ジャンル:テニスの王子様 お題:刹那の小説上達法 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:157字 お気に入り:0人

そうして日々研鑽されていく ※未完

「仁王っ!! 練習時間に三十分も遅刻してくるとはどういうことだ!」
 鬼の副部長の怒号に部員たちは驚いて一瞬竦みあがった。
 練習試合を行っていったコートでは、その一瞬の間にポイントを取られた者やサーブを失敗してしまったらしく落胆の声が響いていた。
 同じくコートで練習をしていた幸村と柳は流石立海のトップ3なだけ

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ひより みる ジャンル:テニスの王子様 お題:臆病な踊り 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:556字 お気に入り:0人
小学校では、ダンスの授業が必修化されたんだってよ。……なんて言われてもさ。「いや、こんなの踊れねえよ……!」日吉はにやにやしながら見てやがるし、名前も知らないガ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ひより みる ジャンル:テニスの王子様 お題:見知らぬ霧雨 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:436字 お気に入り:0人
−−−−−−−−さああああ。 湿気だろうか。色素の薄い髪がわずかにうねっていることに気がつく。こんな天気じゃなかったら、こんな間違いは犯さなかっただろう、と日吉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぴょんぽん ジャンル:テニスの王子様 お題:誰かと敗北 制限時間:15分 読者:77 人 文字数:582字 お気に入り:0人
図書館なんて久しぶりに来た、と俺の向かいに座る海堂がポツリと漏らした。今日は中間試験も近いからと一緒に勉強会をすることになっている。しかし俺より勉強するべき彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:原稿して ジャンル:テニスの王子様 お題:冷静と情熱の間にあるのは恋 制限時間:15分 読者:132 人 文字数:1197字 お気に入り:0人
ジノリのティーカップを傾ける細長い指を、日吉はぼんやりと眺めていた。「冷めちゃうよ」 形良く緩やかに吊った眉を僅か下げた滝は、微笑とも何ともつかぬような笑みを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぴょんぽん ジャンル:テニスの王子様 お題:見憶えのある道 制限時間:15分 読者:254 人 文字数:369字 お気に入り:0人
今俺達が歩いているこの道は、いつかに見たことがある道だ。俺達は何度となくこの道を歩いてきた。決して平坦ではない。時に登り、時に下り、時にわざと毛躓かせるように大 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:浦坂 ジャンル:テニスの王子様 お題:安い雪 制限時間:15分 読者:248 人 文字数:490字 お気に入り:0人
ハロウィンが終わり11月になると、催事好きの校内は途端にクリスマスの装いを始める。食堂に飾られたクリスマスツリーには、オーナメントと一緒に雪に見立てた綿が飾ら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぴょんぽん ジャンル:テニスの王子様 お題:正しい恋愛 制限時間:15分 読者:278 人 文字数:889字 お気に入り:0人
中学生たるもの、恋愛するにしても清く正しい交際が必要となる。もっと進んだことは大人になってからすればいいわけだし、何より俺らはまだ幼い。もし―もちろん、そんな『 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蜜柑 ジャンル:テニスの王子様 お題:興奮した失踪 制限時間:15分 読者:297 人 文字数:448字 お気に入り:0人
「二人で抜けださねぇか?」息が詰まるほどのパーティー。煌びやかな明かりに、着飾った人々。皆笑顔を貼り付けて思ってもないことを話す時間。つまらない。そっとアルコー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華(もしくは高槻翡翠) ジャンル:テニスの王子様 お題:純白の真実 制限時間:15分 読者:268 人 文字数:657字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよー)【忍足侑士と幽霊とのある休み時間】氷帝学園中等部のサロンにて忍足侑士は洋書を手に取った。ペーパーブックだ。「Murder on the O 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:原稿して ジャンル:テニスの王子様 お題:小説の軽犯罪 制限時間:15分 読者:238 人 文字数:1112字 お気に入り:0人
「俺と内村が並んでてさ、どっちが人殺しそうな顔してる? って聞いたら、」 十人中九人は内村だって答えるだろうなぁ。 のんびりと零した森に鋭い目を向けながら、内村 〈続きを読む〉

