ジャンル:咲-Saki- お題:たった一つの勝利 必須要素:駄菓子 制限時間:30分 読者:271 人 文字数:2132字 お気に入り:0人
[削除]

ユキの特技



爽「ユキって、麻雀以外になんか得意なことってあるの?」

ユ「え?」

揺「あ〜確かにそれ気になるな〜」

ユ「麻雀以外…んーと…」

成「私はないですね」

誓「聞いてない聞いてない」

ユ「ないですね…」

爽「えー勉強とかすげぇできそうなのに」

ユ「得意というほどでは…人並みってレベルですね」

揺「へぇ〜…意外だなぁ」

爽「いや!探せばあるかもしれない!」

誓「また変なことを…」

爽「ユキの特技を探そう!みんなで!」

成「面白そうですね!素敵!」

ユ「私不器用ですよ…?」

爽「やってみねーと分かんないだろ?」

揺「そうそう」

ユ「分かりました…やってみます」

誓「頑張ってねユキっ」

ユ「はい…」

爽「4人全員に勝てたらそれは特技だと認定してやろう」

揺「私達4人がめっちゃ下手かもよ?」

爽「そんときはそんときだ」

ユ「はぁ」

爽「まずはけん玉とかどう?」ガチャ

成「5つあるんですね…」

爽「昨日思いついておもちゃとかたくさん買ってきた」

誓「懐かしいな〜けん玉」

ユ「やってみます」

揺「ほっほっほっ」

爽「おぉ〜やっぱ揺杏うめぇな」

揺「昔よくやったよね」

ユ「はっ…」

成「1回もできないです〜」

ユ「はっ…」

誓「ユキもできてないね…」

ユ「難しい…」

爽「けん玉ダメか〜よし次!」


揺「これは…」

爽「フラフープっ!」

揺「懐かしいな〜」

爽「ほっほっほっ」クルクル

誓「うまいね爽」

爽「まぁね〜」

揺「私も得意だよ」クルクル

ユ「ていっ」コロン

成「難しいですね…」

ユ「できる気がしません…」

爽「よーし次っ!」


爽「とうちゃーくっ!」

誓「家庭科室…」

揺「料理対決か」

爽「私が審査員な」

誓「いや爽も作りなよ」

爽「ちぇっ」

ユ「頑張ります…」

爽「完成!チャーハン!」

成「ハンバーグ作りました!」

誓「チンジャオロース!」

ユ「カレーを…」

爽「おぉみんなすげぇ」

誓「揺杏はー?」

揺「ガトーショコラとスコーン」

爽「わぁ」

ユ「揺杏先輩の優勝ですね…」

揺「料理は得意なんだ〜」

爽「まぁでも食べよう」


揺「ふぅ〜お腹いっぱいだ」

爽「さて…じゃあ次は…これだ!」ドンッ

ユ「なんですか?」

成「紙とペン?」

爽「NGワードゲームしよ」

ユ「私の特技の話は…?」

爽「優勝したら特技って言っていいよ」

揺「お前飽きてきてない?」

爽「まぁね」

成「じゃあ…やりますか」



爽「よしみんなのNGワード決まったな?」

誓「うんっ」

揺「よーし…」

爽「スタートっ!」

【残り5人】

爽「昨日さ〜家の前で猫が寝ててさ〜」

成「素敵ですね」

揺「はい成香アウト」

成「えっ」

誓「NGワードは"素敵"よ」

成「あぅ」

ユ「(可愛い…)」

【残り4人】

揺「腹減ったな〜」

誓「いやさっきあんなに食べたじゃない」

揺「小腹が減ったというか…」

爽「わかる!」

揺「はい爽アウト〜」

爽「えっ…」

ユ「"わかる"がNGワードです」

爽「これ考えたの揺杏だろ」

揺「うん」

爽「くそ〜そんなに言わないけどなぁ…」

成「一緒に観戦しましょう」

【残り3人】



爽「なかなか言わないねぇみんな」

揺「ユキもなんかしゃべりなよ」

ユ「えーっと…そうですね…昨日お母さんとご飯食べに行きました」

誓「なにそれ可愛い」

揺「はいっチカセンアウト〜」

誓「えっ」

ユ「可愛いがNGですね」

誓「むむ〜」

爽「ようこそ敗者の楽園へ」

誓「なにその嫌な楽園…」

【残り1人】

揺「はぁ〜そうだなー…ユキ好きな動物っている?」

ユ「えっそうですね…犬とか」

揺「いいよね犬。どこが好き〜?」

ユ「可愛いところが…」

揺「ふぅん…じゃあ好きな俳優とかいる?」

ユ「うーん…いないですね」

揺「そっかー…」

ユ「揺杏先輩はなにが好きですか?」

揺「え?そうだなー…お菓子とか」

ユ「可愛いですね」

揺「おいしいじゃんお菓子」

ユ「今度買ってきます」

揺「やった!ユキ愛してる」

ユ「あっ」

揺「ん?」

爽「はい揺杏アウト」

揺「ゲッロ…愛してるがNG?」

爽「その通り」

ユ「おかげさまで私の勝ちですね」

揺「うわ〜悔しいな〜」

ユ「私のNGワードは?」

成「"かっこいい"です」

ユ「なるほど…だから好きな俳優とか聞いてきたんですね」

揺「言うと思ったんだけどな〜」

爽「よしっ、ユキの特技は"NGワードゲーム"だ!」

ユ「なんか恥ずかしいですねそれ…」

爽「私たちに勝ったんだ、誇りに思っていいぞ」

ユ「そうですね…たった一つの勝利ですもんね…」

揺「これからは自己紹介で特技はNGワードゲームですっていいな」

ユ「いや…麻雀っていいます…」

