入り:0人
「来客、ですか。」「何言ってるんですか、あなたが呼んだんでしょう。」「覚えていますとも。ようこそ、木曜の茶会へ。」「あれ?他の人はいないんですか?芥川くんとか。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小夜子 ジャンル:文豪とアルケミスト お題:永遠のヒロイン 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:3732字 お気に入り:0人
「今日の晩ご飯はロールキャベツなんだねぇ。いただきます!」そう言ってロールキャベツにナイフをたてる。外側の見た目に反し、ロールキャベツの中には肉がぎっしり入って 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:小夜子 ジャンル:文豪とアルケミスト お題:賢い絶望 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:3173字 お気に入り:0人
「おいっ!!」大きな声とともに手を伸ばしていたほうの肩を急に引かれる。夜も深くなった中勢いのまま振り向いて見上げれば、空の色よろしく暗色をした髪色の男が心配顔で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とてもねむいゆらく ジャンル:文豪とアルケミスト お題:臆病な軽犯罪 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:786字 お気に入り:0人
転生していちばん嬉しかったことはなにかと訊かれたら?「んー……なんだろうなあ」まるで考える気のないことを隠しもせずの生返事を寄越した寛は、隣に座る親友に目もくれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トカゲ ジャンル:文豪とアルケミスト お題:あいつのギャグ 制限時間:1時間 読者:99 人 文字数:2893字 お気に入り:0人
(らんししょ)「司書さん、一つ賭けをいたしましょうか。コノ、ワタクシの手を振りほどければアナタの勝ち。それができなければアナタの負け。簡単でしょう?」「……江戸 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かいさどる ジャンル:文豪とアルケミスト お題:愛の映画 制限時間:2時間 読者:128 人 文字数:1520字 お気に入り:0人
太オダだけど織田くんと創作司書しか話してません。司書がそれを持っている現場を見かけたのは、本当に偶然だった。彼と共に過ごすようになってーーつまり、織田がこの世に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:めを ジャンル:文豪とアルケミスト お題:東京の体 制限時間:1時間 読者:190 人 文字数:2693字 お気に入り:0人
※文アル版ワンライ参加作品です。 #文アル版深夜の真剣文字書き60分一本勝負( @bnal_1write ) お題「掃除」「日常」図書館の屋上の錆びた手すりに掴 〈続きを読む〉

秋月蓮華の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:文豪とアルケミスト お題:残念な経験 制限時間:4時間 読者:26 人 文字数:1134字 お気に入り:0人
【味覚の話】有碍書の浄化作業は帝國図書館分館の仕事の中でも最も重要な部類に入る。高村光太郎は自分達文豪を指示する特務司書の少女に紅茶とお菓子を出した。今は第一会 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
途中で ※未完
作者:秋月蓮華 ジャンル:真・三國無双 お題:そ、それは・・・絵描き 制限時間:4時間 読者:21 人 文字数:346字 お気に入り:0人
(オリキャラいるよー)【芸術性について】「鍾会様って絵が下手ですよね」無表情で梁紫緒は言う。その言葉に執務室で書類仕事をしていた鍾会が手を止めた。「いきなりなん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
あきた ※未完
作者:秋月蓮華 ジャンル:真・三國無双 お題:フハハハハ!それは悪魔 必須要素:4000字以上 制限時間:1時間 読者:25 人 文字数:355字 お気に入り:0人
【いつでもどこでも】「蜀を滅ぼしたとしたら、今度は呉か?」「そうできたらいいけど、お前は……」「――その時になったら、私にも付き添わせろ。引導は渡したい」かつて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:文豪とアルケミスト お題:愛すべき小説家たち 必須要素:奴の小指 制限時間:2時間 読者:34 人 文字数:3497字 お気に入り:0人
【文豪とは】「これ、白秋においてくれや。俺は散歩に行ってくるからよ」「解ったんだよ。若山さん」浄化作業も一段落した頃、特務司書の少女は帝國図書館の中庭で若山牧水 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:文豪とアルケミスト お題:未来の結末 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:787字 お気に入り:0人
(とある日の話しでオリキャラ居るよ)【いつかは】目覚めて、ロングワンピース着替えて特務司書の少女は帝國図書館分館へと出かける。この世界に来て数日が経過した。前の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
あきた ※未完
作者:秋月蓮華 ジャンル:文豪とアルケミスト お題:重いデザイナー 制限時間:30分 読者:40 人 文字数:400字 お気に入り:0人
【ひじばくだん】それは五月がおわろうとしているときのことだった。「加護者さんの服って熱苦しいと想うんですよね!」唐突に。帝國図書館分館にて武者小路実篤が言う。『 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:文豪とアルケミスト お題:未熟な光 必須要素:右肘 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:991字 お気に入り:0人
(加護者と秋声)【塞翁が馬】徳田秋声は特務司書の少女から帝國図書館分館のマスターキーを預かっている。それに加えて宿舎のマスターキーなどもだ。鍵束としていつも肌身 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:文豪とアルケミスト お題:鋭い電撃 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:299字 お気に入り:0人
【牙を向けられ】特務司書の少女の目の前に居るのは佐藤春夫だ。佐藤春夫のハズだ。自分はソファーに押し倒されていて、目の前には彼が居る。「呆けた顔しやがって」頬を撫 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:ポケットモンスター お題:奇妙な沈黙 必須要素:400字以内 制限時間:2時間 読者:38 人 文字数:321字 お気に入り:0人
(オリトレ居るよー)【聞かれていた】「こんなところにあったのか」ミアレシティの美術館で僕、レトはかつて描いた絵を発見した。庭の絵だ。ある別荘にお邪魔したときに書 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:文豪とアルケミスト お題:3月の接吻 制限時間:4時間 読者:59 人 文字数:458字 お気に入り:0人
(文司書にしてみた)【はるがくる】徳田秋声は特務司書の少女と共に和菓子屋に出かけて、和菓子を買ってきた。「春なんだよ」「暖かくなってきたね」買ってきた和菓子は何 〈続きを読む〉