ジャンル:進撃の巨人 お題:限りなく透明に近い嘘 制限時間:4時間 読者:189 人 文字数:3635字 お気に入り:0人
[削除]

透明な嘘【ネタバレ】

ご注意下さい!冒頭から盛大に95、98話のネタバレです('17,10,10現在)。本誌未
読の方は、何卒ご注意下さいますよう、お願い致します。ジークとイェーガー家(マー
レ側)の話です。暗い上に後味が悪い内容で、有り得ない捏造設定を含みます。



 病院の窓ガラスを通り抜けた斜陽は、トパーズ色の光の粒子に姿を変えて、廊下で
乱反射していた。押し潰された心を表すような叫び声が、廊下の先からジークの耳に
届いた。


 始祖奪還作戦の前年、ジークの祖父は、自宅で唐突に叫び声を上げた。祖母が必死
に呼びかけても、叫び声は止まらなかった。降って湧いたような事態を、ジークは
ただ傍観するしかなかった。思考と感情の歯車が、噛み合わなかった。
 背を丸めてしゃがみ込んだ状態で、祖父は自分の頬を掻きむしった。まるで、両頬
の肉の全てを、顔からむしり取ろうとするかのように。ジークは、慌てて祖父の両手
首を掴んだ。とにかく落ち着かせようと、痩せた祖父の背中をかき抱いた。
 ジークの両腕の中、祖父は自由になった右手で、左腕の腕章を引き千切った。それ
は、赤い名誉マーレ人の腕章だった。収容区内のエルディア人が付けている黄色の腕
章とは違う、選ばれた戦士とその家族だけが付ける事を許された赤い腕章。
 床に落ちた祖父の腕章が、滲んで見えた。ジークは、泣きながら祖父の背中をさす
る祖母の姿を見て、自分も泣いていたのだと気が付いた。
 翌日、祖母と一緒に祖父を病院へ連れて行ったが、そのまま入院となり今日に至っ
ていた。


 祖父がいる病室の扉の前に立つ度に、左手首の火傷痕を右手で押さえるのがジーク
の癖となっていた。イェーガー家を不幸にしたのは祖父ではない。親父があんな真似
をしなければ、我が子を殺された祖父の心は、更に押し潰されたりしなかった。
 グリシャの姿が脳裏をかすめる時は、同時に怒りも湧き上がる。その度に、ジーク
は力ずくで己の中の怒りを抑え込んでいた。
 軽く深呼吸してから、扉をノックする。病室内から「どうぞ」と返答したのは、祖
父ではなく女性看護師だった。中へ入ると、ベッドで起き上がっていた祖父は、酷く
驚いた顔でジークの顔を凝視していた。
 戦地から帰還したのは数日前だ。数カ月振りに見舞いに来たから、驚いているのだ
ろう。ジークはそう思い込んでいた。
「じいちゃん、来れなくてごめ―――」
「グリシャ?」
 ジークの笑顔をひきつらせたのは、彼が最も聞きたくない名前だった。祖父はベッ
ド上で座り直すと、名誉マーレ人の腕章を付けたジークの左腕を掴んだ。眉根を寄
せ、両目に涙を滲ませて、ジークを見上げた。
「グリシャ、無事だったのか。あぁ良かった。巨人にならずに済んだんだな?お前、
どうやって家まで戻れた?ダイナは?一緒じゃないのか?私と母さんが・・・ジーク
がどんなに心配したと思って―――」
「じいちゃん、俺だよ。ここは病院で―――」
 言い終わるより先に、看護師がジークの左上腕に手を添えて囁いた。
「話を合わせてあげて下さい。混乱してしまいますから」
「でも・・・俺は、違います。親父じゃない。じいちゃんに嘘を言ってまで・・・」
「今のイェーガーさんには、嘘が必要なんです」
 看護師は、目尻にプロ意識を湛えつつも、口許には優しさげな笑みを浮かべていた。
家族や恋人同士が向けあうのとは違う、独特の笑顔だ。
 自分もこんな顔をすれば、器用に嘘がつけるのだろうか。ジークは看護師と同じ表
情を作ろうとしたが、無理だった。結局、祖父へ向けた顔を俯かせて、絞り出すよう
な声でグリシャのフリをするしかなかった。
「とう・・さん。心配させて、ごめん・・・」
「グリシャ、すまない。私が・・・私が全て悪かったんだ。家族が不幸になったの
は、私の所為なんだ・・・。厳しくしなければ、お前達を守れないと・・・。すまな
かった・・・」
 祖父はジークの腕を掴んだまま、うな垂れた。「すまない」と鸚鵡(オウム)のように
繰り返しながら、嗚咽を漏らした。ジークは、黙って祖父の背中をさすり続けた。


