ジャンル:おそ松さん お題:出来損ないの風 制限時間:30分 読者:195 人 文字数:1174字 お気に入り:0人

ロジカル・アンダーグラウンド(一トド)

例えば社会の枠組みから外れて、国民の義務である労働と納税を行っていない僕らニートは、他人から見た時に出来損ないと言われてしまうのも致し方ない事なのだろう。僕にもそれは充分に理解できていて、口に出す出さないの違いはあれど兄たちも分かってはいるんだろう。特に、四番目の兄は自分を卑下することが半ば趣味になっている。僕が一言「出来損ない」と言ったりすれば「俺の事?」と返事が来るのは明白だ。揃いも揃って屑なのは変えようもない事実なのに、兄は「屑は自分だけ」と何故か考えているのだ。
「ねえ一松兄さん」
「なに」
「兄さんってさあ。僕の事どう思ってるの?」
「は?」
「僕の事だけじゃなくってさ。僕ら兄弟の事っていうのかな……ニートで童貞な社会不適合者の集まりじゃん。僕ら六つ子は。それをさ、一松兄さんってあんまり理解してないというか……屑は自分だけって思ってない? じゃあ僕らって何なのかなって」
「あー……」
「真っ当な人間だとでも思ってる?」
「まさか。俺たちの中に真っ当な人間ってやつは一人もいないと思ってるよ」
「だよね」
その答えを聞いて僕は少し安心した。ここで真っ当な人間だと思ってるだなんて答えられたら、この兄の頭は大丈夫かと疑ってしまう。
「でも……」
「?」
「例えば、トド松はさ……可愛くはないけど、あざとくして人から好かれようってしてるじゃん。接客のバイトとかも……そういうの、俺にはできないことだから。すごいなとは思ってる、よ」
「へ?」
「………………。」
「えーっと……ありがとう」
「…………俺、猫に餌あげにいくから。じゃあね」
「え、ちょっと一松兄さん」
ぽかんとした表情で一松兄さんを見詰めていれば、兄さんは慌てたように出て行ってしまった。褒められる事には慣れているものの、一松兄さんの口から突然そんな言葉が出るとは予想外だ。
「どういう風の吹き回しだろ……」
事実は事実として受け止めているし、何も慰めて欲しかった訳ではないのだ。単純に疑問に思ったから口にしただけで、非難の意図どころか他意もない。
「でも、ちょっと嬉しかったな」
僕は少し笑って立ち上がった。そして、餌をやりに行くと言いながら忘れていっている猫缶を手に取る。路地裏で猫を撫でながら途方に暮れる一松兄さんが目に浮かんだ。
「一松兄さんにも、僕とは違う良いところがあるんだって教えたらどんな顔するんだろ」
鞄に入れた猫缶が音を立てる。思いもよらない誉め言葉に狼狽する一松兄さんを想像して、僕はまた声を立てて笑った。足を進めるたびに音を立てる猫缶と僕の声は混じりあって、穏やかな午後の風にさらわれるのだ。出来損ないの僕らにも良いところはやっぱり多少はあるのだと、風は伝えてくれるだろうか。そんな声があっても耳を貸さないだろう兄にかける言葉を僕は探した。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:すごい悪人 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:1136字 お気に入り:0人
※流血表現ありこの世にある悪人という定義は何であろうか?人殺し? 窃盗? 密売? それとも__返り血でスーツが染まる。真っ白なスーツに対し、鉄分が入っている真っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そゃーす ジャンル:おそ松さん お題:最後の狐 制限時間:30分 読者:56 人 文字数:754字 お気に入り:0人
あったかい布団にぬくぬくとつつまれて眠る夜はサイコーだと思う。使い古した煎餅のように固くなってしまった敷布団だって慣れれば極上の羽毛ぶとんにも負けないって僕は信 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ユダの接吻 ※未完
作者:青雲雀@メドレー企画主催中! ジャンル:おそ松さん お題:許せない作品 制限時間:30分 読者:95 人 文字数:1070字 お気に入り:0人
教会の祭壇を守るように置いてある6体の天使の像が嫌いだった。教会に拾われ、教会の神父としてそんなことを云うのはおかしいと思うが、俺はなぜかこの天使像が飾ってある 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よん@25話チョロおそありがとう ジャンル:おそ松さん お題:間違った哀れみ 制限時間:30分 読者:101 人 文字数:488字 お気に入り:0人
おそ松がそれを見つけたのは九月一日である。最寄りのパチ○コ屋は小さい。駐車場もたかだか五六台しか止まれない狭さの片隅、ゴミ箱の間にうずくまるようにしてあったの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:穴虫 ジャンル:おそ松さん お題:頭の中の戦争 制限時間:30分 読者:107 人 文字数:1338字 お気に入り:0人
宴が始まってから早数時間。松野家の居間は屍の積み上がる戦場跡と化していた。 寝ゲ○しながら白目を剥いている男、額から血を流し倒れている男、死んでる男、などなど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:お墓 ジャンル:おそ松さん お題:大人の窓 制限時間:30分 読者:68 人 文字数:415字 お気に入り:1人
松野おそ松という男は、いつでもそうだった。常々思う疑問があった。大人になる、とは果たしてどういう事なのか?酒が飲める事?選挙権?税金?成年向け商品を胸張って買え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:おそ松さん お題:早すぎた食卓 制限時間:30分 読者:109 人 文字数:1055字 お気に入り:0人
「これはホームランですかな!?」「さあ……少なくともこれが全く僕の責任によるところでないのは確かだよね」「フッ……これが本当の未確認飛行ローテーブルというやつだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そゃーす ジャンル:おそ松さん お題:来年の殺人犯 制限時間:30分 読者:192 人 文字数:3210字 お気に入り:0人
凍えてしまうような夜だった。赤い月が空に煌めき、霧の深い赤塚の街にひとつの影が怪しく動き回っていた。…しんぶんしっ!!外からの冷気に身体を震わせ冷えきった冷たい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そゃーす ジャンル:おそ松さん お題:春の整形 制限時間:30分 読者:201 人 文字数:1211字 お気に入り:0人
「あの時やめていればなぁ…」とぼとぼと帰り道を歩くおそ松は小さく呟いた。お昼時に、見切り発車で家を飛び出して駆け込んだパチ○コ屋では勝つことが出来たのだか調子に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そゃーす ジャンル:おそ松さん お題:去年の行動 制限時間:30分 読者:202 人 文字数:804字 お気に入り:1人
寝れない日が続き、その代わり日中ぐーすか眠っていたがだんだんと起きてる時間の方が多くなっていった。数十分くらいの感覚で目が覚めたり、眠っていても眠っている感じが 〈続きを読む〉

