ジャンル:NARUTO お題:裏切りの暗殺者 制限時間:30分 読者:73 人 文字数:185字 お気に入り:0人

たまにはこんな戯言を ※未完

頬に添えられていた白い手が頬を伝いながら首へと降りていく。
外気によって冷やされたその細長く美しい手は頸動脈の辺りで動きを止めた。
「何してんだ?」
数か月ぶりの甘い逢瀬を楽しんでいたはずの恋人の不可解な行動にシカマルは首をかしげた。
「いや、もし私が暗殺者だったらお前を殺すの簡単なんだろうなって」
「まあ、そうだろうな」
物騒なことをさらっと口にする彼女に特に驚かず

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者: ジャンル:NARUTO お題:ドイツ式の別居 制限時間:30分 読者:171 人 文字数:1533字 お気に入り:0人
・誰視点?シスイ視点 森の上には雲の少ない澄んだ青空が広がっている。深い緑の葉をつけた大木の、太い枝の上に腰を下ろしていたシスイは、改め終えた忍具を荷の中にしま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:NARUTO お題:僕の好きな暴力 制限時間:30分 読者:306 人 文字数:1484字 お気に入り:0人
うずくまった男が畳の上におびただしい量の血を吐いたのを見て、部屋の端で震えていた女が悲鳴を上げた。男を見下ろしていた鬼鮫がつと目を動かして視線を向けると、女は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:8月頭までツイ減嶋す※アニナルは除く ジャンル:NARUTO お題:イギリス式のぬくもり 制限時間:30分 読者:591 人 文字数:1495字 お気に入り:1人
「…雨」「結構酷いな」 瞬く間に見上げた空からは大粒の雫が落ちてくる。さっきまでは晴れていたはずなのに、と首を捻るもぼんやりと思い出した朝の記憶では、確かに天気 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:NARUTO お題:つらい別れ 制限時間:30分 読者:812 人 文字数:480字 お気に入り:0人
大好きなあの人に背を向けた。自分でも驚くほど呆気なく決断できてしまって少なくとも驚いている。理由は分からない。ただこの場所から居なくなりたかったのだ。全てを無に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:NARUTO お題:黒尽くめの姫君 制限時間:30分 読者:627 人 文字数:614字 お気に入り:0人
恋焦がれて溺れる。その意味を初めて知った夜だった。煌びやかな着物、灯り、自分よりずっと背の高い大人の波。父親に手を引かれ一瞬だけ通った遊郭の見世の前で、俺はきみ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:NARUTO お題:激しい小説の書き方 制限時間:15分 読者:170 人 文字数:576字 お気に入り:0人
部屋の明かりをつけなくともいいと鬼鮫に言ったのはイタチだった。窓際で月明かりを拾いながら本を読んでいたイタチが、自分と同じく淡い紫に染めた爪で、最後のページを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:飴子 ジャンル:NARUTO お題:小説家の栄光 制限時間:15分 読者:105 人 文字数:497字 お気に入り:0人
出来るならあの赤い髪の子供を見付けて、もう一度だけ優しい瞳に語りかけてやりたかった。臨む水面がたぷたぷと揺れている。美しい青と表現したかったが、そうするにはあま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:飴子 ジャンル:NARUTO お題:何かの血 制限時間:15分 読者:114 人 文字数:528字 お気に入り:0人
私は風の国と火の国の丁度境の辺りで、宿を開いております。二代前から続く老舗を売りにしているものですから、家屋に少々傷みもありますが、手入れは十分に行っており、質 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:飴子 ジャンル:NARUTO お題:大きなコンサルタント 制限時間:15分 読者:110 人 文字数:394字 お気に入り:0人
殺しを始めた年齢の頃には、もう一人で生活する事にも慣れきっていた。いわゆる家族という存在の記憶がまるでなかった為、赤ん坊の時にはすでに捨てられていたのかも知れな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:飴子 ジャンル:NARUTO お題:誰かの巨人 制限時間:15分 読者:99 人 文字数:531字 お気に入り:0人
まだ五つ程の幼い頃の話だ。黒い巨人に追い掛けられたと散々泣いて、兄をたいそう困らせた事がある。綺麗なオレンジ色の夕焼けが空を染めている頃の事で、アカデミーから帰 〈続きを読む〉