「お待たせしました」
 病院の前庭に置かれたベンチに座る小柄な男に、ジークは控えめに声をかけた。
 マーレ軍の制服を着た三十代後半のその男は、一人で文庫本を読んでいた。士官の
階級章を付け、左腕に腕章は無い。年齢とは不釣り合いな程の丸い童顔に、丸鼻と小
さな両目。かけている眼鏡も丸い。制服を着ていなければ、喜劇俳優に見えてしまう
だろう。
 本から顔を上げた男は、「待ってないよ」と不思議そうな表情でジークを見た。
「もう、いいの?おじいさんに会いに来るの、数カ月振りじゃない?」
 ジークは両手を後ろで組んだまま、苦笑を零した。
「俺を親父だと思ってるんです。話を合わせようとしたんですが、無理でした。俺に、
親父の真似は出来ません」
「そうか・・・。お前、父親似だもんな。おじいさん、過去と現在がごちゃ混ぜに
なってるのかな・・・」
「担当医から、名誉マーレ人になる前の腕章と白衣を持って来てくれと、頼まれまし
た」
「なんで?」
「担当医の白衣を着せたら、本人の精神状態が落ち着いたそうです。区の診療医だっ
た頃に、記憶が逆流してるのかもしれません」
「それで良くなってるなら、結果オーライだよ。悪くなるよりマシさ―――行こう
か?」
 男は文庫本をアタッシュケース(書類鞄)に仕舞うと、ベンチから立ち上がり、病院
の出入り口に向かった。ジークはその数歩後ろに続き、病院を出た所で男の背中に
声をかけた。
「本部に戻る前に、付き合わせて済みません」
「他の戦士に用があったついでだから、いいよ。おじいさんの具合も気になったしさ。
症状が改善すれば、外出も許可されるんだろ?」
「はい。良くなれば、数時間の外出は許可出来るかもしれないと言われました。祖母
が同行するという条件付きですが」
「そうか。良くなるといいね」
「マガト隊長と貴方だけですよ、エルディア人を差別しないのは。俺の投擲の成績が
良かったのは、貴方がキャッチボールを教えてくれたからですし。貴方は、良い方で
す」
 前を歩く男が唐突に黙ってしまい、ジークは怪訝な顔で彼の背中を見つめた。トパ
ーズ色をした夕日が、幕を下ろすように狭い空から収容区に降り注いでいた。男の小
柄な後ろ姿を透かして見せる夕日が、制服の色味を歪ませた。
「グロスさん?どうかしましたか?」
 グロスと呼ばれた男は、ジークに背中を向けたまま歩き続けた。
「俺は・・・お前達が思うような、良い人じゃないよ。どうしようもない大噓つきだ」
 グロスは僅かに歩みを早めた。ジークの歩幅も自然に伸びる。
 収容区の正門が見えかけた時、不意にグロスが歩を止めてジークに振り返った。「ち
ょっと支えてくれ」と、持っていたアタッシュケース(書類鞄)を横にしてジークに軽
く突き出した。ジークがケースの両脇を支えると、グロスはパチンと蝶番を外した。
開いたアタッシュケースの中からグロスが取り出したのは、彼の予備の眼鏡だった。
アタッシュケースを閉じてジークの手から離して持ち直すと、その眼鏡を「やるよ」
と差し出した。
「―――え?」
 事態が飲み込めないジークは、顔に疑問符を浮かべるばかりだ。グロスは、眼鏡で
ジークの制服の胸元をポンポンと軽く叩いた。ワケが分からないまま、ジークは眼鏡
を受け取った。それは、ジークが戦士隊に入隊した幼い頃に、グロスがかけていた物
だった。特徴的なデザインなので、ジークはよく憶えていた。
「それ、伊達眼鏡なんだよ。予備は他にもあるから、遠慮せず使え」
「え?ちょっと待って下さい。グロスさんの眼鏡って、伊達なんですか?」
「俺はお前と逆で、母親に瓜二つだろ?童顔の印象を変えたくてさ。死んだ兄貴が
かけてたのも伊達だった。それはデザインが変わってるから、かければ顔の印象が大
分変わる筈だよ。サイズは、眼鏡屋で調整して貰え。後はそうだな・・・髭でも伸ば
せば、親父さんに間違えられる事もないだろ」
 再び背を向けて先を歩き出したグロスを、ジークが小走りに追いかけた。
「有難うございます、グロスさん」
「おじいさんが病気になったのは、島の奪還作戦の所為でも、お前が『獣の巨人』を
継承したからでもない。お前まで、自分で自分を責めるような真似はするなよ」
「はい」
 譲られた眼鏡をかけるジークの横顔は、大人の世界に片足を踏み込んだばかりのよ
うな幼さを残していた。グロスはジークのその横顔から視線を逸らすようにして、収
容区の正門へと歩を早めた。