シンリの即興 二次小説


ユーザーアイコン
Step up ※未完
作者:シンリ ジャンル:コレクターユイ お題:小さな階段 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:242字 お気に入り:0人
「じゃあね、みんな!」 今日もまた発生したバグルスを無事にイニシャライズしたユイが元気よくバーチャルアウトするのを見送ってから、今回現場に駆けつけてくれたピース 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シンリ ジャンル:テニスの王子様 お題:刹那の小説上達法 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:157字 お気に入り:0人
「仁王っ!! 練習時間に三十分も遅刻してくるとはどういうことだ!」 鬼の副部長の怒号に部員たちは驚いて一瞬竦みあがった。 練習試合を行っていったコートでは、その 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シンリ ジャンル:聖闘士星矢 お題:今年の関係 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:267字 お気に入り:0人
「ホント、人生ってヤツは何があるのかわかんねえな」 広い湯船にゆったりと体をのばしていたデスマスクはしみじみとつぶやいた。「いきなりどうしたんだ? お前らしくな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
木ノ葉の奇祭 ※未完
作者:シンリ ジャンル:NARUTO お題:斬新な光景 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:221字 お気に入り:0人
「な、なにが起きてるんだ?」 第四次忍界大戦が終結してから早半年の月日が流れたある日、風影の使いで木ノ葉を訪れたテマリは目の前に広がる異様な光景に目を疑った。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シンリ ジャンル:NARUTO お題:死にぞこないの男祭り! 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:233字 お気に入り:0人
ジューという肉の焼ける音がやけに耳に響く。ディナータイムの焼肉Qの店内は多くの客でごった返していてとても賑やかだったが、このテーブルだけは静寂が支配しているらし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シンリ ジャンル:NARUTO お題:裏切りの暗殺者 制限時間:30分 読者:47 人 文字数:185字 お気に入り:0人
頬に添えられていた白い手が頬を伝いながら首へと降りていく。外気によって冷やされたその細長く美しい手は頸動脈の辺りで動きを止めた。「何してんだ?」数か月ぶりの甘い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
驟雨に惑う ※未完
作者:シンリ ジャンル:NARUTO お題:無意識のにわか雨 制限時間:15分 読者:71 人 文字数:175字 お気に入り:0人
パンッと乾いた音が部屋の中に響いた。 気が付くとテマリは目の前の男の頬に平手をくらわせていた。 予想以上に力が入っていたらしく男の頬は赤く腫れ上がっており、打 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シンリ ジャンル:はたらく魔王様! お題:男の挫折 制限時間:15分 読者:122 人 文字数:152字 お気に入り:0人
こんな結果はまったくもって不本意である。 真奥は自分の胸で泣きじゃくる恵美を抱きしめながら、そう思った。 今はアラス・ラムスの事や天使たち襲来などのお蔭で半ば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
A story not told ※未完
作者:シンリ ジャンル:聖闘士星矢 お題:出来損ないの伝承 制限時間:15分 読者:95 人 文字数:142字 お気に入り:0人
聖域からは星がよく見える。 地上と比べて標高が高く、人口の光も少ないからだと誰かが言っていた。 だが盟にはそれだけとは思えなかった。 巨蟹宮の入り口の石段に腰 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
Smart eagle ※未完
作者:シンリ ジャンル:聖闘士星矢 お題:狡猾なヒロイン 制限時間:15分 読者:87 人 文字数:272字 お気に入り:0人
「さて……どうしてやろうか?」 絶対零度よりも冷たく思えるような魔鈴の声に、星矢たち五人は身震いした。 仮面を付けているためその表情をうかがい知ることはできない 〈続きを読む〉