ジャンル:進撃の巨人 お題:穏やかな宴 制限時間:1時間 読者:283 人 文字数:766字 お気に入り:0人
[削除]

【現パロ】優しい記憶【リヴァイ班】

「店員さん、生2つ!」

エレンがぶんぶん手を振りながら言った。威勢のよい声が返ってくる。青年は翡翠の瞳をリヴァイに向け、何かいるものありますか?と問いかけてきた。




今回リヴァイ達のチームで手掛けていた案件が片付いた。あの期間は正に地獄であったと思う。新人のエレンはストレスで一度倒れたし、その先輩達ーーーエルド、グンタ、オルオ、ペトラも随分と参っていたようだった。無論、最も多くの仕事を抱えていたリヴァイも割とギリギリだった。

幽鬼の様な顔をしている。チームの一面の顔を見て、これはまずい、と思ったリヴァイ。打ち上げとして(奢りで)連れてきたのだ。







「オルオ、そこの布巾取って」

「ふっ、この俺にぞんざいな口をブフォッ」

「そのまま死んでいいよ?」

「懐かしいな…初めての商談でも盛大に流血してたな、お前」

「ほら、口拭け」

ちびちびと温いビールをすすりながら仲睦まじい部下達の様子を眺める。

ぱちん、と頭の何処かで音がして、よくわからない映像が重なる。笑って、肩を叩きあって、安い酒を飲んで、たった一度だけの記憶。

「…?」

いつの事だろう。
部下と飲みに来たのは初めてなのに。

「リヴァイさん?」

驚いたようなエレンの声に自分が泣いていることに気が付く。
慌てたようにリヴァイを取り囲む彼らに、不器用に微笑みかけてリヴァイは言った。


「お前ら…ありがとな」










『楽しかったですね!』

『うん、そうだね、エレン』

『オルオ…大丈夫か』

『調子に乗ってべらべら喋るからだな』

『うるせぇエルド!』

『またやりましょう!今度の壁外調査が終わったら!』

『何でお前が提案してんだよ…』

『グンタさん…すみません。でも、ね、兵長!』

『…ああ、約束、だ』

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:祈上 ジャンル:進撃の巨人 お題:部屋とYシャツと警察官 制限時間:1時間 読者:4529 人 文字数:2713字 お気に入り:0人
朝起きて目を醒すと隣にエレンが寝ていた。いつもの光景かとその綺麗な肌を眺める。リヴァイは寒くなって自分とエレンにもう一度毛布をかけた。リヴァイは閉じられた大きな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桜梅桃李†臨焼け読了 ジャンル:進撃の巨人 お題:彼女と病気 制限時間:1時間 読者:3292 人 文字数:1548字 お気に入り:0人
こんぱんは。今回はエロのようでえろじゃないリヴァハンです。やはりその人の家とかでその人の匂いがしないと落ち着かなかったりしますよね。コンコン、コンといつも通り扉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:進撃の巨人 お題:明日の夜中 制限時間:1時間 読者:4204 人 文字数:1485字 お気に入り:1人
リヴァハンでハンジさん女の人。ダーティかつ爽やかなエロス(?)に挑戦。 「汗臭い」 リヴァイのその一言と、ハンジの「お湯を沸かすのは面倒臭い」の一言とで、二人は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桜梅桃李†臨焼け読了 ジャンル:進撃の巨人 お題:今度の村 制限時間:1時間 読者:4404 人 文字数:757字 お気に入り:0人
お久しぶりです( ^ω^ )リヴァハンで鬱です。久々それかよって感じです。リヴァイさん今回あんま喋んなかった。「リヴァ…かっ…くるしっ…」今確かにリヴァイの手元 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:進撃の巨人 お題:小説のパラダイス 制限時間:1時間 読者:1370 人 文字数:1760字 お気に入り:0人
その部屋には窓はたった1つしかしかなかった。その窓から差し込む光は、晴れた昼にはキラキラと眩しく、月の出ている夜には冷たく、静かに部屋中を照らしていた。 アル 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: Sunflower ジャンル:進撃の巨人 お題:傷だらけの躍動 制限時間:1時間 読者:1031 人 文字数:285字 お気に入り:0人
クリスタのために…と、アイツはいつも、自分が傷付いて、クリスタのために活発に行動する。何故そこまで、クリスタのために行動ができるのだろうか?自分が傷付いて…今日 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
かくれみの ※未完
作者:かなるんば@停止しました ジャンル:進撃の巨人 お題:シンプルなダンス 制限時間:1時間 読者:924 人 文字数:3452字 お気に入り:1人
ライベルに見せかけたベルアニ どこかで見た話のオマージュですお前らホモなんだって?と言われたのは何度目だったか。ライナーは呆れた様な顔をして、それでも一応「はあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桜梅桃李†臨焼け読了 ジャンル:進撃の巨人 お題:勇敢な水たまり 制限時間:1時間 読者:3006 人 文字数:894字 お気に入り:0人
こんにちわー(´▽`)前回あげたはいいげど、誤字の多さに消して、コピーとったつもりがぶっ飛んで消えたっていうやつです。話の内容は全く変わりません。表現が変わる… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桜梅桃李†臨焼け読了 ジャンル:進撃の巨人 お題:たった一つの春 制限時間:1時間 読者:3800 人 文字数:563字 お気に入り:0人