                                    終
 拙作にお付き合い頂き有難うございました。'17,10,10

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ちくわぶ@就活楽しいです ジャンル:進撃の巨人 お題:穏やかな医者 制限時間:4時間 読者:1158 人 文字数:2944字 お気に入り:0人
死んだ方がマシ、という言葉がある。幸いなことに僕自身がこういった感情に囚われたことはない。あのシガンシナの地獄でだって、第一には死にたくない、生きたいという考 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桜梅桃李†臨焼け読了 ジャンル:進撃の巨人 お題:静かな壁 制限時間:4時間 読者:4498 人 文字数:1250字 お気に入り:0人
エレミカです。途中からワケわかんなくなってる...ギャーー!!満月の夜。ミカサは何者かの気配を感じていた。一応は熟睡と呼べる程に寝入っていた午前2時。自室の付近 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※現パロ ※未完
作者:あおゆ ジャンル:進撃の巨人 お題:肌寒い悲劇 制限時間:4時間 読者:914 人 文字数:462字 お気に入り:0人
この世界には空白の歴史がある。エレンがそのことを知ったのは退屈だと感じていた歴史の授業の時だった。黒板の前に立って教科書を片手にそう話す教師は、いつものやる気の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まひひ ジャンル:進撃の巨人 お題:漆黒の闇に包まれし慰め 制限時間:4時間 読者:1439 人 文字数:3794字 お気に入り:0人
※童話パロエレリ(リヴァエレ風味)あだちさんの星飼いエレン設定を一部流用させて頂いていますこれは、北極星の少年と、その星に恋をしてしまったある愚かな青年のお話。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まひひ ジャンル:進撃の巨人 お題:生かされた動揺 制限時間:4時間 読者:1237 人 文字数:1805字 お気に入り:0人
どうしても寒い冬の日は、こうやって2人で毛布にくるまって微睡む。それを最初に提案してきたのはユミルの方だった。クリスタはちっちゃくてあったかそうだから湯たんぽに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋← ジャンル:進撃の巨人 お題:あいつと狐 制限時間:4時間 読者:1212 人 文字数:2890字 お気に入り:1人
犬に似ていると、言われたことがあった。会話に突然巻き込まれた形だったから、ろくな返事もできなかった上に、色々なことがあった今となっては誰が言ったのかも思い出せ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しま ジャンル:進撃の巨人 お題:突然の「えいっ!」 制限時間:4時間 読者:1157 人 文字数:3370字 お気に入り:0人
(現代パロディでルームシェアしてる山奥組)最近気づいた事がある。リビングの中央にでんと置かれた特大サイズのソファベッドに半ば埋もれるようにしてちょこんと座った小 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しま ジャンル:進撃の巨人 お題:過去の霧雨 制限時間:4時間 読者:984 人 文字数:2146字 お気に入り:0人
(神経質ベルトルト)空中で、身体を水平に保つ事は思ったよりも難しかった。増して支えとなるのはワイヤーとベルトのみだ。立体機動装置を装着すれば、重力の抵抗が軽くな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しま ジャンル:進撃の巨人 お題:昔の狐 制限時間:4時間 読者:4035 人 文字数:2852字 お気に入り:0人
(甘い匂いのするベルトルトの話)壁にもたれて座りこみ、立てた膝の間に本を置いて少年は羅列された文字を目で追う事に集中していた。読み慣れた独創的な物語はもう三度読 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はるの ジャンル:進撃の巨人 お題:暗黒の奈落 制限時間:4時間 読者:1849 人 文字数:3817字 お気に入り:0人
※夢です 女の子同士の話題で、一番盛り上がるのは恋愛トーク、所謂「恋バナ」というやつだ。わたしも成人を迎えているのだし、経験がないとしらばっくれることもできない 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:高崎ナル お題:今日のゲストは薔薇 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:1012字 お気に入り:0人
