ジャンル:ハイキュー!! お題:愛すべきローン 制限時間:1時間 読者:51 人 文字数:629字 お気に入り:0人
[削除]

愛すべきローン

岩及
※ゲイ岩泉←ノンケ及川




「やらせて」
真顔で、だけど獣のような目で、岩ちゃんが言った。いわゆる床ドンというやつで。

俺は無理だと何度も言った。全力で抵抗もした。けれど腕力は岩ちゃんのが俺より強いし、あっちこっちを触られたり撫でられたり舐められたりしているうちに、気持ちも身体も、そんな風になってしまった。

その瞬間は痛くて、とにかく痛くて、果てるまではただただ苦しいだけの時間だった。ぶっちゃけ泣いた。そんな俺を岩ちゃんは、じっと抱いて背中を撫でてくれた。ごめんもありがとうも、好きもなく、ただ静かに。
岩ちゃんから求められたのは、この日が最初で最後で最後だった。





「しようよ」
真剣に、だけど少し甘く、俺は岩ちゃんを誘う。いわゆるなろ抱きというやつで。

岩ちゃんは耳が弱い。その上端のとんがったところを、後ろから舐めて噛む。繰り返すうち火のついた岩ちゃんが俺を組み敷いて、事が始まる。

慣れたと言えるほどはしていないから、その時はまだまだ痛い。けれど耐えるのは、
「ねぇ好きって言って、岩ちゃん」
「好きだよ」
この言葉が聞けるからだ。

領収証にハンコでも押すような、作業のような言葉だけれど、額に汗のつぶを浮かべた岩ちゃんが、吐息の合間に言うのだから、悪くはないと思っている。
だって素面ならきっと聞かせてはくれない。身体を、裸を貸すからこそ、返してくれる、これは愛なのだ、岩ちゃんなりの。






