ジャンル:プリンセス・プリンシパル お題:東京の団地 必須要素: 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:1155字 お気に入り:0人
[削除]

それは愛ではない ※未完

 私がいつも見ていたのはその背中ではない。
 私はいつだって彼女に笑顔を向けられていたし、それは他の子に対してもそうだった。彼女は誰に対しても屈託のない顔で、凄いな、偉いな、頑張ったじゃないか、そう素直に褒め称えるのだ。

 毎日毎日何か怖いものから逃げるように努力し続けて、プレッシャーを感じて、ただ何のためにかも分からないのに前だと信じた方向へと歩を進め続けた私と違って、彼女はどこかへ寄り道することを、足を止めて景色を眺めることを、当然のように行っていた。この狭い狭い道が広々とした野原であるかのように、深く大きく息をすることを知っていた。

 彼女自身は知らないのだろう、私が彼女に羨望の眼差しを向けていたことを。彼女を特別視していたことを。私たちのセカイにはアンジェという天才――奇人がいたし、その特異性は彼女が自分自身に目を向けさせない目逸らしになっていた。分かりやすい有能さ。目につきやすい変人。
 けれど、けれど私が欲したのはそんなモノではなかった。そんな特別な存在じゃなかった。私がなりたかったのは、私が欲しかったのは、どんな状況におかれても明るさを失わない、好意をもって笑顔を向けることのできる、そういうしなやかさだった。
 努力しか知らなかった。ただ前に進むことしか知らなかった。私の世界は眼鏡の枠の中、ガラス越しにしか存在しえないくらい狭い狭いもので、与えられた役割、決められた道筋しか歩くことを知らなかったから。
 私は誰かの何かになりたかった。与えられた枠組みの中の私じゃなくて、私という個人が感じた何かを知ってほしかった。見てほしかった。偉いなって、頑張ったねって、温かく、認めてもらいたかった。
 私が彼女に求めていたのは、一種の母性とでもいうべき何かだったのだろうかと思う時がある。実際、あまり間違ってはいないと思う。慕情というにはあまりに未熟な感情だった。彼女に向けた羨望の眼差しは、幼い少女が母親に褒められてはにかむそれと等しかっただろう。

 クリスマスにサンタが来るなんておとぎ話を信じたことはなかったし、一般家庭に現れるプレゼントの施し主が母親父親であることは知識としていつの間にか植え付けられていた。もちろん私は、クリスマスにプレゼントをもらったことはない。
 本当に一つしかなかった。クリスマスの思い出。初めての色付いた記憶。笑顔。

 わたしほんとうに、あのとき、とてもたのしかったのよ。

 回顧する。彼女の笑顔、私も笑った。私にとっての唯一。きっと、きっと彼女は忘れてしまう。彼女は誰にだって笑顔を向ける。彼女はいつだって笑顔を取り戻す。だけどこれは私だけのものだ。私のたった一つだ。この瞬間だけは私が彼女から笑顔を、楽しさを貰うたった一人だ。

 愛がほ

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ワンパンマン お題:黒尽くめの紳士 必須要素:恋愛 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:610字 お気に入り:0人
その男が来店するたびにアーマードゴリラは暗澹たる気持ちになる。S級ヒーローとして日々ニュースを賑わせるゾンビマンという男は、度々アーマードゴリラが店番を務めるた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:きんいろモザイク お題:黄金の諦め 制限時間:2時間 読者:2 人 文字数:894字 お気に入り:0人
」「……はぁ」「どうしたの?しのため息なんかついて」ため息をついた女子生徒の名前は大宮忍あだ名はしの見た目はこけしに似てるとよくいわれるそしてそのしののため息に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゼノブレイド お題:黒い微笑み 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:433字 お気に入り:0人
青い空。緑の溢れる大地。それを見下ろして、ムムカは独りほくそ笑んだ。遥か彼方、巨神の脚に位置するコロニー9が見える。あの英雄の故郷だ。これから自分は黒い機体を操 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Axis powers ヘタリア【腐向け】 お題:俺は妄想 制限時間:4時間 読者:10 人 文字数:1580字 お気に入り:0人
ふわふわとした感覚。足をつけたのに、つけていないような。そんなやわらかな道を香は跳ねるように歩く。ふわふわ、ふわふわ。パステルカラーの町と、田舎のような緑が香の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アルスマグナ 青赤 お題:孤独な囚人 制限時間:1時間 読者:24 人 文字数:960字 お気に入り:0人
「アキラ」キィ、と金属のこすれる音が響く。コツコツとこっちに近づいてくる足音。泉がいつも通り、昼のご飯を持ってきたんだ。視線を向けなくたって、わかる。「今日もい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:彼が愛した慰め 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:775字 お気に入り:0人
「最近、フードつきの洋服きてる事が多くない??自分の中での流行??」夜になると、急に冷え込みはじめた季節に、温かいものが恋しくなり、インスタントの珈琲を飲みなが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 みつくり お題:難しい光景 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:539字 お気に入り:0人
燭台切光忠は焦っていた。朝餉を終え片づけたのち洗濯当番だった光忠は大量の洗濯物を洗濯機に入れた。数時間のち出来上がったものをかごに入れて抱える。久しぶりの洗濯日 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 みつくり お題:部屋とYシャツと失踪 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:713字 お気に入り:0人
気持ちのいい朝だ。休みのだったがいつも通り早起きした光忠は一つ伸びをするとカーテンを開ける。窓から射しこんでくる朝日に目を細めると「よし」と呟いて寝間着から部屋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪とアルケミスト お題:穏やかな悪人 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:1022字 お気に入り:0人
水面が揺れる。透き通った水の、その色が、音も立てずに揺れている。ともすれば、凪いでいる。蓮のよく似合う静かなみずうみが、瞼に隠された。一秒と立たずにまた姿を現 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:閃乱カグラ 東方project 複合クロス お題:うわ・・・私の年収、サイト 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:688字 お気に入り:0人
「あのー、教官「?」「ンー」「私たち、さっきまで学園で合同練習してましたよね」「ソーダネー」「何で私たち、神社の縁側で座ってるんでしょうか?」「ンー」「飛鳥は 〈続きを読む〉