爽「それもそうだな」

ユ「みなさん…ありがとうございました…」























同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:よくと氏 ジャンル:咲-Saki- お題:たった一つの勝利 必須要素:駄菓子 制限時間:30分 読者:211 人 文字数:577字 お気に入り:0人
照「ツモ…6000オールの5本場は6500オールです」完全王者。この言葉は彼女のためにあるようなものだ。先鋒で他家を飛ばし勝利したのにもかかわらず、彼女はどこか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨七 ジャンル:咲-Saki- お題:永遠の声 必須要素:駄菓子 制限時間:15分 読者:512 人 文字数:974字 お気に入り:0人
「……着いた!」 プロ雀士、野依理沙が新幹線に乗り、福岡県……彼女の地元、新道寺についたのは昼過ぎ。翌日に中堅プロにとっての登竜門とも呼ばれる青龍杯を控えている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:サムライ@咲-saki-アカ ジャンル:咲-Saki- お題:間違った牢屋 必須要素:駄菓子 制限時間:15分 読者:782 人 文字数:453字 お気に入り:1人
菫「…なぁ照?」照「もぐもぐ」菫「悪かったよ…だからこれを外してくれ…」照「いやだ。お菓子の怨みは重い」菫「たかがうまい棒一本つまんだだけじゃ…」照「たかが…? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すかい「文章」ギオン ジャンル:咲-Saki- お題:間違った牢屋 必須要素:駄菓子 制限時間:15分 読者:612 人 文字数:1467字 お気に入り:0人
須賀京太郎が、興奮気味にパンパンと腰を叩きながら片岡優希に詰め寄った。「やばい、ポケットを叩いたらふ菓子が増えた」「じゃあ無限増殖してみるじぇ」ハギヨシによって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨七 ジャンル:咲-Saki- お題:間違った牢屋 必須要素:駄菓子 制限時間:15分 読者:562 人 文字数:1020字 お気に入り:0人
「霞ちゃんー……ごめんなさい、もうしませんからー……出してくださいぃ……」 霧島神宮、その離れの倉庫に神代小蒔の声が響く。埃っぽく、長い間掃除された形跡もない倉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨七 ジャンル:咲-Saki- お題:昼の病気 必須要素:駄菓子 制限時間:15分 読者:539 人 文字数:940字 お気に入り:0人
「……!!」 お昼休みを終えた、5時間目の授業中。永水女子高校、3年の教室で授業を受けていた狩宿は、向かいの棟の廊下をふらふらと歩く滝見の姿を見つけた。教師の退 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ドラゴン松実@DC ジャンル:咲-Saki- お題:昼の病気 必須要素:駄菓子 制限時間:15分 読者:645 人 文字数:860字 お気に入り:0人
「これは虫歯ですね。当分甘い物は控えてください」死刑宣告だった ちゃんと歯磨きはしていたしバランスのいい食事もとっていたただ普通の人よりちょっぴりお菓子が好きな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すかい「文章」ギオン ジャンル:咲-Saki- お題:3月の年賀状 必須要素:《英語のクミ》 制限時間:30分 読者:39 人 文字数:2144字 お気に入り:0人
「あけおめ」そう言いながら、愛宕洋榎が何かを差し出してくる。絵心を感じられないビジュアルのよくわからない動物が描かれたそれは、おそらく俗にいう年賀状だろう。おう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すかい「文章」ギオン ジャンル:咲-Saki- お題:彼と貯金 必須要素:爆弾 制限時間:30分 読者:59 人 文字数:2637字 お気に入り:0人
私にとって、新子憧は誰より大切な友達だった。麻雀がしたくて入った阿太峯中学で、知り合いもおらず不安だった私に出来た、最初の友達。憧のおかげで、未来への不安なんて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:晴天バーディーズ ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:107 人 文字数:679字 お気に入り:0人