シンリの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:シンリ ジャンル:テニスの王子様 お題:幼い木 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:211字 お気に入り:0人
いつもの寝ぼけ眼はどこへやら、目を大きく輝かせた慈郎は俺がサーブを打つのを今か今かと待っていた。 テニスをしている時の慈郎は本当に楽しそうで、こっちまで楽しい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シンリ ジャンル:NARUTO お題:昼の小説新人賞 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:161字 お気に入り:0人
「それでは、今年の木ノ葉出版新人賞の発表です!」 ラーメンを啜るのをやめてラジオから聞こえてくるノリのいいパーソナリティのお姉ちゃんの声に耳を傾ける。 幸い店に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
皆同じ空の下 ※未完
作者:シンリ ジャンル:サモンナイト お題:暑い小説訓練 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:161字 お気に入り:0人
「あ、暑い……」 これはなにかの拷問なのだろうか。 頭を、肌をギラギラと眩しい太陽の光がじわじわと焦がしていくのを感じる。 雲一つない今日の空模様では自然に光が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シンリ ジャンル:聖闘士星矢 お題:有名な冒険 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:168字 お気に入り:0人
「ギリシャ神話ってさ、結構冒険物語多いよな」「そうだね。アルゴナウタイ、ヘラクレスの十二の功業とか」 「で、正直俺たちだって相当なもんだよな。アスガルドで神闘士 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
傍らの光 ※未完
作者:シンリ ジャンル:テイルズオブファンタジア お題:僕の痛み 制限時間:30分 読者:44 人 文字数:203字 お気に入り:0人
ダオスとの決戦を終え、世界は平和を取り戻した。 仲間たちは元の時代へ帰り、人々から英雄と呼ばれるようになった。 天才召喚士クラース・F・レスターの勇名は百年後 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
Step up ※未完
作者:シンリ ジャンル:コレクターユイ お題:小さな階段 制限時間:15分 読者:75 人 文字数:242字 お気に入り:0人
「じゃあね、みんな!」 今日もまた発生したバグルスを無事にイニシャライズしたユイが元気よくバーチャルアウトするのを見送ってから、今回現場に駆けつけてくれたピース 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シンリ ジャンル:テニスの王子様 お題:刹那の小説上達法 制限時間:15分 読者:125 人 文字数:157字 お気に入り:0人
「仁王っ!! 練習時間に三十分も遅刻してくるとはどういうことだ!」 鬼の副部長の怒号に部員たちは驚いて一瞬竦みあがった。 練習試合を行っていったコートでは、その 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シンリ ジャンル:聖闘士星矢 お題:今年の関係 制限時間:15分 読者:87 人 文字数:267字 お気に入り:0人
「ホント、人生ってヤツは何があるのかわかんねえな」 広い湯船にゆったりと体をのばしていたデスマスクはしみじみとつぶやいた。「いきなりどうしたんだ? お前らしくな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
木ノ葉の奇祭 ※未完
作者:シンリ ジャンル:NARUTO お題:斬新な光景 制限時間:15分 読者:85 人 文字数:221字 お気に入り:0人
「な、なにが起きてるんだ?」 第四次忍界大戦が終結してから早半年の月日が流れたある日、風影の使いで木ノ葉を訪れたテマリは目の前に広がる異様な光景に目を疑った。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シンリ ジャンル:NARUTO お題:死にぞこないの男祭り! 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:233字 お気に入り:0人
ジューという肉の焼ける音がやけに耳に響く。ディナータイムの焼肉Qの店内は多くの客でごった返していてとても賑やかだったが、このテーブルだけは静寂が支配しているらし 〈続きを読む〉