「ふう…」真っ赤な椅子に居座るのは少し身分不相応なまるでスラム街の孤児のような男。ギィ…となんとも立派なドアが開き、そこから1人の可憐な少女が顔を出す。「おや。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪とアルケミスト お題:愛のヒーロー 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:612字 お気に入り:0人
愛故に守りたいと思うのは、普通の考え方だと思う。 ましてや、その愛が向かう先が成年になる最終段階を踏み始めたばかりの少女ときたら、尚更。どんな輩が牙を剥くとも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:大逆転裁判 お題:魅惑の曲 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:407字 お気に入り:0人
「ねえ、何か歌ってよ」親に捨てられた身の上というのに、イーストエンドの子供たちは夜になると子守歌をしつこくせがんだ。潤んだ大きな眼、服の裾を掴む思いのほか強い力 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:間違った職業 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:780字 お気に入り:0人
「俺は刀剣男士だ」「そうだね」「なのになんで畑仕事なんかやる必要があるんだ……」和泉守兼定はため息をついて鍬の刃先を地面にさした。まだ手をつけていなかった畑の土 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪とアルケミスト お題:楽しい爆発 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:737字 お気に入り:0人
遠くから、きゃーっ、と誰かが叫ぶ声が聞こえた。それも複数。ただその声音は、切羽詰まった助けを求めるようなものではなく、元気で楽しげなもの。それなら気にしなくても 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 狛日 お題:かたい雑草 必須要素:恋愛要素以外 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:921字 お気に入り:0人
「狛枝!今日はお前は草むしり当番だ!」いきなりコテージの扉を開け日向クンがそう言い放ったのは約15分前。昨日ボクはなにかやらかしただろうか。もしそのバツなのだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:イケメン戦国 お題:天才の死 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:769字 お気に入り:0人
知らなかった。こんな世界があること。うだるような暑さの中、家康は人里離れた山奥を一人で歩いていた。あたりに人影はなく、ただ波のような蝉の鳴き声だけが一面を覆い尽 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
母との約束 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ミイラの飼い方 お題:昔の母 必須要素:生理 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:473字 お気に入り:0人
こ「空良いこと空が幼少期の時?あなたが女の子って言うことは誰にも言ってはいけないわ」空の母ひまわりは悲しそうな顔で最愛の愛娘空にそう告げた。「どうして?」空は不 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
家路 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:A3 お題:茶色い「えいっ!」 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:2973字 お気に入り:0人
プツン、と音がした。それは、心が切れる音だった。目の前ではバツの悪い顔をした姉。唇を噛み締めて顔を歪めている。今にも泣き出しそうだ。「アンタが悪いんじゃないっ! 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
賞味期限 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:D.Gray-man お題:許せない悪魔 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:407字 お気に入り:0人
誰かを愛する心に賞味期限があるように、「憎しみ」という感情にも賞味期限があるんだよ。 チャオジーがまだアニタの元で水夫の仕事をしていた頃、年老いた先輩の水夫が 〈続きを読む〉