ジャンル:ハイキュー!! お題:愛すべきローン 制限時間:1時間 読者:179 人 文字数:629字 お気に入り:0人
[削除]

愛すべきローン

岩及
※ゲイ岩泉←ノンケ及川




「やらせて」
真顔で、だけど獣のような目で、岩ちゃんが言った。いわゆる床ドンというやつで。

俺は無理だと何度も言った。全力で抵抗もした。けれど腕力は岩ちゃんのが俺より強いし、あっちこっちを触られたり撫でられたり舐められたりしているうちに、気持ちも身体も、そんな風になってしまった。

その瞬間は痛くて、とにかく痛くて、果てるまではただただ苦しいだけの時間だった。ぶっちゃけ泣いた。そんな俺を岩ちゃんは、じっと抱いて背中を撫でてくれた。ごめんもありがとうも、好きもなく、ただ静かに。
岩ちゃんから求められたのは、この日が最初で最後で最後だった。





「しようよ」
真剣に、だけど少し甘く、俺は岩ちゃんを誘う。いわゆるなろ抱きというやつで。

岩ちゃんは耳が弱い。その上端のとんがったところを、後ろから舐めて噛む。繰り返すうち火のついた岩ちゃんが俺を組み敷いて、事が始まる。

慣れたと言えるほどはしていないから、その時はまだまだ痛い。けれど耐えるのは、
「ねぇ好きって言って、岩ちゃん」
「好きだよ」
この言葉が聞けるからだ。

領収証にハンコでも押すような、作業のような言葉だけれど、額に汗のつぶを浮かべた岩ちゃんが、吐息の合間に言うのだから、悪くはないと思っている。
だって素面ならきっと聞かせてはくれない。身体を、裸を貸すからこそ、返してくれる、これは愛なのだ、岩ちゃんなりの。