ろと@そろそろ原稿の即興 二次小説


ユーザーアイコン
櫂アイ 夏 ※未完
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:ヴァンガ【腐】 お題:犬の夏 必須要素:個室 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:1142字 お気に入り:0人
いつものようにカードキャピタルでファイトをしていた午後の事だ。いつもより少し落ち着かない様子のアイチは、ファイトが終わるとおもむろにチラシを取り出した。「ふれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:ヴァンガ お題:女の傘 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:1225字 お気に入り:0人
「アイチぃ! 今日、夕方から雨が降るかもしれないんだって。だから、折り畳み傘持っていきなさいってお母さんが……アイチ? ちょっとアイチ! 待ってよ、傘は?」「ご 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
床下調査 ※未完
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:安コ お題:隠された床 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:926字 お気に入り:0人
例によって例のごとく、事件を引き寄せる体質の少年は遊びに出掛けた先で事件に遭遇していた。それ自体はよくあることのようで、彼本人は大して驚く事もなければ、むしろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:はかとん【腐】 お題:淡い馬鹿 制限時間:30分 読者:93 人 文字数:1003字 お気に入り:0人
同居人の馬場はけして頭が悪いわけではない。むしろ逆だ。殺し屋としても探偵としても、その観察眼は誰にも勝るものであるし、頭の回転も速い。知識量も広く深いが、物覚 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:はかとん【腐】 お題:素朴な神話 制限時間:30分 読者:96 人 文字数:1087字 お気に入り:0人
『人は皆、神様に愛されて生まれてくるのよ。この世界の理はすべて、神様が決めた道筋であり、運命によって組まれているの。実はね、広い宇宙の過去も現在も未来もすべて最 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:はかとん【腐】 お題:くさい理由 制限時間:30分 読者:127 人 文字数:1139字 お気に入り:0人
「何なんだよアイツは」「何って……何が?」「馬場だよ。くさくて仕方ないんだ」「体臭の話? そりゃあ、成人男性だもん。運動した後に汗と混じって臭いが発生するのは仕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
馬林 ※未完
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:博多豚骨ラーメンズ お題:有名な恋人 制限時間:30分 読者:264 人 文字数:1001字 お気に入り:0人
殺し屋にとって、知名度というものは必要不可欠らしい。フリーランスであれば猶更。そういった意味合いで考えれば、「にわか侍」として名をはせている馬場はある種一流の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:博多豚骨ラーメンズ お題:ぐふふ、嵐 制限時間:30分 読者:222 人 文字数:1090字 お気に入り:0人
今日はお互いに仕事が入っていて、朝食の後はそれぞれ別の場所へ向かった。方や探偵、片や殺し屋という内容ながらどちらもそれ程難しい案件でもなく昼過ぎには帰宅できる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:コードギアス お題:商業的な悪魔 制限時間:30分 読者:293 人 文字数:1641字 お気に入り:0人
悪魔はその美しい姿で人々を魅了し、そして堕落へと誘い込む。時には人だけでなく、天使さえも騙して引き摺り落とすのだとか。「それで、悪魔か……」「お前にはよく似合っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:モブサイコ100 お題:今度のドア 必須要素:タイトル「ただ、助けたかっただけなのに」で書く 制限時間:30分 読者:111 人 文字数:1458字 お気に入り:0人
「ただ、僕は僕のできることをしたかっただけです」 多分、僕はこの人のことが好きなのだ。どうしようもなく。己の力を過信しているわけではないが、口八丁ですべてを上手 〈続きを読む〉