ジャンル:ワールドトリガー お題:愛と死のスキル 必須要素:高校受験 制限時間:15分 読者:224 人 文字数:550字 お気に入り:0人

ぎりぎり

(オリキャラ居るよ)

【とある昼食】

唐沢克己は三門市の外に出る用事があったので暇そうにしていた唐沢リコを連れて行った。
リコは三門市から余り出ないというか、三門市が広すぎる、と言うようなものだ。
彼女を美術館に置いていき唐沢は用事をすませてから美術館のリコを回収して、昼食だ。

「高校は、どこに通うつもりだったかな」

「女子校かな。通えそうだし」

昼食は定食屋にして、唐沢は釜飯定食を、リコは刺身定食を頼んだ。座敷が開いていたのでそこに座る。
年齢を合わせれば中学三年生になる。
進学先はいくつか用意してあるが唐沢はリコの判断に任せていた。

「好きにえらべば良い。援助が出来そうな処はしよう」

「ありがたい。……技術って使い方次第なんだね……」

「? いきなり?」

「テレビ」

リコが座っている場所からは定食屋に置かれているテレビが見える。人が段々と集まってきた
定食屋内で放映されている番組は元コンビニ店員が自分が勤めていたコンビニに
強盗に入ったというものだった。
捕まっていたが。

「そうとも取れるね」

「おじさんを倒した方が会社潰しやすいよね」

「よく言われるよ」

毎度のやりとりをしながら、待つ。
やがて食堂のおばちゃんが刺身定食を持ってきた。


【Fin】

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
雨取の部屋 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ワールドトリガー お題:俺のクレジットカード 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:256字 お気に入り:0人
期限の切れたばかりのクレジットカード。通帳に判子。何枚もの積み重なった明細書。更新されなくなった部屋には、埃が漂う。「……くそ」大切なもの入れ、と拙い字でそう書 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蚊取り線香 ジャンル:ワールドトリガー お題:疲れた探偵 必須要素:直木賞 制限時間:15分 読者:152 人 文字数:676字 お気に入り:0人
「探偵、ね。なるほど。その手があったか」異界との長い戦いが終わり、ボーダーは防衛機関ではなく、橋渡しの役目を負うようになった。君はどうするのかと唐沢は問い、迅は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雛月 ジャンル:ワールドトリガー お題:凛とした雑踏 必須要素:ゴルゴンゾーラ 制限時間:15分 読者:230 人 文字数:1033字 お気に入り:0人
知ってるかお前ら、人は追いかけられたら逃げたくなるもんなんだよ。 ところてんみたいな感じなんだと思う。多分、押したら出てしまうのだ、それはもう物理法則みたいな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雛月 ジャンル:ワールドトリガー お題:潔白な信仰 必須要素:直腸 制限時間:15分 読者:207 人 文字数:985字 お気に入り:0人
いつだったか酔って夜道を歩きながら、死ぬときもあんたと一緒がいいって思ってるんですよと言ったことはあるが、それは別に実現したかったわけではなかったし自分が死ぬ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はとだよ!!! ジャンル:ワールドトリガー お題:楽観的な学校 制限時間:15分 読者:279 人 文字数:696字 お気に入り:0人
「どうでしょうねぇ」 大きなくくりで関西圏、とはいえ、縁もゆかりもない人間が縁もゆかりもない土地に行くのだ。 不安よりは高揚の方が大きいが、存在しないわけではな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雛月 ジャンル:ワールドトリガー お題:限りなく透明に近い春雨 必須要素:キノコ 制限時間:15分 読者:305 人 文字数:1622字 お気に入り:0人
好きで好きでかわいくてたまらないのに、でも同時に泣かせてぐちゃぐちゃにして二度と外に出られなくなるくらいにしたくなるので、北添は自分はもしかしたらヒドイ人間な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ワールドトリガー お題:素晴らしい寒空 制限時間:15分 読者:739 人 文字数:559字 お気に入り:0人
「首を」「まるで、首を、絞めてるみたい、ね」そう、首を絞められている女が言った。「私、が、葉子を」私に首を絞められている女が言った。「違うでしょ」「そ、う?」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はとだよ!!! ジャンル:ワールドトリガー お題:意外な女の子 制限時間:15分 読者:397 人 文字数:958字 お気に入り:0人
くるくると、思わず回ってみる。 くる、くる、くる。 動くたびに布地の多いスカートがふわりと空気をはらんで、ロマンチックに浮いた。アニメみたい、いや、メアリー・ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はとだよ!!! ジャンル:ワールドトリガー お題:魅惑の彼方 制限時間:15分 読者:457 人 文字数:887字 お気に入り:0人
溜息。盛大な溜息が漏れる。「どうしたの? 悩み事?」 聞くよ、と綾辻先輩が微笑みを浮かべながら、紅茶の入ったポットを持ち上げていた。「いえ、いいです……やっぱ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
勉強室にて ※未完
作者:はとだよ!!! ジャンル:ワールドトリガー お題:強い敗北 制限時間:15分 読者:389 人 文字数:607字 お気に入り:0人
「お隣いいですか、藤沢先輩」 頭の上高くから涼やかな声がする。 ノートに埋めるようにしていた顔を上げると、空いた席にはまだ着かず、立ったままこちらを見下ろしてい 〈続きを読む〉