愛すべきローン

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
こころを殺せ ※未完
作者:ありがとうハピエレ、ありがとうスバ北 ジャンル:ハイキュー!! お題:今日の殺し 制限時間:1時間 読者:83 人 文字数:2783字 お気に入り:0人
世の中にはままならない事が多々ある。自分の思うように動いて貰えなかったり、希望した事が通らなかったり。努力に努力を重ねても、自分よりも才溢れる人間にどう足掻いて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:誤字崎(CV島崎信長) ジャンル:ハイキュー!! お題:熱い嫉妬 制限時間:1時間 読者:386 人 文字数:775字 お気に入り:0人
彼の目はただ一点を見つめていた。一緒に来ていた松川とはぐれ、路頭に迷っていた時だった。彼を見つけたのは。唇をきゆっと噛み締め、瞳は冷めている。まるで深い海に来て 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:山田ゆい太 ジャンル:ハイキュー!! お題:薄汚いサーカス 制限時間:1時間 読者:944 人 文字数:1647字 お気に入り:0人
コンバースの靴底で帰り道を踏む。すっかり乗り慣れた自転車を引っ張りながら。スマートフォンのホーム画面で時計を見る。20時30分。そりゃぁ、辺りはすっかり暗くなる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみ ジャンル:ハイキュー!! お題:無意識のユートピア 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:2561字 お気に入り:0人
「宮さん」 てっきり自分一人かと思っていた合宿所の廊下で、侑は聞き慣れない声に踵を返した。途端、「あぁ」と納得の声を出してしまって、目の前にあるそう身長の変わら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かなぶん。 ジャンル:ハイキュー!! お題:夏の「うりゃぁ!」 制限時間:30分 読者:72 人 文字数:1066字 お気に入り:0人
その日は全国的に真夏日で、天気予報の小綺麗な女の人が「今日は暑いですので、熱中症に注意して、水分補給を忘れずに!」なんて、暑さを隠して万人受け笑顔で言っていたの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:誤字崎(CV島崎信長) ジャンル:ハイキュー!! お題:君と学校 制限時間:30分 読者:364 人 文字数:814字 お気に入り:0人
影山たまに、自分にとって一番大切な物がわからなくなる。それは1日悩んでもわからないときもあるし、一瞬でわかるときもある。何故わからなくなるのかはわからない。でも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こウメッこ ジャンル:ハイキュー!! お題:簡単な小説の書き方 制限時間:30分 読者:512 人 文字数:1479字 お気に入り:0人
簡単な小説の書き方ボールが弧を描いて彼の手元に来るように、俺がそのようなボールを上げるように、言わばそれは「日常の延長の当たり前」のように。俺がすんなり木葉さん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:浮かれポンチあきもと ジャンル:ハイキュー!! お題:大人のもこもこ 制限時間:15分 読者:726 人 文字数:870字 お気に入り:0人
俺の部屋着と言えば、いまだに中学校の頃にはいていたジャージなのだが、及川ときたらこれで今月2枚目の部屋着を購入してきたらしい。こないだは、薄い灰色のスウェットだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:コトト ジャンル:ハイキュー!! お題:今日の潮風 制限時間:30分 読者:513 人 文字数:1575字 お気に入り:0人
ねえ、岩ちゃん。おしては引いていく波の音でなにも聞こえないのに、口の形だけで俺のことを呼んだのだとわかった。まるくて穏やかな声が、口の形にあわせて勝手に再生され 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ここに墓を建てよう✝たつひ ジャンル:ハイキュー!! お題:正しい魚 制限時間:15分 読者:791 人 文字数:916字 お気に入り:0人
大学に入って、何人目か忘れた彼女とデートで行った水族館。彼女は嬉しそうに、水槽を指さしてこちらを向いた。「オイカワ!」同じ名前だね、って言いたいんだろうけどさ。 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ミスプリ! お題:彼女と傘 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:1068字 お気に入り:0人
6月も半ば――。僕は雨に濡れながら、帰路についていた。 いつもなら同じ学校に通う主、姫岡こころと帰っているはずなのだが、今日は違う。 こころが友達とどうしても行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
対価 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:Axis powers ヘタリア【腐向け】 お題:ちっちゃなローン 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:505字 お気に入り:0人
「そうですね……、ではこうしましょう」暫く考えたのち、本田は覚悟を決めたように言った。どんな条件を出されようと、彼の唯一になることを諦めるつもりは無い。彼の国の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:怪盗ジョーカー お題:傷だらけの狸 必須要素:扇風機 制限時間:2時間 読者:21 人 文字数:1022字 お気に入り:0人
ある暑い夏の日。扇風機の前でゲームをしていた俺はハチに「もーちょっとジョーカーさん、ちゃんと見たいてくださいよ〜!」と怒られた。季節は夏。いまはスカイジョーカー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:限りなく透明に近い慰め 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:1958字 お気に入り:0人
「会長はいつから私のことを知ってたんですか?」生徒会室で一緒にのんびりお茶をすすっていた西住ちゃんが唐突にこんな言葉を投げかけてきた。「どうしたの急に?あと私は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
UB
作者:匿名さん ジャンル: お題:魅惑の彼 制限時間:2時間 読者:28 人 文字数:1011字 お気に入り:0人
「彼は馬鹿である。」そんなイメージがあるのは、嵐の天然担当、相葉雅紀のことである。だけど、最近思うことがある。それは、彼の大人としての魅力が最近感じられること 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:熱いプロポーズ 必須要素:丑三つ時 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:542字 お気に入り:0人
「違う!!!僕が言いたかったのはそうじゃないんだッ…!!」キリッとした眼差しはそのままに、フーゴは顔を真っ赤にして全力否定する。午後の優雅なティータイム。ニヤニ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:静かな超能力 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1314字 お気に入り:0人
「実は僕、超能力使えるんです」 紫乃創がそう言ったのは、ガーデンテラスで部活動をしている時だった。朔間凛月と天祥院英智はその言葉を聞いて不思議そうに創を見た。少 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゾイド お題:ぐちゃぐちゃの高給取り 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:512字 お気に入り:0人
微笑(プロイツェンとレイヴン)彼の食事する姿はなぜか印象に残っている。結構な高級料理ばかり口にしていたがちっとも美味しそうに食べないのだ。当時のぼくは子供だった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:早い冤罪 必須要素:クリスマス爆破計画 制限時間:1時間 読者:25 人 文字数:2077字 お気に入り:0人
ドンドンドン、ガンガンガンッ!「ま~ぁくーん。あ~そ~ぼ~ッ!寒いからい~れ~て~ッ!」「~~ッ!あ゛あ゛ッ!!凛月うるさい!!!!」今何時だと思ってるんだ!! 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル: お題:経験のない祖母 必須要素:育毛剤 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:1846字 お気に入り:0人
私には祖母と触れ合った記憶がないのである。幼少期、父親を亡くした私は義理の兄の智とともに暮らし、大きな邸宅の中で過ごしていた。齢三歳のことである。智は執事として 〈続きを読む〉