ジャンル:プリンセス・プリンシパル お題:東京の団地 必須要素: 制限時間:30分 読者:115 人 文字数:1155字 お気に入り:0人
[削除]

それは愛ではない ※未完

 私がいつも見ていたのはその背中ではない。
 私はいつだって彼女に笑顔を向けられていたし、それは他の子に対してもそうだった。彼女は誰に対しても屈託のない顔で、凄いな、偉いな、頑張ったじゃないか、そう素直に褒め称えるのだ。

 毎日毎日何か怖いものから逃げるように努力し続けて、プレッシャーを感じて、ただ何のためにかも分からないのに前だと信じた方向へと歩を進め続けた私と違って、彼女はどこかへ寄り道することを、足を止めて景色を眺めることを、当然のように行っていた。この狭い狭い道が広々とした野原であるかのように、深く大きく息をすることを知っていた。

 彼女自身は知らないのだろう、私が彼女に羨望の眼差しを向けていたことを。彼女を特別視していたことを。私たちのセカイにはアンジェという天才――奇人がいたし、その特異性は彼女が自分自身に目を向けさせない目逸らしになっていた。分かりやすい有能さ。目につきやすい変人。
 けれど、けれど私が欲したのはそんなモノではなかった。そんな特別な存在じゃなかった。私がなりたかったのは、私が欲しかったのは、どんな状況におかれても明るさを失わない、好意をもって笑顔を向けることのできる、そういうしなやかさだった。
 努力しか知らなかった。ただ前に進むことしか知らなかった。私の世界は眼鏡の枠の中、ガラス越しにしか存在しえないくらい狭い狭いもので、与えられた役割、決められた道筋しか歩くことを知らなかったから。
 私は誰かの何かになりたかった。与えられた枠組みの中の私じゃなくて、私という個人が感じた何かを知ってほしかった。見てほしかった。偉いなって、頑張ったねって、温かく、認めてもらいたかった。
 私が彼女に求めていたのは、一種の母性とでもいうべき何かだったのだろうかと思う時がある。実際、あまり間違ってはいないと思う。慕情というにはあまりに未熟な感情だった。彼女に向けた羨望の眼差しは、幼い少女が母親に褒められてはにかむそれと等しかっただろう。

 クリスマスにサンタが来るなんておとぎ話を信じたことはなかったし、一般家庭に現れるプレゼントの施し主が母親父親であることは知識としていつの間にか植え付けられていた。もちろん私は、クリスマスにプレゼントをもらったことはない。
 本当に一つしかなかった。クリスマスの思い出。初めての色付いた記憶。笑顔。

 わたしほんとうに、あのとき、とてもたのしかったのよ。

 回顧する。彼女の笑顔、私も笑った。私にとっての唯一。きっと、きっと彼女は忘れてしまう。彼女は誰にだって笑顔を向ける。彼女はいつだって笑顔を取り戻す。だけどこれは私だけのものだ。私のたった一つだ。この瞬間だけは私が彼女から笑顔を、楽しさを貰うたった一人だ。

 愛がほ

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:プリンセス・プリンシパル お題:光の洞窟 制限時間:30分 読者:92 人 文字数:570字 お気に入り:0人
指先から伝わる柔らかな熱が愛おしさを引き連れてじんわり心に沁み込んでいく。頬の輪郭に沿って手のひらを添えれば幸せそうに瞼を閉じ微笑む相手にまた愛おしさが募る。添 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:弱虫ペダル 東巻東 お題:つらい貯金 必須要素:クリスマス爆破計画 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:343字 お気に入り:0人
オレは数ヵ月前に出来た彼女のためにコツコツと貯金をして、プレゼントを買うつもりだった。しかし、なんと数日前にこのオレがフラれてしまったのだ!そのきっかけは、オレ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:弱虫ペダル 東巻東 お題:免れた百合 必須要素:TOEFL 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:356字 お気に入り:0人
巻ちゃんは英五が得意だ。この間はTOELFで8割を取ったと言っていたな! そんな巻ちゃんがイギリスに留学することを聞いたのは出発の一週間前のことだった。いつもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:寒い罪人 必須要素:時限爆弾 制限時間:2時間 読者:9 人 文字数:1433字 お気に入り:0人
これはとある冬のお話。私と魔理沙は炬燵に入ってのんびりとしていました。なんでもない、ただの1日。ついうとうととしてしまっていた時でした。突然けたたましい音が鼓膜 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:走る人々 必須要素:大道具さん 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:792字 お気に入り:0人
「今日はいい天気だねぇ」「お前、いつもそればっかだな」魔法の森の入り口近く。そこには謎の古道具屋があった。店主の名は森近霖之助。彼は一人で店を開き、生活している 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:黒い同性愛 必須要素:うへへ 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:757字 お気に入り:0人
「すっずちゃ~ん♪いやわりぃね待たせちゃってさ!」「あはは、大丈夫、私も今来たところだから。」東龍学院高等部からほど近い喫茶店。私本居小鈴は、この子、河城にとり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:地獄発言 必須要素:ゴルゴンゾーラ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:769字 お気に入り:0人
ここは旧地獄。その旧地獄の奥。そこには地霊殿と呼ばれる館が立っていた。「はぁ、今日の晩御飯どうしようかしら」地霊殿の主、古明地さとりは呟いた。「昨日の残り物でい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:うちのトコでは お題:いわゆる曲 制限時間:1時間 読者:29 人 文字数:1501字 お気に入り:0人
上手くもなく、かといって悪目立ちするほどの下手さでもない、いたって平凡なリコーダーの音色にあくびが出る。こっそりしたつもりだったのだが、「眠いなら保健室に戻っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!!【腐】 お題:宿命の成功 必須要素:800字以内 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:800字 お気に入り:0人
「俺、考ちゃんを愛するために生まれてきたんだと思う。」「…へ?」いつもおどけてばかりの恋人が急に真面目な顔をして言うから、おたまでカレーを掬った格好のままフリー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Free! お題:弱い火事 必須要素:山田 制限時間:2時間 読者:10 人 文字数:1844字 お気に入り:0人
「橘さん!中に人がっ…!」「わかった!救出に向かう!」優しい性格が完全に面に出ている顔をきりっと締め、彼__真琴は弱く炎が残っている家の中へ入っていった。『隣の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:どす黒い殺し屋 必須要素:会話劇 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:910字 お気に入り:0人
彼を囲むのは、何十人もの手練れたち。その輪の中に立つ彼の手には、美しい刀が握られていた。加州清光。その刀は、幾度も人の肉を裂いて、冷酷な刀になっていた。いや、冷 〈続きを読む〉