愛すべきローン

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
こころを殺せ ※未完
作者:ありがとうハピエレ、ありがとうスバ北 ジャンル:ハイキュー!! お題:今日の殺し 制限時間:1時間 読者:137 人 文字数:2783字 お気に入り:0人
世の中にはままならない事が多々ある。自分の思うように動いて貰えなかったり、希望した事が通らなかったり。努力に努力を重ねても、自分よりも才溢れる人間にどう足掻いて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:誤字崎(CV島崎信長) ジャンル:ハイキュー!! お題:熱い嫉妬 制限時間:1時間 読者:499 人 文字数:775字 お気に入り:0人
彼の目はただ一点を見つめていた。一緒に来ていた松川とはぐれ、路頭に迷っていた時だった。彼を見つけたのは。唇をきゆっと噛み締め、瞳は冷めている。まるで深い海に来て 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:山田ゆい太 ジャンル:ハイキュー!! お題:薄汚いサーカス 制限時間:1時間 読者:1084 人 文字数:1647字 お気に入り:0人
コンバースの靴底で帰り道を踏む。すっかり乗り慣れた自転車を引っ張りながら。スマートフォンのホーム画面で時計を見る。20時30分。そりゃぁ、辺りはすっかり暗くなる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみ ジャンル:ハイキュー!! お題:無意識のユートピア 制限時間:15分 読者:167 人 文字数:2561字 お気に入り:0人
「宮さん」 てっきり自分一人かと思っていた合宿所の廊下で、侑は聞き慣れない声に踵を返した。途端、「あぁ」と納得の声を出してしまって、目の前にあるそう身長の変わら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かなぶん。 ジャンル:ハイキュー!! お題:夏の「うりゃぁ!」 制限時間:30分 読者:154 人 文字数:1066字 お気に入り:0人
その日は全国的に真夏日で、天気予報の小綺麗な女の人が「今日は暑いですので、熱中症に注意して、水分補給を忘れずに!」なんて、暑さを隠して万人受け笑顔で言っていたの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:誤字崎(CV島崎信長) ジャンル:ハイキュー!! お題:君と学校 制限時間:30分 読者:452 人 文字数:814字 お気に入り:0人
影山たまに、自分にとって一番大切な物がわからなくなる。それは1日悩んでもわからないときもあるし、一瞬でわかるときもある。何故わからなくなるのかはわからない。でも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こウメッこ ジャンル:ハイキュー!! お題:簡単な小説の書き方 制限時間:30分 読者:634 人 文字数:1479字 お気に入り:0人
簡単な小説の書き方ボールが弧を描いて彼の手元に来るように、俺がそのようなボールを上げるように、言わばそれは「日常の延長の当たり前」のように。俺がすんなり木葉さん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:浮かれポンチあきもと ジャンル:ハイキュー!! お題:大人のもこもこ 制限時間:15分 読者:769 人 文字数:870字 お気に入り:0人
俺の部屋着と言えば、いまだに中学校の頃にはいていたジャージなのだが、及川ときたらこれで今月2枚目の部屋着を購入してきたらしい。こないだは、薄い灰色のスウェットだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:コトト ジャンル:ハイキュー!! お題:今日の潮風 制限時間:30分 読者:554 人 文字数:1575字 お気に入り:0人
ねえ、岩ちゃん。おしては引いていく波の音でなにも聞こえないのに、口の形だけで俺のことを呼んだのだとわかった。まるくて穏やかな声が、口の形にあわせて勝手に再生され 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ここに墓を建てよう✝たつひ ジャンル:ハイキュー!! お題:正しい魚 制限時間:15分 読者:887 人 文字数:916字 お気に入り:0人
大学に入って、何人目か忘れた彼女とデートで行った水族館。彼女は嬉しそうに、水槽を指さしてこちらを向いた。「オイカワ!」同じ名前だね、って言いたいんだろうけどさ。 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バトルスピリッツ烈火魂 お題:真紅の怒りをまといしギャグ 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:1563字 お気に入り:0人
ウチの名前〇〇 〇〇。ある日を境にS級バトラーになったものだ。だけど、まだウチはどこかのスクールアイドルでもある似非関西弁の三年生に似てて外見が青くー、そのまん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:限りなく透明に近い命日 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:299字 お気に入り:0人
あれ、いつの間にか体が透明になっている。私って死ぬのかな。あそこに薬研がいるのになんで気付いてくれないの!?「薬研!」必死に薬研のことを呼んだ。そうしたらこっち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:不幸な道のり 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:1279字 お気に入り:0人
おれは常々、後悔をしないように生きている。 後悔先に立たずと言うが、つまり後悔するかしないかは未来のおれが決めることであって、今のおれではない。ならばせめて『 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:すごい悪人 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1136字 お気に入り:0人
※流血表現ありこの世にある悪人という定義は何であろうか?人殺し? 窃盗? 密売? それとも__返り血でスーツが染まる。真っ白なスーツに対し、鉄分が入っている真っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:同性愛の作品 制限時間:2時間 読者:6 人 文字数:413字 お気に入り:0人
※同性愛否定発言あり __マフィア___。 俺達は世間からそう云われる存在だった。 今日の獲物は冴えない画家。 借金は凡そ500万ちょい。 いい加減、臓器でも売 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:練習Kiss お題:ぐちゃぐちゃの嘘 制限時間:2時間 読者:6 人 文字数:1206字 お気に入り:0人
朝起きるとガバッ「なぁにこれぇ」謎の空間にいた僕は楠木秋飛(くすのきあきと)最近成人式を終えたばかり「えー、、ここどこ、、」自分で言うのもアレだがさみしがりやな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン 降風 お題:臆病な悪魔 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:582字 お気に入り:0人
上司が悪魔と呼ばれていることは知っていた。彼への畏怖だとか、嫉妬だとか、羨望だとか、そういった周囲の評価を示している二つ名だと思う。風見もまた、自らの上司を、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:やば、ガール 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:1058字 お気に入り:0人
部屋からは遠く、海沿いの工業高校地帯が見えている。川底に散った砂金のように夜ごと光を放って、街の高台に部屋を借りて正解だった、と永四郎は微笑んで煙草に口を付け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:遅いガール 必須要素:囚人 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:775字 お気に入り:0人
俺の主は、何をやるにも遅い。「ねー主ー、まだなのー?」「ん、んー、も、もうちょっと…メイクが終わらなくって」「もう、ファンでだけでどれだけかかってるのさ!ほら、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:NEW GAME! お題:馬鹿な人間 必須要素:京都 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1005字 お気に入り:0人
いつもと変わらない通勤時ガタンゴトンっと電車が揺れて甲高いブレーキ音を出して止まり、バシャアと扉が開く。そこの空いた入り口にドッと客が入る。その入ってくる人を凝 〈続きを読む〉