どもです(●´∀`●)今回はシリアス?というか、暗いリヴァハンです。リヴァイが何か狂ってる。ハンジさんのかっこは完璧私の趣味。カチャカチャと暗闇に金属音が響く。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桜梅桃李†臨焼け読了 ジャンル:進撃の巨人 お題:凛とした裏切り 制限時間:1時間 読者:4770 人 文字数:1174字 お気に入り:0人
ただいまです。えーっと、突然の名前変更申し訳ございません。まぁ、私の名前にそこまで興味は払ってねーよって方、正常です。pixivにも同じ名前で生息してるので、見 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:弱虫ペダル 東巻東 お題:つらい貯金 必須要素:クリスマス爆破計画 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:343字 お気に入り:0人
オレは数ヵ月前に出来た彼女のためにコツコツと貯金をして、プレゼントを買うつもりだった。しかし、なんと数日前にこのオレがフラれてしまったのだ!そのきっかけは、オレ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:弱虫ペダル 東巻東 お題:免れた百合 必須要素:TOEFL 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:356字 お気に入り:0人
巻ちゃんは英五が得意だ。この間はTOELFで8割を取ったと言っていたな! そんな巻ちゃんがイギリスに留学することを聞いたのは出発の一週間前のことだった。いつもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:寒い罪人 必須要素:時限爆弾 制限時間:2時間 読者:9 人 文字数:1433字 お気に入り:0人
これはとある冬のお話。私と魔理沙は炬燵に入ってのんびりとしていました。なんでもない、ただの1日。ついうとうととしてしまっていた時でした。突然けたたましい音が鼓膜 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:走る人々 必須要素:大道具さん 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:792字 お気に入り:0人
「今日はいい天気だねぇ」「お前、いつもそればっかだな」魔法の森の入り口近く。そこには謎の古道具屋があった。店主の名は森近霖之助。彼は一人で店を開き、生活している 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:黒い同性愛 必須要素:うへへ 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:757字 お気に入り:0人
「すっずちゃ~ん♪いやわりぃね待たせちゃってさ!」「あはは、大丈夫、私も今来たところだから。」東龍学院高等部からほど近い喫茶店。私本居小鈴は、この子、河城にとり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:地獄発言 必須要素:ゴルゴンゾーラ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:769字 お気に入り:0人
ここは旧地獄。その旧地獄の奥。そこには地霊殿と呼ばれる館が立っていた。「はぁ、今日の晩御飯どうしようかしら」地霊殿の主、古明地さとりは呟いた。「昨日の残り物でい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:うちのトコでは お題:いわゆる曲 制限時間:1時間 読者:29 人 文字数:1501字 お気に入り:0人
上手くもなく、かといって悪目立ちするほどの下手さでもない、いたって平凡なリコーダーの音色にあくびが出る。こっそりしたつもりだったのだが、「眠いなら保健室に戻っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!!【腐】 お題:宿命の成功 必須要素:800字以内 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:800字 お気に入り:0人
「俺、考ちゃんを愛するために生まれてきたんだと思う。」「…へ?」いつもおどけてばかりの恋人が急に真面目な顔をして言うから、おたまでカレーを掬った格好のままフリー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Free! お題:弱い火事 必須要素:山田 制限時間:2時間 読者:10 人 文字数:1844字 お気に入り:0人
「橘さん!中に人がっ…!」「わかった!救出に向かう!」優しい性格が完全に面に出ている顔をきりっと締め、彼__真琴は弱く炎が残っている家の中へ入っていった。『隣の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:どす黒い殺し屋 必須要素:会話劇 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:910字 お気に入り:0人
彼を囲むのは、何十人もの手練れたち。その輪の中に立つ彼の手には、美しい刀が握られていた。加州清光。その刀は、幾度も人の肉を裂いて、冷酷な刀になっていた。いや、冷 〈続きを読む〉