ジャンル:東方Project お題:疲れた事故 制限時間:30分 読者:90 人 文字数:643字 お気に入り:0人
[削除]

【マリアリ】不正解のピロートーク

 「愛しているわ」
 「私もだぜ、アリス」

全く笑ってしまうほど、それは道化のような定型文だった。
ベッドに残るのは行為の後のけだるさではなく点々とシーツを汚す血痕だったし、その血痕を生んでいる互いの肌に刻まれたものは愛の証とは程遠い傷。
尤も、こちらの傷はすぐ治るのだけど。
寝返りをうつにも痛そうな、どうにも色気の足りない表情で傍らの少女は私に背を向ける。細い背中。引っ掻き傷。血はもう止まっている。
その腕やふくらはぎと違って、背中には私の残した傷しか目立ったものはない。引っ掻き傷だけならば、多少乱暴なだけの情事の跡に見える。

 「ねえ」
 「ん」
 「痛くないの」
 「あー、さっぱりだな」

それは彼女らしい返事だった。煙に巻くつもりさえない嘘。口に乗せた瞬間空気に溶けるような軽口。こんな行為を慣れる程繰り返して、そんな関係で、それでもその会話にひとかけの甘さも含まれることはない。

 「ッ、て」
 「……痛いんじゃない、やっぱり」

傷口を柔く爪で擦りながら、思う。
そう、きっと何から何まで間違っているのだ。
私はいきたいところにいけるような道を辿れてはいないし。
この子は、いつだっていきたいところへいってしまえる。
背中に残した引っ掻き傷だって、疲れきった事故みたいなこの関係だって、私なりの恋し方だった。間違っている。そんなことはわかっている。けれど、どう修正したらいい?

