ジャンル:プリンセス・プリンシパル お題:東京の団地 必須要素: 制限時間:30分 読者:42 人 文字数:1155字 お気に入り:0人
[削除]

それは愛ではない ※未完

 私がいつも見ていたのはその背中ではない。
 私はいつだって彼女に笑顔を向けられていたし、それは他の子に対してもそうだった。彼女は誰に対しても屈託のない顔で、凄いな、偉いな、頑張ったじゃないか、そう素直に褒め称えるのだ。

 毎日毎日何か怖いものから逃げるように努力し続けて、プレッシャーを感じて、ただ何のためにかも分からないのに前だと信じた方向へと歩を進め続けた私と違って、彼女はどこかへ寄り道することを、足を止めて景色を眺めることを、当然のように行っていた。この狭い狭い道が広々とした野原であるかのように、深く大きく息をすることを知っていた。

 彼女自身は知らないのだろう、私が彼女に羨望の眼差しを向けていたことを。彼女を特別視していたことを。私たちのセカイにはアンジェという天才――奇人がいたし、その特異性は彼女が自分自身に目を向けさせない目逸らしになっていた。分かりやすい有能さ。目につきやすい変人。
 けれど、けれど私が欲したのはそんなモノではなかった。そんな特別な存在じゃなかった。私がなりたかったのは、私が欲しかったのは、どんな状況におかれても明るさを失わない、好意をもって笑顔を向けることのできる、そういうしなやかさだった。
 努力しか知らなかった。ただ前に進むことしか知らなかった。私の世界は眼鏡の枠の中、ガラス越しにしか存在しえないくらい狭い狭いもので、与えられた役割、決められた道筋しか歩くことを知らなかったから。
 私は誰かの何かになりたかった。与えられた枠組みの中の私じゃなくて、私という個人が感じた何かを知ってほしかった。見てほしかった。偉いなって、頑張ったねって、温かく、認めてもらいたかった。
 私が彼女に求めていたのは、一種の母性とでもいうべき何かだったのだろうかと思う時がある。実際、あまり間違ってはいないと思う。慕情というにはあまりに未熟な感情だった。彼女に向けた羨望の眼差しは、幼い少女が母親に褒められてはにかむそれと等しかっただろう。

 クリスマスにサンタが来るなんておとぎ話を信じたことはなかったし、一般家庭に現れるプレゼントの施し主が母親父親であることは知識としていつの間にか植え付けられていた。もちろん私は、クリスマスにプレゼントをもらったことはない。
 本当に一つしかなかった。クリスマスの思い出。初めての色付いた記憶。笑顔。

 わたしほんとうに、あのとき、とてもたのしかったのよ。

 回顧する。彼女の笑顔、私も笑った。私にとっての唯一。きっと、きっと彼女は忘れてしまう。彼女は誰にだって笑顔を向ける。彼女はいつだって笑顔を取り戻す。だけどこれは私だけのものだ。私のたった一つだ。この瞬間だけは私が彼女から笑顔を、楽しさを貰うたった一人だ。

 愛がほ

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:プリンセス・プリンシパル お題:光の洞窟 制限時間:30分 読者:28 人 文字数:570字 お気に入り:0人
指先から伝わる柔らかな熱が愛おしさを引き連れてじんわり心に沁み込んでいく。頬の輪郭に沿って手のひらを添えれば幸せそうに瞼を閉じ微笑む相手にまた愛おしさが募る。添 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゾイド お題:ぐちゃぐちゃの高給取り 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:512字 お気に入り:0人
微笑(プロイツェンとレイヴン)彼の食事する姿はなぜか印象に残っている。結構な高級料理ばかり口にしていたがちっとも美味しそうに食べないのだ。当時のぼくは子供だった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:早い冤罪 必須要素:クリスマス爆破計画 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:2077字 お気に入り:0人
ドンドンドン、ガンガンガンッ!「ま~ぁくーん。あ~そ~ぼ~ッ!寒いからい~れ~て~ッ!」「~~ッ!あ゛あ゛ッ!!凛月うるさい!!!!」今何時だと思ってるんだ!! 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル: お題:経験のない祖母 必須要素:育毛剤 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:1846字 お気に入り:0人
私には祖母と触れ合った記憶がないのである。幼少期、父親を亡くした私は義理の兄の智とともに暮らし、大きな邸宅の中で過ごしていた。齢三歳のことである。智は執事として 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:あんさんぶるスターズ お題:楽観的な交わり 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:925字 お気に入り:0人
「いた」レッスン中の僅かな休憩時間。荒い息遣いで満たされるレッスン室に不意にそんな声が響いた。声のした方に目を向けると、自分の所属するグループのリーダーがアイド 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/ staynight お題:穢された同性愛 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:787字 お気に入り:0人
ふ、と頰をかすめたような焼かれた感覚に、すこし顔をしかめた。理解が追いつかなかった、目の前の少女が自分をしっかと見据え、泣きながら睨みつけている。何か悪いことを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:忍たま乱太郎 お題:信用のないキス 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1340字 お気に入り:0人
その日は珍しく作法室にすでに喜八郎がいて、なんと掃除もしていた。いつもならば最後にきて好き勝手やって帰っていくというのにまだ部活も始まっていない。さらに今日の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
背水の陣 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 腐向け お題:経験のない策略 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:607字 お気に入り:0人
乱に借りたスカートという履物はあまりに落ち着かなかった。脹脛から太腿へ風が吹き抜けて、肌が粟立つ。乱より図体がでかい俺が身に着けると、丈の短さが倍になって男の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:純白の冒険 必須要素:大阪 制限時間:4時間 読者:8 人 文字数:763字 お気に入り:0人
今日は僕の初めての大阪出張だ。大阪には何が有るのだろうか。きっと、愉しい事でも有るんだろう。何処かで犬が吠えている。そう云えば。自殺嗜好の隣の人は犬が大嫌いだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:綺麗な空想 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1198字 お気に入り:0人
居酒屋の廊下は適度に暗かった。並ぶ個室の障子からは、どこも楽しげな雰囲気が漂い出ているように感じる。 ボクはいつも通りの歩調でレジの前を通り抜け、店を出た。会 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:KING OF PRISM by PrettyRhythm お題:何かの秘部 必須要素:即興イラストのステマ 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:460字 お気に入り:0人
喉の渇きで目を覚ます。昨日の帰りの記憶は定かではないが、どうやら自分は無事に帰路に着き、こうしてベッドに入れたらしい。枕元に置いてあった携帯を手繰り寄せる。午前 〈続きを読む〉