秋月蓮華の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:千銃士 お題:今年のローン 制限時間:1時間 読者:62 人 文字数:885字 お気に入り:0人
【最優先順位】「ローンが組めたとしても……」僕、エセンが執務室にマスターの様子を見に来ると彼女は執務机に座って考え込んでいた。レジスタンス側の希望であり、僕達貴 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:テニスの王子様 お題:小説の汁 必須要素:哲学的な思想 制限時間:15分 読者:85 人 文字数:742字 お気に入り:0人
(オリ設定キャラが居るよ)【いつものようにぐだぐだと】聖ルドルフ学院男子寮にて不二裕太がリビングルームにやってくると、男子寮の管理人がソファーに座って、小説を読 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:名探偵コナン お題:調和した真実 必須要素:豚肉 制限時間:2時間 読者:110 人 文字数:2386字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよー。夢主は金田一と探偵学園の世界出身)【日常に落とし込んだこと】夕方、勤務地である喫茶ポアロのドアベルが鳴り、客が入っていたことを高遠雪姫は察 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:テニスの王子様 お題:簡単な祖母 必須要素:3000字以上 制限時間:30分 読者:87 人 文字数:923字 お気に入り:0人
(オリ設定キャラ居ます)【お婆ちゃんとの話】「観月くーん、宅配便来とるよ。君の実家から」日曜日の朝、聖ルドルフ学院の男子寮のリビングルームで朝からパンケーキを食 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:刀剣乱舞 お題:裏切りの笑顔 必須要素:3000字以上 制限時間:1時間 読者:88 人 文字数:3342字 お気に入り:0人
【とある宗教の撲滅】明石国行は決意した。必ず、必ず、この宗教は消し去らなければならないと。「……ヒツキさん……」「主、おはようございます」審神者のプライベートス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:しんけん!! お題:緩やかな失踪 必須要素:化粧水 制限時間:2時間 読者:74 人 文字数:1891字 お気に入り:0人
(刀匠いるよー)【緩やかに、緩やかに】斎庭白秋はこの屋敷町では地位としては上位に入るというか、真剣少女のお守り役とも取れる刀匠だ。刀匠ではあるが、真剣少女通しの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:血界戦線 お題:出来損ないの小説家 制限時間:30分 読者:103 人 文字数:1644字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよー)【ライブラのとある日】その日、レオナルド・ウォッチがライブラの執務室に入るとソファーでエルセリーザ・ディライトが仰向けに寝そべりながら小説 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:戦国BASARA お題:疲れた、と彼女は言った 必須要素:美容整形 制限時間:1時間 読者:117 人 文字数:867字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよー)【綺麗になるために】「疲れた」「本っ当にすみません!! 椿さん!」大阪城。城下にある古い神社にて島左近はこの神社の主である御巫椿に謝った。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:真・三國無双 お題:正しいお尻 必須要素:村上春樹 制限時間:15分 読者:81 人 文字数:359字 お気に入り:0人
(現パロで晋面子)【あうあわない】「鍾会様」とあるクラスにて帰ろうとしていた鍾会に会いに来たのは梁紫緒、鍾会の家の居候だ。ある日突然、兄が連れてきた少女だ。教室 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:テニスの王子様 お題:淡いぷにぷに 必須要素:100字以内 制限時間:2時間 読者:106 人 文字数:129字 お気に入り:0人
【ふじゆうたのおやつ】(たいとるぬいて100文字以内)冷蔵庫に自分用とでかでかと書いておいてあった紙箱を不二裕太は手に取ると中身を皿に移した。「ババロア」人気店 〈続きを読む〉