「めっちゃ木やん」と、洋榎の第一声がこれ。木ですね…、木なのよー。と姫松メンバーが集まっているのは部室内、の中心にある木だ。 「めっちゃ木やん」洋榎はおんなじ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:静かな笑顔 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:365字 お気に入り:0人
「マスター、少し良いか?」深夜マイルームを尋ねてきたのは、退廃的な雰囲気を纏う黒衣のサーヴァント(いやこの人に限ってみれば僕の方こそ僕であるほうが相応しいのかも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Zero お題:猫の大地 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:275字 お気に入り:0人
『抑止の輪より来たれ、天秤の守り手よーーーー』黒衣の魔術師の高らかな詠唱の終わりと共に眩い閃光が古城の一室に満ちる。魔術師が瞑った目を開いたのは、儀式の主たる目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:武将隊 お題:もしかして犬 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:720字 お気に入り:0人
名を呼べば素直に返事をして、確と後ろを着いてくる。 もしかして、いやもしかしなくても、此奴は犬では無かろうか。 褒めれば大きく尻尾振って、叱ればしゅんと耳を垂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:大人の祖父 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:404字 お気に入り:0人
「君と違って、ジョースターさんはまるで大きな子供みたいだな」少しだけ皮肉を込めて、それでいて柔らかくお前は微笑む。「あぁ、じじいは昔っからこうさ」好奇心旺盛で、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!! 阿吽 お題:僕と人体 必須要素:小説 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:651字 お気に入り:0人
昔はこんな事考えもしなかった。いや、考えている暇がなかったと言った方がいいだろうか。学生の時より自由な時間は減った。それが大人という物だ。分かっている。俺のピー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー‼︎ 赤葦京治 お題:地獄ロボット 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:2533字 お気に入り:0人
此処は地獄だ。流れる汗、詰まった指先、張り付く前髪、この熱気。毎日毎日、繰り返し、噛み締める、この両手に、空に届く程のトス。打ち付ける音、堪らなく大好きなんだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:誰かと育毛 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:407字 お気に入り:0人
霊夢のそこはいまだ発毛をみていない。みずからの発育に関してはとんと無頓着な霊夢である。だが、たまに魔理沙と温泉に浸かりでもすると話は違ってくるらしく。「なんでそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛と欲望の善意 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:480字 お気に入り:0人
コアラに喰らわれ続け危殆に瀕したユーカリがやがて毒を獲得したように。覚妖怪に心のうちを暴かれ続けた者たちは、なんというかこう、「すれて」しまうのである。地霊殿の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゾエ お題:大好きな伝説 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:1677字 お気に入り:0人
「この時期は、神様に花嫁を差し出す祭りがあんねんけど、アンタもそれ見に来たん?」そう言って緑のフードを被った少年が永見が持っていた一眼レフカメラのレンズを手で触 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛、それは音 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:375字 お気に入り:0人
ご自愛ください。という定型句にエロティックな意味を見出してしまう程度にはリリカ・プリズムリバーは若かった。思春期だった。自分を愛するとは陰核を愛することに他なら 〈続きを読む〉