細い背中。引っ掻き傷。血はもう止まっている。ああ、私は貴女になにも残せやしない。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:苔地蔵 ジャンル:東方Project お題:疲れた宴 制限時間:30分 読者:157 人 文字数:1025字 お気に入り:0人
「はあ…なんであいつら好き放題やって片付けやら何やらは全部私一人にやらせるのかしら」私、博麗霊夢は辟易していた月に一回、何故か博麗神社で人妖問わずの大宴会が行わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かぼちゃ ジャンル:東方Project お題:計算ずくめの天才 制限時間:30分 読者:134 人 文字数:1287字 お気に入り:0人
夏の匂いというべきなのだろうか、それとも、東京の匂いなのだろうか? それか、私にしか感じられない匂いなのだろうか?さあ? 少なくとも、京都に住むみんなにはわかっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:苔地蔵 ジャンル:東方Project お題:弱いギャグ 制限時間:30分 読者:161 人 文字数:397字 お気に入り:0人
「文さ〜ん!また早苗がいじめるんですよー!」椛が私の家の扉を開けて泣きついてくる「もう、仕方ないですねえ椛は…はい、刀と盾です。これ持って頑張ってきて下さい」ボ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
霊夢と早苗 ※未完
作者:苔地蔵 ジャンル:東方Project お題:綺麗な怒り 制限時間:30分 読者:169 人 文字数:185字 お気に入り:0人
「何か、言う事は?」お祓い棒を携えた霊夢さんが歩いてくる「妖怪退治は…必要な事なんです」まだズキズキと痛む身体を無理やり起こして答える「この状況を見てもまだ必要 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:苔地蔵 ジャンル:東方Project お題:幸福な失踪 制限時間:30分 読者:186 人 文字数:738字 お気に入り:0人
「ねえ妖夢。満開になった西行妖は綺麗ね」それだけ言い残して、私の主人は…幽々子様は消えてしまった。西行妖を見ながら、嬉しさの中にひとかけらの寂しさを交えた笑顔で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かぼちゃ ジャンル:東方Project お題:狡猾な警察官 制限時間:30分 読者:272 人 文字数:1574字 お気に入り:0人
響子は激怒した。イルでドープなリリシストを目指していたのだ。ギャングスターでFxxk Tha Policeの精神だったのだ。「いや……仕事もないし犯罪もないし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:どんだけー ジャンル:東方Project お題:破天荒なヒーロー 制限時間:30分 読者:182 人 文字数:660字 お気に入り:0人
東風谷早苗は暇を持て余していた。 朝から二神はどこかへ出かけ、守矢神社に一人きりでお留守番状態だったのだ。夕方からは用事があるからそれまで神社にいてねとのこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かぼちゃ ジャンル:東方Project お題:せつない猫 制限時間:30分 読者:352 人 文字数:1972字 お気に入り:0人
恨みがましい気分を抱いたのは確かだった。だが、それよりも寂しいと思う気分の方が強かった。 雨は強かった。雨自体は、さほど気にならない。全く気にならないわけでは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:沈船4 ジャンル:東方Project お題:ゆるふわな小説新人賞 制限時間:30分 読者:317 人 文字数:914字 お気に入り:0人
「ねえ小鈴、何を読んでるの?」 いつも通りに鈴奈庵を訪れた阿求は、真剣な表情で本を読む小鈴に声をかけた。 声に反応した小鈴は、阿求の姿を確認すると、さっとしおり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:沈船4 ジャンル:東方Project お題:早い弔い 制限時間:30分 読者:386 人 文字数:897字 お気に入り:0人
「夢月、おはようー♪」「んn・・・おはよう、姉さん。今日も朝から元気ね。」 幻月が、いつも通り夢月を起こしに行くと、まだ寝ぼけたままの夢月は目をこすりながら答え 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:BanG Dream! お題:不本意な夫 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1649字 お気に入り:0人
山吹亘史が、やまぶきベーカリーを軌道に乗せるまで、なにも苦労しなかったわけではない。 全国各地で、商店街の空洞化が叫ばれる昨今である。東京の、それも文教地区に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:忍たま乱太郎 お題:大人の帰り道 必須要素:しゃっくり 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:397字 お気に入り:0人
妙なことをいう、同行人の顔にはこちらがどれほど苦労しようと、表情は浮かばない。その一瞥で裂かれそうな眼が、雄弁に物を語るのを見たのは同じ学園に在籍していた、あ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:消えた火 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:2247字 お気に入り:0人
五幕のifの世界です。兎王国の軽い設定を拝借しただけの、五幕の内容は読んでないので、ネタバレにはならない&解らない前提の捏造甚だしいifのお話。パンフ届くのが待 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:進撃の巨人 お題:君の宿命 制限時間:4時間 読者:8 人 文字数:2773字 お気に入り:0人
エレンが楽園を出てマーレ国に向かう少し前の設定です。クルーガーに一方的に話しかけるという内容です。オリキャラが一人いる上に、妄想と捏造を多々含みます。「楽園に居 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:人妻の血痕 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:1116字 お気に入り:0人
どうしようどうしようどうしようどうしよう……。コレは絶対にまずい。こんなのがばれたら、黒森峰は終わりだ。だが、私には一切実に覚えがない。だけど、私のティーガーに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:許せない寒空 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:1697字 お気に入り:0人
あったかもしれなかったガールズ&パンツァーすでにここに私が到着してから1時間が経過している。待ち合わせの時刻は30分は悠に超えている。本土の気候は、もうすぐ五月 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:小林さんちのメイドラゴン お題:早い錬金術 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1351字 お気に入り:0人
「小林さん小林さん!見てくださいよ!」トールがなにやら声を弾ませてリビングへとやってきた。こういう時は大抵わけのわからんものを持ってくるのだ。この前はダレダカに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:僕のヒーローアカデミア お題:きちんとした旅行 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:309字 お気に入り:0人
「寒い…。」思わず呟かずにはいられなかった。寒さを誤魔化すように走ると溶けかかった雪がぴしゃぴしゃと不快な音をたててきた。 空を仰げば雨と雪が混ざったようなも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:初めての消しゴム 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:816字 お気に入り:0人
「ペコ、これ、消しゴムかけてくれる?」「……はい」私はダージリン様から原稿を受け取り、こしこしとその上に消しゴムを転がして行きます。この『ネリケシ』というのは初 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:大人のボーイズ 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:2454字 お気に入り:0人
「大人の雰囲気って、憧れるな…」国木田、太宰、乱歩が事件の調査に出かけ、与謝野、鏡花が買い物に出かけたのどかな昼下がり。全ては、敦のこの独り言から始まった。「ど 〈続きを読む〉